Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • Russia has invaded Ukraine and many people - including doctors and other healthcare workers

    ロシアがウクライナに侵攻し、医師をはじめとする医療従事者を含む多くの人々が

  • - are worried about the possibility of a draft should things escalate to a global scale.

    - は、万が一、世界規模で事態がエスカレートした場合の徴兵制の可能性を懸念している。

  • If youre a nurse, resident, doctor, or another healthcare worker, should you be worried?

    看護師、研修医、医師、その他医療従事者の方、心配されることはありませんか?

  • How likely is a medical draft?

    メディカル・ドラフトの可能性は?

  • And if one were to occur, what would it look like?

    また、仮に発生した場合、どのような形になるのでしょうか。

  • Let’s talk about it.

    話してみよう。

  • Dr. Jubbal, MedSchoolInsiders.com.

    ジュバル博士、MedSchoolInsiders.com。

  • As the conflict between Russia and Ukraine continues to unfold, many are fearful that

    ロシアとウクライナの紛争が続く中、多くの人が恐れているのが

  • the situation will escalate into a multinational conflict.

    このままでは、多国間の紛争に発展してしまう。

  • Ukraine borders several NATO allies including Poland, Slovakia, Hungary, and Romania.

    ウクライナは、ポーランド、スロバキア、ハンガリー、ルーマニアなどNATOの同盟国と国境を接しています。

  • If Russia were to engage even one of these countries, then the US, France, Germany, UK,

    もしロシアがこれらの国と1つでも交戦することになれば、アメリカ、フランス、ドイツ、イギリス。

  • and the rest of the NATO allies would be forced to respond.

    と、NATOの他の同盟国は対応を迫られることになる。

  • The implications of such a global war could be catastrophic given the prevalence of nuclear

    核兵器の普及を考えると、このような世界規模の戦争は壊滅的な影響を与える可能性があります。

  • weapons.

    の武器になります。

  • The United States and Russia possess a combined total of over 13,000 nuclear warheads - which

    米国とロシアは合計で1万3000発以上の核弾頭を保有している。

  • is 90% of the estimated global inventory.

    は推定世界在庫の90%です。

  • Just one of these weapons has the potential to destroy a large city and kill millions

    これらの兵器は、たった1つで大都市を破壊し、何百万人もの命を奪う可能性がある。

  • of people.

    人の

  • The use of tens or hundreds of nuclear weapons has the potential to disrupt the global climate

    数十、数百の核兵器が使用されれば、地球の気候を破壊する可能性がある

  • the consequences of which would be immeasurable.

    - その結果は計り知れません。

  • As such, many are fearful that the situation in Ukraine has the potential to start a much

    このように、ウクライナ情勢は、世界的な金融危機を引き起こす可能性があると、多くの人が懸念しています。

  • larger conflict and involve many more countries.

    より大きな紛争、より多くの国を巻き込むことになります。

  • Today were going to discuss the history of the draft, what a medical draft would look

    本日は、ドラフトの歴史、医療用ドラフトとはどのようなものか

  • like, and how likely it is to happen.

    のように、どれくらいの確率で起こるのか。

  • Well focus primarily on the US but stick around to the end because well also cover

    ここでは、主に米国に焦点を当てますが、次のような内容も含まれていますので、最後までお付き合いください。

  • the United Kingdom, Canada, and India.

    英国、カナダ、インド

  • Conscription, more commonly known asthe draft,” is the mandatory enrollment of individuals

    徴兵制とは、一般に「徴兵」と呼ばれ、個人を強制的に登録させることです。

  • into the armed service.

    を武力行使する。

  • There have been several instances throughout American history where drafts have been used

    アメリカの歴史上、ドラフトが使われた例はいくつもあります。

  • including the Civil War, World War I, World War II, and more recently, the Vietnam War.

    南北戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦、そして近年ではベトナム戦争など。

  • The last draft in the US occurred in 1973 and the military has been voluntary enlistment

    米国では1973年に最後の徴兵が行われ、軍隊は自発的な入隊となっている

  • ever since.

    それ以来です。

  • That being said, the US government has continued to collect information on civilians who are

    とはいえ、アメリカ政府は、一般市民の情報収集を続けており

  • eligible to serve should the need arise.

    は、その必要性が生じた場合、奉仕する資格があります。

  • Today, every male between the ages of 18 and 25 is required to register for the Selective

    現在では、18歳から25歳までのすべての男性が選択制に登録することが義務付けられています。

  • Service System.

    サービス体制。

  • This creates a large database of individuals who can be called upon to serve in the event

    これにより、万が一の際に活躍できる人材の大規模なデータベースが構築されます

  • of a national emergency.

    国家非常事態の

  • If you are a male living in the United States, you were probably already aware of this as

    米国に住む男性であれば、すでに次のように認識していたのではないでしょうか。

  • you likely registered for Selective Services at the age of 18.

    18歳で選択式兵役に登録した可能性が高い。

  • What many people aren’t aware of, however, is that the US has standby plans developed

    しかし、多くの人が知らないのは、アメリカにはスタンバイ・プランが開発されているということです

  • by the Selective Service System to draft doctors, nurses, and other medical technicians into

    医師、看護師、その他の医療技術者を徴兵するための選択サービス制度によって

  • the military in the event of a national crisis.

    国家的な危機の際には、軍隊が必要です。

  • It is called the Health Care Personnel Delivery System, or HCPDS for short.

    これは、Health Care Personnel Delivery System、略してHCPDSと呼ばれています。

  • In previous wars, including WWII and the Vietnam war, doctors have been considered strategic

    第二次世界大戦やベトナム戦争など、これまでの戦争では、医師は戦略的な存在とみなされてきました

  • assets and had to participate in separate drafts - often with higher rates of selection.

    その結果、より高い倍率のドラフトに参加しなければならなくなった。

  • The HCPDS was designed in 1986 as a way to more quickly mobilize specialized healthcare

    HCPDSは、専門的な医療をより迅速に動員する方法として、1986年に設計されました。

  • personnel in the event that the military’s existing medical capabilities are insufficient

    軍の既存の医療能力が不十分な場合の人員確保

  • and there is a shortage of volunteers.

    で、ボランティアが不足している。

  • It was designed to be implemented in connection with a national mobilization and requires

    国家的な動員との関連で実施されるように設計されており、必要なのは

  • approval from both Congress and the President to enact.

    議会と大統領の両方から承認を得て、制定する。

  • If implemented, this would allow healthcare professionals between the ages of 20 and 45

    実施されれば、20歳から45歳までの医療従事者が対象となります。

  • to be drafted into the military - including women, unless otherwise directed by Congress

    議会が特に指示しない限り、女性も含めて徴兵されること。

  • or the President.

    または社長

  • In fact, some argue that it is very likely that women would be included in a medical

    実際、女性が医療に含まれる可能性は非常に高いという意見もあります。

  • draft given it would be difficult to get enough professionals within certain specialties without

    がなければ、特定の専門分野のプロフェッショナルを十分に確保することは困難であるため、ドラフトを作成しました。

  • them.

    ということです。

  • So even if you are outside of the age or gender requirements for a general draft through Selective

    そのため、選択制による一般徴兵の年齢や性別の条件から外れていても

  • Services, you still may be eligible for recruitment in a medical draft should the need ever arise.

    しかし、万が一そのような事態になった場合でも、医療用ドラフトに採用される可能性はあります。

  • If the HCPDS were enacted, the Selective Service System notes that they would be able to begin

    HCPDSが制定された場合、Selective Service Systemは、次のことを開始することができると指摘しています。

  • mass registration of healthcare workers across over 60 medical and related specialties in

    の60以上の医療および関連専門分野の医療従事者を一括登録。

  • as little as 2 weeks.

    最短で2週間

  • Since draftees would already be trained professionals, the training process would also be fairly

    また、ドラフト生はすでに訓練されたプロフェッショナルであるため、訓練過程もかなり簡素化される。

  • quick.

    クイック

  • If youre a healthcare worker, aged 20 through 45, and Congress authorizes a medical draft,

    20歳から45歳までの医療従事者で、議会が医療徴兵制を認可した場合。

  • you could be enlisted in a matter of a few months.

    数ヶ月で入隊できる。

  • So we know these standby plans exist, but how likely is the US government to actually

    このようなスタンバイプランが存在することは分かっているが、実際にアメリカ政府がどの程度の可能性があるのだろうか。

  • enact a medical draft?

    医療徴兵制の導入は?

  • To start, there would have to be a sufficient national emergency to warrant a medical draft.

    そもそも、医療徴兵を正当化するためには、十分な国家的緊急事態が発生しなければならない。

  • At the time of recording this video, the White House has made it clear that it is not interested

    このビデオを収録した時点では、ホワイトハウスは関心を持たないことを明らかにしています

  • in directly engaging with the Russian military.

    ロシア軍と直接交戦することで

  • Additionally, the approach by NATO at this time has been to influence the success of

    さらに、現時点でのNATOのアプローチは、その成功に影響を与えるような

  • Ukraine by providing support instead of getting directly involved.

    ウクライナは、直接関与するのではなく、支援することで成り立っています。

  • But even in the event that the US were to become involved in the conflict, there is

    しかし、仮にアメリカが紛争に巻き込まれたとしても、そこには

  • no guarantee that their involvement would warrant the use of a draft - medical or otherwise.

    その関与が、医療用であれ何であれ、ドラフトの使用を保証するものではありません。

  • We can talk hypotheticals all we want, but nobody can predict for certain how this situation

    仮定の話をするのは勝手だが、この状況がどうなるかは誰も確実に予測することはできない。

  • will pan out.

    はうまくいくでしょう。

  • As it stands, however, most Americans are strongly opposed to a military draft - nearly

    しかし、現状では、ほとんどのアメリカ人が徴兵制に強く反対している。

  • 80% according to a 2016 poll by Cornell University.

    コーネル大学による2016年の世論調査では80%。

  • To no surprise, most physicians and healthcare workers are also strongly opposed to a medical

    当然のことながら、ほとんどの医師や医療従事者も、医療に強く反対しています。

  • draft.

    ドラフト

  • When drafted, the needs of the military dictate when and where you are deployed.

    徴兵されると、軍の必要性から、いつ、どこに配属されるかが決まります。

  • You are sent where the military determines you are needed.

    軍が必要と判断した場所に派遣されるのです。

  • In addition, most physicians have been trained and equipped to deal with civilian medical

    さらに、ほとんどの医師は、民間医療に対応するための訓練と装備を備えています。

  • issues, not battlefield casualties.

    の問題であって、戦場での犠牲者ではない。

  • As such, many see engaging in war and militarism as contradictory to the Hippocratic oath they

    そのため、戦争や軍国主義に関与することは、ヒポクラテスの誓いと矛盾すると考える人が多いのです。

  • took when they became a doctor.

    を、医者になったときに撮りました。

  • Although the idea of a medical draft is wildly unpopular, the fact is that the military needs

    医療徴兵制の考え方は荒唐無稽だが、実際、軍隊には必要なことだ。

  • doctors during times of crisis and we are already experiencing significant shortages

    危機的な状況下で医師が不足し、すでに深刻な事態に陥っています。

  • in military physicians.

    軍医に。

  • A report from the Government Accountability Office warned that the Department of Defense

    政府説明責任局の報告書は、国防総省に警告を発しています。

  • is experiencing gaps between funded positions for military physicians and the number of

    は、軍医のための資金提供ポジションと、軍医の数の間にギャップが生じています。

  • physicians filling those positions by the end of the year - includingpersistent

    を含む、年末までにそのポジションを埋める医師が必要です。

  • gaps in specialties identified as critically short wartime specialties.”

    戦時下で決定的に不足している専門分野でのギャップ」。

  • They attributed these shortages to difficulty attracting and retaining military physicians

    これらの不足は、軍医の確保が困難であることに起因しているという。

  • due to national shortages and competition with the private sector.

    全国的な人手不足と民間企業との競争により

  • They conclude thatuntil the DoD is able to alleviate gaps in critical specialties,

    彼らは、「国防総省が重要な専門分野の格差を解消できるようになるまで」と結論付けている。

  • it may be hindered in its ability to provide medical support for its service members during

    の間、軍人に医療支援を提供する能力に支障をきたす可能性があります。

  • wartime.”

    戦時中"

  • Another 2018 report from the Inspector General concluded that the military health system

    監察官による2018年の別の報告書では、軍の医療制度が結論付けられています。

  • lacks the manpower to even handle the routine health needs of service members during normal

    は、通常時の軍人の日常的な健康ニーズに対応するマンパワーさえも不足しています。

  • conditions.

    の条件を満たしています。

  • At one sampled Air Force facility, there was only one provider for every 1,600 patients.

    ある空軍の施設では、患者1,600人に対して医療従事者が1人しかいませんでした。

  • This far exceeds the recommended regulation of 1,250 patients per provider which is already

    これは、1医療機関あたりの推奨患者数1,250人を大きく上回っており、すでに

  • considered a heavy caseload.

    は、重いケースロードとみなされます。

  • Weve already seen glimpses of these shortages during the coronavirus pandemic.

    コロナウイルスのパンデミックの際にも、こうした不足の片鱗をすでに見ている。

  • To address the needs of COVID patients, the Army had to reach out to retired military

    COVID患者のニーズに対応するため、軍は退役軍人に手を差し伸べる必要がありました。

  • doctors and medics to return to service as a part of a voluntary recall.

    医師と衛生士が自主回収の一環として勤務に復帰すること。

  • Fortunately, over 25,000 volunteers stepped forward to assist; however, in the event of

    幸いにも、2万5千人以上のボランティアが支援に駆けつけてくれましたが、万が一の場合、その人たちはどうなるのでしょうか。

  • a major crisis, this would likely be far from enough.

    大規模な危機が発生した場合、これだけでは到底間に合わないだろう。

  • Given existing shortages, many argue that a medical draft would be more likely to occur

    現在の人手不足を考えると、医療徴兵制が行われる可能性が高いという意見も多い

  • than a general draft in the event of a crisis as the military would need individuals with

    有事の際には、一般的な徴兵制よりも、軍隊が必要とする人材が必要だからです。

  • specialized skills far sooner than they would need a general draft of young men.

    専門的なスキルを持つ若者の一般的な徴兵を必要とするよりもはるかに早い。

  • Up until this point, weve focused mainly on the United States; however, conscription

    ここまでは、主に米国に焦点をあてて説明してきましたが、徴兵制について

  • - healthcare workers or otherwise - is not unique to the US.

    - 医療従事者であれ何であれ、これは米国に限ったことではありません。

  • According to the Pew Research Center, the US is one of 23 countries where the military

    ピュー・リサーチ・センターによると、アメリカは23カ国のうちの1つであり、軍隊は

  • draft is authorized but not currently implemented.

    ドラフトは認可されていますが、現在は実施されていません。

  • There are another 60 countries with some form of active draft program and the remaining

    また、何らかの形で積極的に徴兵制度を導入している国は60カ国あり、残りの

  • 108 countries have no laws authorizing conscription.

    108カ国は徴兵制を認める法律がない。

  • Let’s cover the likelihood of a draft in a few other countries.

    他のいくつかの国での徴兵制の可能性を取り上げてみよう。

  • The United Kingdom has implemented military drafts only twice during modern times - once

    英国が近代に徴兵制を導入したのは2回だけである。

  • during World War I and again during World War II.

    第一次世界大戦中、そして第二次世界大戦中も。

  • At that time, police officers, medical personnel, prison workers, students, government employees,

    当時は、警察官、医療関係者、刑務官、学生、公務員など、さまざまな人がいました。

  • and ministers were exempt from the draft.

    と大臣が徴兵を免除された。

  • After World War II, the United Kingdom implemented the National Service Act, which required all

    第二次世界大戦後、イギリスは国民服務法を施行し、すべての人に

  • physically fit males between the ages of 17 and 21 to serve in one of the armed forces

    体格の良い17歳から21歳の男性で、いずれかの軍に所属すること。

  • for an 18-month period and remain on the reserve list for an additional four years.

    は、1 年半の間、さらに 4 年間、予備登録されます。

  • The service requirement was later increased from 18 months to 2 years; however, National

    その後、勤続年数が1年半から2年に延長されましたが、ナショナル

  • Service ended in 1960 with the last national servicemen being discharged in 1963.

    1960年に兵役を終え、1963年に最後の国家公務員として除隊した。

  • Since then, there has been no conscription legislation in the UK and, unlike the US with

    それ以来、イギリスでは徴兵制の法律はなく、アメリカのように

  • the Selective Service System, there are no remnants of the draft.

    選択制のため、徴兵制の名残はない。

  • That being said, Parliament could theoretically pass a law reestablishing it during a time

    とはいえ、国会は理論的には、ある時期にそれを再確立する法律を通過させることができます。

  • of national crisis; however, many believe this is unlikely.

    しかし、その可能性は低いとの見方が多い。

  • Similar to the UK, the Canadian government has only enacted military drafts twice in

    イギリスと同様、カナダ政府も徴兵制は過去2回しか制定していない。

  • its history - again, during WWI and WWII.

    その歴史は、やはり第一次世界大戦と第二次世界大戦の時代です。

  • Both instances created sharp divisions between English Canadians, who generally supported

    この2つの事例は、一般的に支持するイギリス系カナダ人の間で激しい分裂を引き起こした。

  • the practice, and French Canadians, who generally did not.

    と、一般にそうでないフランス系カナダ人がいました。

  • The Canadian armed forces have been voluntary since then and there has been no conscription

    それ以来、カナダの軍隊は自発的なものであり、徴兵制はない

  • legislation since WWII.

    第二次世界大戦後の立法

  • Given the deep divisions that conscription created and the unease that remains surrounding

    徴兵制が引き起こした深い溝と、それを取り巻く不安が残っていることを考えると

  • the practice, it is thought to be unlikely that Canada would reintroduce the draft.

    そのため、カナダが再び草案を提出する可能性は低いと考えられています。

  • Unlike the UK and Canada, India has never utilized a military draft.

    インドはイギリスやカナダと違って、徴兵制を利用したことがない。

  • Throughout its history, the Indian army has always been voluntary - even during World

    インド軍は、その歴史を通じて、常に自発的なものであった。

  • Wars I and II.

    第一次世界大戦と第二次世界大戦。

  • Despite this, India has the second-largest army in the world in terms of active-duty

    にもかかわらず、インドは現役の陸軍として世界第2位の規模を誇る

  • military personnel - positioning itself just between the United States in third and China

    第三の米国と中国のちょうど中間に位置する軍事要員

  • in first.

    を先に入力します。

  • As such, it is thought to be unlikely that India would ever implement a military draft.

    そのため、インドが徴兵制を実施する可能性は低いと考えられている。

  • This is a crazy time in the world right now.

    今、世界はとんでもないことになっています。

  • Our thoughts are with those in Ukraine.

    ウクライナの人々に思いを寄せています。

  • Although there is a lot of uncertainty and many are fearful about how this can unfold,

    不透明な部分が多く、どのような展開になるのか不安な方も多いと思いますが。

  • it is best not to dwell on situations that may or may not occur.

    起こるか起こらないかわからない事態に、くよくよしないのが一番です。

  • Although it is interesting to explore hypotheticals from time to time, it is important to remember

    時折、仮定の話をするのは面白いのですが、忘れてはならないのは

  • that these are not certainties.

    これらは確実なものではないということです。

  • You can spend your time and energy worrying about something that may happen only for that

    そのためだけに起こるかもしれないことを心配して時間とエネルギーを費やすのは

  • situation to never come true.

    という状況が実現することはありません。

  • As the stoic philosopher Seneca put it, “we suffer more often in imagination than in reality.”

    ストイックな哲学者セネカの言葉を借りれば、"我々は現実よりも想像の中で苦しむことが多い "ということになる。

  • Thank you all so much for watching.

    皆さん、ご覧いただき本当にありがとうございます。

  • Slava Ukraini.

    スラバ・ウクライニ

  • If you enjoyed this video, be sure to leave a like, subscribe, and share it.

    このビデオを楽しんでいただけたなら、ぜひ「いいね」、「購読」、「共有」をお願いします。

  • Much love, and I’ll see you in that next one.

    多くの愛を込めて、その次の作品でお会いしましょう。