Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • This is one of my favorite Spider Man scenes of all time.

    スパイダーマンの中で一番好きなシーンの1つです。

  • I love the way the suit ripples in the wind. I love the crazy angles. I love the music.

    スーツが風になびく様子も、おかしなアングルも、音楽も好きです。

  • And how Andrew Garfield's Spider Man waits until the absolute last second before shooting a web.

    そして、アンドリュー・ガーフィールド演じるスパイダーマンが、最後の1秒までウェブを放つのを待つ様子。

  • It's the epitome of Spider Man .

    スパイダーマンの真骨頂です。

  • But of course, we're not really seeing Andrew Garfield here.

    しかし、もちろん、ここでアンドリュー・ガーフィールドを実際に見ることはできません。

  • This is a "digidouble," a fully digital version of the character.

    これは、キャラクターを完全デジタル化した「デジダブル」です。

  • In fact, this whole scene is digital.

    実は、このシーンはすべてデジタルなんです。

  • Obviously, right?

    明らかに、そうですよね?

  • A real person couldn't do this.

    本物の人間にはこんなことはできません。

  • Digital doubles aren't just used for impossible action sequences, though.

    デジタル・ダブルは、不可能なアクション・シーンにだけ使われるわけではありません。

  • Take these three clips of Spider Man.

    スパイダーマンの3つのクリップを例にとります。

  • First is from the original Spider Man from 2002.

    1つ目は、2002年の初代『スパイダーマン』からです。

  • Second is Spidey's first appearance in the MCU in 2016's "Captain America: Civil War."

    2つ目は、2016年の『キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー』でスパイディがMCUに初登場したことです。

  • Third is Spidey surrounded by drones in the Illusion sequence in 2019's "Far From Home."

    3つ目は、2019年公開の「Far From Home」のイリュージョンシークエンスでドローンに囲まれるスパイディです。

  • Can you guess which on is filmed with an actor and which one is a digidouble?

    どれが俳優と一緒に撮影したもので、どれがデジタルのものか、わかりますか?

  • Okay, it's kind of a trick question.

    さて、ちょっとひっかけ問題なんですが。

  • None of these are real people.

    どれも実在の人物ではありません。

  • They're all digidoubles.

    全部デジダブルなんです。

  • In fact, a ton of superheroes are just digital replacements, even in the most mundane scenes.

    実際、スーパーヒーローのトンデモない姿は、ありふれたシーンでもデジタルの代用品に過ぎません。

  • But, why?

    でも、なぜ?

  • Superhero movies and digidoubles have always paired well together.

    スーパーヒーロー映画とデジタルの組み合わせは、昔から相性がいいんです。

  • And not just because of the stunts.

    スタントがあるからというだけではありません。

  • It's because of the costumes and the masks.

    衣装とマスクのおかげです。

  • Now might be time to admit that I'm a little bit of a Spider Man fan.

    今こそ、私がスパイダーマンのファンであることを認める時かもしれません。

  • Anyway, replicating a fabric or metallic costume is way easier than replicating skin or a human face, which gives the effects artists a lot of leeway.

    とにかく、布や金属製の衣装は、皮膚や人間の顔を再現するよりもはるかに簡単なので、エフェクトアーティストには大きな余裕があるのです。

  • They can mix real and digital elements for maximum realism.

    リアルとデジタルの要素をミックスして、最大限のリアルさを追求することができるのです。

  • Like keeping a bit of an actor's face and replacing everything else digitally, like in this scene from "Spider Man."

    例えば、『スパイダーマン』のこのシーンのように、俳優の顔を少し残して、それ以外はすべてデジタルで置き換えるということです。

  • Or maybe they just replace everything from the neck down, like with Iron Man, and then they add a digidouble of War Machine next to him.

    あるいは、アイアンマンのように首から下を全部取り替えて、その横にウォーマシンのデジダブルを追加するのかもしれません。

  • Or maybe they'll just replace everything from the ankle down to create toes worthy of a super soldier.

    あるいは、足首から下をすべて取り替えて、超人兵士にふさわしいつま先を作るのかもしれません。

  • Okay, that one is a little less common, but more often than not, they'll cut from a real actor on film to a digital recreation without too much friction.

    しかし、フィルム上の本物の俳優とデジタルで再現された俳優が、それほど大きな摩擦もなく切り替わることはよくあることです。

  • And, while some of these digital replacements are planned from the beginning, sometimes they're not.

    また、このようなデジタル交換は最初から計画されているものもありますが、そうでない場合もあります。

  • Which is what happened with Spider Man's first appearance in the MCU.

    スパイダーマンが初めてMCUに登場した時もそうでした。

  • He was a digidouble in every shot.

    すべてのショットでデジダブルでした。

  • Both when he's swinging around Giantman's legs and when he's just standing there, talking.

    ジャイアントマンの足を振り回しているときも、ただ立って話しているときもです。

  • That's because he almost wasn't in "Captain America: Civil War" due to lengthy negotiations between Sony and Marvel about how to share the web-slinger.

    というのも、彼は「キャプテン・アメリカ」にほとんど出演していなかったからです。シビル・ウォー』では、ウェブ・スリンガーの起用法についてソニーとマーベルの間で長時間の交渉が行われたためです。

  • Tom Holland wasn't even cast until June of 2015, a month after filming began.

    トム・ホランドがキャスティングされたのは、撮影が始まって1カ月後の2015年6月でした。

  • So once he was confirmed, there was a huge rush to get him in the movie, as Holland explains on "Live with Kelly and Ryan."

    だから、彼の出演が決まると、大急ぎで出演を決めたと、ホランドは「Live with Kelly and Ryan」で説明しています。

  • The suits typically take 10 to 15 weeks to make, right, and they didn't have enough time to make one for me.

    通常、スーツは10週間から15週間かけて作られるものですよね。

  • So, I was gonna wear my stunt double's one.

    だから、スタントダブルのものを着ようと思ったんです。

  • What he ended up wearing on set, which you can see in this behind-the-scenes footage, was not finalized by the costume department, which is where the digidouble comes in.

    この舞台裏の映像で見ることができる、彼が撮影現場で着ることになったものは、衣装部門が最終的に決定したものではなく、そこでデジダブルの出番となったのです。

  • VFX artists changed his entire costume in post; none of the final version is real fabric.

    VFX アーティストがポストで衣装全体を変更したため、最終的に本物の布は一つもありません。

  • And it's different from the suit worn on set, too.

    しかも、撮影現場で着ているスーツとも違うんですよ。

  • You can see that the spider symbol on the chest is refined and the webbing across the body isn't raised like previous renditions of the suit.

    胸元の蜘蛛のマークが洗練され、身頃の蜘蛛の巣もこれまでのように盛り上がっていないのがわかります。

  • It's stitched in and more subtle.

    ステッチが入っていて、より繊細な仕上がりになっています。

  • Holland did some motion capture for the scenesbut that was just the base of the digital double.

    ホランドはシーンのモーションキャプチャーを行いましたが、それはあくまでデジタルダブルのベースです。

  • Animators had to clean it up and push it further with the new digital suit.

    アニメーターは、それをクリーンアップし、新しいデジタルスーツでさらに押し進める必要がありました。

  • Animators like, kind of, take things and they like to exaggerate movement.

    アニメーターは、なんというか、物事を捉えて、動きを誇張するのが好きなんです。

  • And sometimes, it's what feels right, you know, not what is rightespecially for superheroes.

    特にスーパーヒーローの場合、何が正しいかではなく、何が正しいと感じるかであることもあります。人間にはできないような大げさな動きが必要なこともあります。

  • You may want more exaggerated movement that a human cannot do.

  • Lon Molnar is the Co-president of the VFX company──Monsters Aliens Robots and Zombies.

    VFX会社「Monsters Aliens Robots and Zombies」の共同代表を務めるLon Molnar氏です。

  • They worked on full CG versions of "Vision" and "Moonknight," as well as de-aging for the villains in "Spider-Man: No Way Home."

    ヴィジョンやムーンナイトのフルCG化、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の悪役のディエイジングなどを手掛けました。

  • Hello, Peter.

    やぁ、ピーター。

  • Even when motion capture is involved, VFX artists still consider characters to be digidoubles.

    モーションキャプチャーを使う場合でも、VFXアーティストはキャラクターをデジタルのように考えています。

  • In our sense, in our worldit is a digidouble still, because you're recreating everything digitally.

    我々の感覚では、我々の世界では、すべてをデジタルで再現しているわけですから、デジダブルスチルなんです。

  • You're relighting the suit, you're re-composingyou're erasing the main performance.

    スーツに光を当てたり、構図を変えたり、メインの演技を消したり、撮影のすべてが私たちに引き継がれているのです。

  • Everything in the shot is taken over by us.

  • Costume issues come up all the time.

    衣装の問題は常につきまとうものです。

  • The timesuits from "Avengers: Endgame" weren't finalized until after everything was shot.

    『アベンジャーズ:エンドゲーム』のタイムスーツは、すべてが撮影された後まで最終決定していませんでした。

  • Neither was the integrated suit from "No Way Home."

    『ノー・ウェイ・ホーム』の一体型スーツもそうでした。

  • That's all iterating, iterating.

    マーベルは反復が大好きで、後から手を加えることで、よりスーパーヒーローらしくなるんですね。

  • Marvel loves to iterate, and tweaks after the fact just make it look more superheroish, right?

  • And looking superheroish is another big reason for digidoubles.

    そして、スーパーヒーローっぽく見えることも、デジタルの大きな理由です。

  • As an animator myself, one of the things, traditionally, that you learn is how strong posing is really important, that silhouette.

    私自身、アニメーターとして伝統的に学んできたことのひとつに、強いポージングがいかに重要か、あのシルエットがあるかということがあります。

  • In this scene from "Civil War" where Black Panther is also always a digidouble, you can see how, in the final version, the hands are moved out so that they don't blend into the body, and the body position is more upright.

    ブラックパンサーも常にデジダブルである『シビル・ウォー』のこのシーンでは、最終版では手が体になじまないように外に出し、体の位置もより直立しているのがわかりますね。

  • Digidoubles are even used to make superheroes look more like comic-book superheroes, as the VFX team on the first Iron Man describe.

    デジダブルは、初代『アイアンマン』のVFXチームが描いたように、スーパーヒーローをよりコミックに近い姿にするために使われることもあります。

  • We try to get what we've been calling a "Marvel moment," which is, sort of, you know...

    私たちは、「マーベル・モーメント」と呼んでいる、ある種の...そのようなものを得ようとしています。

  • Here, where he's really flying through the air, he's got his fist up.

    ...ここで、彼は...彼は本当に空中を飛んでいて、彼はこぶしを上げています...

  • They're trying to match maybe a comic book image, so the fans just...

    漫画のイメージに合わせようとするから、ファンはただ......。

  • Their heads explode and say,"That's that shot!"

    彼らは頭が爆発して、「あのショットだ!」と言うのです。

  • And, you know they want it to be perfect.

    そして、完璧であることを求めるのです。

  • And with a full CG replacement, they can... they can... they can hit that.

    そして、フルCGの交換で、彼らは...彼らは...彼らは、それを打つことができるのです。

  • Integrating digidoubles seamlessly can convince audiences that a regular human is super.

    デジダブルをシームレスに統合することで、普通の人間がスーパーであることを観客に納得させることができるのです。

  • That means that these live-action films are often way more animated than we give them credit for.

    つまり、これらの実写映画は、私たちが評価するよりもはるかに多くのアニメーションを含んでいることが多いのです。

  • According to the DVD extras on the film, 96% of all the shots making up "AvengersInfinity War" had some kind of VFX.

    本作のDVD特典によると、「アベンジャーズ」を構成する全ショットのうち96%が何らかのVFXを駆使しているとのことです。インフィニティ・ウォー』には何らかのVFXが使われています。

  • That's fairly common for Marvel.

    マーベルではかなり一般的なことです。

  • All of their movies have thousands and thousands of VFX shots, and those often include digidoubles.

    彼らの映画には、何千何万というVFXショットがあり、その中にはデジダブルも含まれていることが多いです。

  • This gives filmmakers the space and flexibility to get things exactly how they want them.

    このため、映画制作者は思い通りのものを作るためのスペースと柔軟性を手に入れることができるのです。

  • With Marvel, they're making it a tool in the toolbox to allow them to get over some of these challenges because they know that VFX companies can make things look so real.

    マーベルの場合、VFX 会社は物事をリアルに見せることができることを知っているので、こうした課題を克服するためのツールボックスの1つにしています。

  • So, it's a great tool for them to have full confidence in.

    だから、彼らにとっては全幅の信頼を置ける素晴らしいツールなのです。

This is one of my favorite Spider Man scenes of all time.

スパイダーマンの中で一番好きなシーンの1つです。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語

【映画トリビア】スパイダーマンスーツの中に役者はいない?!

  • 2145 78
    たらこ に公開 2022 年 07 月 08 日
動画の中の単語