Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Once upon a time, there was an eccentric king who ruled a vast kingdom.

    むかしむかし、広大な王国を治める風変わりな王様がいました。

  • He had a beautiful wife and a lovely little daughter.

    綺麗なお嫁さんと可愛いお嬢さんがいました。

  • Has my magic donkey just laid another gold coin? Bring it to me right away! Ha

    私の魔法のロバはまた金貨を産んだのか? すぐに持って来い!ハッ

  • You there, with the long facebring me that coin at once!

    そこの長い顔のお前、すぐにコインを持って来い!

  • Do as the king says.

    王の言うとおりにしなさい

  • The king owned a very special donkey who laid gold coins for him every day.

    王様はとても特別なロバを所有していて、毎日金貨を敷き詰めていました。

  • Be very careful with my donkey, you know how temperamental he is

    私のロバには気をつけてね 気性の荒い奴だから...

  • Of course, Your Majesty.

    もちろんです、陛下。

  • The miraculous donkey made the king very wealthy.

    奇跡のロバは王様を大金持ちにした。

  • When he had acquired all the riches he could want, he grew restless,

    欲しいものをすべて手に入れたとき、彼は落ち着きを失いました。

  • and began to use the gold to buy weapons and invade other kingdoms.

    と、金を使って武器を購入し、他の王国を侵略するようになった。

  • Charge!

    充電して!

  • We are lost! Retreat!

    迷子になった!退却!

  • At that moment, the king received a tragic message

    その時、王は悲痛なメッセージを受け取った...。

  • Your Majesty, the queen is very ill

    陛下、女王は重病です...

  • What? I must go to her!

    彼女のところに行かないと!

  • Your Majesty, I feel my end is near

    陛下、私は私の終わりが近いと感じています...

  • Don’t say that! You must be strong

    そんなこと言うな!強くならないと...

  • Your Majesty, when I am gone, you may wish to remarry

    陛下、私がいなくなったら、再婚をお望みですか?

  • Promise me that you will marry until you find a woman wiser and more beautiful than me

    私より賢くて美しい女性を見つけるまで 結婚すると約束してください...

  • No! Don’t leave me!

    置いてかないで!置いてかないで!

  • Forgive me

    許してください...

  • No! Come back to me

    勘弁してくれ!戻ってきてくれ...

  • After the Queen’s death, the king felt miserable and alone.

    女王の死後、王は惨めさと孤独を感じていた。

  • As he had been promised,

    彼が約束していたように

  • he began the search for a woman even more wise and beautiful

    彼はもっと賢くて美しい女性を探し始めた

  • than she had been to take as his new wife.

    彼女は彼の新妻になるよりも

  • Your Majesty, we are unable to find a lady more radiant and clever than the late queen was. We are sorry...

    陛下、私たちは、故王妃より輝かしく賢い女性を 見つけることができませんでした。申し訳ありませんが...

  • As he glanced out the window, the King’s eye fell on the lovely young princess.

    彼が窓の外に目をやると、王の目は愛らしい若い王女に落ちた。

  • Why, my daughter is already a woman grown

    なぜか、娘はもう大人の女性になっていて......。

  • The princess is old enough to choose a suitor indeed.

    お姫様はさすがに求婚者を選ぶ年齢ですね。

  • The king considered for a moment.

    王は一瞬考えた。

  • Of courseThere is no other woman in the kingdom as beautiful as my daughter.

    もちろん、私の娘ほど美しい女性は他にいません。

  • Only she is worthy to be my queen!

    私の女王にふさわしいのは彼女だけだ!

  • ButYour Majesty

    でも...

  • Silence! I shall marry the Princess.

    黙れ!私は王女と結婚する

  • This isn’t right

    これはおかしい...

  • The King’s sudden decision shocked his servants, but they had no choice but to obey him.

    王の突然の決定は、彼のしもべたちに衝撃を与えたが、彼らは彼に従うしかなかった。

  • Oh, what shall I do!? I cannot accept my father’s preposterous offer!

    どうすればいいの?父の無茶苦茶な申し出を 受け入れることはできない!

  • But how can I reject him?

    でも、どうやって拒否すればいいの?

  • Do not weep, Princess, I have an idea.

    泣かないでください、王女様、私に考えがあります。

  • Have you heard of the fairy who lives in a cave in the forest?

    森の中の洞窟に住む妖精をご存知ですか?

  • A fairy?

    妖精?

  • I have heard it said that she can resolve any situation.

    彼女はどんな状況でも解決できると言われたことがあります。

  • Can she really help me?

    彼女は本当に私を助けてくれるのか?

  • The princess rode into the forest, and soon reached the fairy’s colorfully ornamented cave.

    お姫様は森の中に乗り込み、すぐに妖精のカラフルな装飾が施された洞窟にたどり着きました。

  • Welcome Princess, I know why you have come.

    ようこそプリンセス、私はあなたが来た理由を知っています。

  • Your father wants to marry you, but I know a way you can avoid your father’s proposal.

    あなたのお父さんはあなたと結婚したいと思っていますが、お父さんの提案を避ける方法を知っています。

  • Oh tell me, please!

    教えてください!

  • Go at once to the King and ask him to order a dress for you, as blue as the sky.

    すぐに国王のところへ行き、空のように青いドレスを注文するように頼みなさい。

  • Thank you, I will try.

    ありがとうございます、やってみます。

  • Returning to the palace the Princess asked to speak to her father.

    宮殿に戻った王女は、彼女の父に話をするように頼みました。

  • Father, I have a request to make before I marry you.

    父上 結婚前にお願いがあります

  • I want you to make me a dress the color of the sky.

    空の色のドレスを作ってほしい。

  • If that is what you wantSeek out the most skilled tailor in the kingdom,

    王国で一番の腕を持つ仕立屋を探してください。

  • and order him to create a gown the color of the sky.

    と命じて、空の色のガウンを作るように命じます。

  • Yes, Your Majesty.

    はい、陛下

  • May I come in? / What is it?

    入ってもいいですか?/ どうしたの?

  • Look at this, Princess!

    これを見てください、プリンセス!

  • Ohhe really made the gown. What do I do now?

    あ...本当にガウンを作ってくれたのねどうしようかな?

  • You should go back to the fairy and ask her.

    妖精さんのところに戻って聞いてみたら?

  • The fairy advised the princess to demand a dress the color of moonlight.

    妖精はお姫様に月光の色のドレスを要求するようにアドバイスしました。

  • The king agreed and sent her the completed dress once more. The Princess rushed back to the fairy.

    王様はそれを承諾し、完成したドレスをもう一度彼女に送った。王女は急いで妖精のところに戻ってきました。

  • What should I ask him now?

    今、何を聞いたらいいの?

  • This time, you must ask him for the skin of his precious donkey, the one that lays golden coins.

    今回は、金貨を産む大切なロバの皮をお願いしなければなりません。

  • When he gives it to you, take the skin and the gowns and leave at once for a far away kingdom.

    彼がそれをあなたに与えたら、皮膚とガウンを取って、遠く離れた王国に向かってすぐに出発しなさい。

  • Very well.

    非常によくできています。

  • Father, I will marry you. but only if you give me the skin of your donkey.

    父上、私は結婚しますが、ロバの皮をくれればいいのです

  • That is an easy request to grant. Servants! Bring me that donkey’s skin at once!

    それは簡単な要求だ下僕たちよ! すぐにロバの皮を持って来い!

  • Yes, Your Majesty!

    はい、陛下!

  • The King gave the Princess the skin as she had requested.

    王様は姫のリクエスト通り、姫に肌を与えました。

  • The Princess put it on and left the palace that very day taking the gowns with her.

    王女はそれを着て、その日のうちにガウンを持って宮殿を後にしました。

  • The fairy gave her a magic wand and an enchanted jewelry box.

    妖精は彼女に魔法の杖と魔法の宝石箱を渡しました。

  • Exhausted by her long journey, the Princess stopped at a humble farmhouse.

    長旅で疲れ果てた王女は、質素な農家に立ち寄りました。

  • Begone! I need no paupers here!

    降りるんだ!貧乏人は要らない!

  • Please…I will do any kind of work you give mejust let me stay here.

    お願いだから...どんな仕事でもやるから...ここにいさせて。

  • Very well, I can use an extra pair of hands. You can go clean the pigsty. How about that?

    よろしい、私は余分な手を使うことができます。豚小屋を掃除してきてどうだ?

  • Thank you.

    ありがとうございます。

  • Sunday will be your day off. You can stay in the shed in the woods.

    日曜日はお休みになります。森の中の小屋に泊まることができます。

  • You are too filthy to sleep over here.

    ここで寝るには不潔すぎます。

  • Thank you.

    ありがとうございます。

  • From that day, the Princess worked in the kitchen and around the farm and always wore her donkey skin.

    その日から姫は厨房や農場の周りで働き、いつもロバの皮をかぶっていました。

  • Every Sunday, she would wash all of the dirt

    毎週日曜日、彼女はすべての汚れを洗っていました。

  • and dress herself in one of the magnificent gowns she kept in the enchanted jewelry box.

    そして、彼女が魔法の宝石箱に入れていた 壮大なドレスに身を包んだ。

  • I miss the luxuries of the palace. I wonder how my father is now

    宮殿の贅沢が恋しいわ父は今どうしているのだろう...

  • The Princess waited all week for Sunday to come, when she could wear her sky-blue dress,

    プリンセスは、スカイブルーのドレスを着ることができる日曜日が来るのをずっと待っていました。

  • or the one that shimmered like moonlight and remember how it felt to be a princess again.

    あるいは月明かりのように輝いていたものを、再びお姫様になった時の気持ちを思い出してください。

  • One day, a young prince from a near-by kingdom got lost in the woods while hunting rabbits.

    ある日、近くの王国から来た若い王子がウサギを狩っている間に森の中で迷子になってしまいました。

  • Where am I? How do I find my way back?

    ここはどこ?どうやって戻ればいいの?

  • Ohwhy would there be a shed in a place like this? Could someone be living there?

    あ...なんでこんなところに物置があるんだろう?もしかして誰か住んでいるのかな?

  • Peeking through the keyhole, he saw the beautiful Princess in one of her gorgeous gowns.

    鍵穴から覗くと、彼は豪華なガウンの一つを着た美しいプリンセスを見た。

  • He fell in love with her at once.

    彼は一気に彼女に恋をしてしまった。

  • I have never seen anyone so lovelyshe must be a fairy!

    こんなに可愛い人を見たことがない...きっと妖精さんなんだろうな~。

  • After that day, the Prince could not stop thinking about the vision he saw in the forest

    その日を境に、王子は森の中で見た幻のことが頭から離れなくなりました。

  • and could not eat or sleep.

    で、食べたり寝たりすることができませんでした。

  • You haven’t eaten anything. Are you ill? Is something the matter?

    何も食べていない病気なの?何かあったの?

  • I just can’t forget the fairy I saw in the woods

    森の中で見た妖精のことが忘れられない...。

  • Is this about your fantasies again? I have already sent someone to investigate.

    また妄想の話ですか?もう調査に行かせたわ

  • They say that shed belongs to a filthy girl who wears a donkey’s skin. What you saw was a dream!

    あの小屋はロバの皮を被った不潔な少女のものだと言われている。お前が見たのは夢だったんだ!

  • But it wasn’t! I must have some of those delicious cookies she makes

    違った!彼女の作った美味しいクッキーを食べなきゃ...

  • O wellIf there is the other way...

    おやおや 他に方法があれば...

  • The queen could not watch her son lose any more weight

    女王はこれ以上息子が痩せていくのを見ることができなかった

  • so she called Donkey Skin and told her to make cookies for the prince.

    それで彼女はロバの皮に電話して 王子のためにクッキーを作るように言いました

  • Naturally nobody knew that she was a princess herself.

    当然、彼女自身がお姫様であることは誰も知りませんでした。

  • What happened to my ring?

    私の指輪はどうしたの?

  • What’s taking you so long? Why are you not done yet?

    何をそんなに時間がかかっているの?なぜまだ終わってないの?

  • I will be done in a second! I will! Just...

    すぐに終わります!そうするよ!ただ...

  • Finally the prince got a chance to enjoy the cookies.

    やっと王子様がクッキーを食べられるようになりました。

  • Do not eat so fast, you will get a stomachache.

    そんなに早く食べないとお腹が痛くなります。

  • How can I? They are so light and airy! I feel much better already!

    どうすればいいの?軽くて風通しがいい!もうすっかり気分が良くなりました!

  • I am so happy to hear it!

    とっても嬉しいですよね~。

  • What is this? A ring in a cookie?

    これは何ですか?クッキーの中のリング?

  • The ring gave the prince a brilliant idea.

    指輪は王子に素晴らしいアイデアを与えました。

  • Mother, there is something I need you to promise me.

    母さん、約束してほしいことがあるんだ。

  • What is it? You sound so mysterious...

    どうしたの?神秘的な響きだな...

  • Let me marry the girl who can put this ring on.

    この指輪を付けられる子と結婚させてください。

  • What? Anything that can save you from your illness.

    何が?病気から救えるものなら何でも

  • True to her word, the queen invited all the princesses from the neighboring countries to try the ring.

    女王はその言葉に忠実に、隣国の王女たちを招待して指輪を試してもらいました。

  • Now the princess who can put this ring on will marry my son.

    これで、この指輪をはめられるお姫様が、私の息子と結婚してくれることになりました。

  • I am sure it is my size! It does not fit!

    私のサイズで間違いありません! サイズが合わない!

  • It is impossible! It is too small!

    ありえない!小さすぎる!

  • Careful! Do not damage the ring. Next one! Nobody?

    気をつけて!指輪を傷つけないように次だ!誰もいないのか?

  • There are no more princesses left in the neighborhood.

    近所の姫はもう残っていません。

  • It does not have to be a princess. Anyone can try it on.

    お姫様である必要はありません。誰でも試着できます。

  • You Majesty, I brought all the maids of the palace.

    陛下、私は宮殿のすべてのメイドを連れてきました。

  • I cannot help it. Let them try the ring on.

    私はそれを助けることができません。指輪をつけてみてもらいましょう。

  • Maybe not this one. She is so filthy, and stinky! All right, all right.

    これはダメかもしれない。彼女はとても不潔で臭い!分かった、分かった。

  • Thank you, Your Majesty!

    陛下、ありがとうございました

  • I cannot believe it!

    信じられない!

  • She is the Fairy I have been telling you about! Yes, it's her!

    彼女は私が話していた妖精さんです。そうだよ。

  • The Princess had no choice but to tell the Prince and Queen her tragic story.

    プリンセスは、王子と女王の悲劇の物語を語るしかなかった。

  • I am a Princess from the neighboring kingdom.

    お隣の王国の姫様です。

  • I had to run away because my father proposed to me after my mother’s death.

    母の死後、父がプロポーズしてきたので、私は逃げるしかなかった。

  • How horrible! Shall we invite him to the wedding?

    何て恐ろしいんだ!結婚式に招待しましょうか?

  • I want him to know that you under my protection now!

    私の保護下にあることを彼に知らせたい!

  • Thank you!

    ありがとうございます!

  • The people cheered for the Prince and Princess and were amazed by their magnificent wedding.

    人々は王子と王女に歓声を上げ、その壮大な結婚式に驚きました。

  • At that moment, the King’s carriage arrived.

    その瞬間、王様の馬車が到着しました。

  • My daughter! / Father!

    私の娘!/ 父上!

  • My child! You are alive! I almost went mad with grief! Please forgive me!

    我が子よ!生きていたのか!悲しみで頭がおかしくなりそうだった!許してください!

  • Let us forget the past.

    過去のことは忘れましょう。

  • The King found himself a beautiful and clever wife.

    王は自分が美しく賢い妻であることに気づいた。

  • The Prince and Princess were soon crowned King and Queen.

    王子と王女はすぐに国王と王妃に戴冠しました。

  • They lived long and happily, and their kingdom was peaceful and prosperous.

    長く幸せに暮らし、王国は平和で繁栄していました。

Once upon a time, there was an eccentric king who ruled a vast kingdom.

むかしむかし、広大な王国を治める風変わりな王様がいました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ロバ 妖精 王女 王子 指輪 結婚

ドンキースキン - ベッドタイム・ストーリー・アニメーション|ベスト・チルドレン・クラシック HD

  • 2323 229
    Amy Lin に公開 2014 年 09 月 27 日
動画の中の単語