Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • (joyful music)

    (歓喜の音楽)

  • - [Interviewer] So Lizzy, what are we doing here?

    - リジー、ここで何をするんだ?

  • - We're here with Bosco, the pig,

    - 豚のボスコと一緒に来ました。

  • 'cause you said I had to get over my fear of pigs.

    豚への恐怖を克服しろと言われたからだ。

  • But also because of this thing we read

    しかしまた、私たちが読んだこの事柄のために

  • about how, in theory, in the future, a pig like this

    理論上、将来的にこのような豚がどうなるかということについて

  • could feed an entire neighborhood for years.

    は、近所の人たち全員を何年も養うことができるのです。

  • Well, not this pig, but a pig.

    まあ、この豚じゃなくて、豚なんだけどね。

  • We've been looking into the future of meat.

    私たちは、食肉の未来について調べてきました。

  • And what we've been finding is out there.

    そして、私たちが見つけてきたものは、そこにあるのです。

  • Animals raised for meat, but not slaughtered.

    食肉用に飼育された動物で、屠殺されていないもの。

  • Live tissue grown cell by cell in vats.

    バットで1つ1つ細胞を育てた生きた組織。

  • And this one thought experiment

    そして、この一つの思考実験

  • that really made us think about where animals

    動物がどこにいるのか、考えさせられました。

  • will fit into our needs and tastes as consumers.

    は、消費者としての私たちのニーズや嗜好にフィットするものであると思います。

  • Sit.

    座る。

  • So a little background on cultured meat

    そこで、培養肉についての背景を少し説明します。

  • or cultivated meat or lab-grown meat.

    や養殖肉、実験室育ちの肉など。

  • It goes by lots of names.

    いろいろな名前で呼ばれています。

  • It's the process of taking cells from say a cow, a chicken,

    例えば牛や鶏から細胞を採取することです。

  • or a pig, and getting them to multiply outside their body

    や豚を体外で増殖させることで

  • in machine called a bioreactor.

    バイオリアクターと呼ばれる機械で

  • It's a way to eat meat without actually eating animals.

    実際に動物を食べることなく、肉を食べる方法です。

  • For the record,

    念のため。

  • we're not talking about plant-based alternatives

    植物性の代用品の話ではない

  • like Impossible Foods and Beyond Meat.

    Impossible FoodsやBeyond Meatのように。

  • Cell-based meat is actual animal tissue.

    細胞ベースの肉は、実際の動物の組織です。

  • It's been almost a decade

    約10年ぶり

  • since the first cultured meat burger

    培養肉バーガーを初めて発売して以来

  • was taste tested on live TV.

    は、テレビの生中継で味を確かめました。

  • - But there is quite some intense taste.

    - しかし、かなり強烈な味がある。

  • It's close to meat.

    肉に近いですね。

  • - But it's only in the past two or three years that research

    - しかし、ここ2、3年の間に研究が進んできたのは

  • and investment have really taken off.

    と投資が本格化しました。

  • The arguments for and against cultured meat

    培養肉への賛否両論

  • are all over the place.

    があちこちにあります。

  • Proponents say that it sidesteps

    推進派の意見では、横取りされる

  • most of the livestock industry's worst problems

    畜産業が抱える問題の大半は

  • like it's land and water use,

    土地や水を利用するように。

  • pollution, greenhouse gas emissions,

    公害、温室効果ガス排出

  • and, of course, animal suffering.

    そしてもちろん、動物の苦しみも。

  • Cultured meat could put a dent in those issues.

    培養肉は、そうした問題に一石を投じることができるかもしれません。

  • Critics point out that it's too early to know

    評論家は、「知るには早すぎる」と指摘する。

  • how eco-friendly cultured meat will really be at scale.

    培養肉がどの程度環境に優しいものになるのか、スケールアップしていくのか。

  • And others argue

    と主張する人もいます。

  • that instead of us spending billions of dollars

    何十億ドルも使う代わりに

  • or more to invent meat that we feel better about eating,

    を開発し、よりおいしく食べることができるようになりました。

  • we should just stop eating meat all together.

    肉を食べるのをやめればいいんです。

  • But there's a really specific question

    しかし、本当に具体的な質問があります

  • tucked into that debate.

    その議論に巻き込まれた。

  • How might culture meat change the relationship

    カルチャーミートによって、人間関係はどのように変化するのでしょうか

  • that meat consumers have with their food?

    食肉消費者が食に対して抱いているもの?

  • (techno music)

    (テクノミュージック)

  • One answer to that question is here

    そのひとつの答えがここにあります。

  • at a company called Culture Biosciences.

    カルチュア・バイオサイエンスという会社で。

  • They run a network of bioreactors for higher.

    彼らは、より高いレベルのバイオリアクターのネットワークを運営しています。

  • So say you're a lab,

    では、あなたが研究室だとします。

  • and you need to grow protein or some engineered microbes,

    で、タンパク質や何らかの人工的な微生物を育てる必要があります。

  • you can send your raw materials to Culture

    原材料を文化庁に送ることができる

  • and they'll run the entire experiment for you.

    と言えば、全ての実験をやってくれる。

  • Can you just tell us a little bit

    少しお話を聞かせてください。

  • about what we're looking at?

    私たちが見ているものについては?

  • - Sure.

    - もちろんです。

  • These are a lot of bioreactors.

    このようにたくさんのバイオリアクターがあります。

  • They sort of look like blenders.

    ミキサーのようなものですね。

  • Blenders on life support, to some degree.

    ある程度、生命維持が可能なミキサー。

  • The metabolism here is really similar to ours.

    この国の新陳代謝は、私たちと本当によく似ています。

  • It's like breathing in air, it's eating things,

    空気を吸うように、ものを食べているのです。

  • it's growing more cells.

    細胞が増殖しているのです。

  • - [Lizzie] Are they always spinning?

    - リジー)いつも回転してるの?

  • - They're always spinning.

    - いつも回転している。

  • Yeah.

    そうですね。

  • So it's like they always need to be mixed.

    だから、常に混ぜる必要があるようなものなんです。

  • - [Lizzie] So say you wanna grow some pork in a bioreactor.

    - バイオリアクターで 豚肉を育てるとしよう

  • You start with a biopsy, a sampling of cells from a pig

    まず、豚から細胞を採取するバイオプシー(生検)から始めます。

  • taken via needle or a small incision.

    針や小さな切開で採取します。

  • You then use some of those cells to establish a cell bank,

    そして、その細胞の一部を使って、細胞バンクを構築するのです。

  • your go-to reservoir of cells.

    を、あなたの細胞の貯蔵庫にするのです。

  • To start the culturing process,

    培養を開始するために

  • you take a few cells from the bank

    あなたは銀行からいくつかのセルを取る

  • and add them to a flask

    をフラスコに入れ

  • with all the nutrients needed to grow and divide.

    を、成長・分裂に必要なすべての栄養素を含んでいます。

  • And then you wait.

    そして、待つのです。

  • - At some point, you have enough density of cells

    - ある時点で、細胞の密度が十分であること

  • to go into a big bioreactor.

    を大きなバイオリアクターに入れる。

  • - [Lizzie] Then there's more waiting as the cells double

    - そして、細胞が2倍になるのを待ちます。

  • and double and double again

    にじゅうにじゅう

  • until you have enough cells to strain out

    を濾すのに十分な細胞数になるまで

  • and turn into food.

    を作り、食べ物に変える。

  • This takes anywhere from two to eight weeks

    2週間から8週間かかります。

  • depending on what you're growing and how you grow it.

    育てるもの、育て方によって異なりますが

  • - So at the end of that process,

    - だから、そのプロセスの最後には

  • you have this sort of slurry of cells, right?

    このように、細胞はスラリー状になっているのですね?

  • That's what's coming out of a bioreactor.

    これがバイオリアクターから出てくるものです。

  • It's not the most appetizing thing.

    食欲をそそるものではありません。

  • - The easiest food to make with that slurry

    - そのスラリーで作る一番簡単な食べ物

  • is something ground up like a sausage.

    は、ソーセージのように挽いたものです。

  • To mimic cuts of meat like a pork chop,

    ポークチョップのような肉のカットを模倣するため。

  • you'd need to train different types of cells

    そのためには、さまざまな種類の細胞のトレーニングが必要です。

  • to grow onto a scaffold.

    を足場に成長させる。

  • So that's all gonna take a lot more R&D.

    そのためには、もっともっと研究開発が必要なんです。

  • But, honestly, it's just one hurdle of many.

    しかし、正直なところ、それは数あるハードルのうちのひとつに過ぎないのです。

  • This whole process needs to get more consistent, automated,

    このプロセス全体が、もっと一貫して、自動化される必要があります。

  • and way cheaper than it is now.

    そして、今よりずっと安い。

  • On top of that, it also needs to be safe.

    そのうえで、安全であることも必要です。

  • - You have all these mammalian cells that are brewing

    - 哺乳類の細胞は、すべて醸造しているんですね。

  • in like the perfect, literally the perfect environment

    完璧な、文字通り完璧な環境の中で

  • for a contaminant.

    を汚染物質とみなす。

  • Like if you have any bacteria in there,

    雑菌が入っていないかとかね。

  • it's literally in a soup

    一汁一菜

  • that has all the food a bacteria would ever want.

    細菌が欲するすべての食物を備えている。

  • - Another big hurdle, most animal cells

    - もう一つの大きなハードル、ほとんどの動物細胞

  • just don't like growing while suspended in a big vat.

    ただ、大きな桶の中に吊るされた状態で成長するのは嫌なんです。

  • So you need a lot of bioreactor space

    そのため、多くのバイオリアクタースペースが必要です

  • to make just a little bit of meat.

    を使えば、ほんの少しのお肉が作れます。

  • - It's not a small difference.

    - 小さな違いではありません。

  • And if you're an order of magnitude less productive,

    そして、生産性が一桁低いとしたら。

  • that means you need an order of magnitude,

    ということは、1桁必要ということです。

  • bigger facility, more food and materials.

    より大きな施設、より多くの食料と材料。

  • - So if all those problems get solved,

    - だから、それらの問題がすべて解決されれば。

  • what does the future look like?

    未来はどうなる?

  • And where do we, consumers, get our meat from?

    そして、私たち消費者は、どこから肉を調達しているのでしょうか。

  • This is where a few possible scenarios diverge.

    ここで、いくつか考えられるシナリオが分岐します。

  • (letters typing)

    (文字入力)

  • - [Will] If you think about a company like Anheuser-Busch,

    - アンハイザー・ブッシュのような会社について考えてみると。

  • they literally have billions of liters

    文字通り、何十億リットルもあるのです。

  • of fermentation capacity for beer.

    ビール用の発酵能力の

  • And, frankly,

    そして、率直に言って

  • I can see cultured meat going in that direction.

    培養肉がその方向に行くのは目に見えています。

  • (letters typing)

    (文字入力)

  • - [Lizzie] One alternative to that future,

    - リジー)その未来への一つの選択肢として。

  • the craft brewery model.

    クラフトブルワリーモデル

  • - You can imagine there being more craft cultured meat

    - クラフト培養肉が増えるのは想像がつくだろう

  • groups that are somehow specializing

    ぞくぐん

  • the way that they're working with the brewing process

    酒造りへの取り組み方

  • in order to make slightly different variations

    微妙に違うバリエーションを作るために

  • that have different, you know, taste differently.

    その分、味も違う。

  • (letters typing)

    (文字入力)

  • - [Lizzie] And finally, there's the most extreme vision

    - リジー)そして最後に、最も極端なビジョンがあります。

  • for local meat production, home brewing.

    地元の食肉生産、自家製ビール醸造のために。

  • You'd have a at-home bioreactor in your kitchen

    キッチンに家庭用バイオリアクターがあれば

  • ready to supply you

    提供可能です。

  • with fresh grown meat whenever you wanted it.

    新鮮な生肉をいつでも食べられるように。

  • - It's hard to imagine, but it's plausible.

    - 想像しがたいが、もっともな話である。

  • It would be a really challenging technical feat to pull off.

    それは、本当に難しい技術的な偉業だと思います。

  • I believe there would have to be

    が必要だろうと思います。

  • some kind of fully automated system

    フルオート

  • that really takes the user

    ユーザーにとって本当に必要なもの

  • almost entirely out of the process

    工程をほとんど省く

  • in order to make it so that sort of there's no user error

    ユーザーエラーを起こさないようにするために

  • and there's no way that user can contaminate it.

    そして、そのユーザーが汚染することはあり得ません。

  • (soft music)

    (ソフト音楽)

  • - [Lizzie] But we wanted to offer

    - しかし、私たちは提案したいことがあります。

  • one other vision for the future.

    もうひとつの未来予想図

  • It's a thought experiment

    それは、思考実験

  • described by a Dutch researcher named Cor van der Weele.

    オランダの研究者、コル・ファン・デル・ウィール(Cor van der Weele)の言葉である。

  • About a decade ago,

    約10年前。

  • Cor convened some focus groups in the Netherlands

    オランダでフォーカスグループを開催

  • to find out how consumers would grapple with cultured meat.

    は、消費者が培養肉とどのように向き合うかを知るために、「培養肉」を開発しました。

  • - They said, "Well, it's interesting,

    - と言われ、「いやー、面白いですね。

  • but isn't it very unnatural?"

    でも、すごく不自然じゃない?"

  • And then someone else inevitably said,

    と、必然的に誰かが言う。

  • "Yeah, but how natural is our ordinary meat nowadays?"

    "ああ、でも今の普通の肉がどれだけ自然か?"

  • And what you noticed was

    そして、あなたが気づいたことは

  • there was a lot of ambivalence about both.

    というアンビバレンツな思いがありました。

  • So normal meat becomes stranger

    だから普通の肉が変になる

  • as cultured meat becomes more normal.

    培養肉がより普通になるにつれて

  • - Whether the meat was coming from butchers or bioreactors,

    - 肉屋から出た肉であろうと、バイオリアクターから出た肉であろうと。

  • one thing was clear.

    ひとつだけはっきりしたことがあります。

  • The group didn't want their meat

    そのグループは、自分たちの肉を

  • coming from one massive company.

    一つの巨大な会社から

  • And one group had a really creative workaround.

    そして、あるグループは、実にクリエイティブな回避策をとっていました。

  • - [Cor] The pig in the backyard.

    - コル】裏庭のブタ。