Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • On November 7th, 2015 the leaders of China and Taiwan came together in the first head

    2015年11月7日、中国と台湾の首脳が初の首脳会談を行いました。

  • of state meeting since the 1949 Communist Revolution. Their complicated split has caused

    1949年の共産革命以来の国家会議。彼らの複雑な分裂は

  • an endless series of problems, the most serious of which is the threat of China annexing Taiwan

    台湾併合問題

  • as its own. So we wanted to know, what would happen if China and Taiwan went to war?

    自分たちのものとしてでは、中国と台湾が戦争になったらどうなるのかを知りたかったのです。

  • Well, it’s important to understand why China is set on reunifying with Taiwan. The 1949

    まあ、中国がなぜ台湾との統一を目指しているのかを理解することが重要です。1949年の

  • Revolution forced the standing Chinese government to retreat onto the island of Taiwan, while

    革命で中国政府は台湾に撤退を余儀なくされ、一方で

  • communist forces took over mainland China, establishing the present day People’s Republic

    共産主義勢力が中国大陸を占領し、中華人民共和国を成立させました。

  • of China. Meanwhile, the retreated government in Taiwan maintained that THEY were still

    中国の一方、撤退した台湾の政府は、まだTHEYが

  • the legitimate government of China.

    中国の正当な政府。

  • Today, the primary question surrounding Taiwan's future is whether it will establish itself

    今日、台湾の将来を取り巻く主な問題は、台湾が自立するかどうかである。

  • as an independent cultural and political identity from China, or if mainland China will forcefully

    を中国から独立した文化的・政治的アイデンティティーとして、あるいは中国本土が強引に

  • reunify Taiwan into the People’s Republic. This emphasis on reunification is even in

    台湾を中華民国に統一することを強調しています。このような統一重視の姿勢は

  • China’s constitution. It states that Taiwan is part of China, and that all Chinese people

    中国の憲法。台湾は中国の一部であり、すべての中国人は

  • have a duty to reunify the two. On the other hand, Taiwan’s constitution prohibits changing

    を統一する義務がある。一方、台湾の憲法では変更は禁止されています。

  • the country’s borders without legislative support and a public referendum. Tensions

    立法支援も国民投票もないまま国境を越えようとしています緊張

  • were flared most recently in 2005, when China passed ananti-secession lawpromising

    最近では、2005年に中国が約束された「反譲許法」を可決したことから、この問題が勃発しました。

  • to usenon-peaceful meansto ensure that Taiwan not seek independence.

    台湾が独立を求めないように「非平和的な手段」を用いている。

  • So what would happen if China decided to use thosenon-peaceful meansto force occupy

    中国がそれらの「非平和的な手段」を使って強制的に占領することを決めたらどうなるでしょうか?

  • Taiwan and, in their eyes, “reclaim it”? Well, in terms of pure military alone, to

    台湾を奪還して、彼らの目には「奪還」と映るのでしょうか?まあ、純粋な軍事力だけで言えば

  • say it is no contest would be an understatement. Taiwan’s military ranks about 15th worldwide,

    争いにならないと言うのは 控えめに言ってもいいでしょう台湾の軍事力は世界で約15位である。

  • on par with Canada. But China has the third most powerful military in the world, with

    カナダに匹敵するしかし中国は世界で3番目に強力な軍事力を持っています

  • nearly 5 million active troops compared to Taiwan’s roughly 3 million. Moreover, China

    台湾の約300万人に対し、約500万人の現役軍がいる。さらに、中国

  • blows Taiwan away in their total number of military equipment like ships, planes and

    船や飛行機などの軍事装備の総数では台湾を圧倒しています。

  • tanks. Perhaps China’s biggest advantage is financial, as they spend about 15 times

    のタンクを使用しています。おそらく中国の最大の利点は金銭的なもので、彼らは約15倍の費用を費やしているからだ。

  • as much as Taiwan on defense, roughly 145 billion dollars a year.

    国防費は台湾と同じくらい、年間約1450億ドル。

  • But despite China’s military superiority, Taiwan may have a secret weapon: the United

    しかし、中国の軍事的優位性にもかかわらず、台湾には秘密兵器があるかもしれない。

  • States. Now, it is important to note that technically, the US does not support Taiwanese

    州のことです。さて、ここで注意したいのは、技術的にはアメリカは台湾の

  • independence. But they also oppose further Chinese aggression in the region. When the

    独立性を強調しています。しかし、この地域での中国のさらなる侵略にも反対しています。になったときには、中国の

  • United States switched allegiances in 1979, from recognizing Taiwan as the legitimate

    米国は1979年に台湾を正当な領土と認めず、台湾に忠誠を誓った。

  • China to recognizing mainland China, they formed a diplomatic agreement with Taiwan.

    中国は中国本土を認めるために、台湾と外交協定を結んだ。

  • In the Taiwan Relations Act, the US effectively promises to provide military equipment to

    台湾関係法では、米国は事実上、台湾に軍事装備を提供することを約束している。

  • protect Taiwan, and to date, the US is Taiwan’s largest arms supplier. During Barack Obama’s

    台湾を保護し、現在に至るまで、アメリカは台湾の最大の武器供給国です。バラク・オバマ大統領の

  • term, the US sold Taiwan nearly 20 billion dollars worth of weapons. While there is no

    アメリカは台湾に200億ドル近くの武器を売った。その間にも

  • DIRECT mutual defense treaty with Taiwan, it would not be uncharacteristic for the US

    台湾との直接相互防衛条約を締結した場合、米国にとっては珍しくないだろう

  • to help Taiwan in the face of unwarranted aggression.

    不当な侵略に直面している台湾を助けるために

  • Luckily, as evidenced by the recent head of state meeting, relations between Taiwan and

    幸いなことに、最近の首脳会談で明らかになったように、台湾との関係は

  • China have been improving. Cooperation in transportation, communication, and commerce

    中国が改善してきた。交通、通信、商業の協力

  • have brought them closer together, making it considerably less likely that China launches

    互いに接近したことで、中国が発射する可能性はかなり低くなりました。

  • an invasion. With the uncertainty of American involvement, it would be a risky move.

    侵略だアメリカの関与の不確実性を考えると 危険な動きになるでしょう

  • If you want a more in-depth look at the full history behind why Taiwan and China hate each

    台湾と中国の憎しみの背景にある歴史の全貌をもっと詳しく知りたいならば

  • other, check out our video. Thanks for checking out TestTube News! If you haven’t subscribed

    その他、動画をチェックしてみてください。TestTubeニュースをチェックしていただきありがとうございますまだ購読していない方は

  • to our channel yet, make sure to do so below so you don’t miss out on our new videos.

    まだ私たちのチャンネルに、あなたは私たちの新しいビデオを見逃さないように、以下のようにすることを確認してください。

On November 7th, 2015 the leaders of China and Taiwan came together in the first head

2015年11月7日、中国と台湾の首脳が初の首脳会談を行いました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 軍事 統一 首脳 侵略 会談 憲法

中国と台湾が戦争になったら?

  • 17942 1748
    richardwang に公開
動画の中の単語