Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • get off The nuclear warhead.

    核弾頭から離れろ

  • I was doing that guy from that movie you know slim pickens where he rides it all the way in the nuclear warhead.

    スリムピケンズという映画で、核弾頭の中にずっと入っていくやつをやっていたんだ。

  • No welcome to watch Mojo and today we're counting down our picks for the top 20 nuclear bomb scenes in movies until I'm certain my team can't hold it.

    モジョを見るのは歓迎しません。今日は、私のチームが耐えられないと確信するまで、映画の核爆弾シーントップ20のピックをカウントダウンしています。

  • I will not order a nuke strike against a civilian population.

    民間人に対する核攻撃は命じない。

  • If we don't hold them here we lose everything for this list will be looking at the scariest, most intense and maybe even the funniest movie scenes involving nuclear bombs.

    このリストでは、核爆弾にまつわる最も恐ろしく、最も強烈な、そしておそらく最も滑稽な映画のシーンを見ていくことになるのだから。

  • The bomb doesn't have to go off so long as it's an integral part of the scene which of these is your favorite.

    爆弾が爆発しなくても、そのシーンに欠かせないものであれば、どれが一番好きですか?

  • Let us know in the comments below Number 20 The Avengers, can anybody copy I can shut the portal down, do it.

    下のコメントで教えてください 20番 アベンジャーズ、誰でもコピーできます ポータルをシャットダウンして、やってください。

  • No way Stark these things are still coming.

    まさかスタークこれらのものがまだ来るとは。

  • I got a new coming in.

    新しいのが入ってきたんだ。

  • It's gonna blow in less than a minute.

    1分以内に爆発する

  • This team really has their hands full.

    このチームは本当に手一杯だ。

  • If they're not saving new york from an invasion of territory, they're attempting to defuse a potential nuclear attack, fearing the territory invasion.

    ニューヨークを領土侵犯から救っていないなら、領土侵犯を恐れて、核攻撃の可能性を排除しようとしているのだ。

  • The World Security Council launches a nuke at Manhattan.

    世界安全保障理事会がマンハッタンに核兵器を打ち込む。

  • Director Fury Council has made a decision.

    フューリー社取締役が決定しました。

  • I recognize the council has made a decision but given that it's a stupid as decision, I've elected to ignore it.

    私は、議会が決定を下したことを認識しているが、それが愚かな決定であることを考えると、私はそれを無視することを選択した。

  • What results is pure action cinema Ironman intercepts the nuke and uses it to destroy the territory mothership.

    その結果、アイアンマンは核兵器を傍受し、それを使って領土の母船を破壊するという純粋なアクション映画館となった。

  • The spectacle is fantastic.

    その光景は素晴らしいものです。

  • But what works best here is the emotion Tony is fully aware of the danger and calls pepper to say goodbye but to no avail, robert Downey JR is superb, conveying fear, anxiety and eventual heartbreak with nothing but his facial expressions.

    しかし、ここで最も効果的なのは、トニーが危険を察知し、ペッパーに別れを告げようと電話するも無駄だったという感情だ。ロバート・ダウニーJRは、恐怖、不安、そして最終的には心の傷を表情だけで表現し、見事である。

  • Number 19 American assassin.

    ナンバー19のアメリカの暗殺者。

  • We've seen a ton of nuclear detonations on screen, but few that have occurred underwater.

    核兵器が爆発するシーンはたくさんありますが、水中で爆発するシーンはあまりありません。

  • American assassin try doing something a little different and it worked out wonderfully detonate if it goes off above the waterline.

    アメリカの殺し屋がちょっと変わったことをやってみたら、見事に喫水線より上で爆発したんです。

  • After killing ghost, rap drops the new clear bomb into the water and it goes off in a spectacular display.

    ゴーストを退治したラップは、新型のクリアボムを水中に落とし、華麗に爆発させる。

  • The new creates a massive hole in the ocean, causing nearby ships to break apart and even generates an enormous tidal wave that engulfs everything in its path.

    新型は海に巨大な穴を開け、近くの船をバラバラにし、さらには巨大な高波を発生させ、周囲のものを飲み込んでしまう。

  • This is great entertainment and the idea of doing it in the water was fresh and ingenious.

    これは素晴らしいエンターテインメントで、水の中でやるという発想が新鮮で、工夫が凝らされたものでした。

  • If we don't engage, that guarantees I understand there's a risk, but this is the best chance.

    もし交戦しなければ、リスクがあることは理解していますが、これがベストなチャンスなのです。

  • Number 18 the divide, most movies work their way up to a devastating nuclear attack.

    18番分水嶺 ほとんどの映画では、壊滅的な核攻撃までが描かれています。

  • The divide opens with one as the film begins, New york city is slammed by numerous nuclear explosions.

    映画が始まると同時に分裂が始まり、ニューヨークは多数の核爆発に叩き付けられる。

  • The images a startling one.

    びっくりするような映像。

  • A large mushroom cloud rises from the impact zone.

    着弾地点から大きなきのこ雲が立ち上がる。

  • Dust billows through the streets and the apocalyptic yellow sky sparkles with lightning as this is a low budget movie, we don't see much of the attack itself.

    低予算映画であるため、攻撃そのものはあまり見られない。

  • Rather, the movie switches focus to the immediate aftermath and panic.

    むしろ、映画はその直後のパニックに焦点を切り替えている。

  • However, this is a welcome shift as it horrifyingly depicts the fright and hysteria that accompanies a disaster.

    しかし、災害時の怯えやヒステリーを恐ろしく描いているので、これは歓迎すべきことである。

  • It's a haunting opening to a haunting movie.

    呪われた映画の呪われたオープニングだ。

  • After a blast, everything gets vaporized, It sucked up into the atmosphere and rains back down to earth Number 17 when the wind blows heartbreaking piece of animation.

    爆風ですべてが蒸発し、大気圏に吸い上げられ、地球に降り注ぐ 17番 風が吹くと胸が熱くなるアニメーション。

  • When the wind blows follows a loving elderly couple who attempt to survive in a nuclear ravaged England.

    核で荒廃した英国で生き抜こうとする、愛情深い老夫婦の姿を描く。

  • The story takes place during the Soviet Afghan war and presents an alternate reality in which England was hit by a nuclear bomb.

    物語はソ連のアフガン戦争が舞台で、イギリスが核爆弾に襲われた異世界が描かれている。

  • An enemy missile attack has been launched against this country.

    この国に対し、敵のミサイル攻撃が行われた。

  • It is estimated that the missiles will arrive in approximately three minutes.

    ミサイルの到着は約3分後と推定される。

  • Jim and Hilda hide in their makeshift shelter.

    ジムとヒルダは、間に合わせのシェルターに隠れている。

  • While the world ending destruction occurs outside said destruction is both gorgeously animated and tragically evocative depicting images straight out of a Cold War nightmare.

    世界が終わるような破壊が外部で起こる一方で、その破壊は冷戦の悪夢をそのまま描いたような、豪華なアニメーションと悲劇的な喚起に満ちています。

  • The movie portrays a real life fear through the magic of animation and it does so in strikingly vivid fashion.

    この映画は、現実の恐怖をアニメーションの魔法で描き、それを鮮やかに表現している。

  • Number 16 Testament.

    16番 テスタメント

  • Nuclear movies were very popular back in the eighties as Cold War fears plagued the collective mind of America.

    80年代、冷戦恐怖症のアメリカでは、原子力映画が大流行した。

  • Testament is one of those movies depicting a small suburb in the midst of a nuclear event.

    テスタメント』は、核事件の渦中にある小さな郊外を描いた一作だ。

  • The bombing scene is ingeniously filmed, favoring realism over cinematics.

    爆撃シーンは、映画的な表現よりもリアリズムを優先し、独創的な映像に仕上がっています。

  • This is san Francisco.

    ここはサンフランシスコ。

  • We have lost our new york signal radar sources confirm the explosion of nuclear devices there in new york and up and down the east Coast.

    ニューヨークの信号レーダーを失い、ニューヨークと東海岸で核兵器が爆発したことが確認されました。

  • The Weatherly family experiences the bombing through the likes of distressed news anchors, the emergency broadcast system cut electricity and air raid sirens.

    ウェザリー一家は、苦悩するニュースキャスター、停電する非常放送、空襲のサイレンなどを通して、原爆を体験する。

  • This is a petrifying scene that scares the viewers through authenticity.

    本物志向で見る人を怖がらせる茫洋としたシーンです。

  • This is how a good number of americans would experience a nuclear strike, not through a massive mushroom cloud, but through sheer panic and a frightening disruption of everyday routine.

    このように、多くのアメリカ人が核攻撃を受けた場合、巨大なキノコ雲ではなく、パニックと日常生活の崩壊という恐怖を体験することになるのです。

  • Hello number 15 Terminator three rise of the machines.

    ハローナンバー15 ターミネーター3 ライズ・オブ・ザ・マシーン

  • We thought that Terminator two gave the story a happy ending.

    ターミネーター2は、物語をハッピーエンドにしたと思っていたんです。

  • We were wrong.

    私たちは間違っていたのです。

  • One of the most surprising aspects of Terminator three is the incredibly gutsy and dour ending.

    ターミネーター3』で最も驚いたことのひとつは、信じられないほどガッツのある気難しいエンディングだ。

  • Jon and kate are sent to Crystal Peak which is believed to be connected to Skynet.

    ジョンとケイトは、スカイネットと関係があるとされるクリスタル・ピークに送られる。

  • However, they quickly realized that it's a military fallout shelter and that they were sent there for protection.

    しかし、そこは軍の核シェルターであり、自分たちが保護されるために送られたものであることがすぐにわかった。

  • Why did it lead us down here?

    なぜ、ここに導かれたのか?

  • Okay to live as they make this realization, The world is bombarded with Skynet's nuclear strikes and judgment day officially begins.

    そして、スカイネットの核攻撃により、世界は審判の日を迎える。

  • It's a stellar twist that contains some shocking visuals and nicely places john on his predetermined path as a military leader.

    衝撃的なビジュアルを含み、ジョンが軍のリーダーとして定められた道を歩むことをうまく演出した、見事な展開である。

  • What the hell is happening?

    一体何が起きているのでしょうか?

  • Who's in charge there I am number 14 by Dawn's Early Light.

    Who's in charge there I am number 14 by Dawn's Early Light.

  • This movie was released in May of 1990 as such, is one of the last of the aforementioned Cold war movies.

    この映画は1990年5月に公開され、前述した冷戦映画の最後の1本となった。

  • It's based on William Prognosis novel trinity's Child, which accurately depicts the consequences of a nuclear war between the United States and the soviet union.

    原作は、アメリカとソビエト連邦の核戦争の結末を正確に描いたウィリアム・プログノシスの小説「トリニティの子」です。

  • We have a preliminary missile trajectory moving north northeast from Turkey to the soviet border.

    トルコからソ連国境まで北北東に移動するミサイルの予備軌道を確認しました。

  • Sir.

    サー

  • The movie features a number of nuclear blasts, including one that hits the white house and blows out its windows.

    映画では、ホワイトハウスを直撃して窓を吹き飛ばすなど、数々の核爆発が登場する。

  • Another forces down the president's helicopter which causes many to presume that he's dead.

    また、大統領専用ヘリコプターが墜落し、多くの人が大統領の死亡を確信する。

  • The limited tv budget does what it can with the visuals but our imaginations are more than capable of filling in the nauseating details.

    限られた予算の中で、できる限りの映像表現を行っているが、吐き気を催すような細部は我々の想像力で十分補うことができる。

  • They're dead.

    彼らは死んだ。

  • Everybody you've got that they're dead.

    あなたが持っている人はみんな死んでいる。

  • Number 13, Independence Day.

    13位 インデペンデンス・デイ

  • This over the top classic is fondly remembered for the alien attack sequence in which the UFO beams decimate numerous american landmarks.

    UFOのビームがアメリカの数々の名所を破壊していくエイリアン襲撃シーンが印象的なオーバートップ作品。

  • But it also contains some killer nuclear bomb sequences.

    しかし、この作品には核爆弾のキラー・シーンも含まれています。

  • In the first a nuke is dropped on an alien spaceship above Houston.

    1つ目は、ヒューストン上空でエイリアンの宇宙船に核兵器が投下される。

  • We are on station and awaiting instruction roger break formation head to target.

    我々は駐機中であり、指示を待っているところだ。

  • The explosion is magnificent but it fails to destroy the ship.

    爆発は見事だが、船を破壊するには至らなかった。

  • In the second a nuke is deployed in the aliens mothership and the entire thing erupts in a brilliant flash of blue lights.

    2つ目は、エイリアンの母船に核兵器が配備され、全体が青い光で鮮やかに噴出するシーンです。

  • This is pure summer blockbuster escapism featuring a nuclear bomb.

    これは核爆弾が登場する夏の超大作逃避行である。

  • Some hilarious banter and a masterfully filmed escape sequence that leaves viewers white knuckled and smiling.

    愉快な会話と、見事に撮影された脱出シーンは、見る者を白けさせ、微笑ましくさせる。

  • It's a legendary ending to a legendary movie.

    伝説的な映画の伝説的なエンディングです。

  • Do you think I'm going number 12 Armageddon.

    12番ハルマゲドンに行くかな。

  • This is perhaps the Michael based of all the Michael Bay movies.

    マイケル・ベイの映画の中で、おそらく最もマイケルに基づいた作品です。

  • A humongous asteroid is headed straight to Earth.

    巨大な小惑星がまっすぐに地球に向かっている。

  • So Nasa trains a group of oil drillers to become astronauts, sends them into space and has them drill a nuclear weapon into the core of the asteroid.

    そこでNASAは、石油掘削業者を宇宙飛行士として養成し、宇宙に送り込み、小惑星の核に核兵器を打ち込ませることにしたのです。

  • It's ridiculous and it's tons of fun.

    バカバカしくて、めちゃくちゃ楽しい。

  • One more thing um none of them want to pay taxes again.

    もう一つ......誰一人、税金を再び払いたがらない。

  • Ever Harry stays behind to activate the nuke, saving the world just in the nick of time.

    ハリーは核兵器を作動させるために残り、間一髪で世界を救う。

  • The resulting explosion is awe inspiring and it elicits loud cheers from both the audience and the characters in the movie, but we are also wiping away tears as Harry's goodbye to his daughter.

    その結果、爆発は感動的なものとなり、観客と映画の登場人物たちから大きな歓声が上がりますが、私たちはハリーの娘との別れに涙を拭っています。

  • Grace is enough to make even the toughest among us.

    恵みは、私たちの中で最もタフな人を作るのに十分なものです。

  • We it all combines to create a majestic and unforgettable climax.

    そして、そのすべてが組み合わさって、壮大で忘れがたいクライマックスを創り上げるのです。

  • Colonel Willie Sharp, United States air Force man requesting permission to shake the hand of the daughter of the bravest man I've ever met number 11.

    ウィリー・シャープ大佐、アメリカ空軍の男......今まで会った中で最も勇敢な男の娘と握手する許可を求めている......番号は11だ。

  • The sum of all fears for this Jack Ryan reboot.

    このジャック・ライアンのリブート版に対するすべての恐怖の総和。

  • Ben Affleck took over the role from Harrison Ford in his tasked with stopping a fascist from starting a nuclear war.

    ハリソン・フォードから引き継いだベン・アフレックは、核戦争を起こそうとするファシストを阻止する任務を負った。

  • He has a bomb built in secrecy and drops it on Baltimore in an attempt to frame the Russians Sir.

    彼は秘密裏に爆弾を作り、ロシア人サーに罪を着せようとボルチモアに投下する。

  • The entire sequence is filled with great tension and the resulting destruction is nothing short of harrowing thanks to the movies.

    全シークエンスが大きな緊張感に包まれ、その結果引き起こされる破壊は、映画のおかげでハラハラさせられることこの上ないものです。

  • High budget, we are given various spine chilling sites, hospital blows up and sends all the employees flying cars are violently knocked off roads and Jack's helicopters thrown out of the air.

    病院が爆発して従業員が全員飛ばされたり、車が道路から激しく叩き落とされたり、ジャックのヘリコプターが空中に放り出されたり、高予算で様々な背筋の凍るような現場が用意されています。

  • It's a very impressive sequence and it's arguably one of the best moments in the Jack Ryan franchise, Number 10.

    とても印象的なシークエンスで、『ジャック・ライアン』シリーズのナンバー10の中でも最高の瞬間のひとつだと思います。

  • Broken arrow, john wu certainly knows how to direct an action sequence, christian slater plays Riley hale, an Air Force pilot who must contend with john Travolta's Vic Deakins.

    クリスチャン・スレーターが演じるライリー・ヘイルは空軍のパイロットで、ジョン・トラボルタ演じるヴィック・ディーキンスと争うことになる。

  • Deakins is extorting the american government with two nuclear weapons hail recovers one of the bombs and stows it down an abandoned copper mine where it proceeds to detonate.

    2つの核兵器でアメリカ政府を脅迫していたディーキンズは、爆弾の1つを回収し、廃銅山に隠し、爆発させる。

  • The plan mostly works as the explosion causes the ground to shake and ripple and a vast sinkhole is created near the mine shaft.

    爆発で地面が揺れ動き、坑道の近くに大きな陥没穴ができたので、計画はほぼ成功した。

  • An approaching helicopter is also disabled and it explodes in a gigantic fireball.

    接近してきたヘリコプターも行動不能となり、巨大な火球となって爆発する。

  • The scene contains some accomplished filmmaking and stunt work and Travolta chews the scenery as the bad guy.

    このシーンには、完成度の高い映像やスタントワークがあり、トラボルタは悪者としてその演技に磨きをかけています。

  • What's not to love SCMP electromagnetic pulse, nuclear bass sends it out from miles.

    SCMP電磁パルス、核の低音はマイルから送信を愛していないものです。

  • Everything electronic shuts down including choppers and radios Number nine Indiana jones and the kingdom of the crystal skull.

    ヘリやラジオを含むすべての電子機器が停止する ナンバー9 インディ・ジョーンズとクリスタル・ドクロの王国

  • Whatever your thoughts on the scene are, this could very well be one of the defining moments of 2000 cinema Indiana jones is kidnapped by KGB agents but eventually escapes and makes his way to a model town.

    このシーンについての感想はともかく、これは2000年の映画の決定的な瞬間のひとつになるかもしれません。 インディアナ・ジョーンズはKGBのエージェントに誘拐されますが、最終的には脱走してモデルタウンに向かいます。

  • This town is being used for atomic testing and India's right on time personnel.

    この町は原子爆弾の実験に使われており、インドの右腕的な人材がいる。

  • It is now one minute 20 time fearing the imminent blast.

    今、爆風が迫っていることを恐れている時間は1分20秒です。

  • Indie hides inside a lead lined fridge and is sent hurtling through the air as the nuclear bomb strikes.

    インディーは鉛でできた冷蔵庫の中に隠れ、核爆弾の攻撃で空中に飛ばされる。

  • The scene is filled with some terrific visual effects as the shockwave obliterates houses and sets nearby mannequins on fire.

    衝撃波が家屋を破壊し、近くのマネキンに火をつけるなど、凄まじい視覚効果に満ちたシーンです。

  • It looks suitably apocalyptic especially when Indy climbs out of the fridge and gazes upon the towering mushroom cloud, steven Spielberg knows how to bring the spectacle.

    特にインディが冷蔵庫の外に出て、高くそびえるキノコ雲を見つめるシーンは、まさに黙示録的で、スティーブン・スピルバーグはスペクタクルの演出を心得ています。

  • Number eight the Dark Knight rises.

    ナンバー8 ダークナイトが立ち上がる

  • There's nothing like a good heroic sacrifice to make us tear up realizing that there's no stopping baines Bomb Batman decides to sacrifice himself for the good of Gotham.

    ベインズボムバットマンがゴッサムのために自分を犠牲にすることを決意するのを止めることはできないことを実感して涙するために、良い英雄的犠牲ほど素晴らしいものはありません。

  • He attaches the bomb to the bat plane, touchingly reveals his identity to Gordon and flies over the water to his presumed doom hero can be anyone.

    彼はコウモリの飛行機に爆弾を取り付け、感動的にゴードンに自分のアイデンティティを明らかにし、彼の推定運命のヒーローに水の上を飛ぶことは誰にでもできます。

  • Even a man doing something as simple and reassuring as putting a coat around a young boy's shoulders to let him know the world and of course the bat isn't really gone, but that doesn't quell the power of the scene like all of Christopher Nolan's best work.

    男が少年の肩にコートをかけて、世界ともちろんコウモリがいなくなったわけではないことを知らせるという単純で安心できることをしても、クリストファー・ノーランの最高傑作のように、このシーンの力を鎮めることはできないのです。

  • This sequence combines breathtaking filmmaking with an undercurrent of rich emotion and it makes for an amazing conclusion to his historic Dark Knight trilogy.

    このシークエンスは、息を呑むような映画制作と豊かな感情の底流を結びつけ、彼の歴史的なダークナイト3部作の素晴らしい完結編となっているのです。

  • That's detonation, It's out over the bay, it's clear of the city number seven the wolverine.

    爆発は湾の外だ 7番街のクズリから離れてる

  • This movie begins with a bang.

    この映画は、いきなり始まるんです。

  • Quite literally, it opens in august of 1945 shortly before Nagasaki is decimated by the atom bomb Logan is being held as a prisoner of war when Fat Man is dropped on the city.

    1945年8月、長崎が原爆で壊滅する直前、ファットマンが投下されたとき、ローガンは捕虜として収容されていた。

  • The event is shown in explicit detail, we see Fat Man quickly falling towards the ground and we see the colossal explosion and mushroom cloud that results from it.

    ファットマンが地面に向かって素早く落下する様子や、その結果起こる巨大な爆発とキノコ雲などが克明に描かれています。

  • The scene also contains some pulse pounding tension as the dust cloud quickly travels toward Logan and Ichiro and forces Logan to take some drastic measures that leave him literally scarred.

    また、砂煙がローガンと一郎に迫り、ローガンが思い切った行動に出て、文字通り傷だらけになるシーンは、ハラハラドキドキの緊張感にあふれています。

  • The visuals are sensational, as is the cacophonous sound design.

    映像はもちろんのこと、不協和音のようなサウンドデザインもセンセーショナルです。

  • Now, this is how you open a movie number six barefoot again.

    さて、こうしてまた裸足で映画6番を開けるわけです。

  • While we're on the subject of Hiroshima and Nagasaki, let's discuss barefoot again.

    広島・長崎の話のついでに、もう一度、裸足の話をしよう。

  • This is an anime from 1983 that follows again, Nagaoka during the bombing of Hiroshima, the city is destroyed while jen is at school and what result is one of the most imaginative sequences ever seen in an anime, animation can do wondrous and lushly imaginative things and this sequence gets incredibly stylish.

    これは1983年のアニメで、広島の原爆投下時の長岡を描いたものです。ジェンが学校にいる間に街が破壊され、その結果、アニメで見た中で最も想像力に富んだシークエンスとなりました。

  • The visuals are boundless in their creativity and they also pack a devastating emotional punch.

    映像の創造性は無限であり、また、破壊的な感情的パンチを備えています。

  • The scene is unbelievably graphic and disturbing, conveying a sense of nightmarish surrealism, that live action simply can't capture.

    このシーンは、実写では表現できない悪夢のようなシュールレアリズムを表現しており、信じられないほど生々しく、不穏な雰囲気です。

  • You're gonna need some eye bleach after seeing this one, number five, Godzilla King of the Monsters, Godzilla has a long history with nuclear weapons and radiation, but we've never seen anything quite like this.

    これを見たら目の漂白剤が必要になりますよ。5番、ゴジラ キング・オブ・ザ・モンスターズ、ゴジラは核兵器や放射能と長い付き合いがありますが、これほどのものは見たことがないですね。

  • Godzilla King of the monsters ramps up the action to Enjoyably absurd heights and features a highly memorable sequence involving a nuclear warhead to bring Godzilla back to full HP.

    ゴジラ キング・オブ・ザ・モンスターズ』では、アクションがバカバカしくなるほど盛り上がり、核弾頭でゴジラを完全復活させるシーンは非常に印象的だ。

  • Sara Zawa sacrifices himself and quite literally detonates a nuke right next to the resting behemoth Sarah.

    サラ・ザワは自分を犠牲にして、文字通り、休んでいるサラのすぐそばで核兵器を爆発させる。

  • The scene features some amazing sights and a suitably epic in scale with Godzilla city and the underwater explosion being genuinely stunning.

    このシーンでは、ゴジラの街や海中での爆発など、素晴らしい光景とそれ相応の壮大なスケールを見ることができます。

  • It looks cool, It sounds cool and it's a definite high point of the Godzilla franchise Number four, the day after this, apocalyptic television film from Nicholas Meyer is historic capturing a 62% share in over 100 million viewers.

    見た目もカッコいいし、音もカッコいいし、ゴジラ・フランチャイズの最高峰であることは間違いない。 第4位は、この翌日、ニコラス・メイヤー監督の黙示録的テレビ映画が、1億人以上の視聴者で62%のシェアを獲得した歴史的作品だ。

  • Its subject matter was topical and it touched on collective fears that hundreds of millions were experiencing.

    そのテーマは、何億もの人々が経験している集団的な恐怖に触れるものであり、時事的なものでした。

  • A man on the radio said there might be a war radio and TV and stuff.

    ラジオで男が戦争が起こるかもしれないと言っていた ラジオやテレビなど。

  • The attack segment is especially brutal, depicting a realistic sense of pandemonium and destruction that would occur with a nuclear strike.

    特に攻撃編は残酷で、核攻撃による大混乱と破壊をリアルに描いています。

  • It is impeccably acted and shot featuring high production values and plenty of unforgettable imagery.

    演技も撮影も完璧で、高いプロダクションバリューと忘れがたい映像がふんだんに盛り込まれています。

  • The visceral impact of the sequence lingers long after the credits have rolled and it serves as a perfect representation of that distinctive Cold War paranoia.

    このシークエンスは、クレジットが流れた後も長く残り、冷戦時代の独特のパラノイアを完璧に表現しています。

  • Number three threads this movie aired on the BBC in September of 1984 and earned instant acclaim for its production values.

    1984年9月にBBCで放映され、その出来の良さでたちまち評判になった3番煎じ。

  • In harrowing realism threads accurately examines nuclear war and the resulting fallout and the initial bombing scene is particularly distressing.

    核戦争とその結果生じる放射性降下物を、痛ましいほどのリアリズムで正確に描写しており、特に最初の爆撃シーンは胸が張り裂けそうになる。

  • Watching this can make viewers feel genuinely stressed.

    これを見ていると、視聴者は純粋にストレスを感じることがあります。

  • So perturbing arts, visuals, chaotic editing and sound design.

    だから、パースアート、ビジュアル、カオスな編集、サウンドデザイン。

  • Movies like this aren't designed for entertainment.

    このような映画は、エンターテインメントとして作られたものではありません。

  • This was a warning and a superbly effective warning at that luckily the horrors of this scene never came to fruition during the Cold War, but it was a very real and very unnerving possibility.

    これは警告であり、非常に効果的な警告であった。幸運なことに、このシーンの恐怖は冷戦中に実現することはなかったが、非常に現実的で、非常に不安な可能性であった。

  • Number two Terminator two judgment day James.

    ナンバー2 ターミネーター2審判の日 ジェームズ

  • Cameron is a masterful filmmaker and this is arguably one of his greatest sequences and that's saying a lot.

    キャメロンは優れた映画監督であり、これは間違いなく彼の最高傑作のひとつであり、それは多くのことを語っています。

  • Sarah suffers a nightmare in which she envisions judgment day.

    サラは審判の日を思い描く悪夢にうなされる。

  • She's watching an innocent day at the park when a nuke strikes Los Angeles.

    彼女は公園で何気ない一日を過ごしていたが、核兵器がロサンゼルスを襲った。

  • The visual effects and cinematography throughout the scene are astonishing.

    シーン全体の視覚効果や撮影には驚かされます。

  • The events are lit with an eerie and apocalyptic orange glow and we watch