Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • Okay. So this past weekend a really good friend of mine lives in New York called and said

    この週末、ニューヨークに住む親友から電話があって

  • How are you feeling about the 99 conference?

    九十九会議の感想は?

  • And my answer was what do you think is the least invasive way

    私の答えは何だと思いますか?最も侵襲性の低い方法は何だと思いますか?

  • To extract eyeball juice from a first-grader

    小学1年生から眼球液を抽出するには

  • And his response was -- oh god! Are you in that place?

    彼の反応は...あの場所にいるのか?

  • And I think theyre reallythis is here’s the idea.

    そして、彼らは本当に...これだと思います。

  • There’s a total pink eye epidemic in my son’s class.

    息子のクラスでは完全にピンクアイの流行があります。

  • And if I could get some of the juice, I could give myself pink eye would you be a legitimate excuse not to go.

    そして、私はジュースのいくつかを得ることができた場合、私は自分自身にピンクの目を与えることができます......あなたが行かない正当な言い訳になります。

  • And I can even likeyou knowdo a selfie with like a big eye and then it would be legit.

    目を大きくして自撮りすることもできるし、それは合法的なことだよ。

  • And he said, I thought you were excited and I said I was excited.

    と言ってくれたので、興奮しているのかと思いきや、私は興奮していると言ってしまった。

  • But as I was working on my keynote

    しかし、私が基調講演の仕事をしている間に

  • I realized that I kind of trick myself into believing that this was my tribe.

    自分を騙して、これが自分の部族だと思い込んでいることに気がついた。

  • And then I realized that my obsession with funds doesn’t really make me one of you.

    そして、資金への執着が私をあなたの仲間にしていないことに気づいた。

  • And he saidwhat is going one when you thought you were one of them?

    そして、彼は言った...自分がその中の一人だと思っていたのに、何で一人になるんだ?

  • And I said I don’t know I have to think about it.

    そして、考えなくてもいいと言った。

  • And he said your researcher doesn’t necessarily mean that youre notyou know … a creative.

    そして、研究者だからといって、必ずしもあなたが......創造的でないとは限らないと言っていました。

  • I said no. these are the creative. These are the people that no one saw in the high school.

    ダメだと言ったんだよ こいつらは創造的なんだよ高校では誰も見ていなかった人たちです。

  • And everybody wants to be when they grow up.

    そして、誰もが大人になったらそうなりたいと思っています。

  • I’m a researcher. No one’s sits with when I was in high school. No one still sits with us.

    私は研究者です。高校生の頃は誰も一緒に座っていませんでした。今でも一緒に座っている人はいません。

  • So I thought about it. I thought..okay. some researcher study connection, study vulnerability, I study love.

    それで考えてみたのある研究者は繋がりを研究し 脆弱性を研究し 私は愛を研究しています

  • And then I realized why I thought you were my tribe.

    そして、なぜあなたを私の部族だと思っていたのかに気がついた。

  • I think it’s because design is a function of connection.

    それは、デザインがつながりの機能だからだと思います。

  • There’s nothing more vulnerable than creativity.

    創造性ほど脆弱なものはない。

  • And what is art? If it’s not love.

    芸術とは何か?それが愛でなければ

  • So it make sense to me, to be here.

    だからここにいるのは理にかなっている。

  • And then I thought, okay. 99 percent perspiration said don’t talk about inspirational stuff.

    で、思ったんだけど99パーセントの汗は、霊感的な話をするなと言っていました。

  • Talk about the how to.

    ハウツーの話。

  • So you know my names. Sometimes I named my keynote presentations things that will make me feel better about being here.

    私の名前を知っているのね時々、私は基調講演に名前をつけたの ここにいると気分が良くなるようなものをね

  • So this one called sweaty creatives.

    これは汗だくのクリエイティブと呼ばれるものですね。

  • Because I know what its mean to be a sweaty creative.

    汗だくのクリエーターの意味を知っているからだ。

  • Because I create all the time when I write the way I translate my research when I talk.

    だって、話すときに研究を翻訳するような書き方をしていると、いつも創作してしまうから。

  • And I know what the perspiration feels like. And so what I wanna talk about today is the perspiration that no one talks about very often.

    汗がどんな感じなのか知っています。そこで今日は、誰もあまり語らない汗の話をしたいと思います。

  • And that’s not the perspirations from the hard work and the laborious part of creating.

    そしてそれは、制作の苦労や手間のかかる部分からの汗ではない。

  • It’s the perspiration from fear.

    恐怖からくる汗です。

  • From the cold sweat. The stuff that pops up on our eyebrows when it’s not supposed to be there.

    冷や汗から眉毛の上に飛び出てくるのは、あるはずのないもの。

  • Because were presenting idea are talking about something that we care about

    私たちはアイデアを提示しているので、私たちが気になる何かについて話しています。

  • And then were begging our body not to sweat.

    そして、汗をかかないように体に懇願しています。

  • Like when they said, were filming you against black. Can you wear something else?

    "黒を背景に撮影してます "って 言われた時みたいに何か他の服を着てくれませんか?

  • I’m like no.

    私はノーという感じです。

  • That 99 percent perspiration think I’m done with that. I got that.

    その99パーセントの汗は、私がそれで終わったと思っている。私はそれを手に入れました。

  • I won’t be wearing. I’ll be wear….oh yea my option will be navy.

    私は着ないわ私は着ないわ...そうそう、私のオプションはネイビーにします。

  • So I know about sweaty creative. So I wanna tell you about something that changed my life.

    だから、汗だくクリエイティブのことは知っています。そこで、私の人生を変えた話をしたいと思います。

  • As a creative person and it’s a quote from Theodore Roosevelt.

    創造的な人間として、それはセオドア・ルーズベルトの名言です。

  • And it is completely, I mean I know it sounds cheesy and cliché that quote can change your life.

    そして、それは完全に、私はそれがあなたの人生を変えることができる引用が安っぽいと決まり文句に聞こえることを知っている意味です。

  • But sometimes when you hear something, when you need to hear it, youre ready to hear it.

    でも、何かを聞いた時、聞きたくなった時、聞きたくなった時には

  • Something swift inside of you.

    あなたの中に何かがある

  • And so my story is that I’m a researcher and I never thought I would have a big public career.

    で、私の話は、研究者でありながら、まさか大きな公職に就くとは思ってもいなかったということです。

  • And so I did the TED talk and it went very viral.

    それでTEDの講演をしたんですが、それがとても評判になりました。

  • And in the wake of that I was kind of everywhere for a couple of months on every CNN.com NPR.

    それをきっかけに数ヶ月間CNN.comのNPRの番組に出演していました。

  • It was everywhere and something I wasn’t use to.

    どこにでもあったし、慣れないものだった。

  • And the marching orders from my therapist and my husband were do not read the comments online.

    そして、私のセラピストと私の夫からの行進命令は、オンラインでコメントを読んではいけませんでした。

  • So I read all the comments online.

    なので、ネットのコメントは全部読んでいます。

  • It’s a one morning. I woke up and there were two or three new articles out.

    ある朝のことです。目が覚めたら、新しい記事が2~3本出ていました。

  • And I started reading the comments.

    そして、コメントを読み始めました。

  • And they were devastating.

    彼らは壊滅的だった

  • They weren’t about my work. They were about me and were super personal.

    私の仕事のことではなく私のことであり、超個人的なことだった。

  • And they were the thing that creative people play in their mind and then give up doing what they really wanna do.

    そして、クリエイティブな人たちが心の中で遊んで、本当にやりたいことを諦めてしまうものでした。

  • Like if I ask every single one of you, you would trywhat would you try if you knew people would never say this about you.

    一人一人に聞いてみると...こんなことを言われないと知っていたら、何をしてみたいと思う?

  • What would that, what would this be?

    それは何だろう、これは何だろう?

  • It would those comments in that morning.

    その日の朝には、そのようなコメントがありました。

  • Of course she embraces imperfection, what choice does she have, look how she looks

    もちろん、彼女は不完全さを受け入れています、彼女が持っている選択肢は何ですか?

  • I feel sorry for her kids. Last research marble tops.

    彼女の子供がかわいそう。最後の研究 大理石のトップス

  • Just mean personal attacks the things that really up until that moment had inspired me to stay very small in my life and in my career.

    個人的な攻撃を意味するだけで、本当にその瞬間まで、私は私の人生と私のキャリアの中で非常に小さく滞在するように触発されていたことを意味します。

  • Just so that I can avoid these things.

    こういうのを避けられるように

  • So that morning, even the kids leave, I stay home. I get on the couch.

    だからその日の朝は、子供たちが出て行っても、私は家にいる。ソファに座って

  • And I watch eight hours ofDownton Abbey

    ダウントン・アビーを8時間も見ています

  • And when it’s over, I don’t wanna turn off Downton Abbey. Cause the minute you turn off Downton Abbey,

    終わったら ダウントン・アビーは止めたくないダウントン・アビーを消した途端に

  • then it’s like soccer practice and dinner and back to the mean people.

    サッカーの練習と夕食のようになって、意地悪な人たちに戻っていく。

  • And maybe should I get botox? And maybe you knowif I can stand still when I talk

    ボトックスをした方がいいかな?そして、もしかしたら...私が話しているときに立っていられたら...

  • So I get my laptop and I do a search for who was the president of United States during the Downton Abbey era.

    それでノートパソコンを手に入れて、「ダウントン・アビー」時代のアメリカ合衆国大統領は誰だったのかを検索してみる。

  • Have you ever done that like youre numbing a TV or movie and when it’s over you just like

    テレビや映画を麻痺させているようなことをしたことがありますか、それが終わったときにあなただけのように

  • Stay in that space by learning more about the actors and what’s going on.

    その空間にいて、役者のことをもっと知り、何が起こっているのかを知ることで、その空間にいてください。

  • I’ve been doing this long enough to know that like youre laughing with me.

    お前が一緒に笑ってるようなことを知ってるのは長くやってるからだよ

  • So I put it in and Theodore Roosevelt comes up and the quote comes up.

    で、入れたらセオドア・ルーズベルトが出てきて名言が出てきました。

  • And I read it. And this is what it says. It’s a quote from a speech that he gave.

    そして、私はそれを読みました。こう書いてありました彼が行ったスピーチからの引用です。

  • At the early 1900s,that the time he were born.

    1900年代初頭、彼が生まれた時のこと。

  • And a lot of people called me in the arena speech and this is the passage that changed.

    そして、アリーナスピーチでは多くの人が私を呼んでくれて、この一節が変わった。

  • Changes my life.

    私の人生を変える。

  • It’s not the critics who counts, it’s not the man who points out, how the strong man stumbles,

    数えるのは評論家ではなく、指摘する人でもなく、強い人がどうやってつまずくのか。

  • Or where the doer of deeds could have done them better.

    または、行為の実行者が、より良い方法でそれらを行うことができた場所。

  • The credit belongs to the man who is actually in the arena, whose face is marred by blood sweat and blood.

    クレジットは実際に闘技場にいる男のもので、その顔は血の汗と血で汚されている。

  • Who at the best, in the end knows the triumph of high achievement.

    誰が最高の状態で、最終的には、高い成果の勝利を知っています。

  • And who at worst, if he fails, he fails daring greatly.

    そして、最悪の場合、彼が失敗した場合、彼は大きく大胆に失敗します。

  • So the moment that I read that, I close my laptop. And this is what shifted me.

    だから、それを読んだ瞬間、私はノートパソコンを閉じる。そして、これが私の心を揺さぶりました。

  • Three huge things. First, my spent the last 12 years studying vulnerability.

    3つの大きなこと。第一に、私はこの12年間、脆弱性を研究してきました。

  • And that quote was the everything I know about vulnerability.

    そして、その名言が私が知っている脆弱性の全てでした。

  • It is not about winning. It’s not about losing. It’s about showing up and being seen.

    勝つことが目的ではありません。負けることが目的ではありません。姿を見せて、見られることだ。

  • The second thing -- this is who I want to be.

    第二に、これが私のなりたい姿です。

  • I want to create. I want to make thing that didn’t exist before I touch them.

    創作したい。触れる前に存在しなかったものを作りたい。

  • I want to show up and be seen in my work and in my life.

    仕事にも生活にも顔を出して見られたい。

  • And if youre going to show up and be seen. There’s only one guarantee.

    そして、あなたが顔を出して見られるようになるには保証は一つしかありません。

  • And that is youll get your ass kicked.

    そして、それはあなたのお尻を蹴られることになります。

  • That is the guarantee. That’s the only certainty you have.

    それが保証です。それが唯一の保証です。

  • If you want to go in the arena, and spend anytime in there. Whatsoever, especially, if you commit to creating in your life.

    闘技場に行って、いつでもそこで過ごしたいと思えばどんなことでも、特に、あなたの人生の中で創造することにコミットするならば。

  • Youll get your ass kick.

    ケツを蹴られるぞ

  • So you have to decide, at that moment, I think for all of us, if the courage is the value we hold

    だから、その時に決めなければならないのですが、私たち全員のために、勇気を持つことが価値であるならば、と思います。

  • This is the consequence. You can’t avoid it.

    これが結果です。避けては通れない。

  • The third thing, which really set me free, and I think my husband me are still argued, this is some more dangerous.

    3番目のことは、本当に私を自由に設定し、私は私の夫私はまだ議論されていると思いますが、これはいくつかのより危険です。

  • It’s kind of a new philosophy about criticism which is this

    批判についての新しい哲学のようなものです。

  • If youre not in the arena, also getting your ass kicked, I’m not interested in your feedback.

    闘技場でもケツを蹴られてないなら、感想なんてどうでもいい。

  • That’s it.

    それだけだ

  • I …you know if you have constructive information, feedback to give me, I want it.

    私は...あなたが建設的な情報を持っているならば、私はそれが欲しいです。

  • I’m academic. I’m hard writer for wrestling the stuff like that.

    俺はアカデミックなんだよ。みたいなレスには硬派なライターなんだよ。

  • Hey! Forgot all this literature. Hey! You should have done this. Or terrible sentence structure over here.

    おい、この文献を忘れてたぞ。おい、これにしとけばよかったのに。こっちは文章の構成が下手くそだったりして

  • Like let’s go! Let’s do it. I love that.

    行くぞ!やってみようよ。私はそれが大好きです。

  • But if youre in the cheap seats not putting yourself on the line and just talking about how I can do it better.

    でも、自分を置かずに安い席で、どうしたらもっとうまくいくかって話をしていたら、それはそれでいいと思う。

  • I’m in no way interested in your feedback.

    あなたの感想には全く興味がありません。

  • So I know about this wedding creative. What I want to do today I wanna talk very specifically about the arena.

    だから私はこの結婚式のクリエイティブについて知っています。今日は何をしたいのか......アリーナについて非常に具体的にお話ししたいと思います。

  • This is where we sweat. How many of you know this feeling by just looking at the picture.

    汗をかく場所です。写真を見ただけでこの感覚を知っている人はどれだけいるでしょうか。

  • Yea. Show in hands. How many of you know this feeling.

    そうだな手を挙げて見せてこの感覚を知っている人はどれだけいるでしょうか。

  • So this is what we do down here. Like I don’t know what you do down here.

    これがここでの仕事だあなたがここで何をしてるか知らないけど

  • But I set up camp down here. I like string up twinkle light. I order take out food. I live down here. Sometimes.

    でもここにキャンプを張ったんだ灯りをつけるのが好きなんだテイクアウトの食べ物を注文する私はここに住んでいます。時々ね

  • Just dreaming about the day that I come up. And how awesome it’s gonna be. Like I stay down here a lot.

    私が出てくる日を夢見ているだけで どんなに素晴らしいことになるか私はここによく滞在しているように。

  • And here’s what we do.

    そして、私たちの仕事はこうです。

  • What the arena right there, you can see it the light’s there.

    闘技場がすぐそこにあるのは、光がそこにあるのを見ることができるからだ。

  • And the fear is this. I’m scared. Lots of self-doubt. Comparison. Anxiety.

    そして、その怖さはこれです。怖いんです。沢山の自己不信。比べること。不安。

  • Uncertainty. And so what’s most people do when they walk into the arena.

    不確実性闘技場に入った時 大抵の人は何をするの?

  • And those things are gonna to greed them up top. What do you do?

    そして、それらは彼らが上に貪欲になるだろう。あなたはどうするの?

  • Your armed out right? This is why I would imagine all days. They got all their stuff on.

    武装してるんだろ?だからこそ、毎日のように彼らはすべてのものを持っています。

  • But god! That stuff is heavy. And that stuff is suffocating. And the problem is when your armed up.

    でも、神様!それは重い。そして、それは窒息する。問題は武装している時だ

  • Against vulnerability. You shut yourself off. And I said this to audiences before but I have never said it to audiences this more true than today.

    脆弱性に対抗して自分を遮断するんだ前にも観客には言ったことがありますが、今日ほど真実味を帯びた言葉はありません。

  • The second, when you arm are up, you armed up in this hallway.

    2つ目は、腕が上がった時に、この廊下で腕を上げたこと。

  • You shut yourself off from everything. That you do and that you love.

    あなたはすべてのものから自分自身を遮断します。あなたがしていること、あなたが愛していること。

  • Because vulnerability is certainly a part of fear and self-doubt and grief and uncertainty and shame.

    なぜなら、脆弱性は確かに恐怖と自己不信と悲しみと不確実性と羞恥心の一部だからです。

  • But it’s also the birthplace of these.

    しかし、これらの発祥の地でもあります。

  • It’s the birthplace of love, of belonging, of joy, trust, empathy.

    ここは愛の発祥の地であり、帰属意識、喜び、信頼、共感の地でもあります。

  • Creativity and innovation.

    創造性と革新。

  • Without vulnerability, you cannot create.

    脆弱性がなければ、創造することはできません。

  • So what I think youre asked to do as a creative on a daily basis is walk through this hall.

    で、日常的にクリエイティブとして求められているのは、このホールを歩くことだと思います。

  • Get to the top of the stairs, and get naked.

    階段の上まで行って、裸になる。

  • Of course.

    もちろんです。

  • Get naked. Get really real. Put yourself out there and walk out there.

    裸になって本当のことを言うんだそこに身を置いて、外に出て歩いてみましょう。

  • So people can see you and see what youve made, see what youre doing.

    だから、人は自分が作ったものを見て、自分が何をしているのかを見ることができる。

  • So when we walk out. This is what we see.

    だから外に出るとこれが見えてくるんです。

  • Lots of seats. Lots of people. But we focus on this.

    席がいっぱい。人が多いしかし、私たちはこれに集中しています。

  • The critics.

    評論家が

  • I used to think the best way to put you work out to the world is to make sure the critics are not in the arena.

    昔は批判派が闘技場に出ないようにするのが一番だと思ってたんだけどな

  • But you have no control over who’s in the arena.

    闘技場に誰がいるかは、あなたにはどうしようもありません。

  • And the best way I have found is to know that theyre there and to know exactly what theyre going to say to you.

    そして、私が見つけた最良の方法は、彼らがそこにいることを知り、彼らがあなたに何を言おうとしているのかを正確に知ることです。

  • Cause each of you know.

    それぞれが知っているからだ

  • The tree seats that will always be taken when you walk into the arena, when you share your work with someone.

    闘技場に入った時、誰かと作品を共有した時に必ず取られる木の席。

  • The three seats will always be taken. Our shame, scarcity and comparison.

    三席は必ず取られる。私たちの恥と希少性と比較。

  • Shame. Completely universal human emotion. We all have it.

    恥を知れ完全に普遍的な人間の感情。誰もが持っている

  • It’s that groom that whisper youre not enough.

    足りないと囁くのは新郎の方です。

  • Or if youre feeling really confident.

    あるいは、本当に自信があるなら

  • I guess this was … I went to this like in itlike the god’s talking.

    これは......神が喋っているような........そんな感じで行ってきました。

  • I went back and forth from like a ping pong table with groom ones.

    ピンポン台のようなところから、新郎新婦のものと行ったり来たりしました。

  • Back from. Oh my god! I’m not enough. I’m not enough. To I can do this. I can totally dooh! Who do you think you are

    戻ってきた何てこった!私は十分ではない。私は十分ではない。私はこれをすることができます。私は完全にできる...あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ自分を何様だと思っているのか

  • That’s the other groom one. That’s how it works. Like look at you too big for your britches.

    それはもう一人の新郎の方です。そうやって動くんだ見てみろよ、お前のブリーフには大きすぎるぞ。

  • I clearly have texts for this groom ones. And now everyone says too big for the britches.

    私は明らかにこの新郎のためにテキストを持っています。そして今、みんなが言うのは、そのブリーフには大きすぎるってこと。

  • But that’s my groom one says. So shame always has a seat.

    しかし、それは私の新郎の1つが言っています。だから、恥はいつも席に座っている。

  • The other seat that’s always taken is scarcity.

    いつも取られているもう一つの席は希少性です。

  • What am I doing, that everyone, what am I doing it’s original.

    私は何をしているのかというと、みんな、私は何をしているのかというと、それはオリジナルです。

  • Everyone else is doing this. 150 people are doing it who are better trained then I am.

    他のみんながやってる150人がやっているのは、私よりも訓練された人たちです。

  • What am I contributing? Did this really matter.

    私は何を貢献しているのか?これは本当に重要なことだったのか?