Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The Frog Prince

    カエルの王子様

  • Once upon a time, there was a beautiful Princess.

    むかしむかし、美しいプリンセスがいました。

  • She was very vain and selfish, and cared only about showing off her beauty

    虚栄心が強く自分勝手で、自分の美しさを誇示することしか考えていなかった。

  • and collecting expensive things.

    と高価なものを集めています。

  • Ugh! What is this? I can't wear this old, grubby dress!

    うっ!なんだこれは? こんな古くて汚い服は着られない!

  • One day, her father the King told her he had a present for her,

    ある日、彼女の父親である王様が彼女にプレゼントがあると言いました。

  • and showed her a magnificent ball made of pure gold.

    と、純金で作られた壮大なボールを見せてくれました。

  • My dearest, a neighboring kingdom has sent this golden ball as a gift for you.

    最愛の人よ、隣国からこの金色のボールが送られてきたわ。

  • Oooo! It's so pretty!

    おーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • It is. It is also the only one of its kind in the world.

    それはそれである。また、世界に一つしかないものでもあります。

  • The princess was thrilled, and played with her ball in the garden every day.

    お姫様はワクワクしながら、毎日園庭でボール遊びをしていました。

  • Soon however, the Princess began to grow bored, because she had no friend.

    しかし、すぐに、姫は友達がいないために退屈し始めました。

  • I'm so lonely, I wish I had a friend to play with. That would be great.

    寂しいから、一緒に遊べる友達がいたらいいのに。 それがあれば最高ですね。

  • Suddenly, she heard a voice that seemed to come out of nowhere.

    突然、彼女はどこからともなく聞こえてきたような声を聞いた。

  • Why don't you play with me?

    なぜ私と遊ばないの?

  • Surprised, the Princess looked everywhere trying to see where the voice had come from

    驚いて、王女は声がどこから来たのかを確認しようと、あちこちを見回した。

  • but she saw no one.

    でも彼女は誰も見なかった

  • Who are you? Come out if you want to play with me.

    お前は誰だ? 私と遊びたければ出てきなさい。

  • As soon as she said those words, the owner of the voice came out of hiding and revealed himself.

    その言葉を口にした途端、声の主は隠れていたところから出てきて正体を明かした。

  • He turned out to be a frog.

    彼はカエルであることが判明しました。

  • You are the most lovely princess in the world, would you let me be your friend and play with you?

    世界で一番可愛いお姫様なんだから、お友達になって一緒に遊ばせてくれないかな?

  • The Princess was shocked and disgusted, because she thought the frog was hideous.

    姫はカエルを醜いと思っていたので、ショックを受けて嫌な思いをしていました。

  • Ahh! How dare you presume such a thing! I can't play with a repulsive, slimy frog!

    ああ!よくもそんなことを考えたな! こんなぬるぬるしたカエルとは遊べない!

  • Get out of my sight!

    視界から消えろ!

  • I may be ugly but I am fun to play with!

    ブスかもしれないけど、遊んでいて楽しいです!

  • I would rather play by myself than touch something dirty and horrible like you. You will make me dirty!

    あなたのように汚くて恐ろしいものに触れるくらいなら、一人で遊んでいたい。あなたは私を汚してしまう!

  • Furious, the Princess turned away and stalked off back to the castle to get away from the frog.

    激怒した姫は、カエルから逃れるために背を向け、城に戻って歩き出しました。

  • One sunny afternoon, the princess was playing with her golden ball as usual

    ある晴れた午後、お姫様はいつものように金色のボールで遊んでいました。

  • when it slipped out of her hands and splashed into a well.

    彼女の手から滑り落ちて井戸に飛び散った時には

  • The princess was very upset and started to cry.

    お姫様はとても動揺して泣き出してしまいました。

  • Oh, what can I do? My beautiful golden ball is lost forever!

    ああ、どうしたらいいの? 私の美しい金色のボールは永遠に失われた!

  • At that moment, the Frog heard the Princess crying and came out of hiding to stand before her.

    その時、カエルは姫の泣き声を聞き、隠れていたところから出てきて姫の前に立ちました。

  • Don't cry, I can help you get your ball back.

    泣かないで、ボールを取り戻すお手伝いをします。

  • Leave me alone! How can a small ugly frog help me get my ball from that huge well?

    放っておいてくれ!小さな醜いカエルがどうやってあの巨大な井戸から私のボールを取るのを助けるのか?

  • It's easy for me. I jump in and out of the well every day.

    私にとっては簡単なことです。 毎日井戸の中に飛び込んだり出たりしています。

  • Then you can really get me my ball back?

    じゃあ、本当に私のボールを取り戻せるの?

  • Of course! But you have to promise me something in return.

    もちろんよ! でも、お返しに何か約束して。

  • What?

    何だと?

  • I will bring you your ball if you promise that you will be my friend from now on.

    これからは友達になると約束してくれるなら、ボールを持ってきてあげるよ。

  • You will allow me to eat with you when you have your meals, and sleep next to you in your bed every night.

    食事の時は一緒に食べさせてくれるし、毎晩ベッドで隣で寝てくれる。

  • Anything! I promise! Just please get me my ball.

    何でも!約束する!ただ、私のボールを手に入れてください。

  • Satisfied, the frog leaped into the well.

    満足して、カエルは井戸に飛び込んだ。

  • He emerged a few moments later, holding the golden ball.

    しばらくして彼は金色のボールを持って現れた。

  • Princess here, I have kept my promise. Now, let's play.

    こちらの姫様、約束は守りました。 さあ、遊びましょう。

  • My golden ball! I got my golden ball back!

    私の金色のボール!金色のボールを取り戻した!

  • The Princess turned and ran towards the castle without stopping to thank the Frog.

    姫はカエルにお礼を言うために立ち止まることなく、城に向かって走っていきました。

  • Princess, Princess, wait! You promised you would play with me!

    姫様、姫様、待って! 私と遊ぶって約束したじゃない!

  • I lied, of course! Did you really expect me to play with an ugly, slimy frog like you?

    嘘をついたに決まってるだろ!お前のような醜くてぬるぬるしたカエルと遊べると思ってたのか?

  • I never want to see you again!

    もう二度と会いたくない!

  • The next evening the Princess was having dinner with the King.

    次の日の夜、姫は王様と食事をしていました。

  • Suddenly, they heard a loud knocking at the door, and the Princess recognized the Frog's voice:

    突然、ドアをノックする大きな音が聞こえ、姫はカエルの声に気付いた。

  • Princess, it is I, the Frog. I have come to keep you to your promise.

    姫、私はカエルです 約束を守るために来ました

  • You said you would allow me to eat with you. Please let me in.

    一緒に食事をさせてくれると言っていたので 中に入れてください。

  • Who is that, and what is he talking about?

    誰のことを言ってるんだ?

  • Embarrassed, the princess hesitated, but she told the king the truth about what happened

    王女は恥ずかしくてためらったが、王に真実を話した。

  • between her and the Frog by the well.

    井戸のそばで彼女とカエルの間に

  • The king grew very angry.

    王様は非常に怒っていました。

  • Are you telling me you broke your promise? Open the door at once!

    約束を破ったのか? すぐにドアを開けろ!

  • Hesitantly, the Princess opened the door.

    しぶしぶ、姫はドアを開けた。

  • The Frog hopped in right away and jumped towards the Princess.

    カエルはすぐに飛び込んできて、姫に向かって飛びついた。

  • Ugh..go away, you nasty thing! Princess, be nice to your friend.

    うっ...あっち行ってよ、この嫌なやつ!姫様、お友達に優しくしてあげて

  • Invite the Frog to the table to eat with us.

    カエルを食卓に招き、一緒に食事をしましょう。

  • That evening, the Frog ate beside the Princess.

    その晩、カエルは姫の横で食事をしました。

  • As for the Princess herself, she was so disgusted that she couldn't swallow a bite.

    姫自身としては、一口も飲み込めないほど嫌な思いをしていた。

  • Princess, I am full now and ready to go to bed. Will you bring me to your bedroom?

    プリンセス、私はもうお腹いっぱいで寝る準備ができています。 寝室に連れて行ってくれる?

  • The princess was horrified. She didn't want the Frog in her nice, clean room, but the King insisted.

    王女は怯えていました清潔な部屋にカエルを入れたくなかったのですが 王様はそう主張しました

  • The Frog helped you when you were in trouble, and you made him a promise.

    困っている時にカエルが助けてくれて、約束をしてくれたんですね。

  • Take him to your room.

    部屋に連れて行け

  • The Princess had no choice, so she took the Frog to her room.

    姫は仕方がないので、カエルを部屋に連れて行きました。

  • Stay away, disgusting creature!

    近寄らないで!嫌な生き物!

  • But Princess, aren't you forgetting your promise? I want to sleep in your bed.

    でも姫、約束を忘れていませんか?あなたのベッドで寝たい

  • Please let me lie down, or I will go tell the King.

    横にさせてください さもないと王様に言いに行きますよ

  • That is enough! How can I sleep with a dirty ugly frog like you!?

    もういい加減にしろ! お前みたいな汚いブスと一緒に寝れるわけないだろ!

  • Furious, the Princess hurled a pillow at the Frog.

    激怒した姫はカエルに枕を投げつけた。

  • Go away and never come back!

    消えて二度と来ないで!

  • Suddenly, something very strange happened. There was a glow of light...

    突然、とても奇妙なことが起こりました。光の輝きがありました...

  • ...and the Frog transformed into a handsome Prince!

    ...そしてカエルがハンサムな王子様に変身!?

  • The Princess was shocked.

    姫はショックを受けた。

  • Princess, I am the Prince of the neighboring kingdom.

    姫様、私は隣国の王子様です。

  • I was cursed by an evil witch and turned into a frog. Thank you for breaking the spell, my Princess.

    邪悪な魔女に呪われてカエルになってしまいました。呪いを解いてくれてありがとう、姫様。

  • Would you agree to be my wife?

    私の妻になってくれないか?

  • The Prince was so handsome that the Princess fell in love with him right away.

    王子様がイケメンすぎて、姫様はすぐに惚れてしまいました。

  • But then, she remembered how rude she was to him when was a frog and she felt very embarrassed.

    でも、カエルの時の失礼なことを思い出して、とても恥ずかしい思いをしたそうです。

  • But Prince, I was so horrible to you before. Can you ever forgive me?

    でも王子、私は以前、あなたにひどいことをしたわ。許してくれる?

  • I understand, Princess. I will gladly accept your apology if you make me another promise

    わかっています、王女様私は喜んであなたの謝罪を受け入れますあなたが私に別の約束をするならば

  • - from now on, you will never judge people by appearances.

    - 今後は決して外見で人を判断することはありません。

  • Yes, I promise.

    はい、約束します。

  • The Princess learned her lesson, and from that day on, she was kind and polite to everyone she met,

    姫は習い事をしていて、その日から、出会った誰にでも親切丁寧に対応してくれました。

  • regardless of their appearance. The Prince and the Princess lived happily ever after.

    外見に関係なく 王子様とお姫様は幸せに暮らしていました。

The Frog Prince

カエルの王子様

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 カエル ボール 王子 井戸 王女 食事

カエルの王子様 - ベッドタイム・ストーリー (BedtimeStory.TV)

  • 2066 204
    SylviaQQ に公開
動画の中の単語