Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • The Olympic motto is "Citius, Altius, Fortius."

    翻訳: Eriko T 校正: Reiko Bovee

  • Faster, Higher, Stronger.

    オリンピックのモットーは “キティウス・アルティウス

  • And athletes have fulfilled that motto rapidly.

    フォルティウス” 「より速く より高く より強く」です

  • The winner of the 2012 Olympic marathon

    スポーツ選手たちはこのモットーを 急速に実現して来ました

  • ran two hours and eight minutes.

    2012年オリンピックマラソンの勝者は

  • Had he been racing against the winner

    2時間8分で走り終え

  • of the 1904 Olympic marathon,

    1904年オリンピックマラソンの

  • he would have won by nearly an hour and a half.

    勝者と もし競争したなら

  • Now we all have this feeling

    1時間半近くの大差をつけて ゴールしていたでしょう

  • that we're somehow just getting better

    私達は皆こう感じています

  • as a human race, inexorably progressing,

    人類は 容赦ないまでに

  • but it's not like we've evolved into a new species

    確実に進化し続けている

  • in a century.

    しかしこの1世紀で 人類が新しい種へと

  • So what's going on here?

    進化したわけではありません

  • I want to take a look at what's really behind

    では何が起こっているのでしょう?

  • this march of athletic progress.

    スポーツ記録の絶え間ない向上の

  • In 1936, Jesse Owens

    裏側を見てみたいと思います

  • held the world record in the 100 meters.

    1936年 ジェシー・オーエンスは

  • Had Jesse Owens been racing last year

    100メートル走で世界記録を 手にしました

  • in the world championships of the 100 meters,

    もしジェシー・オーエンスが去年

  • when Jamaican sprinter Usain Bolt finished,

    100メートル走世界選手権に 出場したなら

  • Owens would have still had 14 feet to go.

    ゴールするジャマイカ人 スプリンター、ウサイン・ボルトの

  • That's a lot in sprinter land.

    4メートル後ろをオーエンスは まだ走っていたでしょう

  • To give you a sense of how much it is,

    スプリンターにとっては 大きな開きです

  • I want to share with you a demonstration

    皆さんに分かりやすいように

  • conceived by sports scientist Ross Tucker.

    デモンストレーションを お見せしましょう

  • Now picture the stadium last year

    スポーツ科学者 ロス・タッカーの 考案によるものです

  • at the world championships of the 100 meters:

    昨年の100メートル走 世界陸上競技選手権の

  • thousands of fans waiting with baited breath

    スタジアムを想像してください

  • to see Usain Bolt, the fastest man in history;

    数千人ものファンが息を殺して

  • flashbulbs popping as the nine fastest men in the world

    史上最速の男 ウサイン・ボルトを 見ようと待っています

  • coil themselves into their blocks.

    世界最速の9人の男達が スターティングブロックに屈み

  • And I want you to pretend

    クラウチングの姿勢をとるなり フラッシュが焚かれます

  • that Jesse Owens is in that race.

    そのレースに

  • Now close your eyes for a second and picture the race.

    ジェシー・オーエンスが いると 思って下さい

  • Bang! The gun goes off.

    目を閉じてレースを 想像してみてください

  • An American sprinter jumps out to the front.

    バン!号砲が鳴ります

  • Usain Bolt starts to catch him.

    アメリカ人のスプリンターが 先頭へ飛び出し

  • Usain Bolt passes him, and as the runners come to the finish,

    ウサイン・ボルトが 距離を詰めます

  • you'll hear a beep as each man crosses the line.

    ウサイン・ボルトが追い越し

  • (Beeps)

    走者達がゴールを越えるたびに ビープ音が鳴ります

  • That's the entire finish of the race.

    (ビープ音)

  • You can open your eyes now.

    これでレースが完全に終わります

  • That first beep was Usain Bolt.

    どうぞ目を開けて下さい

  • That last beep was Jesse Owens.

    最初の音はウサイン・ボルトでした

  • Listen to it again.

    最後がジェシー・オーエンス

  • (Beeps)

    もう一度聞いてみましょう

  • When you think of it like that,

    (ビープ音)

  • it's not that big a difference, is it?

    こうしてみると

  • And then consider that Usain Bolt started

    そんなに大差は無いでしょう?

  • by propelling himself out of blocks

    では次に考えてみて下さい ウサイン・ボルトは

  • down a specially fabricated carpet

    スターティングブロックから蹴り出し

  • designed to allow him to travel

    走者が人類に可能な限り 速く走る事ができるように

  • as fast as humanly possible.

    特別に作られた 敷物の上を走りましたが

  • Jesse Owens, on the other hand,

    特別に作られた 敷物の上を走りましたが

  • ran on cinders, the ash from burnt wood,

    一方 ジェシー・オーエンスは

  • and that soft surface stole far more energy

    コークスを敷き詰めた シンダートラック上を走り

  • from his legs as he ran.

    そのソフトな表面は 遥かに多くのエネルギーを

  • Rather than blocks, Jesse Owens had a gardening trowel

    脚から吸収してしまいました

  • that he had to use to dig holes in the cinders to start from.

    更にオーエンスは スターティングブロックの代わりに

  • Biomechanical analysis of the speed

    スタートラインに穴を掘るのに 園芸スコップを使いました

  • of Owens' joints shows that had been running

    オーエンスの関節が動く速度を

  • on the same surface as Bolt,

    生体力学的に分析すると ボルトが走った時と

  • he wouldn't have been 14 feet behind,

    同じ舗装上を走っていれば

  • he would have been within one stride.

    4メートル27センチではなく わずか一歩の差で

  • Rather than the last beep,

    ボルトの直後を 走っていたことになります

  • Owens would have been the second beep.

    最後のビープ音ではなく

  • Listen to it again.

    オーエンスは2番目の ビープ音だったでしょう

  • (Beeps)

    もう一度聞いてみましょう

  • That's the difference track surface technology has made,

    (ビープ音)

  • and it's done it throughout the running world.

    トラックの舗装技術次第で これだけの差が出るのです

  • Consider a longer event.

    これは陸上競技の世界全般で 起こっている事です

  • In 1954, Sir Roger Bannister

    もっと長い競技を考えてみましょう

  • became the first man to run under four minutes in the mile.

    1954年にサー・ロジャー・バニスターは

  • Nowadays, college kids do that every year.

    世界で初めて1マイルを 4分以下で走りました

  • On rare occasions, a high school kid does it.

    今日では毎年 大学生達が その記録を出しています

  • As of the end of last year,

    まれに 高校生ですら やってのけることがあります

  • 1,314 men

    昨年末までに

  • had run under four minutes in the mile,

    1,314名の男性競技者たちが

  • but like Jesse Owens,

    1マイルを4分以下で走りましたが

  • Sir Roger Bannister ran on soft cinders

    ジェシー・オーエンスのように

  • that stole far more energy from his legs

    サー・ロジャー・バニスターは ソフトなシンダー舗装上を走り

  • than the synthetic tracks of today.

    それは今日の 人工素材で出来た

  • So I consulted biomechanics experts

    トラックより大幅に 脚からエネルギーを吸収しました

  • to find out how much slower it is to run on cinders

    それで生体力学の専門家たちに

  • than synthetic tracks,

    シンダー舗装上を走ると 人工のトラックを走る時よりも

  • and their consensus that it's one and a half percent slower.

    どれ位遅いのか聞くと

  • So if you apply a one and a half percent slowdown conversion

    一致した見解は 1.5% というものでした

  • to every man who ran his sub-four mile

    その1.5%の差を

  • on a synthetic track,

    人工素材のトラックを走り

  • this is what happens.

    1マイル4分を切った走者の

  • Only 530 are left.

    人数で表してみると

  • If you look at it from that perspective,

    これまでに たった530人です

  • fewer than ten new men per [year]

    この視点から見てみると

  • have joined the sub-four mile club

    サー・ロジャー・バニスターの後

  • since Sir Roger Bannister.

    1マイル4分の壁を 突破できたのは

  • Now, 530 is a lot more than one,

    わずか 年に10人以下です

  • and that's partly because there are many more people

    それでも 530名は1名よりも 遥かに多い数です

  • training today and they're training more intelligently.

    これは 今日 より多くの人々が

  • Even college kids are professional in their training

    より洗練された方法で トレーニングしているからです

  • compared to Sir Roger Bannister,

    サー・バニスターに比べれば 今の大学生の

  • who trained for 45 minutes at a time

    トレーニングはプロ並です

  • while he ditched gynecology lectures in med school.

    バニスターは産婦人科の講義を

  • And that guy who won the 1904 Olympic marathon

    サボった時の45分ずつしか トレーニングしなかったのですから

  • in three in a half hours,

    しかも1904年に オリンピック・マラソンで

  • that guy was drinking rat poison and brandy

    3時間半以内で走り 勝利した選手は

  • while he ran along the course.

    殺鼠剤とブランデーを 飲みながらコースを

  • That was his idea of a performance-enhancing drug.

    走っていたのです

  • (Laughter)

    それが彼にとっての 能力向上薬物というわけでした

  • Clearly, athletes have gotten more savvy

    (笑)

  • about performance-enhancing drugs as well,

    明らかに 選手たちは

  • and that's made a difference in some sports at some times,

    能力向上薬物についても知識を深め

  • but technology has made a difference in all sports,

    それはある種の競技で 時折 効果を表しましたが

  • from faster skis to lighter shoes.

    技術の進歩は全ての競技で 違いを生み出しました

  • Take a look at the record for the 100-meter freestyle swim.

    より速く滑るスキーや より軽いシューズ などです

  • The record is always trending downward,

    100メートル自由型競泳の 記録を見てみましょう

  • but it's punctuated by these steep cliffs.

    タイムは常に短縮され 続けていますが

  • This first cliff, in 1956, is the introduction

    ところどころ突然 大きく記録が向上しています

  • of the flip turn.

    最初の劇的な記録の向上は 1956年に導入された

  • Rather than stopping and turning around,

    フリップターンが要因です

  • athletes could somersault under the water

    一旦止まってから 方向転換する代わりに

  • and get going right away in the opposite direction.

    選手は水中でとんぼ返りし

  • This second cliff, the introduction of gutters

    即座に逆方向へ向きを変え 泳ぎ出します

  • on the side of the pool

    2番目の飛躍は プールサイドの

  • that allows water to splash off,

    排水溝の導入が理由です

  • rather than becoming turbulence

    それにより水が捌け

  • that impedes the swimmers as they race.

    競泳中の選手の動きを妨げる

  • This final cliff,

    水流が起こらなくなりました

  • the introduction of full-body

    最後の飛躍には

  • and low-friction swimsuits.

    全身を覆う低摩擦抵抗性の

  • Throughout sports, technology has changed the face of performance.

    競泳水着の導入が 貢献しています

  • In 1972, Eddy Merckx set the record

    スポーツの歴史を通して技術は パフォーマンスの流れを変えて来ました

  • for the longest distance cycled in one hour

    1972年に エディ・メルクスは

  • at 30 miles, 3,774 feet.

    自転車の最長距離走行記録を 打ち立てました

  • Now that record improved and improved

    49.43キロメートルを 1時間で走ったのです

  • as bicycles improved and became more aerodynamic

    自転車の性能が向上し

  • all the way until 1996,

    空気抵抗を削減し続けたことで 記録は伸び続けました

  • when it was set at 35 miles, 1,531 feet,

    そして1996年

  • nearly five miles farther

    最高記録は56.7キロ

  • than Eddy Merckx cycled in 1972.

    エディ・メルクスの1972年の記録より

  • But then in 2000, the International Cycling Union

    8キロも伸びました

  • decreed that anyone who wanted to hold that record

    しかし2000年 国際自転車競技連合は

  • had to do so with essentially the same equipment

    エディ・メルクスが 1972年に使用した物と基本的に

  • that Eddy Merckx used in 1972.

    同じ装備を 競技で 使用するように定めました

  • Where does the record stand today?

    今日の記録を見てみましょう

  • 30 miles, 4,657 feet,

    49.70キロメートル

  • a grand total of 883 feet

    エディ・メルクスが 40年前に走った距離より

  • farther than Eddy Merckx cycled

    概算269メートル 伸びただけです

  • more than four decades ago.

    つまり 記録更新は 全て

  • Essentially the entire improvement in this record

    新技術のおかげだったのです

  • was due to technology.

    でも 技術だけが選手たちの後押しを しているわけではありません

  • Still, technology isn't the only thing pushing athletes forward.

    確かに 私たちは1世紀で

  • While indeed we haven't evolved

    新人類に進化したのでは ありませんが

  • into a new species in a century,

    スポーツ競技における 遺伝子プールは

  • the gene pool within competitive sports

    確実に変化しました

  • most certainly has changed.

    20世紀前半

  • In the early half of the 20th century,

    体育教師やコーチたちは

  • physical education instructors and coaches

    平均的な体型が 全ての運動競技において

  • had the idea that the average body type

    理想的だという 考えを持っていました

  • was the best for all athletic endeavors:

    どのような競技であれ 中肉中背が良いとされ

  • medium height, medium weight, no matter the sport.

    これは選手たちの体つきにも 表れていました

  • And this showed in athletes' bodies.

    1920年代 平均的に優秀な 走り高跳び選手と

  • In the 1920s, the average elite high-jumper

    平均的に優秀な砲丸投げ選手は 全く同じ体格をしていました

  • and average elite shot-putter were the same exact size.

    しかし 平均的な体躯よりも

  • But as that idea started to fade away,

    それぞれの競技ニッチに適した

  • as sports scientists and coaches realized that

    高度に専門化された体躯が

  • rather than the average body type,

    好ましいと スポーツ科学者やコーチたちが

  • you want highly specialized bodies

    気付き 古い考えが衰退し始めると

  • that fit into certain athletic niches,

    一種の人工的な選別が 起こり始め

  • a form of artificial selection took place,

    競技ごとに最適な 体つきが自然と選別され始め

  • a self-sorting for bodies that fit certain sports,

    スポーツ選手の体型は 次第に多様化して行ったのです

  • and athletes' bodies became more different from one another.

    今日 平均的に優秀な砲丸投げの選手は 平均的に優秀な高飛び選手と

  • Today, rather than the same size as the average elite high jumper,

    同じサイズではなく