Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Is the cosmetics industry about to get a makeover?

    化粧品業界が生まれ変わろうとしているのでしょうか?

  • For centuries, it has exploited natural resources by extracting ingredients from animals and plants.

    何世紀にもわたって、動物や植物から成分を抽出し、天然資源を利用してきました。

  • If you were to turn over one of the bottles that are probably in your bathroom, 8 out of 10 of each of the ingredients would be sourced through unsustainable methods.

    もし、あなたのバスルームにあるであろうボトルを1つめくってみると、それぞれの成分の10分の8は持続不可能な方法で調達されたものであることがわかるでしょう。

  • But with consumers now demanding more sustainable and ethical products...

    しかし、消費者がより持続可能で倫理的な製品を求めるようになった今、...

  • I'll be sharing those brands that are truly, truly, truly cruelty free.

    今回は、本当に本当に本当にクルエルティフリーなブランドをご紹介します。

  • ... could gene editing technology help the industry to clean up its act?

    ...遺伝子編集技術は、業界の自浄作用に役立つのでしょうか?

  • We're gonna be able to produce molecules that are better for the environment than getting them from their natural source.

    自然界から得るよりも環境に良い分子を生産できるようになるのです。

  • And could this ultimately make cosmetics cheaper?

    そして、これが最終的に化粧品を安くすることにつながるのではないでしょうか?

  • (Could cosmetics get a makeover?)

    (化粧品が生まれ変わるかも?)

  • Sharksat the top of the marine food chain, they have few natural predators,

    サメ⏤海洋の食物連鎖の頂点にあり、天敵がほとんどいませんし、

  • except humans, who have hunted them for the plentiful supply of an oil they produce in rich quantities called "squalene".

    スクアレンと呼ばれる油脂を大量に生産するため、人間を除いては狩猟されてきました。

  • Squalene, which is commonly turned into a chemical called "squalane", is a key ingredient in skincare products.

    スクワレンは、一般に「スクワラン」という化学物質に変化し、スキンケア製品の重要な成分として使用されています。

  • Squalane is a chemical that has been used in the cosmetics industry for decades.

    スクワランは、何十年も前から化粧品業界で使用されている化学物質です。

  • If you've used sunscreen or if you've used moisturizer, chances are pretty good that that product contains squalane.

    日焼け止めを使ったことがある人、保湿剤を使ったことがある人なら、その製品にスクワランが含まれている可能性はかなり高いでしょう。

  • There are no official figures for how many sharks have been killed annually in order to harvest their precious oil, but it's believed to be in the millions.

    貴重な油を採取するために、年間何匹のサメが殺されてきたか、公式な数字はないが、数百万匹に上ると考えられています。

  • But one company has found a way to reduce this degradation of the oceans.

    しかし、この海の劣化を抑える方法を見つけた企業があります。

  • And it says this is a game changer for the whole industry.

    そして、これは業界全体のゲームチェンジャーであると書かれています。

  • Let's assume that there's about 10 grams per liter of squalene introduced at this very moment.

    今この瞬間に1リットルあたり約10gのスクアレンが導入されていると仮定しましょう。

  • Sunil Chandran is a scientist at Californian biotech company, Amyris.

    スニル・チャンドランは、カリフォルニアのバイオテクノロジー企業、エイミリス社の科学者です。

  • Amyris says it now supplies the majority of the world's squalane, all of it made in a lab, without any shark involvement.

    エイミリス社によると、現在、世界のスクワランの大部分を供給しており、そのすべてがサメを介さずに研究所で製造されているといいます。

  • Worldwide, there's anywhere from, you know, 2,500 to 4,000 metric tons of squalane that's produced.

    世界では、2,500〜4,000トンのスクワランが生産されているそうです。

  • Today, using the Amyris technology, we are right up supplying a little more than 2,000 metric tons.

    現在、エイミリス社の技術を使って、2,000トンを少し超える量を供給できるようになりました。

  • And they're doing it with the latest in gene editing technology, using a field of science called "synthetic biology".

    そして、「合成生物学」と呼ばれる科学分野を用いて、最新の遺伝子編集技術でそれを行っているのです。

  • Cosmetics brands have often used science to promote their products.

    化粧品ブランドは、製品の販売促進のためにしばしば科学を利用してきました。

  • Here comes the science bit. Concentrate.

    ここからが科学的な話です。集中していきます。

  • And in this case, the science is impressive.

    そしてこの場合、科学的な根拠があることが印象的です。

  • Take the shark, which produces squalene in its liver using special proteins called "enzymes".

    例えば、サメは肝臓で「酵素」と呼ばれる特殊なタンパク質を用いてスクアレンを生産しています。

  • Scientists are able to identify which of the shark's genes are responsible for producing those enzymes.

    科学者たちは、サメのどの遺伝子がその酵素の生産を担っているのかを特定することができます。

  • Using the latest gene editing technology, they take a microbe, which is a tiny organism with the ability to self replicate, and break open its genome.

    最新の遺伝子編集技術を使って自己複製能力を持つ微小な生物である微生物を採取し、ゲノムを切り開くのです。

  • Scientists insert the genetic code of the enzymes into the microbe, which is often yeast.

    科学者たちは、酵素の遺伝コードを微生物(多くは酵母)に挿入します。

  • The yeast is placed in a fermentation vat and fed with sugar and other ingredients to fuel cell division and produce squalene or another molecule called "farnesyn".

    酵母を発酵槽に入れ、砂糖などを与えて細胞分裂を促し、スクワレンやアデノシンという別の分子を生成させます。

  • Sugar is used as the main energy source to fuel this reaction and the process has less environmental impact on the natural world than hunting sharks.

    この反応の燃料となる主なエネルギー源として砂糖が使われており、サメを捕獲するよりも自然界への環境負荷が少ないプロセスとなっています。

  • We can actually replace the production of all the squalene in the world.

    実は、世界中のスクワレンの生産量を置き換えることができるんです。

  • We can replace three million sharks that are killed by using sugar cane that's grown on one square kilometer of land. That's it.

    1平方キロメートルの土地で栽培されたサトウキビを使うことで、殺される300万匹のサメの代わりにすることができます。これだけです。

  • Since 2011, Amyris has been selling squalane to some of the biggest cosmetics companies in the world as well as in their own luxury brand, Biossance.

    2011年以降、Amyris はスクワランを世界の大手化粧品会社に販売するとともに、自社の高級ブランド「Biossance」にも採用しています。

  • Squalane has become an increasingly popular and well-known ingredient in skincare today, endorsed by celebrities and influencers alike.

    スクワランは、セレブリティやインフルエンサーに支持され、今日ますます人気の高い、有名なスキンケア成分となっています。

  • My favorite squalane omega repair moisturizer.

    お気に入りのスクワランオメガリペアモイスチャーです。

  • Squalene is just one of many ingredients used in the cosmetics industry which are extracted from animals.

    スクワレンは、化粧品業界で使用される多くの成分のうち、動物から抽出されたもののひとつに過ぎません。

  • Face masks using collagen from cows, shampoos using keratin source from sheep, eye shadow colors from farmed crushed beetles...

    牛のコラーゲンを使ったフェイスマスク、羊のケラチン由来のシャンプー、養殖のカブトムシをつぶしたアイシャドウの色...。

  • Consumers increasingly say they don't want animal-derived products.

    動物由来の製品はいらないという消費者が増えています。

  • In the last decade or so, consumers have started becoming more aware of where the ingredients in the cosmetics are being sourced from,

    この10年ほどで、消費者は化粧品の原料がどこから調達されているかを意識するようになり、

  • and they are starting to demand that their products be animal-free, be ethically sourced, be sustainable.

    そして、動物性食品を含まないこと、倫理的な調達、持続可能性を求めるようになってきています。

  • Gene editing technology has the potential to replace all of these animal-derived ingredients.

    遺伝子編集技術は、これらの動物由来原料をすべて代替できる可能性を持っています。

  • Some brands have moved away from animal sourcing and replaced ingredients such as fats with alternatives made from petrochemicals.

    一部のブランドは、動物性原料の調達から脱却し、油脂などの原料を石油化学製品から作られる代替品に置き換えています。

  • But many consumers don't like this, either, and are looking for so-called "natural" alternatives.

    しかし、多くの消費者はこれをも好まず、いわゆる「ナチュラル」な代替品を探しています。

  • It means there's more pressure to find plant-based alternatives, and that brings more environmental problems.

    つまり、植物由来の代替品を探す圧力が高まり、より多くの環境問題をもたらすことになるのです。

  • Take rose oil, which is used in perfumes.

    香水に使われるローズオイルを例にしましょう。

  • It takes around 200,000 petals to make five milliliters.

    5mlを作るのに、約20万枚の花びらが必要です。

  • So that's not only a significant volume of roses that need to be grown,

    つまり、バラを栽培するためには、かなりの量が必要であるが、

  • but think about the land usage and the water usage that comes along with it, which has become increasingly problematic with the changing climate.

    けれども、気候の変化でますます問題になっている土地の利用やそれに伴う水の利用を考えてみてください。

  • That's not the only problem in harvesting plants.

    植物を収穫する際の問題はそれだけではありません。

  • Trees cut down for their perfumed wood are facing extinction.

    香木として伐採された木は、絶滅の危機に瀕しています。

  • Wildflowers are at risk.

    野草が危機にさらされています。

  • And most modern cosmetics contain palm oil, which is a major driver of deforestation.

    そして、現代の化粧品のほとんどには森林破壊の主な原因となるパーム油が含まれています。

  • I think people think about plants as a very nature-friendly way of making ingredients, but actually, that's turning out not to be the case.

    植物というと、とても自然にやさしい食材というイメージがあると思うのですが、実はそうではないことが分かってきています。

  • So, could gene editing technology help to reduce the cosmetic industry's dependence on plants as well as animals?

    では、遺伝子編集技術は、動物だけでなく植物に依存する化粧品産業を減らすのに役立つのでしょうか?

  • Yes, say some scientists who argue that synthesizing ingredients currently made from plant ingredients will make the industry more sustainable and environmentally responsible.

    そうです。現在、植物原料で作られている成分を合成することで、より持続可能で環境に配慮した産業になると主張する科学者がいるのです。

  • What we see is the cosmetic industry is growing pretty substantially and that means that we need to have environmentally-friendly sources for these molecules,

    化粧品産業は大きく成長しており、環境にやさしい原料が必要になってきていますし、

  • and biosynthesis is an environmentally-friendly way to derive many of these molecules.

    それに、生合成はこれらの分子の多くを得ることができる環境に優しい方法です。

  • Instead of growing, for example, roses on a significant plot of land that requires a lot of energy to maintain and a lot of water,

    例えば、維持するために多くのエネルギーと多くの水を必要とする土地の重要な区画でバラを育てる代わりに、

  • What you can do is, you can design a microbe that can effectively produce that same type of material

    そこで、二酸化炭素を排出せず、土地も水もエネルギーも使わずに、同じ種類の物質を効率的に生産できる微生物を設計することができます。

  • without the carbon footprint, without needing that much land, without needing that much water, and without needing that much energy.

    二酸化炭素を排出せず、多くの土地、多くの水、多くのエネルギーを必要としません。

  • But are these claims to reduce dependence on plants and animals something of a good marketing story for the cosmetics industry which causes more environmental damage in other ways?

    しかし、植物や動物への依存を減らすという主張は、他の方法でより多くの環境破壊を引き起こす化粧品業界にとって、何か良いマーケティングストーリーなのだろうか?

  • 120 billion units of single-use packaging are created by the cosmetics industry every year.

    化粧品業界では、毎年1,200億個の使い捨て包装が生み出されています。

  • Almost 9 in 10 products from major brands contain microplastics.

    主要ブランドの製品の10個に9個近くがマイクロプラスチックを含んでいます。

  • Here again, some biotech companies say technology could be the answerby engineering microbes which can break down plastics.

    ここでもまた、バイオテクノロジー企業が、プラスチックを分解する微生物を操作することで解決できるかもしれないと言っています。

  • Every waste product that is out there, there is a microbe that uses that as a food source.

    世の中にあるすべての廃棄物には、それを餌にする微生物がいます。

  • So, it is really interesting to think about designing microbes or finding microbes that can help us break down plastics and also not be causing harmful effects in our environment.

    ですから、プラスチックの分解を助け、かつ環境に悪影響を与えないような微生物をデザインしたり、見つけたりすることは、本当に面白いことです。

  • Of the total ingredients used in the global cosmetics market, it's estimated around 10% are produced from gene-edited microbes.

    世界の化粧品市場で使用されている全成分のうち、約10%が遺伝子編集された微生物から生産されていると言われています。

  • But could that figure increase?

    しかし、その数字が増える可能性はあるのでしょうか?

  • Here in the lab of biotech company Ginkgo, Jason Kelly's team have signed multi-million-dollar deals with some of the world's leading fragrance companies to develop perfumes from gene-edited microbes.

    ここ、バイオテクノロジー企業イチョウの研究室では、ジェイソン・ケリーのチームが、遺伝子編集された微生物から香水を開発するために、世界有数の香料会社と数百万ドル規模の契約を結んでいます。

  • What you're looking at here is each one of those little jars is a small brewery, it's a little... it's what we call a fermenter.

    この小さな瓶のひとつひとつが、小さな醸造所であり、小さな...発酵槽と呼ばれるものです。

  • But think of it like a very small brewery.

    でも、とても小さな醸造所のようなものだと考えてください。

  • But despite interest from big brands, the multi-billion-dollar question is: Will perfumes made using gene editing become the norm in beauty aisles?

    しかし、大手ブランドからの関心はあるものの、数十億ドル規模の問題は、遺伝子編集を利用して作られた香水が美容売り場に並ぶのが当たり前になるのかということです。

  • That may depend on whether scientists can design microbes to produce large enough quantities of the required ingredient.

    それは、必要な成分を大量に生産する微生物を設計できるかどうかにかかっているのかもしれません。

  • Once you've got a strain and you've put the DNA in to have it make one of these products, you're not actually done, right?

    一旦、菌株を入手し、DNA を投入して製品を作らせたとしても、実はまだ終わっていないんですね。

  • What you need to do is then figure out the best way to grow it.

    必要なのは、その上で最適な育て方を考えることです。

  • Scientists must tinker with the microbe's metabolism and its newly-inserted DNA to see how efficiently it's producing the desired molecules.

    科学者は、微生物の代謝と新しく挿入されたDNAをいじって、目的の分子をどれだけ効率的に生産しているかを確認する必要があります。

  • It's a process that can take months or even years, but it's become quicker and more commercially viable as gene editing technology has become more affordable.

    数カ月から数年かかる作業ですが、遺伝子編集技術が安価になったことで、より早く、より商業的に実現できるようになりました。

  • So, I know it's loud in here, but that's the sound of DNA being read on a machine like one of these DNA sequencers.

    ですから、大きな音ですが、これは DNA シーケンサのような機械で DNA を読み取る音です。

  • We can actually look at the genomes of thousands of bacterial cells in one single run.

    実際に数千のバクテリアのゲノムを一度に見ることができるのです。

  • It's really incredible, like, if you look at how this technology has improved over the last 10 years, it's almost a million-fold cost-reduction in reading DNA.

    この10年間でこの技術がどのように進歩したかというと、DNA    を読み取るコストが100万分の1になったというのですから、本当にすごいことです。

  • Currently, it can take between 6 months to 3 years to find the right combination of conditions for the microbes to flourish.

    現在、微生物が繁殖するのに適した条件の組み合わせを見つけるには、半年から3年かかると言われています。

  • But the low cost of sequencing enables companies like Jason's to keep trying new versions.

    しかし、シーケンサーが安価であるため、ジェイソンのような会社は新しいバージョンを試し続けることができるのです。

  • And this low cost means savings could be passed on to the brands.

    そして、この低コストは、節約分をブランドに還元できることを意味します。

  • If we're replacing an ingredient, like, you currently extract a molecule from a plant, for example, for fragrance or something like that,

    成分を置き換えるのであれば、例えば、現在、香料のために植物から分子を抽出しているとかそういうことで、

  • you know, often, a customer will be trying to see something like a 50% lower cost of goods by production via fermentation compared to the old process.

    お客さまは、旧来の製法に比べ、発酵による生産で商品のコストを50%削減するようなことをお望みの場合が多いでしょう。

  • And there is another reason why gene-edited products may become more prevalent and commercially viable in the cosmetics world.

    そして、遺伝子編集された製品が化粧品の世界で普及し、商品化される可能性がある理由はもう一つあります。

  • Light-touch regulation.

    ライトタッチレギュレーションを採用したことです。

  • Unlike industries such as pharmaceuticals, regulations in America for cosmetics allow scientists comparative freedom to experiment with gene-edited ingredients.

    アメリカの化粧品業界は、医薬品などの業界とは異なり、科学者が遺伝子編集された成分を実験する自由を比較的認めています。

  • I think that the cosmetics sit in kind of a sweet spot where the regulatory risk is lower than for pharmaceuticals,

    化粧品は、医薬品よりも規制リスクが低いスイートスポットに位置していると思いますし、

  • and the value of the molecule is higher than it is, say, for commodity chemicals like plastics or biofuels.

    それに、その分子の価値は、例えばプラスチックやバイオ燃料のような汎用化学品よりも高くなります。

  • And in the EU, which has some of the strictest laws around genetically-modified products, cosmetics companies can take advantage of a distinction regulators see as crucial.

    また、遺伝子組み換え製品に関する最も厳しい法律を持つ EU では、化粧品会社は、規制当局が重要視している区別を利用することができます。

  • The organism that is designed, that is modified is used to make the ingredient, but the ingredient itself is not what is referred to as genetically modified.

    設計された、つまり改変された生物は、成分を作るために使われますが、成分そのものは、遺伝子組み換えと呼ばれるものではありません。

  • So, an ingredient that is produced through a genetically-modified organism might be nature-identical and effectively impossible to differentiate.

    つまり、遺伝子組み換えによって作られた成分は、自然界と同一であり、事実上区別がつかない可能性があるのです。

  • It might even be safer than traditional plant-based or animal-based sourcing methods.

    従来の植物由来や動物由来の調達方法よりも、安全性が高いかもしれません。

  • It looks like synthetic biology could be good news for the cosmetics industry,

    合成生物学は、化粧品業界にとって朗報となりそうですが、

  • but cosmetics might also be a lifesaver for the synthetic biology industry.

    けれども、化粧品は、合成生物学業界にとっても救世主となるかもしれません。

  • In 2021, companies in this sector saw their value crash as they struggled to find a market for their technologies in areas such as biofuels.

    2021年、この分野の企業は、バイオ燃料などの分野で自社技術の市場を見つけるのに苦労し、企業価値が暴落しました。

  • And what also excites some scientists in this field is the possibility of sourcing previously inaccessible molecules and creating brand-new products.

    また、この分野の科学者の中には、これまでアクセスできなかった分子を調達し、まったく新しい製品を生み出す可能性があることに興奮を覚える人もいます。

  • I think the future is very bright for this technology.

    この技術の将来性は非常に高いと思います。

  • I think that we're gonna be able to produce nearly every molecule in cosmetics using this technology, and not only that, we're gonna have molecules that you can't currently get in cosmetics.

    この技術を使って、化粧品に含まれるほぼすべての分子を生産できるようになると思いますし、それだけでなく、現在化粧品で手に入らないような分子も手に入れられるようになるはずです。

  • What will be possible once we start tapping into other natural molecules that we haven't even been able to play with yet?

    まだ遊んですらいない他の天然分子を利用し始めたら、どんなことが可能になるのでしょうか?

  • I'm Alok Jha, science correspondent at "The Economist".

    エコノミスト誌の科学特派員、アレック・ジャーズです。

  • To read more on this topic, please click on the link.

    このトピックの続きを読むには、リンクをクリックしてください。

  • Thanks for watching, and please don't forget to subscribe.

    ご視聴ありがとうございました。そして、購読を忘れないでください。

Is the cosmetics industry about to get a makeover?

化粧品業界が生まれ変わろうとしているのでしょうか?

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B2 中上級 日本語

【エコノミスト】遺伝子編集技術が化粧品のコストを大幅に下げる?

  • 4806 214
    林宜悉 に公開 2022 年 07 月 18 日
動画の中の単語