Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • Well, one of the privileges

    さて、特典の一つである

  • of not being with you in person today

    今日はあなたと一緒にいないことの

  • is I get to talk to you twice.

    2回も話をすることになった

  • One at the beginning, and here we are at the end.

    最初に一つ、そして最後にここにあります。

  • The reason

    理由は

  • why today's conversations are so important

    今日の会話が重要な理由

  • is that we are living in revolutionary times.

    は、革命的な時代に生きているということです。

  • That's why we need a revolution in education.

    だからこそ、教育に革命を起こす必要があるのです。

  • And there are two big drivers of change.

    そして、変化の大きな原動力は2つあります。

  • One of them is population growth.

    その一つが人口増加です。

  • We live in a world now that's more populated

    私たちは今、より多くの人が住む世界に住んでいます。

  • than at any time in history.

    歴史上のどの時代よりも

  • There are about 7 billion people on the earth,

    地球上には約70億人もの人がいます。

  • which is more human beings than at any other time,

    いつの時代よりも人間味のある

  • and we're heading for 9 billion.

    そして我々は90億に向かっています。

  • That's reason enough in itself.

    それだけでも十分な理由になります。

  • But the second is technology

    しかし、2つ目は技術

  • and the way that technologies are transforming everything we do,

    そして、テクノロジーが私たちのすべてを変えていく方法。

  • economically, culturally, how we think and how we relate.

    経済的に、文化的に、私たちがどのように考え、どのように関係しているか。

  • I published a book ten years ago,

    10年前に本を出しました。

  • called "Out of Our Minds: Learning to Be Creative",

    と呼ばれる"Out of Our Minds. Learning to Be Creative"。

  • and I've just issued a new version of it

    を発行しました。

  • and the reason is that so much has happened in the last ten years.

    と、この10年間に多くのことが起こっているからです。

  • I mean, ten years ago, there was no Google,

    10年前はグーグルなんてなかったんだから

  • there was no Facebook, no Twitter,

    FacebookもTwitterもありませんでした。

  • no social media of any sort.

    ソーシャルメディアを一切使わない

  • There were no smartphones, no iPhones, no iPads,

    スマホもiPhoneもiPadもありませんでした。

  • none of the things that we take for granted.

    当たり前のことを当たり前にしているものは一つもありません。

  • And that rate of change is going to accelerate.

    そして、その変化率は加速していきます。

  • It's not going to decrease.

    減ることはありません。

  • And we're not heading toward some calm pasture,

    穏やかな牧草地に向かっているわけではありません。

  • where all the changes will be behind us.

    すべての変化が私たちの背後にある

  • They'll simply become more tumultuous.

    彼らは単に波乱万丈になるだけです。

  • By the way, I wrote the new version of the book on Microsoft Word.

    ちなみに、新版はMicrosoft Wordで書いてみました。

  • I don't know if any of you use Microsoft Word.

    Microsoft Wordを使っている人はいないのかな?

  • But, well, I don't know if you notice it,

    でも、まぁ、気がついているかどうかはわかりませんが。

  • but, if you do it,

    が、それをやってしまうと

  • it has opinions on what you write.

    書いてあることに対しての意見があります。

  • It comments on your literary style.

    あなたの文体についてコメントしています。

  • You get little green squiggles

    あなたは小さな緑の四角い印を得る

  • if it doesn't approve of what you just said.

    それはあなたが言ったことを承認しない場合。

  • And one of the things it disapproves of is the passive voice.

    そして、それが嫌がることの一つに受動的な声があります。

  • So, you can't say, "The roundhouse was built."

    だから、あなたが言うことができます't、"The roundhouse was built.&quot。

  • You have to say who built it,

    誰が作ったのか言わないといけない。

  • according to Bill Gates anyway.

    とにかくビル・ゲイツによると

  • Why he's got this thing against the passive voice I do not know,

    なぜ彼は受身の声に対してこのようなことをしているのか、私にはわかりません。

  • but I was writing about the history of public education,

    でも、公教育の歴史について書いていました。

  • and I wrote about the growth of intelligence testing.

    と知能検査の成長について書きました。

  • And I wrote this sentence and I said,

    そして、この文章を書いて、私は言いました。

  • "The foundations of the modern intelligence test

    現代知能テストの基礎

  • were laid in the late 19th century,

    は19世紀後半に敷設されました。

  • by Sir Francis Galton,

    フランシス・ガルトン卿

  • a cousin of Charles Darwin." --

    チャールズ・ダーウィンのいとこ。

  • which is true, by the way.

    というのは本当です。

  • I'll just tell you again,

    もう一度言います。

  • "The foundations of the modern intelligence test

    現代知能テストの基礎

  • were laid in the late 19th century,

    は19世紀後半に敷設されました。

  • by Sir Francis Galton,

    フランシス・ガルトン卿

  • a cousin of Charles Darwin."

    チャールズ・ダーウィンのいとこ。

  • Well, Microsoft Word didn't like that.

    まあ、Microsoft Wordはそれが気に入らなかったんですけどね。

  • It had little green squiggles,

    緑の小さな斑点がありました。

  • because it had the passive voice "were laid".

    なぜならそれは受動態の声" were laid"を持っていたからです。

  • And it suggested the alternative in the active voice.

    そして、それは能動的な声で代替案を示唆した。

  • And what it suggested was,

    そして、それが示唆していたのは

  • "In the late 19th century,

    "19世紀後半に。

  • Sir Francis Galton laid a cousin of Charles Darwin

    フランシス・ガルトン卿は、チャールズ・ダーウィンのいとこを産んだ

  • (Laughter)

    (笑)

  • the foundation of the modern intelligence test."

    現代の知能test.&quotの基礎。

  • Well, not really, I feel.

    まあ、そうでもないような気がします。

  • But it is interesting that the span of public education

    しかし、公教育のスパンが面白いのは

  • runs pretty much

    殆どの場合

  • from the late 19th century to present day,

    19世紀後半から現代までの

  • and it's become increasingly dominated

    そして、それはますます支配されるようになりました。

  • by that type of culture.

    そのような文化によって

  • And what was subverted in the end as well

    そして、最終的にもサブバーテッドされたのは

  • is the rapid changes that are overtaking us,

    は、私たちを追い越していく急激な変化です。

  • some of them being driven by technology.

    そのうちのいくつかは技術によって動かされています。

  • So, it is important that we sense the scale of the challenges

    だからこそ、課題の規模を感じ取ることが大切なのです。

  • that education is involved with

    教育が絡んでいること

  • and also the need for us to see education as the key to the future.

    そして、将来の鍵となる教育を見ていくことも必要です。

  • There was a great quote by H. G. Wells,

    H・G・ウェルズの名言がありました。

  • another great 19th century writer,

    もう一人の偉大な19世紀の作家

  • one of the few people to look into the future and see something

    視える者は少ない

  • that has been born out by events.

    事象によって生まれてきた

  • But he'd once said that,

    と言っていたことがありました。

  • "Civilization is a race

    "文明は人種である

  • between education and catastrophe."

    教育とカタストロフィー.&quot.間。

  • Well, there's some reason to believe he might be right

    まあ、彼が正しいかもしれないと信じるには理由がある

  • and that catastrophe is edging out in front a little.

    そのカタストロフィーは少し前に出てきている

  • But it's not too late to catch up with it,

    しかし、今からでも遅くはありません。

  • if we think boldly and fundamentally

    根本的に考えれば

  • about the basic purposes of education and how we meet them.

    教育の基本的な目的とその出会い方について

  • But what I also wanted to leave you with is this thought

    しかし、私がまた、あなたに残したいと思ったのは、この考えです。

  • that, as we consider the changes that need to be made,

    そのために必要な変更点を考えながら

  • we don't have to reinvent everything.

    すべてを再発明する必要はありません。

  • You're standing today -- or sitting, if you are --

    今日は立っているのか、座っているのか。

  • in a very long tradition of debate about alternatives

    代替え論議の長い伝統の中で

  • to the mainstream forms of education.

    教育の主流の形態に

  • Many things that I argue for

    私が主張していることの多くは

  • have been argued by other people, eloquently in the past,

    は、過去に他の人から雄弁に論じられたことがあります。

  • and practiced by them.

    と実践されています。

  • There was a long tradition

    長い伝統があった

  • in what was sometimes called "progressive education".

    時には"進歩的な教育"と呼ばれていたもので。

  • I've never liked the apparent dichotomy

    私は、明らかな二分法が好きではありませんでした。

  • between progressive and traditional,

    プログレッシブとトラディショナルの間で

  • but an argument has been made

    が、論じられている

  • really from the origins of education

    ほんとうに教育の原点から

  • for more holistic approaches,

    よりホリスティックなアプローチのために。

  • more balanced approaches,

    よりバランスのとれたアプローチ。

  • ones that represent a real balance

    実質的なバランスを表すもの

  • between the arts and the sciences, for example,

    例えば、芸術と科学の間にあるもの。

  • between the humanities and physical education,

    文系と体育の間にある

  • and the other things that I mentioned.

    といったことが挙げられています。

  • There have been notable pioneers and practitioners,

    注目すべき先駆者や実践者がいます。

  • from Montessori, Pestalozzi, Froeble,

    モンテッソーリ、ペスタロッチ、フロイブルから

  • to the work of Piaget, Bruner.

    ピアジェ、ブルーナーの仕事に

  • The list goes on... Dewey.

    リストは続く...デューイ

  • There have been great pioneers in education,

    教育には偉大な先駆者がいます。

  • many of them in the U.K.

    イギリスに多い

  • There have been wonderful schools.

    素晴らしい学校がありました。

  • You're meeting not far from one of the most

    あなたが会っているのは、最も遠くないところで

  • extraordinary schools in the world, which is Summerhill.

    世界でも類を見ない学校、それがサマーヒルです。

  • But also great schools in the public sector,

    しかし、公立の素晴らしい学校も。

  • great environmental schools,

    環境に優れた学校

  • great innovative schools.

    偉大な革新的な学校。

  • I think it's important that we recognize

    認識することが重要だと思います。

  • that conversation is not happening in a vacuum,

    その会話は真空中では起きていない

  • it's not a historical vacuum,

    それは歴史的な空白ではありません。

  • it's not a cultural vacuum.

    それは文化的な空白ではありません。

  • The issue, though, is to make these principles

    しかし、問題は、これらの原則を

  • not part of the alternative,

    代替案の一部ではない

  • but part of the mainstream.

    しかし、主流の一部です。

  • I live in Los Angeles, as I mentioned earlier,

    先ほども言いましたが、私はロサンゼルスに住んでいます。

  • and I was in a meeting recently,

    と、先日打ち合わせをしていました。

  • of a great project, called "The Heart Project",

    と呼ばれる素晴らしいプロジェクトの、"The Heart Project"の。

  • that happens downtown, here in L.A.

    ここLAのダウンタウンで起きていることだ

  • And it brought together, this particular meeting,

    そして、それは、この特定の会議をもたらしました。

  • representers from across the city,

    街中の代表者たち。

  • the supervisor of the L.A. Unified School District, for example,

    例えばL.A.ユニファイド・スクール・ディストリクトの監督者。

  • which has 800,000 students in it.

    80万人の生徒を抱えている

  • It's the largest school district in America, outside of New York.

    ニューヨーク以外ではアメリカ最大の学区です。

  • And we were there to talk about

    そして、私たちはそこにいたのは

  • the future of alternative education.

    オルタナティブ教育の未来

  • What really interested me was this:

    本当に興味を持ったのはこれです。

  • the principles of alternative education are designed to re-engage

    オルタナティブ教育の原則は、再教育のために設計されています。

  • young people with education who've dropped out of it,

    教育を中退してしまった若者たち。

  • or been failed by it.

    またはそれによって失敗した。

  • And the principles are interesting.

    そして原理原則が面白い。

  • They're all based... all the alternative education approaches,

    それらはすべて...代替教育のアプローチに基づいています。

  • all around the world, are based on a personalised curriculum.

    は、世界中のすべての国で、個人に合わせたカリキュラムに基づいています。

  • They're based on an intensive ratio between students and teachers.

    生徒と教師の比率を重視しています。

  • They're based on group activities

    彼らはグループ活動に基づいています。

  • and closings with the community.

    とクロージングを地域の方と一緒に行います。

  • And they're based on trying to identify

    そして、それらは、特定しようとしていることに基づいています。

  • the individual talents and interests of each student

    一人ひとりの才能と興味

  • and shaping the environment,

    と環境を形成しています。

  • so it helps to encourage them.

    励ましにもなります。

  • Well, I was saying at this meeting in L.A.

    ロスの会議で言ってたんですが

  • that these principles of alternative education

    これらの代替教育の原則が

  • are all actually the principles of education,

    は、実はすべて教育の原理原則なのです。

  • just good education.

    ただの良い教育。

  • It seems to me bizarre

    妙な感じがする

  • that they've now become confined

    彼らは今、閉じ込められていることを

  • to the alternative to mainstream education.

    を主流教育に代わるものに

  • And I think our job is to make the... what's been hither to...

    そして、私たちの仕事は、今までやってきたことを...

  • in a way, the fringe of education, or the periphery...

    ある意味、教育の端くれというか、周縁部というか...。

  • It's to move those principles to the centre.

    それは、それらの原則を中心に移動させることです。

  • I think if all of education was modelled on similar principles,

    すべての教育が同じような原理でモデル化されていたらと思う。

  • then our students wouldn't be dropping out in the first place,

    そうすれば、私たちの生徒は退学することはありません。

  • they'd be getting much more from education

    教育から多くを得るだろう

  • and we'd be getting much more from them.

    そして、私たちは彼らから多くのものを得ることになるでしょう。