Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • CHAPTER I. Looking-Glass house

    CHAPTER I.鏡の家

  • One thing was certain, that the WHITE kitten had had nothing to do with it:--it

    一つは、ホワイト子猫はそれとはまったく関係を持っていなかったこと、特定のだ: - それ

  • was the black kitten's fault entirely.

    完全に黒い子猫のせいだった。

  • For the white kitten had been having its face washed by the old cat for the last

    白い子猫が持っていたため、その顔は、最後の古い猫で洗浄し

  • quarter of an hour (and bearing it pretty well, considering); so you see that it

    時間(と考えると、かなりうまくそれを有する)の四半期ので、そこにはそれはそれを参照してください

  • COULDN'T have had any hand in the mischief.

    いたずらにどんな手を持っていたことができなかった。

  • The way Dinah washed her children's faces was this: first she held the poor thing

    ダイナは、彼女の子どもたちの顔を洗った方法はこうだった:最初の彼女は、貧しいものを開催

  • down by its ear with one paw, and then with the other paw she rubbed its face all over,

    つ下の足とし、彼女はすべての上に顔をこすり、他の足との耳によって、

  • the wrong way, beginning at the nose: and

    間違った方法で、鼻から始まる:と

  • just now, as I said, she was hard at work on the white kitten, which was lying quite

    私が言ったように今、彼女は非常に横たわっていた白い子猫、上の仕事で大変でした

  • still and trying to purr--no doubt feeling that it was all meant for its good.

    それでもとゴロゴロしようとして - それはすべての利益のために意味されたことは疑いの気持ち。

  • But the black kitten had been finished with earlier in the afternoon, and so, while

    しかし、黒い子猫をしながら、その午後の前半は終了、とされていた

  • Alice was sitting curled up in a corner of the great arm-chair, half talking to

    アリスは、半分に話し、大きな肘掛け椅子の隅に丸まっ座っていた

  • herself and half asleep, the kitten had

    彼女自身、半分眠って、子猫がいた

  • been having a grand game of romps with the ball of worsted Alice had been trying to

    梳毛アリスのボールを持ってrompsの壮大なゲームを持ってすることを試みていた

  • wind up, and had been rolling it up and down till it had all come undone again; and

    羽目になる、それがすべて再び元に戻す来ていたまでそれをロールアップしてダウンしていた。と

  • there it was, spread over the hearth-rug,

    それは、炉床の敷物に広がって、そこにあった

  • all knots and tangles, with the kitten running after its own tail in the middle.

    途中で自分の尾後に実行されている子猫を持つすべての結び目と絡み、。

  • 'Oh, you wicked little thing!' cried Alice, catching up the kitten, and giving it a

    "ああ、この邪悪な小さなもの!"アリスは、子猫を追いつき、叫んだ、そしてそれを与えて

  • little kiss to make it understand that it was in disgrace.

    少しそれが不名誉にあったことを理解するためにキス。

  • 'Really, Dinah ought to have taught you better manners!

    "本当に、ダイナはよりよいマナーを教えているはずである!

  • You OUGHT, Dinah, you know you ought!' she added, looking reproachfully at the old

    あなたがすべき、ダイナ、あなたがするべき知っている!"彼女は古いで非難するように見て、追加

  • cat, and speaking in as cross a voice as she could manage--and then she scrambled

    猫、そして彼女が管理できるように声を横切るように話す - そして彼女はスクランブル

  • back into the arm-chair, taking the kitten

    バックアームチェアに、子猫を取る

  • and the worsted with her, and began winding up the ball again.

    と彼女と梳毛、と再びボールを巻き始めた。

  • But she didn't get on very fast, as she was talking all the time, sometimes to the

    彼女は時々に、すべての時間を話していたとして、彼女は、非常に高速に取得していない

  • kitten, and sometimes to herself.

    子猫、そして時には自分自身に。

  • Kitty sat very demurely on her knee, pretending to watch the progress of the

    キティの進捗状況を監視するふりを、彼女の膝に非常に遠慮がちに座って

  • winding, and now and then putting out one paw and gently touching the ball, as if it

    巻線、および現在とし、1つ足を入れ、軽くボールに触れて、それかのように

  • would be glad to help, if it might.

    それは可能性がある場合は、助けるために喜ん。

  • 'Do you know what to-morrow is, Kitty?' Alice began.

    "もし、明日には何キティを知っていますか?"アリスが始まった。

  • 'You'd have guessed if you'd been up in the window with me--only Dinah was making you

    "あなたが私と一緒にウィンドウで起動されていた場合には推測しているだろう - 唯一のダイナはあなたを作っていた

  • tidy, so you couldn't.

    きちんとしたので、できませんでした。

  • I was watching the boys getting in sticks for the bonfire--and it wants plenty of

    私は、たき火用のスティックになって男の子を見ていた - そしてそれはたくさんの望んでいる

  • sticks, Kitty! Only it got so cold, and it snowed so, they

    スティック、キティ!唯一のそれはとても冷たいん、そのように雪が降った、彼ら

  • had to leave off.

    オフ残していた。

  • Never mind, Kitty, we'll go and see the bonfire to-morrow.'

    気にしないで、キティ、私達は行くとたき火に、明日を見ることができます。"

  • Here Alice wound two or three turns of the worsted round the kitten's neck, just to

    ここではアリスだけに、梳毛ラウンド子猫の首に2つまたは3つのターンを巻いた

  • see how it would look: this led to a scramble, in which the ball rolled down

    それがどのように見えるかを参照してください:これは、スクランブルにつながった、これでボールが下にロールバック

  • upon the floor, and yards and yards of it got unwound again.

    床の上に、そしてそれのヤード、ヤードは、再び巻き戻してしまった。

  • 'Do you know, I was so angry, Kitty,' Alice went on as soon as they were comfortably

    "あなたが知っていますか、私はとても怒っていた、キティ、"アリスはすぐに彼らは快適だったように行きました

  • settled again, 'when I saw all the mischief you had been doing, I was very nearly

    再び定住、"私はあなたがやっていたすべてのいたずらを見た時、私は非常に近くなった

  • opening the window, and putting you out into the snow!

    ウィンドウを開いて、そして雪の中にあなたを置く!

  • And you'd have deserved it, you little mischievous darling!

    そしてあなたがそれに値するしているだろう、あなたは少しいたずら好きなダーリン!

  • What have you got to say for yourself?

    あなた自身のために言って何を持っている?

  • Now don't interrupt me!' she went on, holding up one finger.

    今すぐ私を中断しないでください!"彼女は一本指を持ち上げ、上になった。

  • 'I'm going to tell you all your faults. Number one: you squeaked twice while Dinah

    "私はすべてのあなたの障害を伝えるつもりです。ナンバーワン:あなたがダイナまで2回squeaked

  • was washing your face this morning.

    今朝顔を洗っていた。

  • Now you can't deny it, Kitty: I heard you! What's that you say?'

    これでは、キティを、それを否定することはできません:私はあなたを聞いた!あなたが言うことは何ですか?"

  • (pretending that the kitten was speaking.) 'Her paw went into your eye?

    (子猫が話しているふり。)"彼女の足はあなたの目に入った?

  • Well, that's YOUR fault, for keeping your eyes open--if you'd shut them tight up, it

    、あなたがタイトな上、それらを停止したい場合は - まあ、それはあなたの目は開いたままにしておくために、あなたの責任です

  • wouldn't have happened. Now don't make any more excuses, but

    起こったことはなかっただろう。今これ以上言い訳をする、しないが

  • listen!

    聞いてくれ!

  • Number two: you pulled Snowdrop away by the tail just as I had put down the saucer of

    番号2:あなたは私がの受け皿を下に入れていただけのように尾が離れてスノードロップ引っ張ら

  • milk before her! What, you were thirsty, were you?

    彼女の前に牛乳! 、あなたが渇いていた、あなたは何でしたか?

  • How do you know she wasn't thirsty too?

    どのように彼女があまりにものどが渇いていなかった知っていますか?

  • Now for number three: you unwound every bit of the worsted while I wasn't looking!

    現在3位のために:私が見ていないされているときは、梳毛のすべてのビットを巻き戻し!

  • 'That's three faults, Kitty, and you've not been punished for any of them yet.

    "する3つの障害、キティだ、とあなたはまだそれらのいずれかのために処罰されています。

  • You know I'm saving up all your punishments for Wednesday week--Suppose they had saved

    彼らは保存されていたとします - 私は水曜の週のために、すべての刑罰を節約していますあなたが知っている

  • up all MY punishments!' she went on, talking more to herself than the kitten.

    すべての私の罰の上!"彼女は子猫よりも自分自身にもっと話し、に行きました。

  • 'What WOULD they do at the end of a year?

    "彼らは今年の終わりに何をするだろうか?

  • I should be sent to prison, I suppose, when the day came.

    日が来たとき​​に私は、私が思う、刑務所に送られるべきである。

  • Or--let me see--suppose each punishment was to be going without a dinner: then, when

    または - 私が見ることができます - それぞれの罰は夕食なしで行くことにしたと仮定:その後、時

  • the miserable day came, I should have to go without fifty dinners at once!

    悲惨な日が来て、私は一度にfiftyディナーなしで行かなければならないはず!

  • Well, I shouldn't mind THAT much!

    よく、私はそれほど気にしないはず!

  • I'd far rather go without them than eat them!

    私は遠くではなく、それらを食べるよりも、それらなしでいいよ!

  • 'Do you hear the snow against the window- panes, Kitty?

    "あなたは、ウィンドウのペインに対してキティの雪が聞こえますか?

  • How nice and soft it sounds!

    どのように柔らかくて心地良い、それはね!

  • Just as if some one was kissing the window all over outside.

    いくつかの1つのすべての外側上のウィンドウにキスされているかのように。

  • I wonder if the snow LOVES the trees and fields, that it kisses them so gently?

    雪はとても優しくて、キスしていること、木々とフィールドを愛するのだろうか?

  • And then it covers them up snug, you know, with a white quilt; and perhaps it says,

    、そしておそらくそれは言う、そして、それは白いキルトで、あなたが知っている、ぴったりそれらをカバーしています

  • "Go to sleep, darlings, till the summer comes again."

    "夏は再び来るまで、、最愛の人をスリープ状態に移動します。"

  • And when they wake up in the summer, Kitty, they dress themselves all in green, and

    そして彼らは、夏にキティをウェイクアップするとき、それらはすべて緑に身を着る、と

  • dance about--whenever the wind blows--oh, that's very pretty!' cried Alice, dropping

    約ダンス - いつでも風が吹く - !ああ、それは非常にきれいです"アリスは、落下、叫んだ。

  • the ball of worsted to clap her hands.

    拍手に梳毛彼女の手のボール。

  • 'And I do so WISH it was true! I'm sure the woods look sleepy in the

    "そして、私はそれは真実だったウィッシュありません!私は森がで眠そうな表情確信しています

  • autumn, when the leaves are getting brown. 'Kitty, can you play chess?

    葉が茶色になっている秋、。 "キティは、チェスをプレーすることができますか?

  • Now, don't smile, my dear, I'm asking it seriously.

    今、笑顔はありません、私の愛するが、私は真剣にそれを求めています。

  • Because, when we were playing just now, you watched just as if you understood it: and

    なぜなら、私たちが今ちょうど遊んでいた時、あなたはそれを理解しているかのように見て:と

  • when I said "Check!" you purred!

    私が言ったときに"チェック!"はpurred!

  • Well, it WAS a nice check, Kitty, and really I might have won, if it hadn't been

    まあ、それは、キティすてきなチェックであり、それががなかったら本当に私は、獲得している可能性が

  • for that nasty Knight, that came wiggling down among my pieces.

    その厄介な騎士のために、それは私の作品の中でダウン揺らす来た。

  • Kitty, dear, let's pretend--' And here I wish I could tell you half the things Alice

    キティは、かわいい、のはふりをしましょう​​ - "そしてここで私はあなたにアリスを半物事を伝えることがしたい

  • used to say, beginning with her favourite phrase 'Let's pretend.'

    彼女のお気に入りのフレーズで始まる、と言っていました"のはふりをしよう。"

  • She had had quite a long argument with her sister only the day before--all because

    彼女は妹の前にだけ一日と非常に長い引数を持っていた - すべての理由

  • Alice had begun with 'Let's pretend we're kings and queens;' and her sister, who

    アリスはで始まった"のですが、私たちが王と王妃いるふりをしよう;'と彼女の妹、

  • liked being very exact, had argued that

    非常に厳密なもの、と主張していた好きだった

  • they couldn't, because there were only two of them, and Alice had been reduced at last

    彼らはそれらの2つだけがあったので、できなかった、とアリスは最後で減少していた

  • to say, 'Well, YOU can be one of them then, and I'LL be all the rest.'

    、と言うと"さて、あなたはそのうちの1つになることができる、と私はすべての残りなるでしょう。"

  • And once she had really frightened her old nurse by shouting suddenly in her ear,

    とかつて彼女は本当に、彼女の耳に突然大声で彼女の古い看護師を怖がっていた

  • 'Nurse! Do let's pretend that I'm a hungry hyaena,

    "ナース!のは、その私は空腹のハイエナをふり聞かせください、

  • and you're a bone.'

    とあなたは骨です。"

  • But this is taking us away from Alice's speech to the kitten.

    しかし、これは子猫のアリスのスピーチからの私達を離れて取っている。

  • 'Let's pretend that you're the Red Queen, Kitty!

    "あなたが赤の女王、キティだということとしましょう​​!

  • Do you know, I think if you sat up and folded your arms, you'd look exactly like

    あなたが知って、私はあなたが上に座ってあなたの腕を折った場合、あなたが正確のように見えると思う

  • her. Now do try, there's a dear!'

    彼女の。今、there'sa親愛なるを試してください!"

  • And Alice got the Red Queen off the table, and set it up before the kitten as a model

    とアリスはテーブルから赤の女王を持って、そしてモデルとして子猫の前にそれを設定する

  • for it to imitate: however, the thing didn't succeed, principally, Alice said,

    それを模倣する:しかし、事は、主に、アリスによると、成功しませんでした

  • because the kitten wouldn't fold its arms properly.

    子猫は、適切にその腕を折るれないからです。

  • So, to punish it, she held it up to the Looking-glass, that it might see how sulky

    そう、それを罰するため、彼女はどのように不機嫌なそれが見るかもしれないこと、見る、ガラスにそれを開催

  • it was--'and if you're not good directly,' she added, 'I'll put you through into

    それがされて - あなたが直接悪いなら'and、私はあなたのにつないでしょう"彼女は、追加された"

  • Looking-glass House.

    探してガラスハウス。

  • How would you like THAT?' 'Now, if you'll only attend, Kitty, and not

    あなたどのように?""今、あなたが唯一の参加だろう場合、キティ、およびではないと思います

  • talk so much, I'll tell you all my ideas about Looking-glass House.

    そんなに話を、私はハウス - ガラスの探し方は、あなたのすべての私のアイデアを教えてあげる。

  • First, there's the room you can see through the glass--that's just the same as our

    まず、ガラス越しに見ることができる部屋があります - それはちょうど私たちと同じです

  • drawing room, only the things go the other way.

    部屋を描く、唯一のものは他の道を行く。

  • I can see all of it when I get upon a chair--all but the bit behind the

    私は椅子によって得るとき私はそれのすべてを見ることができる - の背後にあるすべてがビット

  • fireplace. Oh! I do so wish I could see THAT bit!

    暖炉。ああ!私は私がそのビットを見ることがしたいです!

  • I want so much to know whether they've a fire in the winter: you never CAN tell, you

    私は、彼らは冬の火災をしたかどうかを知ることが山ほどしたい:あなたは、あなたの言うことができないこと

  • know, unless our fire smokes, and then smoke comes up in that room too--but that

    しかし、こと - 私達の火にタバコを吸えし、煙もその部屋にアップする場合を除き、知っている

  • may be only pretence, just to make it look as if they had a fire.

    ちょうど彼らが火を持っていたかのように見えるようにする、唯一の口実かもしれません。

  • Well then, the books are something like our books, only the words go the wrong way; I

    それでは、本は私たちの本のようなものですが、唯一の言葉は間違った道を行く、私

  • know that, because I've held up one of our books to the glass, and then they hold up

    私はガラスに私達の本の一つを保持してきたので、知っているし、彼らは、ホールドアップ

  • one in the other room.

    他の部屋の1つ。

  • 'How would you like to live in Looking- glass House, Kitty?

    "どのように、ハウス、ガラスを見るに住んでキティをご希望ですか?

  • I wonder if they'd give you milk in there?

    彼らはあなたにそこにミルクを与えるだろうかしら?

  • Perhaps Looking-glass milk isn't good to drink--But oh, Kitty! now we come to the

    おそらく、ミルクガラスを見ると飲むのは良くないです - しかしああ、キティ!今、私たちは来る

  • passage.

    通過。

  • You can just see a little PEEP of the passage in Looking-glass House, if you

    この場合あなたはただ、ハウス、ガラスの目を向けてみると通路の少しPEEPを見ることができます

  • leave the door of our drawing-room wide open: and it's very like our passage as far

    私たちの客間ワイドオープンのドアを残す:それは非常に限り私たちの道が好きだ

  • as you can see, only you know it may be quite different on beyond.

    あなたが見ることができるように、唯一のそれは超えて上に非常に異なっているかもしれませんね。

  • Oh, Kitty! how nice it would be if we could only get through into Looking-glass House!

    ああ、キティ!我々は見るだけで、ガラスハウス内を通り抜けることができればどのようにいい、それは次のようになります!

  • I'm sure it's got, oh! such beautiful things in it!

    私はそれを持って確信して、ああ!それのような美しいもの!

  • Let's pretend there's a way of getting through into it, somehow, Kitty.

    キティ、どういうわけか、それに通り抜けるのthere'sa方法を考えてみましょう。

  • Let's pretend the glass has got all soft like gauze, so that we can get through.

    我々は通り抜けることができるように、ガラスはガーゼのようなすべてのソフトを持っているふりをしてみましょう。

  • Why, it's turning into a sort of mist now, I declare!

    なぜ、それが今で霧のようなものに転換している、私は宣言する!

  • It'll be easy enough to get through--' She was up on the chimney-piece while she said

    それは、を介して取得するのに十分な簡単になるでしょう - "彼女は言ったながら、彼女は煙突ピース上にあった

  • this, though she hardly knew how she had got there.

    この、彼女はほとんど彼女が持っていたか知らなかったけれども。

  • And certainly the glass WAS beginning to melt away, just like a bright silvery mist.

    と確かにガラスは単に明るい銀色の霧のように、溶け始めていた。

  • In another moment Alice was through the glass, and had jumped lightly down into the

    別の瞬間にアリスはガラス越しだった、とに軽くダウンと急増した

  • Looking-glass room.

    探してガラスの部屋。

  • The very first thing she did was to look whether there was a fire in the fireplace,

    彼女がした一番最初は、暖炉の火があったかどうかを見ていた

  • and she was quite pleased to find that there was a real one, blazing away as

    と彼女はかなりのように離れて燃える、本物があったことを知って喜んでいた

  • brightly as the one she had left behind.

    明るく一つとして、彼女は取り残された。

  • 'So I shall be as warm here as I was in the old room,' thought Alice: 'warmer, in fact,

    "私は古い部屋にいたように私はここのような暖かいでなければならない、"アリスは考えた:"暖かい、実際には、

  • because there'll be no one here to scold me away from the fire.

    火災から私を離れて叱るためにここに1つずつしか存在しないだろうから。

  • Oh, what fun it'll be, when they see me through the glass in here, and can't get at

    ああ、何を楽しみ、それは彼らがここでガラス越しに私を見ると、なるでしょう、とに得ることができない

  • me!'

    私!"

  • Then she began looking about, and noticed that what could be seen from the old room

    それから彼女は約探し始めた、と古い部屋から何を見ることができたことに気づいた

  • was quite common and uninteresting, but that all the rest was as different as

    すべての残りの部分は同様に異なっていたことはかなり一般的でつまらないでしたが、

  • possible.

    可能。

  • For instance, the pictures on the wall next the fire seemed to be all alive, and the

    例えば、火の横の壁に絵がすべて生きているように思えた、と

  • very clock on the chimney-piece (you know you can only see the back of it in the

    煙突ピース(あなたがだけで、それの背面を見ることができます知っている上に非常にクロック

  • Looking-glass) had got the face of a little old man, and grinned at her.

    探してガラスはほとんど老人の顔を持って、彼女を笑った)していた。

  • 'They don't keep this room so tidy as the other,' Alice thought to herself, as she

    "彼らは他のようなこの部屋は非常に整理整頓していない、"アリスは彼女と、彼女自身に考え

  • noticed several of the chessmen down in the hearth among the cinders: but in another

    しかし、別の:ダウン燃えがらの中で囲炉裏の駒のいくつかに気づいた

  • moment, with a little 'Oh!' of surprise,

    驚きの"オー!"少しある瞬間、、

  • she was down on her hands and knees watching them.

    彼女はそれらを見て彼女の手やひざに減少しました。

  • The chessmen were walking about, two and two!

    駒には二人ずつ、約歩いていた!

  • 'Here are the Red King and the Red Queen,' Alice said (in a whisper, for fear of

    'これはレッドキングと赤の女王である、"アリスは(ささやき声で、の恐怖のためだ

  • frightening them), 'and there are the White King and the White Queen sitting on the

    、)それを恐ろしい"とホワイトキングとの上に座って白の女王さまがあります

  • edge of the shovel--and here are two

    シャベルの縁 - こことは2つです。

  • castles walking arm in arm--I don't think they can hear me,' she went on, as she put

    腕を組んで歩いて城 - 私は彼女が言ったように、彼女が経つ"、彼らは私を聞くことができるとは思わない

  • her head closer down, 'and I'm nearly sure they can't see me.

    近いダウン彼女の頭は、"そして私は彼らが私を見ることができない、ほぼ確信している。

  • I feel somehow as if I were invisible--'

    私は目に見えないであるかのように私は何とか感じて - "

  • Here something began squeaking on the table behind Alice, and made her turn her head

    ここで何かがアリスの背後にあるテーブルの上にキーキー始めた、と彼女は彼女の頭を回すもの