Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Textures.

    次はテクスチャをみていきます。

  • A texture is an image file.

    テクスチャは画像ファイルであり、

  • Unity uses textures in a number of different ways.

    Unity はテクスチャをさまざまな方法で使用します。

  • The most common use of a texture is when

    もっとも一般的なテクスチャの使用方法は

  • applied to a material in the base

    マテリアルのベース テクスチャ プロパティに適用して

  • texture property to give a mesh a

    メッシュの表面に

  • textured surface.

    テクスチャつきの表面を与えます。

  • For more information on materials

    マテリアルに関する情報については

  • see the appropriate lesson.

    対応するレッスンを参照して下さい。

  • Textures can also be used for

    テクスチャはさらに

  • GUI elements applied to additional

    法線マップ、鏡面マップ、またはハイトマップとして

  • material properties to act as normal

    振る舞う追加のマテリアルプロパティを適用された

  • maps, specular maps or height maps.

    GUI要素として使用できます。

  • Used as custom cursors, icons,

    カスタムのカーソル、アイコン、

  • splash screens and more.

    スプラッシュ画面、などにも使用できます。

  • Textures can be any image file

    テクスチャは

  • supported by Unity.

    Unity でサポートされる画像であれば何でも問題ありません。

  • These can be photos straight from a

    これらは 電子コンテンツ からダイレクトの写真に出来ますが、

  • digital source, but textures are usually

    テクスチャは 通常、

  • images created or manipulated in an image

    Photoshop または Gimp のようなイメージ エディタにより

  • editor, like Photoshop or Gimp.

    作成されます。

  • It is important to note that the layered

    レイヤーのあるファイルは

  • files will be flattened on import

    インポート時にフラットになりますが、

  • but the layers are maintained in

    レイヤーは Unity 上のオリジナル ファイルでは

  • Unity in the original file.

    保持されています。

  • This means we can turn layers on and off

    これはつまりレイヤーをロスなく

  • without loss when we're setting up our game

    オンにしたり、オフにしたり出来るということですが、

  • but when we're running our game we will not

    ゲームを実行するときは

  • have access to these layers individually.

    これらのレイヤーに個別にアクセス出来ないということです。

  • Most of the image file formats used by

    Unity により使用される画像形式のほとんどで

  • Unity support transparency.

    Unity は透過設定をサポートします。

  • The notable exception is JPEG,

    覚えておくべき例外は JPEG であり、

  • which does not.

    これはサポートしてません。

  • For more information on transparency

    透過設定についてのより詳細な情報と

  • and how to use it, see the documentation on

    使用方法については、

  • materials and shaders.

    マテリアルやシェーダーに関するドキュメントを参照して下さい。

  • Texture files should be saved in the assets folder.

    テクスチャ ファイルは Assets フォルダに保存すべきです。

  • Unity searches the assets folder

    Unity は マテリアルを検索するとき

  • in a specific order when seeking materials.

    Assets フォルダを特定の順番で検索します。

  • For more information on searching for textures

    テクスチャの検索および

  • and seeking materials see the lesson

    マテリアルの検索についての詳細は

  • on mesh importing.

    メッシュのインポートに関するレッスンを参照して下さい。

  • A texture file should be assigned import

    テクスチャ ファイルは

  • settings in the texture importer.

    テクスチャ インポート ツールによりインポート設定が割り当てられます。

  • Texture Type property contains a

    Texture Type プロパティには

  • list of presets.

    プリセットの一覧が含まれます。

  • These limit the number of editable properties

    これらによりテクスチャ インポート ツールにより

  • available in the texture importer

    画像の使用方法に関連して意図的に

  • based on the intended use for the image.

    編集出来るプロパティの数を限定します。

  • The default is Texture.

    デフォルトの値は Texture です。

  • Advanced will expose all of the available

    Advanced とするとテクスチャ インポート ツールで

  • properties in the texture importer.

    利用出来るプロパティの全てが使えるようになります。

  • The other presets, including advanced,

    その他のプリセットは Advanced を含めて

  • will be covered in another lesson.

    別のレッスンで解説します。

  • If we need to set the transparency

    もし テクスチャの

  • or alpha channel for the texture automatically

    透過またはアルファ チャネルを画像の

  • based on the light and dark parts of the image

    明暗にもとづいて自動的にセットしないといけない場合、

  • we can check the Alpha From Greyscale field.

    Alpha From Greyscale フィールドをチェックします。

  • Black will be completely transparent,

    黒色は完全に透過となり、

  • white will be completely opaque.

    白色は完全に不透明になります。

  • Wrap Mode controls how the texture is mapped

    Wrap Mode によりテクスチャがタイルされたときに

  • on to a renderer when tiled.

    レンダラにどうマッピングするか制御します。

  • This setting works for both 2D elements

    この設定は 2D 要素でも

  • and 3D meshes.

    3D メッシュでも機能します。

  • Repeat will repeat the texture and

    Repeat によりテクスチャは繰り返しされ

  • and Clamp will stretch the edges of the texture.

    Clamp によりテクスチャの端が伸ばされます。

  • Filter Mode controls how the graphics

    Filter Mode により グラフィックス カードが

  • card renders the texture,

    3D 変形により伸ばされたとき、

  • when it is stretched by 3D transformations.

    テクスチャをどうレンダリングするか制御します。

  • These are effectively quality settings,

    これらは効果的な Quality Settings で、

  • trilinear being the best and

    Trilinear が最も高画質であり、

  • point being the most basic.

    Point は最も標準的となります。

  • Aniso level controls the quality of

    Aniso level により テクスチャの

  • textures when rendered at steep angles.

    深い角度でレンダリングされたときの品質が制御されます。

  • Anisotropic Filtering increases the

    Anisotropic Filtering により、

  • texture quality when viewed at

    見上げる角度で見たときの

  • a grazing angle.

    テクスチャ品質を向上します。

  • This has an increased rendering cost when applied.

    これは適用したときにレンダリング コストを向上させます。

  • In quality settings, Anisotropic filtering

    Quality Settings においては、Anisotropic Filteringによって

  • can be forced on for all textures

    全てのテクスチャを強制的にオンにしたり、

  • or disabled completely.

    完全にオフにすることが出来ます。

  • For more information on quality settings

    Quality Settings に関する詳細については

  • see the appropriate lesson.

    対応するレッスンを参照して下さい。

  • Because Unity supports building to

    Unity によりマルチ ターゲットの

  • multiple target platforms from one project

    プラットフォームへのビルドをサポートするので

  • the texture importer allows for a default

    テクスチャ インポート ツールは

  • setting for max texture size

    最大テキスト サイズ

  • and compression format that can be

    および圧縮フォーマットにデフォルト設定をして

  • overridden on a per platform basis.

    プラットフォーム毎にそれを上書きすることが出来ます。

  • Max Size will set the maximum size for

    Max Size によりインポートされたテクスチャの最大サイズを

  • for the imported texture.

    セット出来ます。

  • If max size is set to a value larger

    もし Max Size が

  • than that of the original image the size

    元の画像よりも大きい値にセットした場合、

  • of the imported texture

    インポートされたテクスチャのサイズは

  • will be that of the original.

    は元の画像のサイズどおりになります。

  • This setting will not make the texture

    この設定により元の画像よりも大きい

  • larger than the original image.

    テクスチャとはなりません。

  • If max size is set to a value less

    もし Max Size が

  • than the original image the texture will

    元の画像よりも小さい値にセットした場合、

  • be resized to that value on import.

    インポートされたときに、テクスチャのサイズは Max Size どおりになります。

  • Like layers, however, the original

    しかし、レイヤーと同様に、

  • file is unchanged.

    元の画像は変更されていません。

  • Only the imported asset will be adjusted.

    インポートされたアセットのみが調整されています。

  • Format sets the compression technique.

    Format により圧縮方式がセットされます。

  • The default settings are relatively simple

    デフォルト設定は Texture プリセットを使用すると

  • when using the Texture preset.

    比較的シンプルです。

  • These are effectively quality settings of

    これは要するに Low, Medium, High の

  • low, medium and high.

    画質設定となります。

  • More control can be set on a per

    プラットフォームごとにより多くの制御を

  • platform basis, or when using the Advanced setting.

    することが出来ます。または Advanced 設定を使用する場合も同様です。

  • Each target platform can have it's own settings

    各々のターゲット プラットフォームには

  • that override the default values.

    デフォルト値を上書きする固有の設定があります。

  • Max size and compression can be adjusted

    Max size および Compression は各々のターゲット プラットフォームで

  • for each target platform.

    調整できます。

  • This means we can set the target sizes

    これはつまり、ターゲット プラットフォームの

  • and compression appropriate for the

    帯域およびプロセッシング能力にあわせて

  • bandwidth and processing power

    ターゲット サイズおよび圧縮を

  • of the target platform.

    セットできます。

  • When the build target is changed these

    ビルド ターゲットが変更されたとき、

  • assets will be reimported using the

    これらのアセットは上書きされた値を使用して

  • overridden values.

    再インポートされます。

  • This section works in conjunction with Build Settings.

    このセクションでは Build Settings で作業をします。

  • For more information on Build Settings

    Build Settings に関する詳細については

  • please see the appropriate lesson.

    対応するレッスンを参照して下さい。

  • At the bottom of the importer is a preview window.

    インポート ツールの最下部にはプレビュー ウィンドウがあります。

  • When the preview window is open we can

    もしプレビュー ウィンドウが開いているとき

  • view the changes we have made.

    われわれが行なった変更をみることが出来ます。

  • We will need to apply our settings before

    プレビュー ウィンドウが表示を更新する前に

  • the preview window will update it's display.

    設定を適用する必要があります。

  • The preview window will display the image

    プレビュー ウィンドウはインポートされる画像を表示して

  • being imported and report basic information

    インポートされたテクスチャに関する

  • about the imported texture, including

    基本的な情報を報告します。

  • the size of the imported texture,

    それはインポートされたテクスチャ サイズ、

  • the compression setting and the footprint

    圧縮設定、およびテクスチャのフットプリントを

  • of the texture in our game.

    含みます。 (翻訳:gamesonytablet)

Textures.

次はテクスチャをみていきます。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 テクスチャ インポート unity 画像 設定 マテリアル

テクスチャ - Unity公式チュートリアル (Textures - Unity Official Tutorials)

  • 54 5
    朱瑛 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語