Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • - A few months ago I got an email from a company called Sparkmate.

    - 数ヶ月前、Sparkmateという会社からメールが届きました。

  • They build prototypes.

    プロトタイプを作るのです。

  • If you, or your company, has an idea for a thing and the money to make it,

    あなた、あるいはあなたの会社に、モノのアイデアとそれを作るための資金があれば。

  • they will build that thing for you.

    それを作ってくれるのが、この会社です。

  • They said to me, "Tom, we've got a bit of spare time and want some publicity,

    トム、ちょっと時間ができたから宣伝してくれ」と言われたんです。

  • "do you have anything weird that you want built?"

    "何か変なものを作っていないか?"

  • So I looked through the long list of impractical projects

    そこで、非現実的なプロジェクトの長いリストに目を通したところ

  • that are on my ideas board, and I realized that I could answer a question

    という質問に答えることができることに気づきました。

  • that I've had since I was very young.

    小さい頃から持っていたもの。

  • When I was a kid I watched a show called Captain Scarlet and the Mysterons.

    子供の頃、「キャプテンスカーレットとミステロンズ」という番組を見ていました。

  • It was a tale of good versus evil, the heroic agents of Spectrum

    それは、善と悪の物語であり、スペクトラムの英雄的なエージェントである

  • fighting against the Mysterons from Mars.

    火星から来たミステロンと戦う。

  • It was made with puppets, the hero character was indestructible,

    人形で作られていて、主人公のキャラクターは不死身だったんです。

  • which say brave narrative choice,

    という、勇気あるシナリオの選択。

  • and most people remember one thing about it:

    と、ほとんどの人がひとつだけ覚えています。

  • the weird decision to do big scene transitions like this.

    このように大きな場面転換をするのは、変な判断です。

  • [loud drumbeats, timed with video cuts]

    [大きなドラムの音、ビデオのカットに合わせた]

  • Captain Scarlet was made in the '60s, rerun in the '90s,

    キャプテンスカーレットは60年代に作られ、90年代に再放送されました。

  • and kids like the young version of me loved it.

    と、幼い頃の私のような子供たちは大喜びでした。

  • It turns out decades old shows are still interesting

    何十年も前の番組が今でも面白いことがわかった

  • when you only have four TV channels and no internet.

    テレビは4チャンネルしかなく、インターネットもできないのに。

  • Rewatching it as an adult for this video?

    この映像のために大人になってから再鑑賞?

  • First, it's now in HD, so you can see the puppet strings,

    まず、HDになったので、人形の糸が見えるようになりました。

  • and it is brutally violent for a kid's show.

    と、子供向けの番組にしては残酷なほど暴力的です。

  • In the first episode there's blood, death by gunshot,

    第1話では、血が出て、銃で撃たれて死んでいます。

  • and an alien replicant blowing himself up,

    と、エイリアンのレプリカントが自爆している。

  • and the production didn't shy away from that

    と制作側が遠慮することはなかった。

  • by cutting to a reaction shot of other characters.

    他の登場人物のリアクションショットに切り替わることで

  • The special effects team literally put explosives inside a puppet and blew it up.

    特撮班は文字通り、人形の中に爆薬を仕込んで爆破した。

  • Wholesome family kids' entertainment there.

    家族で楽しめるキッズエンターテイメントがそこにある。

  • And the plots often make no sense.

    そして、プロットはしばしば意味をなさない。

  • I try to summarize the alien plan from that first episode for this script,

    この脚本では、その第1話から宇宙人の計画をまとめるようにしています。

  • and I just gave up. It makes no sense and it keeps changing.

    で、あきらめたんです。意味もなく、どんどん変わっていく。

  • No one in the entire episode, human or alien, acts in any rational way.

    全編を通して、人間も宇宙人も、誰も合理的な行動をとっていない。

  • It's all just an excuse for cool action scenes and explosions.

    カッコいいアクションシーンや爆発を演出するための言い訳に過ぎないのです。

  • And as a kid, I didn't notice any of the plot holes,

    そして、子供だった私は、プロットの穴には全く気がつきませんでした。

  • because there were cool action scenes and explosions.

    アクションシーンや爆発がかっこよかったからです。

  • Plus the futuristic vehicles.

    さらに近未来的な乗り物も。

  • The most famous of which was the Spectrum Pursuit Vehicle,

    その中でも特に有名なのが、「スペクトラム・パースート・ビークル」である。

  • the SPV.

    SPVのことです。

  • According to the lore of the show it weighs eight tons,

    番組の言い伝えによると、重さは8トンもあるそうです。

  • but also somehow floats.

    が、なぜか浮いている。

  • Its top speed is 200 miles an hour, and it comes equipped with

    最高速度は時速200マイルで、以下のものを搭載しています。

  • rocket cannons, ejector seats, and a jet pack.

    ロケット砲、脱出シート、ジェットパック。

  • Almost every episode,

    ほぼ全話。

  • a Spectrum agent would arrive at some apparently normal location,

    スペクトラムのエージェントが、一見普通に見える場所にやってくる。

  • and an SPV would be revealed in an overdramatic way.

    とSPVが大袈裟に明かされることになる。

  • The team at Sparkmate have not made me an SPV.

    Sparkmateのチームは、私をSPVにしたわけではありません。

  • I'd love to have one, but unfortunately this is reality,

    欲しいけど、残念ながらこれが現実なんです。

  • but there's one other bizarre feature of this thing

    しかし、このことにはもう一つ奇妙な特徴があります。

  • that always stuck with me as a kid.

    という言葉が、子供の頃、いつも心に残っていました。

  • And it's introduced in that first episode by a couple of lines of dialogue

    そして、その第1話では、いくつかの台詞で紹介されています。

  • that show just how far voice acting in kid shows has improved since the '60s.

    子供向け番組の声優が60年代からどれだけ進歩したかを示すものである。

  • - I see you have expert ratings on SPVs.

    - SPVの専門家としての評価もあるようですね。

  • [monotone] It must be tricky facing backwards and driving by TV monitor.

    [テレビモニターで後ろ向きで運転するのがコツです。

  • - Ah, you get used to it.

    - ああ、慣れるもんですね。

  • - You drive the SPV facing backwards using a screen.

    - スクリーンを使ってSPVを後ろ向きに駆動させるんですね。

  • In the show, the explanation for that is that it's safer.

    番組では、その方が安全だからという説明になっています。

  • If you're in a crash you stand a better chance of survival if you're facing backwards.

    もし事故に遭ったら、後ろを向いていた方が助かる可能性が高いのです。

  • That's true.

    その通りです。

  • There are real world studies that show that,

    それを示す現実の研究結果があります。

  • but from a production perspective, why would you do that?

    が、制作の立場からすると、なぜそんなことをするのか?

  • It's not required for the plot.

    プロットには必要ないんです。

  • It just looks confusing to have the background going the wrong way

    背景の向きが違うだけで混乱しそうですが

  • and surely the characters would get motion sick

    とか、きっとキャラクターが乗り物酔いするんだろうな

  • and confused by how everything's turning.

    と、すべてがうまく回っていることに戸惑いを感じています。

  • It's such a weird design choice. It even shows up on the toy versions.

    このような奇妙なデザインになっています。玩具版でも出てきますね。

  • If you open the doors here,

    ここの扉を開ければ。

  • the little action figures are facing backwards.

    小さなアクションフィギュアは後ろ向きです。

  • Even as a kid, I thought, surely, that's not a good idea.

    子供ながらに、確かに、それは良くないと思った。

  • So Sparkmate have made me a go-kart that's driven backwards using a screen,

    そこでSparkmateは、スクリーンを使って後ろ向きに走るゴーカートを作ってくれたんです。

  • and that's literally all I know.

    というのが、私が知っている文字通り全てです。

  • I gave them that brief, showed them Captain Scarlet episodes.

    私は彼らにその概要を説明し、キャプテン・スカーレットのエピソードを見せました。

  • They said, "That sounds fun," and now I'm sitting in their office

    面白そうだね」と言われ、今、彼らのオフィスで座っています。

  • in an industrial park on the outskirts of Paris

    パリ郊外の工業団地にて

  • about to see the results for the first time,

    は、その結果を初めて見ることになる。

  • so I can answer the question I've had since I was a kid.

    ということで、子供の頃からの疑問に答えることができます。

  • You can't actually drive facing backwards. Right?

    実際に後ろ向きで運転することはできません。そうでしょう?

  • [loud drumbeats matching cuts]

    [大音量のドラムビート マッチングカット]

  • Oh, wow.

    おお、すごい。

  • - Hope you like it!

    - 気に入っていただけると幸いです。

  • - This is the SPV, man!

    - これぞSPVだぜ!

  • - That's amazing.

    - すごいですね。

  • So you have a whole television monitor there for all the details.

    そこで、テレビモニターを丸ごと使って、細部まで確認するのです。

  • Is that a... is that a game controller? -Yes, it is.

    それは...ゲームのコントローラーですか?-そうだ、そうだ

  • - Actually the first test that we did was with this steering wheel and pedal,

    - 実は、最初に行ったテストは、このステアリングホイールとペダルを使ったものでした。

  • and we decided to switch from a steering wheel to an Xbox game pad.

    と、ハンドルからXboxのゲームパッドに変更することにしました。

  • Why?

    なぜ?

  • Because the challenge for us was to create a gamified experience

    なぜなら、私たちの課題はゲーミフィケーションを実現することだったからです

  • of driving a vehicle, just like in a video game somehow.

    まるでゲームのような感覚で車を運転することができます。

  • - And this camera... - Is what you're seeing in the front.

    - そしてこのカメラ...- 正面に見えるのがそうです。

  • We even implemented some-- [honks horn]

    私たちは、いくつかの...[クラクションを鳴らす]を実装しています。

  • - That is annoyingly loud and I love it.

    - それがうっとうしいほどうるさくて、大好きなんです。

  • I've got to remember the cart is facing this way.

    カートがこっちを向いているのを忘れないようにしないとね。

  • Yes, let's take it out and see...

    そうだ、取り出して見てみよう...。

  • This feels way more dangerous all of a sudden!

    いきなり危険な感じがする!?

  • I also appreciate that this has full harness seat belts.

    また、フルハーネスシートベルトを搭載している点も評価できます。

  • I thought we were going to make a tiny little thing

    ちっちゃいのを作るのかと思いきや

  • that I'd sit on and it would go at low speed.

    その上に座ると、低速で走るんです。

  • What's the top speed on this?

    これの最高速度は?

  • - In this area, we reached a 40km/h, but with a higher distance, wider field,

    - このあたりで、40km/hに到達しましたが、より高い距離、より広いフィールドで。

  • we could reach 50-something, for sure. - Wait. What's this for?

    50代になるのは間違いないでしょう。- 待てよこれは何のため?

  • - This is a handbrake, emergency brake, because sometimes things can happen!

    - これはハンドブレーキ、エマージェンシーブレーキで、時には物事が起こる可能性があるからです

  • For example, if we lose control, or we just lose the controller.

    例えば、コントロールを失ったとき、あるいはコントローラーを失ったとき。

  • Brake, and that would be fine. - So, low-speed test in the car park?

    ブレーキ、でいいんじゃないでしょうか。- では、駐車場での低速テストは?

  • - Yes, that's fine. - High-speed test on the track later.

    - はい、それで結構です。- あとでサーキットで高速テストをする。

  • - Yes, go for that. - Let's do it.

    - そうだ、それを目指そう。- やりましょう。

  • - We thought about different positions, we even thought of driving

    - いろいろなポジションを考え、運転も考えた。

  • laid at the bottom of the cart, that was obviously a dangerous position,

    カートの底に寝かされては、明らかに危険な位置である。

  • so we went back to a backward seated position.

    ということで、後方座位に戻りました。

  • I would say it's just after some tests with our team trying

    私たちのチームが試行錯誤を重ねた結果、このような結果になったと言えるでしょう。

  • what's the most comfortable...

    一番快適なのは...

  • I would say we tried and we ended up here in this average position.

    試行錯誤の結果、この平均的なポジションになったと言えるでしょう。

  • - There we go. Avoid... no, that's going for some cars.

    - ほらね。避ける...いや、それは何台か行くんだ。

  • I'm 100% aiming for some cars. Let's not do that.

    100%何台か狙っている。それはやめましょう。

  • I'm aiming for the trucks which are this way, here we go.

    こうなっているトラックを目指して、さあ、出発です。

  • - It's a bit confusing at the beginning.

    - 最初はちょっと戸惑いますね。

  • -Oh, it's really confusing, I don't like this!

    -ああ、本当に紛らわしい!こんなの嫌だ!-。

  • -Try to be a bit slower at the beginning,

    -最初は少しゆっくりめにやってみてください。

  • because that's a bit messing with your mind at first.

    というのも、最初はちょっと頭が混乱するんですね。

  • - Agreed! It really is.

    - 同意見です。本当にそうなんです。

  • - We actually used a very powerful motor,

    - 実は、とても強力なモーターを使っていたんです。

  • a powerful servo motor to control the direction system.

    強力なサーボモーターで方向性を制御します。

  • We went through a lot of iterations and trials and error to configure the system.

    システムを構成するために、何度も反復し、試行錯誤を繰り返しました。

  • Also on the mechanical part, how do we install it,

    また、メカニカルな部分については、どのようにインストールするのか。

  • how do we control it so that it's smooth?

    どうすればスムーズにコントロールできるのか?

  • That was a tricky part, I would say, but once we had the propulsion system,

    そこが厄介といえば厄介なのですが、推進システムができてからは、そのようなことはありませんでした。

  • the direction system, then we were good to go to have fun.

    ということで、「ディレクションシステム」を導入しました。

  • - All right, let's go down the road. I got-- oh, that's too fast.

    - よし、この道を行こう。私は...ああ、それは速すぎる。

  • That's way too fast. I nearly went the wrong way.

    速すぎるよ。危うく逆走するところだった。

  • I need to steer away from the van. I nearly steered into the van.

    バンから離れたいんだもう少しでバンに突っ込むところでした

  • Got to remember the monitor-- - Keep your focus on the monitor.

    モニターを忘れちゃいけない-- - モニターに集中しろ

  • - Whoa, that was a drain, I went straight over it!

    - おっ、排水溝だ!そのまま越えてしまったよ。

  • Keep your focus on the monitor, the monitor is all that counts.

    モニターに集中すること、モニターが全てです。

  • The minute I start thinking about the real world outside the monitor,

    モニターの外の現実世界について考え始めた途端。

  • my brain misfires, I get left and right- oh, that was a speed bump-

    私の脳は誤作動を起こし、右往左往している。

  • I get left from right mixed up. - You're driving pretty well.

    右と左がごっちゃになるんです。- 結構、運転が上手なんですね。

  • I'm very impressed. - Let's bring it to a stop just here.

    感激です。- ここで一旦ストップさせましょう。

  • It's possible, but for someone who hasn't played video games in 15, 20 years,

    可能性はありますが、15年、20年とゲームをしていない人間にとっては

  • I can do a lap around here, it's just confusing to get used to it.

    このあたりは1周できるんですよ、慣れるまでは戸惑うばかりですが。

  • It's just confusing that the world is going one way,

    世の中が一方通行になるのは困惑するばかりです。

  • but I have to focus everything on the screen.

    が、すべてを画面に集中させなければならない。

  • - The visualization part, we did a lot of iterations,

    - ビジュアライゼーションの部分は、何度も繰り返し行いました。

  • we did a lot of tests, a lot of coding,

    たくさんのテストとコーディングを行いました。

  • and as you can imagine, the main problem was latency.

    で、ご想像の通り、一番の問題はレイテンシーでした。

  • We tried different things, but we always had to fight latency.

    いろいろなことを試しましたが、常にレイテンシーとの戦いになっていました。

  • We thought about drones, VR, we ended up, I think the version that

    ドローン、VRを考え、最終的に、このバージョンになったと思います。

  • we have right now is using WebRTC, from a web browser communicating

    今のところ、WebRTCを使って、Webブラウザから通信しています。

  • through sockets to Unreal Engine.

    をソケット経由でUnreal Engineに送信します。

  • That's the most, I would say, advanced we went on the VR part.

    それが一番、VRの部分を進めたと言えるでしょう。

  • - I asked the team for a steering wheel

    - チームにステアリングをお願いしました

  • and we have a hastily jerry-rigged steering wheel here,

    と、急ごしらえのハンドルがここにあります。

  • because it's just a different type of controller.

    というのも、コントローラーの種類が違うだけなんです。

  • I've spent way more time with one of these than I have with a game controller.

    私は、ゲームのコントローラーを使うより、これを使っている時間の方がずっと長いんです。

  • You all ready? All right, let's see how this...

    準備はいいか?よし、どうやるか...

  • Oh, that's nicer. Here we go. That's it. Yep, okay, focus on screen. Anyone coming?

    ああ、その方がいい。ほら、これだ。それでいいうん、大丈夫、画面に集中して。誰か来るか?

  • No one coming.

    誰も来ません。

  • We turn left out of here. Slowly here, slow. That's good.

    ここから左に曲がる。ここはゆっくり、ゆっくり。それでいい

  • You've got the sensitivity right now. That's it. Here we go. A bit of speed.

    今、感性があるんですね。それでいいさあ、やるぞ。少し速度を上げる

  • - Focus on the screen. - Oh!

    - 画面に集中する。- ああ!

  • - What I did there was I turned right when I should've turned left.

    - 左折すべきところを右折してしまったんです。

  • You're okay?

    大丈夫ですか?

  • -Wow! We're just fine, man. We just avoided this steel thing.

    -わあ!俺たちは大丈夫だこの鋼鉄の件は避けただけだ

  • - The good news is that the car works and it goes at speed.

    - 良い点は、車が動くこと、スピードが出ることです。

  • -What happened? You were not focused on the screen, no?

    -どうしたんですか?画面に集中していなかったのでは?

  • - I was very