Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • After over 20 years in orbit, our beloved International Space Station is set to retire in 2030.

    20年以上にわたって軌道上で活動してきた私たちの愛する国際宇宙ステーションは、2030年に引退することが決まっています。

  • But remember please don’t shoot the messenger here!

    しかし、それだけだと思わないでください!

  • Like its epic debut, the ISS’s final performance will be just as mind-blowing.

    その壮大なデビューと同様に、ISS の最終パフォーマンスもまた、人々の心を揺さぶるものになるでしょう。

  • So how exactly do you decommission a football-field-sized structure without hitting anything?

    では、サッカー場ほどの大きさの構造物を、何にもぶつけずに解体するにはどうしたらいいのでしょうか?

  • But before we get to that, I know you must all be wondering why NASA and its partners decided to decommission the ISS now.

    しかし、その前に、なぜ今、NASA とそのパートナーが ISS の退役を決めたのか、皆さんは不思議に思っていることでしょう。

  • Well, the ISS is starting to show its age.

    さて、ISS はそろそろ老朽化が進んでいます。

  • I mean think about it:

    つまり、考えてみてください。

  • It’s been in a constant state of operation since November, 2000.

    2000年11月から常時稼働しています。

  • It orbits the Earth every 90 minutes traveling at 8 km per second, and has hosted over 3000 research investigations from 108 countries.

    秒速8kmで90分ごとに地球を周回し、これまでに108カ国から3000件以上の研究調査が実施されました。

  • Not to mention it’s in one of the most dangerous environments known to humankind, in constant danger of being struck by debris!

    しかも、人類が知る限り最も危険な環境のひとつにあり、常に破片に襲われる危険性があるのです

  • Based on evaluations, the ISS is expected to continue operations until 2028.

    評価により、ISS は2028年まで運用を継続する予定です。

  • Some major reasons for retirement were the operational cost, which is roughly 4 billion dollars per year, and limited onboard capabilities.

    引退の主な理由は、年間約40億円の運用コストと、搭載できる機能に制限があることでした。

  • On top of that, the ISS requires multiple reboost maneuvers each year to keep it from crashing back down to Earth.

    その上、ISS は地球への衝突を防ぐために、毎年何度も再浮上する必要があります。

  • So in 2030, when it’s finally time to decommission the ISS, why can’t we let it just float out in space forever?

    では、2030年、いよいよ ISS が廃止されるとき、なぜI SS を永遠に宇宙に漂わせることができないのでしょうか?

  • Well there’s a long list of reasons we don’t want that.

    それは、私たちがそれを望まない理由はたくさんあります。

  • One of them is because of the Kessler Syndrome, which is the concept that even the smallest fragment of space debris traveling at speeds up to 28 million kilometers per hour can be a catalyst to a much larger chain reaction.

    その一つは、時速2800万キロのスピードで移動するスペースデブリの小さな破片でさえ、はるかに大きな連鎖反応の触媒になるという考え方である「ケスラー・シンドローム」のせいです。

  • But luckily, engineers have a plan to avoid that catastrophic domino effect by harnessing the Earth’s gravitational pull.

    しかし幸運なことに、エンジニアたちは地球の引力を利用することで、壊滅的なドミノ効果を回避する計画を立てています。

  • By slowly reducing the operational altitude of the ISS over several years, engineers will strategically position its reentry point over a region known as the South Pacific Oceanic Uninhabited Area, aka, where satellites go to die.

    数年かけてゆっくりと ISS の高度を下げることで、エンジニアは再突入点を南太平洋の無人地帯、別名「人工衛星の死地」と呼ばれる地域の上に戦略的に配置することができます。

  • Known as Point Nemo, this area in the Pacific Ocean is quite literally in the middle of nowhere.

    ポイント・ニモと呼ばれるこの地域は、太平洋に面しており、文字通り何もないところです。

  • Believe it or not, the closest humans to Point Nemo are the crew members of the ISS right now!

    信じられないかもしれませんが、ポイント・ニモに最も近い人類は、今、ISSの乗組員なのです。

  • But the entire satellite will not crash into the ocean, in fact, experts expect most of the station to burn up in the atmosphere during reentry, with only select parts making it to Point Nemo.

    しかし、衛星全体が海に墜落することはありません。実際、専門家は、ステーションの大部分は再突入時に大気中で燃え尽き、一部の部品だけがポイント・ニモに到達すると予想しています。

  • And this location is optimal because it's within the South Pacific Gyre, a large system of rotating ocean currents that keeps this region fairly absent of oceanic life, in case anyone was concerned about any sea life.

    また、この地域は南太平洋ジャイルという大きな海流の回転系に属しているため、海洋生物がほとんどいないのが特徴です。海の生き物を心配する人がいたら、教えてあげてください。

  • But the ISS won’t be alone!

    でも、ISS だけではありません。

  • It will join over 250 others dating back to NASA’s Skylab in 1979 and Russia’s MIR Space Station in 2001.

    1979年の NASA のスカイラブ、2001年のロシアのミール宇宙ステーションまで、250を超える宇宙船の仲間入りをすることになります。

  • This is the start of a new era for space exploration and crewed missions beyond the Earth’s orbit.

    これは、地球軌道を超えた宇宙探査と有人ミッションの新しい時代の幕開けです。

  • NASA hopes to maintain operations in low Earth orbit by introducing a new private space station before the ISS retires.

    NASA は、ISS が引退する前に、新しい民間宇宙ステーションを導入することで、地球低軌道での運用を維持したいと考えています。

  • In early 2021, NASA selected three companies, Blue Origin, Nanoracks LLC, and Northrop Grumman, to develop the next generation of commercial space stations.

    2021年初頭、NASA は次世代の商業宇宙ステーションを開発するため、Blue Origin、Nanoracks LLC、Northrop Grumman の3社を選定しました。

  • Nanoracks currently has their sights set on 2027 as the first flight of Starlab, their new commercial space station.

    現在、Nanoracks 社は2027年に新しい商業宇宙ステーションである Starlab の初飛行に照準を合わせています。

  • As for the ISS, the world is deeply saddened to see what some would call their first experience with human space travel.

    ISS に関しては、人類初の宇宙旅行と呼ぶ人もいるほどで、世界中が深い悲しみに包まれています。

  • But all good things come to an end no matter how bitter-sweet.

    でも、どんなに苦しくても、いいものには終わりがあります。

  • And with other projects not too far behind, it seems like were already headed toward continuing the legacy of the ISS by going even further than weve ever been before.

    また、他のプロジェクトも順調に進んでおり、すでに ISS のレガシーを引き継ぎ、これまでよりもさらに遠くへ行こうとしているように見えます。

  • So what was your favorite thing about the ISS?

    では、ISS で一番気に入ったことは何ですか?

  • Let us know down in the comments.

    コメント欄で教えてください。

  • Make sure to subscribe and thanks for watching.

    ぜひご購読ください。ご視聴ありがとうございました。

After over 20 years in orbit, our beloved International Space Station is set to retire in 2030.

20年以上にわたって軌道上で活動してきた私たちの愛する国際宇宙ステーションは、2030年に引退することが決まっています。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語

国際宇宙ステーション(ISS)はもうすぐ地球に墜落する?!その理由とは?

  • 4414 132
    Summer に公開 2022 年 09 月 14 日
動画の中の単語