Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • Medha Imam: Saltwater taffy is synonymous to summer days,

    メダ・イマム:ソルトウォータータフィーは、夏の日の代名詞です。

  • and this chewy, soft candy is the pride of Jersey Shore.

    と、ジャージーショア自慢のモチモチとしたソフトキャンディーです。

  • We're headed to Ocean City, New Jersey,

    ニュージャージー州のオーシャンシティに向かう。

  • to see how this treat is made.

    は、このお菓子がどのように作られるかを見ることができます。

  • Jersey Shore may have a bad rep,

    ジャージー・ショアは評判が悪いかもしれませんね。

  • but its most redeeming quality is quite possibly

    しかし、この作品の最も優れた点は、おそらく

  • its saltwater taffy.

    その塩水飴。

  • It's an old-school carnival snack

    昔ながらのカーニバルのお菓子です

  • that became popular in the late 1800s.

    1800年代後半に普及した。

  • Recipes that combined molasses or sugar, water, and butter

    糖蜜または砂糖、水、バターを組み合わせたレシピ

  • were transformed into gummy ropes

    がグミに変身した

  • that were pulled by partners at each end.

    を、両端にあるパートナーが引っ張る。

  • Founded in 1898, Shriver's Salt Water Taffy

    1898年創業の「シュライバーズ・ソルトウォーター・タフィー」は

  • is the oldest business on the boardwalk in Ocean City.

    は、オーシャンシティのボードウォークで最も古いビジネスです。

  • Meryl: This is the taffy-cooking machine.

    メリル:これがタフィーを作る機械です。

  • I wish it had a more glamorous name, but it doesn't.

    もっと華やかな名前があればいいのですが、そうもいきません。

  • Medha: Candymakers add ingredients

    メダキャンディメーカーが素材を追加

  • such as invert sugar, corn syrup,

    転化糖、コーンシロップなど。

  • and fats like butter to a copper kettle

    と、銅のやかんにバターのように脂肪をつける

  • and cook them at a temperature of 250 degrees.

    を使い、250度の温度で調理する。

  • Medha: Once the mixture is warm enough,

    メドハ。十分に温まったら

  • it is sucked through a pipe and dropped into a lower bin.

    パイプで吸引され、下のビンに落とされます。

  • Meryl: Our saltwater taffy comes in three different bases.

    メリル:ソルトウォータータフィーは3種類のベースがあります。

  • One's chocolate; molasses will make peanut butter;

    一つはチョコレート。黒蜜はピーナッツバターになる。

  • and our plain flavors are the big array.

    と、プレーンなフレーバーが大集合です。

  • Orange, grape, banana.

    オレンジ、グレープ、バナナ

  • When saltwater taffy is poured from the cooking machine,

    塩水飴を調理機から流し込むとき。

  • we would never be able to touch it like this.

    このままでは絶対に触ることができない。

  • Medha: No. Meryl: It would burn us.

    メドゥハ。メリル:火傷しちゃうわ。

  • Medha: To keep the taffy soft,

    メダです。飴の柔らかさを保つため。

  • it's moved to a hotbox.

    ホットボックスに移動しました。

  • You think that this is a fridge,

    これは冷蔵庫だと思うんですね。

  • but it's actually just, like, a warm, cozy sauna.

    でも、実際は、暖かくて居心地のいいサウナのようなものです。

  • Meryl: This is where we keep the taffy

    メリル:ここにタフィーを置いています。

  • after we cook it.

    調理後

  • If we didn't keep it warm, it would turn into a brick.

    保温しないと、レンガになっちゃうんですよ。

  • Medha: Oh, wow.

    メダです。おお、すごい。

  • So, right now, what temperatures are we at?

    では、今、気温は何度でしょうか?

  • Meryl: We're about at 95.

    メリル:私たちは95歳くらいです。

  • Medha: And what does it feel like right now?

    メダです。で、今はどんな感じなんですか?

  • Oh, wow.

    おお、すごい。

  • It's very soft.

    とても柔らかいんです。

  • Once the taffy is set,

    タフィーが固まったら

  • candymakers dump it onto a cooling table

    冷却台への投棄

  • and knead out any air bubbles.

    を加え、気泡が入らないように練り上げる。

  • Oh, it's so pretty.

    ああ、とてもきれいだ。

  • Meryl: This is a cooling table.

    メリル:これは冷却台です。

  • It's filled with cold water,

    冷たい水で満たされている。

  • and the taffy is warm,

    と飴が温かい。

  • so it helps the taffy

    だから、タフィーに役立つ

  • to cool off before we pull it.

    を冷ましてから引っ張る。

  • You know, it's sticky right now.

    今、ベタベタしてるじゃないですか。

  • If you were to put this in your mouth,

    もし、これを口に入れるとしたら。

  • it would stick to your teeth.

    歯にくっついちゃいますからね。

  • Medha: And is this a process

    メドハ。そして、これはプロセスなのでしょうか?

  • that people have used in the past?

    過去に使用されたことがあるのでしょうか?

  • The technique of having cold water running tables?

    冷たい水の流れるテーブルを持つ技術?

  • Meryl: Absolutely, yeah.

    メリル:もちろん、そうです。

  • Medha: Next, candymakers like Meryl

    メダです。次に、メリルさんのようなキャンディメーカーが

  • add citric acid to taffies that are fruit flavored.

    果実味のあるタフィーにクエン酸を加える。

  • So, citric acid.

    そこで、クエン酸。

  • Why is that important to put in for the lime flavor?

    なぜライムの風味を出すために入れることが重要なのでしょうか?

  • Meryl: Because it gives us the little tartness

    メリル:少し酸味が出るから。

  • that you would get if you were eating a lime.

    ライムを食べているようなものです。

  • And then we just kind of

    そして、私たちは、ただなんとなく

  • fold it over, Medha: I'll help you.

    折りたたんで、メダ手伝うわ

  • and it settles into itself.

    で、それ自体に落ち着く。

  • The machine operator,

    機械オペレーターのことです。

  • they have a particular feel for when it's ready.

    という感覚を持っています。

  • Medha: So this is the color, not the flavor?

    メダです。これは色であって、味ではないのですね。

  • Meryl: This is just the color.

    メリル:これはまさに色ですね。

  • Medha: And why don't you add the flavor

    メドハ。そして、なぜ味を加えないのか

  • on this stuff, and why just the color?

    なぜ色だけなのか?

  • Meryl: Because the process of pulling it

    メリル:なぜなら、それを引っ張るという作業は

  • allows the flavor to spread more consistently

    を使用することで、より安定した味の広がりが得られます。

  • throughout the piece of taffy.

    タフィーの一部分に

  • So, you need to have some muscle

    だから、ある程度の筋肉が必要

  • to work this job a little,

    この仕事を少しでもこなすために

  • just to make it consistent.

    ただ、一貫性を持たせるために

  • They'll take the piece, and they'll flip it.

    彼らは作品を手に取り、それをひっくり返すのです。

  • Medha: Oh, my God.

    メダです。なんてことでしょう

  • Meryl: So, this is 50 pounds.

    メリル:では、これは50ポンドですね。

  • Medha: Do you mind if I try this one?

    メダです。これを試してみてもいいですか?

  • Should I turn this one over?

    これはひっくり返した方がいいのか?

  • [yells]

    [怒号]

  • [laughs]

    (山里)いやいやいやいやいや

  • This is a battle between taffy and me,

    これはタフィと私の戦いです。

  • and I have lost.

    と負けました。

  • Show them what you do,

    自分の仕事を見せる。

  • and then show themlook how

    そして、「ほら、こうだよ」と見せてあげる。

  • he just does it so quick.

    ただ、そのスピードが速いんです。

  • Casual. Just casual.

    カジュアルに。カジュアルでいいんです

  • Now for the most important part: the taffy pulling.

    さて、肝心のタフィーの引き方ですが。

  • Historically, candymakers would pull the taffy

    歴史的には、キャンディメーカーがタフィーを引いていました。

  • by hand with the assistance of a hook.

    を、フックを使って手作業で行う。

  • These days, the taffy is stretched with machines.

    最近では、飴を機械で伸ばしています。

  • Meryl: This process is also adding air

    メリル:このプロセスでは、空気も加えています。

  • to the saltwater taffy,

    を塩水飴にする。

  • and he's adding the flavor right now.

    と、今まさに味を足しているところです。

  • Medha: What flavor is that?

    メダです。それは何味ですか?

  • Meryl: That's going to be strawberry.

    メリル:それはストロベリーになりますね。

  • And as you can see,

    そして、ご覧の通りです。

  • it really allows for the flavor to get mixed in.

    を使うと、味がよくなじむんです。

  • It really looks like something

    本当に何かに似ている

  • you just want to pull off and eat.

    と、思わず引き剥がして食べたくなる。

  • Medha: And I can already smell the lime flavor.

    メダです。そして、もうライムの香りがするんです。

  • After the taffy is pulled,

    タフィーを引いた後。

  • it's headed for a batch roller.

    バッチローラーに向かう。

  • Here, the taffy is elongated and rolled into a log.

    ここでは、タフィーを細長くし、丸太状に巻いている。

  • OK. Speed walk? OK. Speed walk,

    OKスピードウォーク?いいよスピードウォークだ

  • speed walk, speed walk, speed walk, speed walk!

    スピードウォーク!スピードウォーク!スピードウォーク!スピードウォーク!。

  • Meryl: So, we're just taking the air bubbles

    メリル:だから、気泡を取るだけなんです。

  • out of the piece of taffy.

    タフィーの切れ端から

  • You kind of have to be quick about it.

    なんというか、手際がいいんですよね。

  • Medha: OK, that looks much harder than you make it seem.

    メダです。なるほど、思ったよりずっと難しそうですね。

  • This is actually pretty difficult

    これ、実は結構難しいんです

  • 'cause the tool itself is sticking into the taffy.

    道具そのものが飴に刺さっているからだ。

  • It's still chewy and sticky,

    やっぱりモチモチしてますね。

  • you can tell,

    がわかる。

  • but it is a little harder than it was on that table.

    が、あのテーブルの上より少し硬い。

  • Four mechanical rollers called sizers size the candy

    サイザーと呼ばれる4つの機械的なローラーでキャンディーをサイズ調整します。

  • down to get the rope of candy to a certain diameter.

    を下げて、お菓子のロープを一定の直径にします。

  • The taffy tapers down through a second set of sizers

    タフィーは2組目のサイザーを通して先細りになっていく

  • until it resembles a snake.

    蛇のようになるまで

  • The machine at Shriver's can cut, wrap,

    シュライバーの機械は、カット、ラッピングができます。

  • and seal about 300 to 400 pieces of taffy per minute.

    で、1分間に約300個から400個のタフィーを封入します。

  • Meryl: There's actually fingers

    メリル:実は指があるんです

  • that are closing the piece of taffy.

    タフィーの一部を閉じている。

  • Medha: Oh, right there! Right there, right there!

    メダです。ああ、そこよ! そこよ、そこよ!

  • The inner layer surrounding the taffy

    タフィーを包む内層

  • must be wax paper to maintain its soft texture

    は、柔らかい質感を維持するために、ワックスペーパーでなければなりません。

  • and deter the candy from sticking together.

    と、飴がくっつくのを抑止します。

  • Do you mind if I untwist this?

    これを解いてもいいですか?

  • Meryl: No, but you have to do it the right way.

    メリル:いいえ、でも正しい方法でやらなければなりません。

  • Medha: How do you do it the right way?

    メドハ。正しいやり方は?

  • Meryl: OK. So the right way to open a piece of taffy

    メリル:なるほど、タフィーの正しい開け方ですね。

  • is to pull both sides.

    は、両サイドを引っ張ることです。

  • There you go.

    これでよしとする。

  • And then we get

    そして、私たちは-を得る。

  • that's what we're looking for with a piece of taffy.

    というのが、タフィーの一粒に求められています。

  • Medha: Oh, amazing.

    メダです。おお、すごい。

  • So, you may be wondering,

    そこで、気になるのが

  • why the heck is it called saltwater taffy

    なんで塩水飴って言うんだろう

  • if there's no salt?

    塩がなければ?

  • The story goes like this.

    話はこうだ。

  • There was a man named Mr. Bradley

    ブラッドリーさんという人がいました。

  • who sold taffy from a stand on a beach.

    浜辺の屋台で飴を売っていた人。

  • One evening, the water came up and washed over his taffy.

    ある晩、水が上がってきて、彼のタフィーの上に流れてきた。

  • He thought his taffy was ruined,

    タフィーがダメになったと思ったのだろう。

  • but a little girl approached him and asked

    しかし、小さな女の子が彼に近づき、こう尋ねた。

  • if she could have a piece of his saltwater taffy.

    塩水飴を食べることができます。

  • And since then, the name stuck.

    そして、それ以来、この名前は定着した。

  • Shriver's Salt Water Taffy went from having 17 flavors

    17種類あったShriver's Salt Water Taffyのフレーバー

  • to 60 flavors in the summertime,

    から夏場は60フレーバーまで。

  • which is their busiest season.

    というのも、この時期が一番忙しいからです。

  • So every single day

    だから、毎日毎日

  • you're going to get a fresh piece of taffy?

    飴の生焼けになるのか?

  • Meryl: Every single day we are making fresh taffy.

    メリル:毎日毎日、新鮮なタフィーを作っています。

  • Medha: What's your favorite?

    メドハ。好きなものは何ですか?

  • Meryl: My personal favorite? Medha: Yeah.

    メリル:個人的に好きなのは?メダです。そうですね

  • Meryl: They're all my favorite.

    メリル:どれもお気に入りです。

  • Medha: They're all? You don't have one?

    メダです。全部?1つもないんですか?

  • Meryl: I have one that I'm not crazy about,

    メリル:私は、気が乗らないものがあるんです。

  • but that's just because I'm not crazy about that flavor.

    が、それは私がその味に夢中になっていないだけです。

  • Medha: Which one? Meryl: I can't tell you.

    メダです。どれですか?メリル:言えないわ。

  • Medha: Is it grape?

    メダです。ブドウですか?

  • Meryl: Absolutely not! Everybody loves grape.

    メリル:絶対にダメです。みんなグレープが好きなんです。

  • Medha: Oh, wait, I hate grape, so.

    メダです。あ、ちょっと待って、私、ぶどうが嫌いなので。

  • Meryl: OK, so that's your one

    メリル:なるほど、それがあなたの1つのポイントなんですね。

  • that you're taking off the list?

    をリストから外すのですか?

  • Medha: Sour apple, bubblegum.

    メダ。サワーアップル、バブルガム。

  • I don't know which one I want the most.

    どれが一番欲しいかわからない。

  • Meryl: That's the whole idea, right?

    メリル:そういうことですよね。