Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • >> [MUSIC PLAYING]

    >> [音楽再生]

  • >> -Alright!

    >> -Alright!

  • >> -This is CS50.

    >> - これはCS50である。

  • >> -This is CS50.

    >> - これはCS50である。

  • >> -This is CS50.

    >> - これはCS50である。

  • [MUSIC -- IGGY AZALEA, "FANCY"]

    [ミュージック - IGGY AZALEA、「ファンシー」]

  • >> -My favorite memory from CS50 was when I went to Puzzle Day.

    >> CS50から - 私の好きな​​メモリ 私はデイパズルに行ったときだった。

  • >> -Probably just the time spent working on problem sets

    >> -Probablyちょうど時間 問題のあるセットでの作業に費やした

  • with my friends and people who wold eventually become my blockmates.

    ウォールド私の友人や人々と 最終的には私のblockmatesになる。

  • >> -My best memory from CS50 is the Hackathon.

    >> から - 私の一番の思い出 CS50はハッカソンである。

  • -The CS50 Hackathon.

    -The CS50ハッカソン。

  • >> -Hackathon.

    >> -Hackathon。

  • >> -Hackathon.

    >> -Hackathon。

  • -Hackathon.

    -Hackathon。

  • -The Hackathon

    -Theハッカソン

  • -Rob Bowden.

    -Robボーデン。

  • Just everything about him.

    彼についてちょうどすべて。

  • >> [MUSIC -- IGGY AZALEA, "FANCY"]

    >> [ミュージック - IGGY AZALEA、「ファンシー」]

  • >> -My favorite memory is when I was on stage and I played the prestigious role

    >> 私がいた時 - 私の好きな​​メモリである ステージと私は権威ある役割を果たした

  • of a node [? in the Linked ?] [? List. ?]

    ノード[の?リンクされた中?] [?リスト。 ?]

  • >> -When we all got free Dropbox space and David was like, look under your seats.

    >> 私達はすべて自由Dropboxの容量を持って毎期と ダビデはあなたの席の下に見える、のようだった。

  • And it was like, space for everyone!

    そして、それはすべての人のためのスペース、のようだった!

  • >> [MUSIC -- IGGY AZALEA, "FANCY"]

    >> [ミュージック - IGGY AZALEA、「ファンシー」]

  • >> -My advice for any incoming student would

    >> いずれについて - 私のアドバイス 入ってくる生徒だろう

  • be to really work on P-sets with friends.

    本当に作業すること 友人とP-セット。

  • >> -Office hours is very much your friend.

    >> -Office時間は非常にあなたの友達です。

  • >> -Make the most of your experience and meet as many people as you can.

    >> あなたの経験の中で最も-make することができますようにと多くの人を満たしています。

  • >> -Don't be afraid to ask for help.

    >> 助けを求めることを恐れてはいけ-Don't。

  • -Start the P-sets early in the week.

    初期の週におけるPセットを-start。

  • -I think the biggest thing is to take advantage of all the resources

    最大のものは、にあると思い-I すべてのリソースを活用する

  • that CS50 has.

    そのCS50があります。

  • >> -Go to office hours early in the week.

    >> 初期の週の営業時間に-go。

  • >> -Definitely watch the shorts.

    >> -Definitelyショートパンツを見る。

  • >> -Don't procrastinate on your P-sets.

    >> あなたのP-セットに先延ばし-Don't。

  • -Make sure you find a great group of people to work on P-sets with.

    あなたは素晴らしいグループを検索してください-make とP-セットで動作するように人々の。

  • You can have a lot of fun and get work done together.

    あなたは多くの楽しみを持つことができます と仕事を一緒に片付ける。

  • >> -Don't be afraid to push yourself.

    >> 自分自身をプッシュすることを恐れ-Don't。

  • Go for the hacker edition sometimes.

    時にはハッカー版のために行く。

  • >> -Write things on paper before you ever touch your computer.

    >> 紙の上-Write物事の前に あなたは今までお使いのコンピュータに触れる。

  • >> -CS50 is really great at providing ways to get help.

    >> -CS50は、本当に素晴らしいです 助けを得るための方法を提供する。

  • >> -My one piece of advice is sleep.

    >> アドバイスの-My一枚は、睡眠です。

  • Has anybody said that?

    誰がそれを言っていますか?

  • Sleep, for sure.

    確かにスリープ、。

  • It's easy not to do, but you've got to do it, I think.

    それを行うのは容易ではないですが、 あなたがそれを行うために持っていると思います。

  • >> -I would say really be mentally prepared because you're going to love it.

    >> -Iは本当に精神的に調製することだと思います あなたがそれを好きになるだろうからである。

  • [MUSIC -- IGGY AZALEA, "FANCY"]

    [ミュージック - IGGY AZALEA、「ファンシー」]

  • >> -This is CS50.

    >> - これはCS50である。

  • >> -This is CS50.

    >> - これはCS50である。

  • >> -This is CS50.

    >> - これはCS50である。

  • [MUSIC -- IGGY AZALEA, "FANCY"]

    [ミュージック - IGGY AZALEA、「ファンシー」]

  • >> -This is CS50.

    >> - これはCS50である。

  • >> [APPLAUSE]

    >> [拍手]

  • >> DAVID J. MALAN: So this is CS50 and this is the end of Week 0.

    >> DAVID J.マラン:これはCS50である これは0週目の終わりです。

  • And that was just some of CS50's staff who

    そして、それはほんの一部だった CS50のスタッフの方

  • await you not only in sections and office hours, but,

    あなただけではなくセクションで待つ と営業時間、しかし、

  • also, this coming weekend at CS50 Puzzle Day.

    また、今度の週末 CS50パズルの日で。

  • Which, again, is not all about programming.

    どの、再び、ではない すべてのプログラミングについて。

  • Indeed, it's expected that you won't have to program anything,

    実際に、あなたと期待だ 何をプログラムする必要はありません、

  • but rather solve problems using wits and friends alongside you.

    むしろ使用して問題を解決 あなたと一緒に知恵と友人。

  • >> We will be joined by some of our friends at Facebook--

    >> 私たちは、いくつかによって結合されます Facebook--での私たちの友人の

  • if you register here-- who for the past several years,

    あなたはhere--を登録する人 過去数年間、

  • have actually been writing these challenges with us.

    実際に書いている 私達とこれらの課題。

  • And so, they will be the ones ultimately running Puzzle Day.

    だから、彼らはものになります 最終的にパズルの日実行されている。

  • And so, you will be challenged with precisely the kinds of things

    だから、あなたは挑戦されます 物事の正確な種類を持つ

  • and problems that folks at Facebook like to think about.

    問題の人で Facebookは考えるのが好きです。

  • So that is tomorrow.

    だから明日です。

  • Register at cs50.harvard.edu/register.

    cs50.harvard.edu/registerで登録します。

  • >> Now a word on a couple of staff in particular.

    >> カップルでの今の単語 特にスタッフの。

  • This here is Ansel Duff, who is actually one

    これは、ここで、アンセル·ダフです 実際に1人である

  • of the co-authors of these binary bulbs that we saw on Wednesday,

    これらのバイナリの共著者の 私たちは水曜日に見た球根、

  • in addition to CS50's own Dan Bradley.

    CS50自身のダン·ブラッドリーに加えて。

  • Ansel Duff was also a former freshman advisee of mine 3 years ago

    アンセル·ダフも、前者だった 3年前に私の新入生助言を受ける人

  • and he actually even built this lectern.

    そして彼は、実際にあっても、この書見台を建てた。

  • He's gone on to do engineering sciences and more.

    彼が行うに逝ってしまった エンジニアリング科学など。

  • Now, his picture here is actually Ansel 3 years ago at the CS50 Hackathon

    さて、ここで彼の写真は実際にある CS50ハッカソンで3年前アンセル

  • when he borrowed one of our balloons, stuck it to his laptop,

    彼は私たちのいずれかを借りたとき バルーンは、彼のラップトップにそれを貼り付け、

  • and, for the next 12 some odd hours, focused on his final project,

    そして、次の12いくつかの奇妙なため 彼の最終的なプロジェクトに焦点を当てた時間、

  • taking breaks only to open bags of candy at the Hackathon.

    のみ開くように休憩を取って ハッカソンでお菓子の袋。

  • >> But he went on more recently to spend this past summer with us,

    >> しかし、彼は最近になって上に行きました 私たちと一緒にこの過去の夏を過ごす、

  • since CS50 for its staff, and now students this semester,

    そのスタッフのCS50、それ以来 今の学生は学期、

  • has its own 3D printer.

    独自の3Dプリンタを持っています。

  • And in a nutshell a 3D printers is a device that looks quite like this.

    そして、一言で言えば3Dプリンタである 非常にこのようになりますデバイス。

  • You fill it with a plastic spool that is melted down by the device

    あなたは、プラスチック製のスプールでそれを埋める そのデバイスによって溶かされている

  • and you build things literally from nothing.

    あなたが物事を構築 文字通り何もないから。

  • Much like an inkjet printer, you start spitting out little dots of plastic

    インクジェットプリンタのように多くは、あなたが開始 プラスチックの小さなドットを吐き出す

  • that form together to form whole objects.

    そのフォームは一緒に オブジェクト全体を形成している。

  • And so Ansel for instance, earlier this summer, has an iPhone 5

    例えばだからアンセル、以前 この夏は、iPhone 5を有している

  • and decided he really wanted to prop it up on his desk.

    そして彼は本当に決めました 彼の机の上にを下支えする。

  • But he didn't want to go out and buy something

    しかし、彼はしたくなかった 外に出て何かを購入

  • from the Apple store or the like, so he sat down and started drawing something.

    アップルストア等から、彼 座って何かを描き始めました。

  • He took a few measurements as to how thick

    彼はいくつかの測定値を取った どのように厚いに関して

  • and how wide his iPhone was, he drew this image here,

    と彼のiPhoneはどのように広がっていた、 彼は、ここでこのイメージを描きました

  • he decided that he wanted to have a 75 degree tilt

    彼は彼が望むことを決定 75度の傾斜を持っている

  • as it was staring at him on his desk there.

    それは凝視したとして そこに彼の机の上に彼。

  • He then turned this, using software, into a 3D CAD model

    彼はそれを用いて、これをオンに 3D CADモデルにソフトウェア、

  • that looked a little something like this.

    それが少し見えた このようなもの。

  • And then he proceeded, ultimately, to actually create it.

    そして彼は進行し、 最終的には、実際にそれを作成します。

  • So in fact, if any of you here, perhaps in a row that I can throw to, have

    だから実際には、ここでの、もしあれば、おそらく 私は投げることができるの行に、持っている

  • an-- there we have folks with iPhone 5 , and here we have two more.

    私たちはiPhoneで人々を持ってそこにan-- 5、そしてここでは、さらに2つを持っている。

  • >> Now, not to be outdone, CS50's own Cheng Gong also set out this summer

    >> 今、負けじとしないように、CS50自身の チェンゴングもこの夏着手

  • to build quite a few things and, in fact, for reasons that are still

    かなりの数のものを構築すると、 実際には、まだ理由のために

  • unclear, has been slowly printing an army of elephants

    不明で、ゆっくりとしている 象の軍隊を印刷

  • with articulating arms and trunks.

    腕やトランクを連接した。

  • A couple of which are actually here if anyone would now like-- an elephant.

    のカップルがここにあれば実際に 誰もが今象をlike--だろう。

  • All right, . but what Cheng also did for us is he very kindly set up a camera

    すべての権利、。しかしチェンはまた、何をしたか 私たちのために彼は非常に親切にカメラを設置されている

  • because that elephant, believe it or not,

    その象ので、 それを信じるかどうか、

  • takes some two and a half hours to print.

    取り、いくつかの2と 印刷に時間半。

  • Even the iPhone stand took an hour and a half to print.

    でも、iPhoneのスタンドがかかった 印刷に時間半。

  • And what Cheng went ahead and did was set up a nice camera in front

    そして、チェンは先に行って、何をしたか フロントでの素敵なカメラを設置した

  • of this 3D printer, filmed for an hour and a half as Ansel's design printed.

    この3Dプリンタで、時間の撮影 そしてアンセルのデザインなどの半分が印刷された。

  • We overlaid some sexy music to it in order

    私たちは、いくつかのセクシーを重ねて 順番にそれへの音楽

  • to give you this to look at how 3D printing works.

    あなたにこれを与えることを探したい 3Dプリントがどのように機能するかで。

  • And even though this is actually in plastic,

    そして、これでもかの プラスチックに実際にある、

  • realize that if this is an area of interest to you academically,

    このエリアである場合と認識 学問的に興味を持たれ、

  • there are folks, among them Jennifer Lewis here

    皆さんはの中で、ある ここではそれらジェニファー·ルイス

  • at the School of Engineering, who are actually

    の学校で 実際にエンジニアリング、

  • working on 3D printing of plastic objects.

    3Dプリントに取り組んで プラスチックのオブジェクト。

  • But even, increasingly, biological materials to solve

    しかし、たとえ、ますます、 解決するために生物学的物質

  • physiological problems for humans.

    人間のための生理的な問題。

  • But here is a little something from CS50.

    しかし、ここで少しはある CS50から何か。

  • >> [LOUD MECHANICAL NOISES]

    >> [LOUD機械ノイズ]

  • DAVID J. MALAN: It doesn't sound anything like that in reality,

    DAVID J.マラン:それは鳴りません 現実にはそのようなこと、

  • but it's much cooler to watch it at that speed, and with that sound.

    それはそれを見て非常に涼しいです その速度で、その音で。

  • >> Now, on Wednesday, how did we first get here?

    >> さて、水曜日に、どのように まず、ここで手に入れた?

  • We started talking about computer science and we asked what it was.

    私たちは、コンピュータの話を始めた 科学と私たちはそれが何であったか尋ねた。

  • And it's about a number of things, and there's so many different directions

    そしてそれは、多くのことについてですと 非常に多くの異なる方向があります

  • in which you can head after a course like CS50.

    あなたが向かうことができる CS50のようなコースの後。

  • In fact, if you picked up one of those unofficial guides

    実際には、1を拾った場合 これらの非公式のガイド

  • to CS outside, the booklet that we've provided, whether you're

    CSの外部に、冊子に 私たちは、あなたがしているかどうかを、提供してきました

  • thinking of taking just CS50, or maybe doing a secondary,

    ただCS50を取ることを考えて、 または多分、二次をやって

  • or maybe even concentrating in CS, do flip through that.

    または多分集中 CSで、そのめくっん。

  • And you'll see a diagram toward the end that

    そして、あなたはダイアグラムが表示されます 終わりに向かって、その

  • shows you the many different directions in CS that you can go off in.

    あなたに多くの異なる方向を示している CSにあなたがオフに行くことができます。

  • >> But for today, we'll focus, again, on really one of the fundamental views,

    >> しかし、今日のために、私たちは上に、再び、注目します 本当に基本的なビューのいずれか、

  • perhaps, where you have inputs to problems,

    おそらく、あなたはどこを持っている 問題への入力、

  • you have outputs from problems, and you have

    あなたがからの出力を持っている 問題は、あなたが持っている

  • algorithms with which to create those outputs from those inputs.

    作成したアルゴリズム これらの入力からそれらの出力。

  • And one such example, was of course, this phone book here.

    そしてその一例は、であった もちろん、ここでは、この電話帳。

  • And we used as an example to go through an algorithm that was correct.

    そして、私たちは行くことを例として使用 正しかったアルゴリズムを通して。

  • And then another one was correct, but a little faster.

    そして、もう1だった 修正しますが、少し速く。

  • And then another one that was a little more dramatic, but fundamentally

    ちょっとした後、別の1 より劇的な、しかし根本的に

  • faster.

    速い。

  • >> Right, this phone book we claimed had about 1,000 pages.

    >> そう、この電話帳たち 約1,000ページを持っていたと主張した。

  • And how many times did I have to tear the phone book in half

    そして、どのように何回は、私が持っていた 半分に電話帳を引き裂く

  • to find someone like Mike Smith, maximally, in 1,000 page book?

    マイク·スミスのような人を見つけるために、 最大限に、千ページの本にある?

  • So, 10 give or take.

    だから、10が与えるか、または取る。

  • And so once I tore this thing in half, or simply, more maturely,

    だから私はこの事を引き裂いた後、 半分、あるいは単に、より尚早、

  • divided in half, it's only 10 pages out of 1,000.

    半分に分け、それだけだ 千のうち、10ページ。

  • And if you extrapolate, a little unrealistically for a phone book,

    そして、あなたは、少し外挿する場合は、 非現実的な電話帳のために、

  • but if this phone book had some 4 billion pages in it, so completely

    この電話帳は、いくつかの4があった場合 その中の十億のページなので、完全に

  • unwieldy physically, how many times do you divide a 4 billion

    扱いにくい物理的に、どのように多くの 回あなたが40億を分割でください

  • page phone book in half?

    半分にページの電話帳?

  • So it's actually 32, give or take.

    だから、与えるか、または取る、実際に32です。

  • And so 32 times only, out of 4 billion pages, can

    だから32回のみ、タイムアウト 40億のページの、することができます

  • you find someone like Mike Smith.

    あなたはマイク·スミスのような人を見つける。

  • And that's efficiency.

    そして、それは効率です。

  • That's a good algorithm, daresay.

    それは良いアルゴリズム、あえて言うのです。

  • >> But then we moved from that to try to formalize it.

    >> しかし、その後、私たちはそのから移動 それを形式化しようとする。

  • And I proposed this pseudocode code.

    そして、私は、この擬似コードコードを提案した。

  • Pseudocode code is not anything formal.

    擬似コードのコードでは、正式なものではありません。

  • It's not something you memorize.

    それはあなたが覚えるものではありません。

  • It's just something you express fairly intuitively using English,

    それはちょうどあなたが表現するものだ かなり直感的に英語を使用して、

  • or any language really, that conveys your ideas succinctly.

    または任意の言語は本当に、その 簡潔にあなたのアイデアを伝える。

  • But what's key about pseudocode code is that you

    しかし、何が約鍵だ 擬似コードコードは、ということです

  • try to anticipate all of the possible cases that might happen.

    すべてを予想しよう 起こるかもしれない可能なケース。

  • And indeed, in this pseudocode code, there were really three cases

    そして実際、この擬似コード コー​​ド、本当に3つのケースがありました