Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Good afternoon, everybody.

    皆さん、こんにちは。

  • My passion is public speaking,

    私の情熱は人前で話すことです。

  • and I just recently realized

    と、つい最近気がついたのですが

  • that it's been 10 years that I'm involved in championship speaking

    選手権に関わるようになって10年になります。

  • and public speaking training.

    や人前でのスピーチ研修などがあります。

  • I can very vividly remember

    とても鮮明に覚えています

  • the very first time that I gave actually session on public speaking.

    人前で話すことについて、実際にセッションをしたのは初めてのことでした。

  • That was in May 2000, in Hamburg, Germany,

    それは2000年5月、ドイツのハンブルクでのこと。

  • and the slide that I used was this one.

    で、使ったスライドがこれ。

  • The excitement in the eyes of the audience

    観客の目に映る興奮

  • was almost as big as is yours now.

    今と同じくらいの大きさだった

  • I have to say that since then, I have learned a couple of lessons,

    それ以来、いくつかの教訓を得たと言わざるを得ません。

  • but the main thing that I've learned is:

    が、主に学んだことは

  • public speaking is not about theory,

    人前で話すのは理屈じゃない

  • is not about models and complex things.

    は、モデルや複雑なものではありません。

  • It's about doing. It's about practicing.

    それはやることだ。練習することだ

  • So what I want to share with you today,

    だから、今日は何を伝えたいかというと

  • are some of the lessons that I've learned when practicing public speaking.

    は、人前で話す練習をしていた時に学んだことの一部です。

  • I'm going to do that by using what I call the 'speaker's code'.

    私が「スピーカーのコード」と呼んでいるものを使って、そうしようと思っています。

  • Whenever I look at a presentation,

    プレゼンを見るたびに

  • I look at the code:

    コードを見ると

  • Content. Organization. Delivery. Effect.

    コンテンツ。組織。配信。効果。

  • Let's start with the first one. With content.

    まずは1つ目から始めてみましょう。 コンテンツと一緒に。

  • When you join a public speaking training or communication training,

    人前で話す研修やコミュニケーション研修に参加する場合

  • you will hear lots of rules.

    ルールをたくさん聞くことになります。

  • One of them is a very famous rule:

    その中の一つに、とても有名なルールがあります。

  • the 55 - 38 - 7 rule.

    55 - 38 - 7のルール

  • It says, in terms of communication,

    コミュニケーションの面では、と書いてあります。

  • 55% is non verbal,

    55%は非言語です。

  • 38% is how we say it, how we intonate it,

    38%は言い方、イントネーションの仕方です。

  • and only 7% is what we say: content.

    と言っているのはわずか7%で、コンテンツです。

  • I don't believe in this at all.

    私は全く信じていません。

  • For me, in a presentation, content is king.

    私にとってプレゼンでは、コンテンツが王様です。

  • Content is at the core of a presentation.

    プレゼンの核となるのはコンテンツです。

  • So I want to share with you a couple of thoughts.

    そこで、いくつかの考えを共有したいと思います。

  • You have to research your material,

    自分の資料を調べなければなりません。

  • of course you have to dig in, all of these things.

    掘り下げていくのは当然ですよね、こういうのは全部。

  • But before you take Power Point, Keynote,

    しかし、パワーポイント、Keynoteを取る前に

  • anything, in your hands,

    あなたの手の中にあるものは何でも

  • get a pen and a piece of paper,

    ペンと紙を手に入れる

  • and I would recommend you write down your objective.

    と目的を書いておくことをお勧めします。

  • Write down, "At the end of this presentation I want..."

    書き留めて "このプレゼンテーションの最後に..."

  • and then what is it that you want to achieve.

    そして、その上で何を実現したいのか。

  • It sounds so obvious, but so many people don't do it.

    当たり前のことのように聞こえるが、多くの人はそれをしない。

  • In order to set a right objective,

    正しい目的を設定するために

  • you have to think of another factor.

    別の要因を考える必要があります。

  • You have to think of your audience.

    視聴者のことを考えなければなりません。

  • Who are they? Why they are there?

    彼らは誰なのか?なぜそこにいるのか?

  • What do they care? What do they know?

    彼らは何を気にしているのか? 何を知っているのか?

  • What do they not know?

    彼らは何を知らないのか?

  • Here I would like to zoom in a bit further.

    ここではもう少し拡大してみたいと思います。

  • Because there's something about audiences that is less known.

    観客にはあまり知られていない何かがあるからだ。

  • So let's assume you set your objective,

    では、目的を設定したとしましょう。

  • you did all your homework,

    宿題は全部やったんだな

  • you did great research,

    よく調べてくれましたね。

  • you practiced, practiced, practiced.

    あなたは練習した、練習した、練習した。

  • Then you want that the audience looks a bit like this.

    そうすると、観客が少しはこんな風に見えるようにしたいんですよね。

  • You want that they cheer, that they love, that they're fans of you.

    応援してもらいたい、愛してもらいたい、ファンになってもらいたい。

  • And then you go out.

    そして、外に出る。

  • Then you go out on the podium,

    そして、表彰台に上がる。

  • and I can tell you in 95% of the cases,

    と95%の確率で言えます。

  • audiences will probably look a bit like this.

    観客はたぶんこんな感じになると思います。

  • (Laughter)

    (笑)

  • What do you do then?

    その時はどうするの?

  • Standard advice is, look at the people who smile.

    標準的なアドバイスは、笑顔の人を見ることです。

  • In every audience there are some people who smile, who nod,

    どの観客にも笑顔でうなずく人がいます。

  • whatever you say,

    あなたが何を言おうと

  • they will go, yes, yes, that's brilliant.

    彼らは行くだろう、そうだ、そうだ、それは素晴らしい。

  • But what about her? (Laughter)

    でも、彼女はどうなんだろう?(笑)

  • What do you do with her?

    彼女をどうするの?

  • In order to deal with her, let me tell you a little story.

    彼女を相手にするために、ちょっとしたお話をさせてください。

  • Two years ago, I gave a session,

    2年前にセッションをしました。

  • I gave a session to 60 business school students

    60名のビジネススクール生にセッションを行いました

  • on public speaking.

    人前で話すことについて。

  • When I was roughly 20 minutes into my talk,

    ざっと20分くらい話していた時に

  • all of a sudden I noticed that a bit in the back

    突然気がついたのですが、後ろの方に少しだけ

  • they were two grumpy students.

    不機嫌な二人の学生でした。

  • The grumpy face on, who look at this, and then they start to talk with each other.

    これを見て不機嫌そうな顔をしていると、お互いに話が弾みます。

  • I thought, "What's going on, what are they..."

    "何が起こっているのか、彼らは何をしているのか "と思った。

  • ...thoughts were going in my head,

    ...考えが頭の中を駆け巡っていた。

  • "Hm, should I change my talk, should I change anything?"

    "ふむ、話を変えた方がいいのか、何かを変えた方がいいのか"

  • Then I went on, was distracted. Another person was sitting there.

    その後、私は気が散って、先に進みました。もう一人の人が座っていました。

  • More front row, young student.

    もっと前列の若い学生さん

  • He did the nods, you know,

    彼はうなずきをしていた

  • when somebody starts to fall asleep.

    誰かが眠りにつき始めると

  • I thought, "What's happening here?"

    "何が起きているのかな?"と思っていました。

  • So I tried to make a break very very fast.

    ということで、非常に早くブレイクしてみました。

  • So around about after 40 minutes we made a break,

    それで40分後くらいに休憩になったんです。

  • students entered the room,

    学生が入室しました。

  • and then they came.

    と言って来ました。

  • The nodder guy as well as the grumpy couple came over to me.

    不機嫌なカップルだけでなく、ノッダーの男も私のところにやってきた。

  • I was already starting to get prepared for the questions.

    もう質問の準備が始まっていました。

  • And then they started, first the nod one.

    そして、彼らが始めたのは、最初はノド1。

  • He started, "You know, I noticed that you saw me fall asleep,

    彼は「あのね、私が寝ているところを見られたことに気がついたのよ。

  • and I really have to apologize.

    と、本当に謝らなければならない。

  • You now, we arrived yesterday Brussels, nice city,

    昨日ブリュッセルに到着しました。

  • we just went out very long, and I'm extremely tired,

    私たちはちょうど非常に長い間出かけていたので、私は非常に疲れています。

  • and I just want to let you know, I like your talk."

    "君の話は好きだよ"

  • And then the grumpy group started,

    そして、不機嫌なグループが始まった。

  • "Actually, during your talk we were discussing,

    "実は、あなたの話の間、私たちは話し合っていました。

  • can we use that for a social organization that we do?

    それを自分たちがやっている社会的な組織に使えるのか?

  • Can you maybe share some material?"

    "何か材料を共有してくれないか?"

  • At that moment, I had a revelation, when it comes to audiences.

    その瞬間、私はある啓示を受けました。

  • I had all my thoughts for nothing.

    自分の考えを全て無駄にしてしまった。

  • The key tip I have for you, is:

    私が持っている重要なヒントは

  • do not try to 'mind read' your audience.

    あなたの聴衆を「心で読もう」としないでください。

  • There are nodders in every audience,

    どの観客にもうなずける人がいる。

  • many grumpy people in every audience.

    どの観客にも不機嫌な人が多い

  • People tell me I'm a very grumpy listener.

    不機嫌な聞き手だと言われています。

  • But that doesn't mean I don't like the talk,

    でも、だからといって話が気に入らないわけではありません。

  • it just means I'm reflecting.

    反省しているということです。

  • So what I recommend to you,

    そこで、私がお勧めするのは

  • don't try to mind read during your talk your audience.

    あなたの話をしている間、あなたの聴衆の心を読もうとしないでください。

  • Get some feedback afterwards,

    終わった後にフィードバックを得ましょう。

  • but during the talk, just go on.

    と言っても、話の途中で

  • Then some thoughts on organization.

    続いて、組織についての考えをいくつか。

  • It has been said a great talk has a great opening, a great ending,

    素晴らしいトークには素晴らしいオープニング、素晴らしいエンディングがあると言われています。

  • and hopefully not too much in between these two.

    と、うまくいけばこの2つの間にはあまり入っていないことを願っています。

  • That is good advice when it comes to organization.

    組織化する際の良いアドバイスですね。

  • Tell them what you're going to tell them,

    伝えたいことを伝えてください。

  • tell them what you've told them.

    伝えたことを伝える

  • But I think there's something missing.

    でも、何かが足りない気がする。

  • Roughly one year ago, I had to give a session on public speaking

    大体1年前に人前で話すことについてのセッションをしたのは

  • at a conference, good conference, 100 managers roughly over there.

    会議で、いい会議で、大体100人の経営者があそこにいる。

  • One hour before my talk, we had a break,

    私の話の1時間前に休憩がありました。

  • good coffee break,

    美味しいコーヒーブレイク

  • so I was having a coffee,

    ということで、コーヒーを飲んでいました。

  • standing there chatting, and then it happened.

    立ち話をしていたら、それが起こった。

  • Somebody crashed into me,

    誰かが私にぶつかってきた

  • and the coffee spilled all over my shirt.

    コーヒーがシャツにこぼれたの

  • One hour before the session.

    セッションの1時間前。

  • Question: What do you do then?

    質問です。 その時はどうしますか?

  • I had lots of thoughts going on.

    いろんなことを考えていました。

  • Buy a new shirt?

    新しいシャツを買う?

  • Not happening.

    何も起きていない

  • Reserve shirt? I didn't have any.

    予備のシャツ? 持ってなかった

  • Ask somebody for a new shirt?

    誰かに新しいシャツを頼むのか?

  • Didn't really work out, nobody my size was over there.

    私のサイズの人は誰もいなかったのよ

  • Then I thought, maybe I should enter like this,

    そうしたら、こうやってエントリーした方がいいんじゃないかと思ったんです。

  • and just give my talk a bit like this during all the time.

    と、終始こんな感じで話をしていました。

  • Maybe that would work.

    そうすればうまくいくかもしれません。

  • No.

    駄目だ

  • In the end I started my talk like this, with the stain.

    最後はこんな感じで、シミを交えながら話を始めました。

  • But my question to you, what do you think would have happened,

    しかし、私の質問は、あなたは何が起こっていたと思いますか?

  • if I would have started,

    私が始めていたら

  • "Good day, ladies and gentlemen,

    "おつかれさまでした。

  • let me talk about presentation skills today."

    "今日はプレゼンスキルの話をしよう"

  • Almost everybody of you would have thought,

    ほぼ全員が思っていただろう。

  • "What's up with the stain?"

    "そのシミはどうしたの?"

  • (Laughter)

    (笑)

  • Luckily, in that moment what I call the 'elephant rule'

    幸いにも、その瞬間に、私は '象のルール'と呼んでいるものである。

  • came to my mind.

    が頭に浮かんできました。

  • Sometime ago I listened to a great speech

    以前、私はある素晴らしいスピーチを聞きました。

  • by a person named Randy Pausch.

    ランディ・パウシュという人物によって

  • Randy Pausch was a professor with cancer,

    ランディ・パウシュは 癌の教授だった

  • and he gave a so-called 'Last Lecture'.

    と、いわゆる「最後の講演」をしてくれました。

  • He mentioned something that sticks to my mind.

    心に刺さるようなことを言っていました。

  • He mentioned something very very profound. He said,

    彼は非常に深いことを言っていました彼は言った。

  • "When there's an elephant in the room, introduce it."

    "部屋の中に象がいたら、それを紹介する"

  • In his part, that was the cancer.

    彼の部分では、それが癌だった。

  • For me, what I did then, is saying what happened.

    私にとっては、その時に何をしたかというと、何が起こったかを言うことです。

  • I just told the story to the audience.

    視聴者に伝えただけです。

  • What happened with the coffee, and that was it.

    コーヒーで何があったかというと、それだけだった。

  • This is what I would recommend.

    これがおすすめのポイントです。

  • So many speakers just go on and leave the stuff that happened there.

    だから多くのスピーカーは、その場で起こったことをそのままにしておくんです。

  • If you have any elephant in your room, in your audience, or wherever it is,

    部屋の中、聴衆の中、どこにでも象がいるのであれば

  • introduce it.

    を紹介します。

  • There's a vice-president missing, name it.

    副大統領が行方不明なんだ、名前を挙げろ。

  • Microphone not working, name it.

    マイクが作動していません。

  • Things falling off the sky during a talk,

    トーク中に空から落ちてくるもの。

  • name it and address it.

    名前を付けて住所を記入します。

  • And then, only then, go on.

    そして、その時だけ、先に進んでください。

  • So introduce that elephant.

    だから、その象を紹介します。

  • Then we come to the next area, that's the delivery.

    そして次のエリア、それがデリバリーです。

  • Delivery, one of my favorite areas to look at.

    デリバリー、私の好きな分野の一つです。

  • And there are so many things to look at in terms of delivery.

    そして、デリバリーの面でも見所はたくさんあります。

  • People are craving for rule

    人々はルールを渇望している

  • I would say, there are a couple of things that can go wrong

    私が言うのもなんですが、うまくいかないことがいくつかあります。

  • in terms of delivery.

    納品時に

  • Just for example, many of you will have sessions,

    ただ、例えば、多くの方がセッションをされています。

  • small sessions, 20 people sitting there,

    少人数のセッションで20人が座って

  • and there's a presenter over there who has the pen in the hand.

    と、ペンを手にしたプレゼンターがあちらにいます。

  • You know that, when some people start with the pen in the hand,

    ペンを手に持った状態から始める人がいると

  • that is probably not the best thing you can do in that moment.

    それはおそらく、その瞬間にあなたができる最善のことではありません。

  • Then, in general, there're other dangerous objects.

    それから、一般的には、他にも危険物があります。

  • I see many of you wear the badges.

    バッジをつけている人が多いですね。

  • I see many speakers in the training start to play around

    研修中のスピーカーが遊びまわっているのを多く見かけます。

  • with their badges,

    バッジをつけて

  • or necklaces.

    またはネックレス。

  • Or, also a favorite thing,

    または、好きなものも。

  • some speakers start playing around with things in their pockets.

    一部のスピーカーは、ポケットの中のものを弄り始める。

  • Like this one here, with the key.

    ここにあるような、鍵付きのやつ。

  • Key recommendation I would have for you:

    私があなたにお勧めしたい鍵のお勧めポイント

  • empty all of your pockets, get rid of all dangerous things.

    ポケットの中を空っぽにして危険なものを全部捨てろ

  • I do that every time when I give a talk,

    私も講演の時は毎回そうしています。

  • and that was for demonstration purposes here.

    そしてそれはここでのデモンストレーションのためのものでした。

  • Then there's of course the stand.

    それから、もちろんスタンドも。

  • Some speakers stand there, five hundred slides,

    500枚のスライドが立っているスピーカーもいます。

  • they will not move, for the whole talk.

    彼らは動かないだろう、全体の話のために。

  • But then there's also something, what I would call the 'speaker's dance'.

    しかし、それに加えて、私が「スピーカーのダンス」と呼んでいるものがあります。

  • Some start a bit more slow,

    もう少しゆっくりとしたスタートのものもあります。

  • they go from back, forth, back and forth.

    彼らは行ったり来たり、行ったり来たりしています。

  • Up until what I would call the 'speaker's disco fox'.

    私が「スピーカーのディスコ・フォックス」と呼ぶものまでは。

  • You know, going always back, forth, back, forth.

    いつも行ったり来たり、行ったり来たり。

  • Up until what I would call the 'tiger dance'.

    虎のダンスまではね

  • Motivational speakers very often do this.

    モチベーションを高めるスピーカーは、非常によくこのようなことをします。

  • They go from back to forth, from back to forth,

    前後左右に行ったり来たりしています。

  • like a tiger in a cage. Right?

    檻の中の虎のようにだろ?

  • Typically, the audience would say, after 10 seconds,

    一般的には、10秒後に観客が言います。

  • "Stop, that gets us on nerves."

    "やめてくれ イライラする"

  • What does work for me there, walk with purpose.

    何が私のために働いているのか、目的を持って歩くこと。

  • Come natural stand, and then, maybe, if you change your thought,

    自然に立って、そして、多分、あなたがあなたの考えを変更した場合。

  • yes, then you can move around a bit and then walk.

    そうですね、それならば少し動き回ってから歩けばいいのです。

  • So, obviously, these were some of the things that one should not do.

    だから、明らかに、これらは、1つはしてはいけないことのいくつかでした。

  • But let's explore a bit further the top of your body language.

    しかし、ボディランゲージのトップをもう少し掘り下げてみましょう。

  • Let's look at him.

    彼を見てみよう

  • Now he stands there, starts his talk, moves around a bit,

    今、彼はそこに立って話し始めて、少し動き回っています。

  • hands in the pocket, oh, oh, very bad!

    ポケットに手を突っ込む、あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

  • Whoa! Second hand in the pocket. What's going on?

    うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁポケットの中の秒針。どうしたんだ?

  • Then he realizes, take out, take out.

    そして彼は気付いた、テイクアウト、テイクアウト。

  • So we're all focused on the hands in the pocket.

    だから、みんなポケットの中の手に集中しています。

  • But frankly, I tell you,

    でも率直に言うと

  • if we would listen to the sound,

    音を聞いていれば

  • and would listen to the whole speech,

    と、スピーチ全体に耳を傾けていました。

  • we might not even have noticed it.

    気づかなかったかもしれない

  • And that gets me to the problem of body language laws.

    それでボディランゲージ法の問題が出てきます。

  • I tell you another law that is going on.

    もう一つの法律を教えてあげよう。

  • Like, I read once, in terms of eye contact,

    アイコンタクトの意味で一度読んだことがあるように

  • one should finish a sentence with one person,

    人は一人で文章を終わらせるべきです。

  • after twelve seconds.

    12秒後に

  • Whenever I actually do that

    実際にそうすると

  • and actually talk longer than 5 seconds to one person at a time,

    と実際に一人に5秒以上の長さで話しています。

  • that person feels rather...? Annoyed, exactly.

    その人は何となく... イライラしている、その通り。

  • What works for me, is 1 to 2 seconds at a time,

    私に効くのは、一度に1~2秒です。

  • and then move on.

    と言って移動します。

  • So 1 to 2 seconds, that's enough.

    だから1~2秒で十分です。

  • Like, "Uh, looking at me. But that's enough, please go on."

    "あー 俺を見てる "みたいな"でも、もういいですから、続けてください "みたいな。

  • It already shows that some of these laws don't work.

    すでにこの法律が機能していないものがあることを示しています。

  • I would challenge you and tell you,

    挑戦して伝えようと思います。

  • forget all body language laws.

    ボディランゲージの法則を忘れて

  • Frankly, one of the best speeches that I've seen,

    率直に言って、私が見た中で最高のスピーチの一つです。

  • was by a 70-year-old person who gave a speech in Yuma,

    は、70歳の方がユマでスピーチをされていました。

  • who couldn't move anymore.

    動けなくなった

  • And he just gave this speech like this.

    そして、彼はこのようなスピーチをしました。

  • He was fantastic.

    彼は素晴らしかった