Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It’s dotted with over one hundred volcanoes,

    100以上の火山が点在しています。

  • yet is home to Europe’s largest glacier;

    しかし、ヨーロッパ最大の氷河があります。

  • it’s perched on the edge of the arctic circle,

    北極圏の端に鎮座しています

  • yet is warmed by the Gulf Stream,…Iceland truly is,

    湾流で暖められているアイスランドは、本当にそうです。

  • the Land of Fire and Ice. It’s also the land, of story.

    火と氷の国物語の国でもあります

  • The marks of human hands are few and far between on this windswept land.

    人の手の痕跡は、この風の吹き荒れる土地にはほとんどありません。

  • Footprints are quickly reclaimed, but stories,…linger forever.

    足跡はすぐに取り戻されるが、物語は...永遠に残る。

  • Such is the sheer force and beauty of this place that Viking warriors

    バイキングの戦士たちがこの場所の力と美しさを表現しています。

  • have been transformed into poets, and family stories into epic sagas.

    は詩人へ、家族の物語は叙事詩へと変貌を遂げてきた。

  • When Norseman, Ingólfur Arnarson,

    ノーズマンの時、インゴルフール・アルナーソン。

  • first caught sight of these shores over eleven-hundred years ago,

    最初にこれらの海岸を目にしたのは11000年以上も前のことです。

  • he cast the wooden seat pillars of his chieftain throne overboard

    帝王の座の木の柱を海に投げ捨てた

  • and vowed to build his farm wherever they washed up.

    と言って、どこでもいいから農場を作ることを誓いました。

  • Three years later the pillars were found and a settlement was born.

    3年後には柱が見つかり、集落が誕生しました。

  • That settlement became Reykjavik, Iceland’s capital,

    その居留地がアイスランドの首都レイキャビクとなりました。

  • a city two-thirds of Icelanders now call home.

    アイスランド人の3分の2が住んでいる街です。

  • With a population of only 300,000,

    人口はわずか30万人。

  • Iceland can feel like the most isolated place on earth,

    アイスランドは、地球上で最も孤立した場所のように感じることができます。

  • yet Reykjavik is only a three-hour flight from London,

    しかし、レイキャビクはロンドンからわずか3時間のフライトです。

  • and just under six from New York.

    ニューヨークからは6人弱。

  • Reykjavik is one of those places that’s not sure if it’s big town,

    レイキャビクは大きな町とは思えない場所の一つです。

  • or a small city, and therein lays its charm.

    または小さな都市、そこに魅力があります。

  • It’s relaxed and welcoming,

    ゆったりとした雰囲気で、歓迎されています。

  • yet possesses a fierce creativity

    猛烈な創造力を持ちながら

  • and cultural life that holds its own against other European capitals.

    そして、他のヨーロッパの首都に対抗して独自の文化的生活を送っています。

  • Most buildings here are a response to the natural environment,…

    ここの建物のほとんどは自然環境への対応であり、...

  • simple and low, to beat the North Atlantic winds,…colourful,

    北大西洋の風に負けないように、シンプルに低く...カラフルに。

  • to brighten the spirits through the long dark winters.

    長く暗い冬の間、精神を明るくするために。

  • Yet there's grand civic architecture here too,

    しかし、ここにも壮大な市民建築があります。

  • buildings truly inspired by Iceland’s natural beauty.

    アイスランドの自然の美しさから着想を得た建物。

  • Like a spire from a fairy tale ice-castle,

    おとぎ話の氷の城の尖塔のように。

  • the soaring central tower of Hallgrímskirkja watches over all of Reykjavik.

    レイキャヴィークの街を見下ろすホールグリムスキルジャの中央塔がそびえ立っています。

  • Designed to mirror the geometric shapes of ancient lava flows,

    古代の溶岩流の幾何学的な形状をミラーリングするようにデザインされています。

  • few other churches in the world so honour the natural world.

    このように自然界に敬意を払う教会は、世界でもほとんどありません。

  • Iceland’s conference and concert center,

    アイスランドの会議・コンサートセンター。

  • Harpa, is designed to reflect the city’s sky,

    ハルパ、街の空を映すようにデザインされています。

  • harbour and cultural energy.

    港と文化のエネルギー。

  • Once again,

    もう一度だ

  • the island’s dramatic geologic formations are honoured here,

    島のドラマチックな地層はここで称えられています。

  • as well as the incredible winter spectacle of the Northern Lights.

    また、オーロラの信じられないような冬の光景も見られます。

  • Icelanders value their heritage buildings too.

    アイスランド人も遺産の建物を大切にしています。

  • When Reykjavík modernised in the mid-twentieth century,

    レイキャヴィークが20世紀半ばに近代化したとき。

  • dozens of the city’s older buildings were relocated to the last of the city’s farms.

    市内の古い建物の数十棟が、市内の最後の農場に移築されました。

  • Today, Arbaejarsafn, serves as a museum which allows visitors

    今日、Arbaejarsafnは、訪問者を可能にする博物館として機能しています。

  • to walk through the pages of earlier times. While at the National Museum of Iceland,

    のページを歩いてみましょう。アイスランド国立博物館にいながらにして

  • take a voyage through Icelandic history,

    アイスランドの歴史を旅する。

  • from the present day, back to the Settlement Age.

    現代から入植時代にさかのぼって

  • Wherever you step in this city,

    この街のどこを歩いていても

  • nature beckons you,…over windswept waters, across the mountains,

    自然が手招きする...風に揺れる水の上、山を越えて。

  • and into limitless horizons.

    そして無限の地平線へ。

  • Many of the country’s most popular sights are within easy reach of Reykjavík,

    この国の人気観光スポットの多くは、レイキャビクから簡単にアクセスできる場所にあります。

  • often by public transport.

    公共交通機関を利用することが多いです。

  • Immerse yourself in the spirit of Iceland,

    アイスランドの精神に浸りましょう。

  • at the Blue Lagoon. Here, and at hundreds of volcanic baths across the island,

    ブルーラグーンで。ここと島中にある何百もの火山性のお風呂で

  • locals come to soak in the healing thermal waters,

    地元の人たちが癒しの温泉に浸かりに来ています。

  • share gossip with neighbours, and even conduct business meetings.

    近所の人と噂話をしたり、商談をしたりすることもあります。

  • Not far from Reykjavík is an area known as The Golden Circle,

    レイキャビクからほど近い場所には、ゴールデンサークルとして知られるエリアがあります。

  • which encompasses three of Iceland’s greatest natural wonders.

    アイスランドの3大自然を網羅しています。

  • Just 30 miles from the capital, is Thingvellir National Park,

    首都からわずか30マイルのところにあるのが、Thingvellir国立公園(Thingvellir National Park)です。

  • considered the country’s heart and soul.

    この国の心と魂と考えられています。

  • Here, you can actually walk between the tectonic plates of North America and Europe,

    ここでは、実際に北米とヨーロッパのテクトニックプレートの間を歩くことができます。

  • that have been drifting apart for millennia.

    何千年も前から離れていた

  • Stand upon the shore of the country’s largest lake,

    国内最大の湖の岸に立つ。

  • wander the grass covered lava flows

    草に覆われた溶岩流を彷徨う

  • and imagine the clans who gathered here for Iceland’s open air parliament,

    とアイスランドの野外議会に集まった一族を想像してみてください。

  • for two weeks each year, for over 800 years.

    毎年2週間、800年以上もの間

  • Also in the Golden Circle,

    ゴールデンサークルでも

  • experience a boiling cauldron of hissing steam vents and belching mud pools,

    沸騰した大釜のような蒸気の噴出口と泥水の噴出口を体験してみてはいかがでしょうか。

  • at the Geysir Geothermal Field.

    ガイシル地熱フィールドにて。

  • The Great Geysir itself has been quiet in recent years,

    グレートガイザー自体はここ数年静かにしています。

  • but nearby, it’s little brother Strokkur, still puts on a show,

    しかし、近くでは弟のストロックカーがまだショーをしています。

  • thrusting water into the heavens every 10 minutes.

    天に向かって10分ごとに水を突き刺す

  • If there’s one natural wonder in The Golden Circle that outshines them all, it’s Gullfoss.

    ゴールデンサークルにある自然の中で、他のどの自然よりも優れているものがあるとすれば、それはガルフォスです。

  • Early last century, the waterfall was threatened by a hydroelectric project,

    前世紀初頭、滝は水力発電計画によって脅かされていました。

  • until a local farmer’s daughter walked barefoot to Reykjavik

    地元の農家の娘が裸足でレイキャビクまで歩くまでは

  • and threatened to throw herself from the falls unless the project was stopped.

    とプロジェクトが停止されていない限り、滝から身を投げると脅した。

  • Today, that woman is regarded as Iceland’s first environmentalist,

    今日、その女性はアイスランド初の環境保護活動家とされています。

  • and The Golden Falls have been protected, forever.

    と黄金の滝は、永遠に守られてきました。

  • For many visitors, their Icelandic story continues

    多くの観光客にとって、アイスランドの物語は続きます。

  • no further than Reykjavik and The Golden Circle,

    レイキャヴィークとゴールデンサークルを超えることはありません。

  • which is a shame, because the further you roam, the greater the adventure.

    歩き回れば歩くほど冒険が深まるので残念です。

  • Iceland’s main ring road circles the entire island,

    アイスランドの主要な環状道路は、島全体を一周しています。

  • stringing together an endless series of epic landscapes and tales.

    叙事詩のような風景や物語が延々と続く

  • An hour and a half’s drive east from Reykjavik

    レイキャビクから東へ車で1時間半。

  • is one of the world’s most beautiful waterfalls,

    は世界で最も美しい滝の一つです。

  • Seljalandsfoss.

    セルジャランズフォス

  • Follow the trail behind a 200 foot veil of pure glacial water,

    200フィートの純粋な氷河の水のベールの後ろにあるトレイルに従ってください。

  • where throughout the ages, adventurers have come to pause,

    古くからの冒険者たちが立ち止まった場所である。

  • and breathe in the mists of this sacred place.

    この神聖な場所の霧の中で呼吸してください。

  • Drive another 18 miles east, to Skógafoss, where according to folklore,

    別の18マイル東にドライブして、民俗学によると、どこにSkogafossに。

  • a Viking buried his chest of gold behind the falls. Years later,

    バイキングは滝の背後に金の彼の胸を埋めた。数年後

  • a local boy found the chest and attempted to wrench it from it’s hiding place,

    地元の少年が箪笥を見つけ、隠していた場所から引っ張り出そうとしました。

  • only to tear off its handle before the chest vanished again.

    取っ手を引きちぎっただけで箪笥が再び消える前に

  • On sunny days the falls create a double rainbow, a treasure in itself.

    晴れた日には、滝はそれ自体が宝物のような二重の虹を作成します。

  • Continue eastward towards Vík, the southern-most village in the country.

    国の最南端の村ヴィーク(Vík)に向かって東に進みます。

  • Here wedged between the mountains and the sea

    ここは山と海の間に挟まれている

  • lie some of Iceland’s most dramatic landscapes, weather, and legends.

    アイスランドの最もドラマチックな風景、天候、伝説のいくつかがあります。

  • Explore the basalt sands of Black Beach,

    ブラックビーチの玄武岩の砂地を探検してみましょう。

  • considered one of the most beautiful non-tropical beaches in the world.

    世界で最も美しい非熱帯のビーチの一つと考えられています。

  • Just offshore rise the basalt sea stacks of Reynisdrangar.

    ちょうど沖合にはレイニスランガー(Reynisdrangar)の玄武岩の海がそびえ立っています。

  • Locals say the formations are the remains of two trolls heading out to sea,

    地元では、この地層は2匹のトロールが海に向かった跡だと言われています。

  • who, when caught by the rising sun were frozen in the morning light.

    旭日に捕らえられた時、朝の光の中で凍りついていた人たち。

  • The shorelines here are made up of otherworldly rock formations and caves,

    ここの海岸線は、別世界のような岩場と洞窟で構成されています。

  • likelsanefshellir,

    Hálsanefshellirのように。

  • said to be a monster’s lair until a landslide sealed the entrance only a century ago.

    たった一世紀前に土砂崩れで入り口が封鎖されるまでは、怪物の巣窟と言われていました。

  • Hike across the natural arch of Dyrholaey and sit surrounded by puffins.

    ディルホレイ(Dyrholaey)の自然のアーチを横切ってハイキングし、パフィンに囲まれて座ってみましょう。

  • While below, waves that have travelled uninterrupted,

    下にいる間、途切れることなく旅をしてきた波。

  • all the way from Antarctica, end their journey against Iceland’s most southerly point.

    南極大陸からの旅は アイスランドの最南端で終わります

  • Follow the ring road for another two hours,

    環状線に沿ってさらに2時間。

  • into the ethereal light ofkulsárlón Lake.

    Jökulsárlón湖の幽玄な光の中へ。

  • Here, at the tongue of Vatnajokull, Europe’s largest glacier,

    ここ、ヴァトナヨックルの舌の先、ヨーロッパ最大の氷河。

  • icebergs break away and float for years,

    氷山が砕けて何年も浮いている。

  • melting down until they are small enough to tumble out to sea.

    海に転がるほど小さくなるまで溶けていく。

  • A magnet for photographers and filmmakers,

    写真家や映画制作者のための磁石。

  • kulsárlón has been the setting for modern day legends,

    ヨクルサーロンは、現代の伝説の舞台となっています。

  • like James Bond, Batman, and Lara Croft.

    ジェームズ・ボンド、バットマン、ララ・クロフトのように。

  • From the wild, windswept shores of the East Coast to the volcanic wonders of the north,

    東海岸の荒々しい風の吹く海岸から、北の火山の驚異まで。

  • Iceland’s ring road offers one jewel after another,

    アイスランドの環状道路では、次々と宝石を見ることができます。

  • all strung together with mile upon mile of absolute solitude.

    孤独の中にあるマイルにあるマイルと一緒に、すべてが一緒に張られています。

  • Stand before the northern horseshoe falls of Selfoss.

    セルフォスの北側の蹄鉄の滝の前に立つ。

  • Then just downstream,

    その後、ちょうど下流に。

  • feel the earth rumble beneath your boots at Europe’s mightiest waterfall,

    ヨーロッパで最も巨大な滝で、ブーツの下で地響きを感じてみてください。

  • Dettifoss, who’s plume can be seen over half a mile away.

    半マイル先にも見えるデットティフォス。

  • Nearby the Myvatn region awaits, whose centerpiece is a tranquil lake,

    近くのMyvatn地域は、その中心は静かな湖である、待っています。

  • surrounded by nature in all its violent beauty.

    暴力的な美しさを持つ自然に囲まれている。

  • Take a careful walk through the boiling landscape of Namafjall.

    ナマフジャールの煮えたぎる風景をじっくりと散策してみましょう。

  • Lose yourself amid the lava pillars and dark castles of Dimmuborgir,

    溶岩の柱やディンムボルギールの暗い城の中で自分自身を失う。

  • the place where Satan is said to have landed when God cast him from Heaven.

    サタンが天から落とされた時に降り立ったと言われている場所。

  • Then, peer into the caldera of Krafla Volcano,

    そして、クラフラ火山のカルデラを覗き込む。

  • and witness the incredible geothermal power that resides just beneath the ice.

    そして、氷の真下に存在する信じられないほどの地熱発電を目の当たりにしてください。

  • Just to the west of Myvatn,

    ミヴァトンのちょうど西にある

  • is a waterfall forever linked to a turning point in Iceland’s epic narrative.

    は、アイスランドの叙事詩の物語の転換点に永遠につながっている滝です。

  • When civil war threatened to tear the island in two in the 10th century,

    10世紀に内戦で島が2つに分断される恐れがあったとき。

  • Iceland’s law speaker united the country under one faith,

    アイスランドの法話者が国を一つの信仰の下に統一した。

  • Christianity. In a symbolic act of conversion,

    キリスト教です。象徴的な改宗行為で

  • the chieftain hurled his pagan totems off the falls,

    酋長は滝から彼の異教のトーテムを投げた。

  • which have been known as Godafoss, the waterfall of the gods, ever since.

    以来、神々の滝ゴダフォスと呼ばれてきました。

  • After a few days on the road,

    数日の旅を終えて

  • the tiny city of Akureyri appears like an arctic oasis.

    北極のオアシスのように見える小さな町アクレイリ。

  • Known as the Capital of the North,

    北の首都として知られています。

  • Akureyri is the perfect place to warm up and enjoy some comfort and culture,

    アクレイリは、体を温め、快適さと文化を楽しむのに最適な場所です。

  • before heading off into the wilds again.

    再び荒野に向かう前に

  • There are some stories we never want to end, that we never want to put down, but rest assured,

    絶対に終わらせたくない、絶対に下ろしたくない話もありますが、安心してください。

  • this, is only an introduction. In Iceland, every side road,

    これは、あくまでも紹介です。アイスランドでは全ての脇道

  • every path is a story waiting to unfold. From the vast interior,

    すべての道は、展開を待つ物語である。広大な内部から

  • to the West Fjords, each untouched beach and windswept plain is an unwritten page.

    西フィヨルドには、手つかずの浜辺と風に揺れる平原のそれぞれが、書ききれない1ページとなっています。

  • So come, and live your own Icelandic story, it’s one youll keep telling, for the

    自分だけのアイスランドの物語を作りましょう。

  • rest of your days.

    残りの日々

It’s dotted with over one hundred volcanoes,

100以上の火山が点在しています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 アイスランド レイキャビク 自然 サークル ゴールデン 場所

アイスランドのバケーション旅行ガイド|エクスペディア

  • 24772 3202
    綾羅飄起 に公開 2017 年 08 月 04 日
動画の中の単語