Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Homer's Odyssey, one of the oldest works of Western literature, recounts the adventures of the Greek hero Odysseus during his ten-year journey home from the Trojan War.

    <a href="#post_comment_1">ギリシャの英雄オデュッセウスがトロイア戦争から10年間の帰路についた冒険を、<a href="#post_comment_1">記録しています。

  • Though some parts may be based on real events,

    実際の出来事を元にしている部分もありますが。

  • the encounters with strange monsters, terrifying giants and powerful magicians

    奇妙なモンスター、恐ろしい巨人、強力な魔術師との出会い

  • are considered to be complete fiction.

    は完全なフィクションとされています。

  • But might there be more to these myths than meets the eye?

    しかし、これらの神話には見た目以上のものがあるのかもしれません。

  • Let's look at one famous episode from the poem.

    詩の中の有名なエピソードを一つ見てみましょう。

  • In the midst of their long voyage, Odysseus and his crew find themselves on the mysterious island of Aeaea.

    <a href="#post_comment_2">midst<i class="icon-star"></i>では、オデュッセウスと彼の乗組員たちは謎の島アイアヤで自分たちを見つけます。

  • Starving and exhausted, some of the men stumble upon a palatial home

    飢えと疲れで、何人かの男たちは、宮殿のような家につまずく。

  • where a stunning woman welcomes them inside for a sumptuous feast.

    そこでは、美しい女性が豪華な饗宴のために彼らを中に迎え入れる。

  • Of course, this all turns out to be too good to be true.

    もちろん、これはすべてがあまりにも良い結果になってしまいます。

  • The woman, in fact, is the nefarious sorceress Circe,

    この女性、実は<a href="#post_comment_3">nefarious<i class="icon-star"></i> 呪術師のシーロスである。

  • and as soon as the soldiers have eaten their fill at her table,

    兵士たちが彼女のテーブルで食事をするとすぐに

  • she turns them all into animals with a wave of her wand.

    彼女は杖を振って動物に変身させます。

  • Fortunately, one of the men escapes,

    幸いなことに、一人の男が脱走してしまう。

  • finds Odysseus and tells him of the crew's plight.

    オデュッセウスを見つけ、乗組員の窮状を伝える。

  • But as Odysseus rushes to save his men,

    しかし、オデュッセウスが部下を救おうと急ぐ中で

  • he meets the messenger god, Hermes,

    彼は使者の神ヘルメスと出会う

  • who advises him to first consume a magical herb.

    彼は、まず魔法のハーブを摂取するようにアドバイスします。

  • Odysseus follows this advice,

    オデュッセウスはこのアドバイスに従う。

  • and when he finally encounters Circe, her spells have no effect on him,

    そして、彼が最終的にシーロスに遭遇したとき、彼女の呪文は彼には何の効果もありません。

  • allowing him to defeat her and rescue his crew.

    彼は彼女を倒し、仲間を救出することができます。

  • Naturally, this story of witchcraft and animal transformations

    当然のことながら、この魔術と動物の変身物語は

  • was dismissed as nothing more than imagination for centuries.

    は、何世紀にもわたって想像力にすぎないものとして却下されてきました。

  • But in recent years, the many mentions of herbs and drugs throughout the passage have piqued the interest of scientists, leading some to suggest the myths might have been fictional expressions of real experiences.

    しかし、近年では、通路全体のハーブや薬の多くの言及は、<a href="#post_comment_4">piqued<i class="icon-star"></i>科学者の関心を持っている、いくつかは神話が実際の経験の架空の表現であったかもしれないことを示唆するためにリードしています。

  • The earliest versions of Homer's text

    ホメロスのテキストの最古のバージョン

  • say that Circe mixed baneful drugs into the food

    忌み嫌われる薬を混ぜると言う

  • such that the crew might utterly forget their native land.

    乗組員が故郷を忘れてしまうほどに

  • As it happens, one of the plants growing in the Mediterranean region

    たまたまですが、地中海地方で栽培されている植物の一つである

  • is an innocent sounding herb known as Jimson weed,

    は、ジムソンウィードとして知られる無邪気な響きのハーブです。

  • whose effects include pronounced amnesia.

    その効果には顕著な健忘症が含まれています。

  • The plant is also loaded with compounds that disrupt the vital neurotransmitter

    この植物には、神経伝達物質を破壊する化合物も含まれています。

  • called acetylcholine.

    アセチルコリンと呼ばれています。

  • Such disruption can cause vivid hallucinations,

    そのような混乱は、鮮明な幻覚を引き起こす可能性があります。

  • bizarre behaviors,

    奇妙な行動

  • and general difficulty distinguishing fantasy from reality,

    と、空想と現実を区別することの一般的な難しさ。

  • just the sorts of things

    ざっくばらん

  • which might make people believe they've been turned into animals,

    動物にされたと思わせてしまうかもしれません。

  • which also suggests that Circe was no sorceress,

    それはまた、シーロスは魔術師ではなかったことを示唆しています。

  • but in fact a chemist who knew how to use local plants to great effect.

    しかし、実際には地元の植物を効果的に使う方法を知っていた化学者でした。

  • But Jimson weed is only half the story.

    しかし、ジムゾンの葉っぱは話の半分に過ぎません。

  • Unlike a lot of material in the Odyssey,

    オデッセイのネタと違って

  • the text about the herb that Hermes gives to Odysseus is unusually specific.

    ヘルメスがオデュッセウスに与える薬草についてのテキストは異常に具体的です。

  • Called moly by the gods,

    神々によってモリブデンと呼ばれています。

  • it's described as being found in a forest glen,

    森の谷で発見されたと記述されています。

  • black at the root and with a flower as white as milk.

    根元が黒く、ミルクのように白い花を咲かせる。

  • Like the rest of the Circe episode,

    残りのサーチェのエピソードのように

  • moly was dismissed as fictional invention for centuries.

    モリは何世紀にもわたって架空の発明として却下されました。

  • But in 1951, Russian pharmacologist Mikhail Mashkovsky

    しかし、1951年にロシアの薬理学者ミハイル・マシュコフスキーが

  • discovered that villagers in the Ural Mountains

    ウラル山脈の村人が発見

  • used a plant with a milk-white flower and a black root

    乳白色の花と黒色の根を持つ植物を使用しています。

  • to stave off paralysis in children suffering from polio.

    ポリオに苦しんでいる子供たちの麻痺を食い止めるために

  • The plant, called snowdrop,

    スノードロップと呼ばれる植物。

  • turned out to contain a compound called galantamine

    ガランタミンと呼ばれる化合物が含まれていることが判明しました。

  • that prevented the disruption of the neurotransmitter acetylcholine,

    神経伝達物質であるアセチルコリンの破壊を防ぐことができました。

  • making it effective in treating not only polio

    <a href="#post_comment_5">ポリオだけでなく、治療にも効果がある<a href="#post_comment_5">効果的<i class="icon-star"></i></a>。

  • but other disease, such as Alzheimer's.

    ではなく、アルツハイマーなどの他の病気です。

  • At the 12th World Congress of Neurology,

    第12回世界神経学会で

  • Doctors Andreas Plaitakis and Roger Duvoisin

    アンドレアス・プレタキス医師とロジャー・デュボアイシン医師

  • first proposed that snowdrop was, in fact, the plant Hermes gave to Odysseus.

    最初にスノードロップは、実際にはヘルメスがオデュッセウスに与えた植物であると提案しました。

  • Although there is not much direct evidence that people in Homer's day

    ホメロスの時代の人たちが、このようなことをしていたという直接的な証拠はあまりありませんが

  • would have known about its anti-hallucinatory effects,

    その抗幻覚作用を知っていただろう。

  • we do have a passage from 4th century Greek writer Theophrastus

    4世紀のギリシャの作家テオフラストゥスの一節があります

  • stating that moly is used as an antidote against poisons.

    毒物に対する解毒剤としてモリブデンが使用されていることを述べています。

  • So, does this all mean

    だから、これはすべての意味がありますか?

  • that Odysseus, Circe, and other characters in the Odyssey were real?

    オデュッセウスやキルセなどオデュッセイアの登場人物は実在したのか?

  • Not necessarily.

    必ずしもそうとは限らない。

  • But it does suggest that ancient stories may have more elements of truth to them

    しかし、それは古代の物語には真実の要素がより多く含まれている可能性があることを示唆しています。

  • than we previously thought.

    以前考えていたよりも

  • And as we learn more about the world around us,

    そして、私たちの身の回りの世界を知るにつれ

  • we may uncover some of the same knowledge

    同じ知識を発見できるかもしれない

  • hidden within the myths and legends of ages passed.

    過ぎ去った時代の神話や伝説の中に隠された

Homer's Odyssey, one of the oldest works of Western literature, recounts the adventures of the Greek hero Odysseus during his ten-year journey home from the Trojan War.

<a href="#post_comment_1">ギリシャの英雄オデュッセウスがトロイア戦争から10年間の帰路についた冒険を、<a href="#post_comment_1">記録しています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 植物 乗組 ハーブ 魔術 効果

TED-ED】神話の裏にある科学:ホメロスの『オデュッセイア』 - マット・カプラン

  • 15750 1390
    Ann に公開
動画の中の単語