Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • I welcome you to the grand Strasbourg Cathedral. "Cathédrale Notre Dame de Strasbourg" is

    壮大なストラスブール大聖堂へようこそ。

  • widely known as one of the most beautiful gothic cathedrals in all of Europe. Standing

    ヨーロッパで最も美しいゴシック様式の大聖堂として広く知られています。立っている

  • at the heart of the historical center of Strasbourg, the superb cathedral dominates the cityscape

    ストラスブールの歴史的中心部に位置し、美しい大聖堂が街並みを支配しています。

  • with its massive height of 142 meters. The cathedral is today the sixth tallest in its

    142メートルの巨大な高さを持つ。大聖堂は今日、その中で6番目に高いです。

  • class, and was the worlds tallest building for more than 200 years. This "gigantic and

    クラスであり、200年以上の間世界で最も高い建物でした。この"giganticと

  • delicate marvel", as the writer Victor Hugo described it, can be seen all the way from

    作家のヴィクトル・ユーゴーが説明したように、繊細な驚異とは、すべての方法から見ることができる

  • the Vosges Mountains in the southwest to the Black Forest on the other side of the Rhine.

    南西部のヴォージュ山脈からライン川の対岸の黒い森まで。

  • The site of the current cathedral has for a long time been the location for religious

    現在の大聖堂の跡地は、長い間、宗教的には

  • buildings. At first, a Roman temple, dating back to the Roman occupation, was built on

    の建築物。最初は、ローマ時代の占領期にさかのぼるローマ神殿が

  • this site. Later, in the 7th century, the bishop of Strasbourg had a cathedral, dedicated

    このサイトを参照してください。その後、7世紀には、ストラスブールの司教が大聖堂を建設していました。

  • to the Virgin Mary, built on the site. This cathedral was later replaced with a larger

    に建てられた聖母マリアのための大聖堂です。この大聖堂は後に、より大きな

  • one, completed under the reign of Charlemagne. This cathedral caught fire several times but

    シャルルマーニュの時代に完成した大聖堂です。この大聖堂は何度か火災に見舞われましたが

  • survived until year 1007, when it was totally engulfed by flames during a large fire. The

    1007年の大火で完全に炎に包まれるまで生き残った。その時は、大火の中で全焼してしまいました。

  • new cathedral built on site stood around 150 years, until it also was destroyed during

    新大聖堂は150年前に建てられました。

  • by fire as the naves were covered with a wooden framework. After this disaster, it was decided

    庇が木組みで覆われていたため、火災に見舞われた。この災害の後

  • that a new, even grander, cathedral would be built. This time the foundation of the

    新しい大聖堂が建設されることになりましたこの時の基礎は

  • cathedral would not include any wooden framework. This was probably a wise decision, as this

    大聖堂には木の骨組みは含まれていませんでした。これはおそらく賢明な判断だったでしょう。

  • new cathedral is the one still standing today. The construction of the current Strasbourg

    新しい大聖堂は現在も建っているものです。の建設は、現在のストラスブール

  • Cathedral began in 1176 and finished almost 250 years later. The cathedral started as

    大聖堂は1176年に始まり、約250年後に完成しました。として始まった大聖堂は

  • a typical Romanesque cathedral; a rather simple architectural style with basic shapes. As

    典型的なロマネスク様式の大聖堂。寺院の中では

  • time passed and the construction continued, the wave of gothic architecture which swept

    時は流れ、建設は続き、ゴシック建築の波が押し寄せてきました。

  • over Europe also affected Strasbourg cathedral. The result is what you can see today; an architectural

    ヨーロッパではストラスブール大聖堂も影響を受けました。その結果、今日見られるようになったのです。

  • style with many arches, spires and detailed sculptures. The typical sign of gothic architecture

    多くのアーチや尖塔、細かい彫刻があるスタイル。ゴシック建築の典型的な兆候

  • is that many features on the building, be it smaller details or the building itself,

    は、建物に多くの特徴があること、それは小さなディテールであったり、建物自体であったりします。

  • point upwards towards the sky. This was seen as a way of trying to reach up and connect

    空に向かって上を向く。これは手を伸ばして繋げようとしていると見られていました。

  • with heaven. Another thing that stands out is the pink hue of the cathedral. This is

    天国と一緒に。もう一つ目立つのは 大聖堂のピンクの色合いですこれは

  • due to the fact that the cathedral is built using sandstone from the Vosges, which has

    大聖堂は、ヴォージュ山脈の砂岩を使用して建てられているという事実に起因しています。

  • this red-pinkish color. The cathedral is also highly unique due to

    この赤ピンクがかった色をしています。この大聖堂もまた、このために非常にユニークなものとなっています。

  • the fact that it only has one spire. The north spire was completed in 1439, but the planned

    尖塔が一つしかないという事実を知っています北側の尖塔は1439年に完成しましたが、計画された

  • south spire was never built. Why the south spire never got built is still under debate.

    南尖塔は建設されなかったなぜ南尖塔は建設されなかったのかは まだ議論中です

  • What is known however is that the single spire of the Strasbourg Cathedral quickly became

    しかし、知られているのは、ストラスブール大聖堂の単一の尖塔は、すぐに

  • a landmark of the region, which is probably one of the reasons they keep it in its asymmetrical

    この地域のランドマークであり、それが非対称の状態で保存されている理由の一つでもあるのでしょう。

  • form. Today, the Strasbourg Cathedral is a Roman

    の形をしています。現在のストラスブール大聖堂はローマ時代の

  • Catholic cathedral. During the Reformation in early 16th century, the cathedral became

    カトリックの大聖堂。16世紀初頭の宗教改革の間に、大聖堂は

  • a Protestant church and remained that way for more than 150 years. After the incorporation

    プロテスタント教会となり、150年以上の間、その状態を維持していました。法人化後

  • of Strasburg into France in 1681, the cathedral was returned to the Catholics and dedicated

    1681年にフランスのストラスブルグの大聖堂は、カトリックに返され、捧げられた

  • to the Virgin Mary. During the French revolution, the cathedral,

    を聖母マリアに捧げました。フランス革命の時、大聖堂

  • together with many other religious buildings, became the target of the revolutionists' anger.

    他の多くの宗教的な建物とともに、革命家の怒りの的となった。

  • The new regime had plans to tear down the single spire, as it "hurt the principle of

    新政権は、それが"の原則を傷つけるように、単一の尖塔を取り壊す計画を持っていた。

  • equality". When the citizens of Strasbourg heard about the plan, they placed a large

    equality"。ストラスブール市民がこの計画を聞いたとき、彼らは大きな

  • Phrygian cap over the spire, the cap which was a symbol of the revolution. This flattery

    尖塔の上のフリジア帽、革命の象徴であった帽体。このお世辞

  • obviously worked, as the spire was saved and still stands glorious today.

    明らかに働いていた、尖塔が保存され、まだ栄光の今日立っているように。

  • While the outside of the cathedral is magnificent, one shouldn't forget its inside. Inside you

    大聖堂の外側は壮大ですが、その内部を忘れてはいけません。内部の様子

  • will find a most striking vault, the grand organ, the beautifully sculptured pulpit and

    印象的なヴォールト、大オルガン、美しく彫刻された説教壇、そして

  • more. The most famous of all is however the astronomical clock.

    より多くのことができます。しかし、最も有名なのは天文時計です。

  • The cathedral's south transept houses an 18 meters high astronomical clock, one of the

    大聖堂の南側のトランゼプトには、高さ18メートルの天文時計があります。

  • largest in the world. The cathedral has a long tradition of housing an astronomical

    世界最大の大聖堂には長い伝統があります。

  • clock, and the one existing today dates back to mid 19th century. Today, tourists mainly

    現在の時計は19世紀半ばに作られたもので、現在のものは19世紀半ばに作られたものです。今日では、主に観光客が

  • see the remarkably decorative shell of this clock, but behind there is an exceptionally

    この時計の装飾的な貝殻を見ることができますが、その後ろには例外的に

  • well functioning mechanism. The clock is basically a mathematical marvel. The clock has a mechanism

    よく機能するメカニズム。時計は基本的に数学的な驚異を持っています時計にはメカニズムがあります

  • which makes it able to determine the computus, which is the date of Easter in the Christian

    これにより、キリスト教の復活祭の日付であるコンピュートゥスを決定することができるようになりました。

  • calendar, as well as foreseeing upcoming leap years. The clock also show the official time,

    カレンダーと同様に、今後のうるう年を予測します。時計はまた、公式の時間を示しています。

  • it indicates solar time, the day of the week, the month, the year, the sign of the zodiac,

    太陽時間、曜日、月、年、干支を示します。

  • the phase of the moon and the position of several planets. To top it all off, the clock

    月の満ち欠けといくつかの惑星の位置を表示します。すべてを締めくくるために、時計

  • has animated characters launched into movement at different hours of the day. Simply put,

    は、時間帯によって動き出すアニメーションキャラクターを持っています。簡単に言えば

  • it is quite an amazing clock. In front of the clock, you will find a decorated

    なかなか素晴らしい時計です。時計の前には、装飾された

  • pillar known as the Pillar of Angels, representing the Last Judgment. In the very same room,

    天使の柱として知られている柱は、最後の審判を表しています。まさに同じ部屋に

  • you will find a statue of a man resting his elbows on the railing. The legend has it this

    手すりの上で肘を休めている男の像があります。伝説によると

  • was a rival architect to the one who built the Pillar of Angels. The rival had said that

    は、天使の柱を建てた建築家のライバルだった。ライバルは次のように言っていました

  • a single pillar could never support such a large vault, and that he would wait to see

    一本の柱ではそのような大きな金庫を支えることはできず、彼はそれを見るのを待つことになるだろう

  • the whole thing come crashing down. Luckily for both you and me, he is still waiting.

    全てが崩壊してしまう幸いにもあなたと私にとって 彼はまだ待っています

  • Throughout the history, Strasbourg has been a city of great independence. The Strasbourg

    歴史の中で、ストラスブールは大きな独立を果たしてきました。ストラスブールの

  • Cathedral, with its single tall spire, has become a symbol for this proud city. If you

    一本の高い尖塔を持つ大聖堂は、この誇りある街のシンボルとなっています。もしあなたが

  • want a chance to get a stunning view of Strasbourg, I can recommend taking the stairs up to the

    ストラスブールの素晴らしい景色を見たい方には、階段を上ることをお勧めします。

  • cathedral platform. However, the 300 steps are no easy match, so be prepared for a tough

    大聖堂の台。しかし、300段の階段は簡単には勝てませんので、覚悟してください。

  • climb.

    登ります。

I welcome you to the grand Strasbourg Cathedral. "Cathédrale Notre Dame de Strasbourg" is

壮大なストラスブール大聖堂へようこそ。

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語 建設 建築 ゴシック 現在 建物 ローマ

ストラスブール大聖堂、フランス[HD]►Strasbourg Cathedral, France [HD

  • 658 40
    freshmanenglish に公開 2014 年 09 月 29 日
動画の中の単語