Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • mm hmm, mm hmm.

    うーん、うーん、うーん

  • Welcome to a help dot com's isles.

    ヘルプドット・コムの小島へようこそ。

  • Test preparation videos.

    テスト対策ビデオ。

  • We will now complete a reading passage for the academic isles, which could also be a passage for section three of the general isles.

    これからアカデミックアイルのリーディングパッセージを完成させますが、これは一般アイルのセクション3のパッセージにもなり得ます。

  • The questions will cover yes, no, not given summary completion and sentence ending completion.

    Yes、No、Not givenの要約完成と文末完成が出題されます。

  • We will take a look at the answer key and talk strategy.

    アンサーキーとトークの攻略法を紹介します。

  • Now let's read along with this native british english speaker.

    では、このイギリス英語のネイティブスピーカーと一緒に読んでみましょう。

  • Let's begin the London underground.

    まずはロンドンの地下鉄から。

  • One of the most notable aspects of London the underground or tube is also one of the most utilized by locals and visitors alike.

    ロンドンで最も注目されるもののひとつである地下鉄は、地元の人々や観光客に最も利用されている交通手段のひとつでもあります。

  • Over 1.3 billion passengers use the London underground every year if you have ever visited the city, it is very likely that you have been told to mind the gap In continuous operation for over 150 years.

    ロンドンの地下鉄は年間13億人以上が利用しており、一度でもロンドンを訪れたことがある人は、「この隙間に気をつけろ」と言われたことがあるかもしれない。

  • The London underground began as just one line run by a private corporation Today, the system is publicly owned and is comprised of 11 separate lines.

    ロンドンの地下鉄は、民間企業による1路線から始まり、現在では公営の11路線で構成されています。

  • The growth and development of the underground has mirrored London's development as first an industrial powerhouse and second, a financial and tourism center.

    地下鉄の成長と発展は、ロンドンが第一に産業大国として、第二に金融と観光の中心地として発展してきたことを映し出している。

  • Great Britain was the epicenter of the Industrial Revolution in the 18th and 19th centuries.

    イギリスは、18世紀から19世紀にかけて産業革命の震源地となった国である。

  • Cities like Glasgow Birmingham and London gave birth to inventions such as the steam engine, which revolutionized transportation and travel.

    グラスゴー、バーミンガム、ロンドンなどの都市では、蒸気機関などの発明が生まれ、交通や旅行に革命的な変化をもたらした。

  • People began to flock to these cities for jobs, opportunity and prosperity.

    人々は、仕事とチャンスと繁栄を求めて、これらの都市に集まり始めた。

  • London was the destination of choice for many of these people In 1800 at the beginning of the Industrial Revolution, the population of London was less than a million people By 1900.

    産業革命が始まった1800年当時、ロンドンの人口は100万人に満たなかったが、1900年には100万人を突破した。

  • That number would balloon to over 6.5 million people.

    その数は650万人以上に膨らむことになる。

  • There were many factors which contributed to this growth, not least of which was improved sanitation, but one factor in particular allowed for the mobility of those people across the ever expanding city.

    その背景には、衛生環境の向上など様々な要因があるが、特に、拡大し続ける都市を行き来する人々の移動を可能にした要因がある。

  • The construction and development of the London Underground.

    ロンドン地下鉄の建設と発展。

  • The first line was constructed in 1863 Over the next 50 years, many more lines would be added, resulting in the virtual blanketing of Central London by the start of the First World War.

    1863年に最初の路線が建設され、その後50年の間に多くの路線が増設され、第一次世界大戦が始まる頃にはロンドンの中心部はほぼ一面真っ白になった。

  • Through the interwar period in mid-20th century, the focus for the subway developers was extending the network to the suburbs of London, where an increasing number of Londoners were now residing, Interestingly, it wasn't until 1933 that the developers of the network unified into a single governing body.

    20世紀半ばの戦間期には、ロンドン市民が多く住むロンドン郊外への延伸が中心であったが、1933年になって地下鉄の開発主体が一本化されたのは興味深いことである。

  • Until that time, there were a host of private companies competing for contracts, land and customers today.

    それまでは、今日も多くの民間企業が契約や土地、顧客を奪い合っていた。

  • The London Underground is owned and operated by the London Transport Authority.

    ロンドン地下鉄は、ロンドン交通局が所有・運営しています。

  • Transport for London, perhaps the most recognizable symbol of the London underground is the tube map Designed in 1931 by underground employee Harry Beck with its many colorful lines and intricate details.

    ロンドン交通局、ロンドンの地下鉄のシンボルといえば、1931年に地下鉄職員ハリー・ベックによってデザインされた、カラフルな線と複雑なディテールを持つ地下鉄地図でしょう。

  • The tube map is not only useful but aesthetically pleasing as well.

    チューブマップは便利なだけでなく、美的感覚にも優れています。

  • Indeed, a print copy of the tube map is a popular souvenir for tourists to put on their walls back home that it is artful is however, only part of its appeal.

    実際、観光客はプリントアウトしたチューブマップを自宅の壁に貼るなどして、お土産にすることが多い。

  • The tube map is incredibly useful.

    チューブマップは非常に便利です。

  • Just a moment spent looking at the map can help you determine how to get from any point in London to any other point.

    ほんの一瞬、地図を見るだけで、ロンドンのどの地点からどの地点へ行くのかがわかるのです。

  • Beck was able to accomplish this by realizing that the map did not need to exactly match the reality of the tube geography for instance, a line may go through all sorts of turns through its root.

    ベックは、地図がチューブ・ジオグラフィーの現実と正確に一致する必要はない、例えば、線はその根元でいろいろな方向に曲がるかもしれない、ということを理解することでこれを達成することができたのです。

  • Yet on the map it is represented as a straight line.

    しかし、地図上では直線で表現されている。

  • This simplification worried the underground management in 1931 but soon enough, the two map became a sensation both for its usefulness and its elegant design.

    1931年当時、この簡略化は地下管理局を悩ませたが、やがてこの2枚の地図は、その便利さとデザインの良さでセンセーションを巻き起こすことになる。

  • Today, the tube is used more than ever and London continues to grow With the centre of London becoming a financial hub.

    現在、地下鉄は以前にも増して利用され、ロンドンの中心部は金融の中心地となり、ロンドンは成長を続けています。

  • Over the past 50 years, more and more jobs have been created in the English capital.

    この50年間で、イギリスの首都ではどんどん仕事が増えている。

  • While this has in some sense hollowed out the core of London, it has also highlighted the need for more lines to service the ever increasing number of London suburbs.

    これはある意味でロンドンの中心部を空洞化させたが、同時に増え続けるロンドン郊外への路線の必要性を浮き彫りにした。

  • Additionally, tourism to London has never been higher.

    さらに、ロンドンへの観光客はかつてないほど増えています。

  • Well over 30 million people visited the city in 2015.

    2015年には3,000万人を優に超える人々がこの街を訪れました。

  • Each of whom undoubtedly at some point use the venerable London underground before we check the answer key, I want to give you some more help to get those high band scores the next time you sit the Eilts exam simply go to our website.

    それぞれの人が、ある時点で間違いなく由緒あるロンドンの地下鉄を利用します。解答を確認する前に、次にEilts試験を受けるときに、高いバンドのスコアを得るためのいくつかの助けを与えたいと思います。

  • Ae help dot com, join our premium isles package and use the code XR 90 for a 25% discount to get access to all of our videos practice exams and interact Of course, simply click the link in the video description.

    Ae help dot com, join our premium isles package and use code XR 90 for 25% discount to get access to all of our videos practice exams and interact もちろん、ビデオの説明でリンクをクリックするだけです。

  • Now let's check our answers and then talk a bit more strategy.

    では、答え合わせをしてから、もう少し戦略的な話をしましょう。

  • Now that we've read the passage.

    さて、この一節を読んだところで。

  • Let's answer the questions.

    質問に答えよう。

  • Did you visualize the passage?

    通路を視覚化したのですか?

  • Did you see the development of the London underground?

    ロンドンの地下鉄の発達をご覧になりましたか?

  • Did you see Becks colorful map?

    ベックスのカラフルな地図はご覧になりましたか?

  • If not make sure to practice this for the next time, You should be reading a passage like this within 8-10 minutes.

    このような文章は、8~10分以内に読めるようになるはずです。

  • Leaving 10-12 minutes to answer the questions.

    10~12分程度の回答時間を確保する。

  • Let's answer these questions.

    そんな疑問にお答えしましょう。

  • Look at the answer keys and then I will give you specific strategies for these types of questions.

    答案を見てから、このような問題に対する具体的な戦略をお伝えします。

  • Let's answer the questions.

    質問に答えよう。

  • Now, how did you do did you get all the answers correct?

    さて、どうでしたでしょうか、全問正解は?

  • If not, don't worry, I'm here to help you.

    もしそうでなくても、心配しないでください。

  • Yes.

    はい。

  • No.

    いいえ。

  • Not given questions also called true false.

    与えられない問題は、true falseとも呼ばれます。

  • Not given questions are not that bad.

    出題されない問題は、そんなに悪くない。

  • As long as you know the right steps.

    正しい手順さえ知っていれば

  • The first step is to figure out whether or not the information is important for the topic of the passage.

    まず、その情報がパッセージのトピックにとって重要かどうかを見極めることです。

  • If it is then it's given.

    もしそうなら、それは与えられたものです。

  • If not, then it's not given Question one states that over a million people use the London underground each year.

    もしそうでないなら、Question oneによると、毎年100万人以上の人がロンドンの地下鉄を利用していることになりますね。

  • Is it important to know how many passengers use the London subway?

    ロンドンの地下鉄の利用者数を知ることは重要ですか?

  • Of course it is.

    もちろん、そうです。

  • That is the topic of this passage.

    それがこの箇所のテーマである。

  • The London underground.

    ロンドンの地下鉄。

  • So it must be given.

    だから、与えなければならないのです。

  • Now I need to figure out whether or not it's true, use logic and pay attention to detail.

    あとは、それが本当かどうか、論理的に考え、細部にまで気を配ることです。

  • Of course more than a million people use the London underground each year.

    もちろん、ロンドンの地下鉄は年間100万人以上が利用しています。

  • In fact, according to the passage, it's over a billion people and a billion is certainly much more than a million.

    実際、一節によると10億人を超えており、10億は100万をはるかに超えているのは確かだ。

  • So the answer here is yes.

    つまり、ここでの答えは「イエス」なのです。

  • Question number four States that the population of London ballooned by a factor of six during the 20th century.

    問4は、20世紀にロンドンの人口が6倍に膨れ上がったという内容です。

  • Is it important to know the population growth of London for this topic?

    このテーマでは、ロンドンの人口増加率を知ることが重要なのでしょうか?

  • Definitely because that's the reason that London developed the London underground.

    間違いなく、ロンドンがロンドン地下鉄を開発したのはそのためですから。

  • Is it true?

    それは本当ですか?

  • Of course it is.

    もちろん、そうです。

  • When we pay attention to the details.

    細部にこだわるとき。

  • The pastor says that the population of London grew from one million to 6.5 million during the 1800s.

    牧師によると、1800年代にロンドンの人口は100万人から650万人に増加したという。

  • That's definitely a factor of six.

    確かに6倍はありますね。

  • So we indicate yes and we move on.

    そこで、私たちは「はい」と答え、次に進みます。

  • Now let's talk about summary completion for summary completion questions the most important strategy to implement is paraphrasing that means recognizing different ways that the same information can be stated.

    では、要約完成の問題について説明しましょう。要約完成の問題で最も重要な戦略は、同じ情報を異なる方法で述べることができることを認識するパラフレーズです。

  • Look at question six, the correct answer is five decades.

    問6を見てください。正解は50年です。

  • However, in the passage, this reads as 50 years, of course the word decades means 10 years.

    しかし、この文章では、これを50年と読んでいる。もちろん、数十年というのは10年のことである。

  • So that's why the correct answer is five For Question nine.

    というわけで、正解は「5 For Question nine」。

  • The correct answer is transport authority.

    正解は輸送機関です。

  • So the question reads looked after by.

    だから、質問は、によって見守られて読みます。

  • However, in the passage, the information is owned and operated now you need to know that owned and operated has the same meaning in this context as the phrase all verb looked after.

    しかし、この文章では、own and operated nowという情報があり、この文脈ではall verb looked afterというフレーズと同じ意味であることを知っておく必要があります。

  • This is why when you're getting ready for the odds exam at home, it's really important to practice paraphrasing, learn different ways to express the same ideas.

    ですから、家でオッズテストに備えるときは、言い換えの練習をして、同じ考えを表現するさまざまな方法を学ぶことが本当に重要なのです。

  • Now let's take a look at sentence ending type questions, sentence ending type questions are kind of multiple choice and the biggest mistake that candidates make is they start searching for the right answer from the choices before thinking on their own.

    文末タイプの問題を見てみましょう。文末タイプの問題は多肢選択式で、受験者が一番やってしまう間違いは、自分で考える前に選択肢の中から正しい答えを探し始めてしまうことです。

  • This is not a good idea because often times a couple of choices are very similar and it's easy to get confused.

    これは、しばしばいくつかの選択肢が非常に似ていて、混乱しやすいからです。

  • So the correct strategy is always to try and finish the sentence on your own first based on what you have read.

    ですから、正しい戦略は常に、読んだ内容に基づいて、まず自分で文章を完成させようとすることです。

  • Take a look at question 11.

    質問11を見てください。

  • This question states that the map is useful because it allows a person to.

    この質問では、地図が役に立つのは、人ができるようになるからだと述べています。

  • Now if I'm looking at the answer choices, I might get confused.

    今、答えの選択肢を見ていたら、混乱してしまうかもしれませんね。

  • However, if I finish this on my own thinking that it allows a person to go anywhere in London from A to B, then I will make the correct choice which is choice A.

    しかし、もし私が「AからBまでロンドン中のどこへでも行ける」と考えてこれを完成させたならば、私は正しい選択、すなわち選択肢Aをすることになる。

  • This is also true for question 12.

    これは質問12でも同じです。

  • Question 12 starts by stating that Beck's key insight was Now if I answer this on my own based on my reading, I remember that his key insight was that the map did not need to match the exact geography of London so bends and curves could be drawn as straight lines and once I realized this, I will find the correct answer which is the letter F remember.

    問12は、ベックの重要な洞察は、と書かれているところから始まります。さて、私が読書に基づいて自分でこれに答えるなら、彼の重要な洞察は、地図がロンドンの地理に正確に一致する必要はないので、曲がり角やカーブは直線として描くことができる、というもので、これに気づけば、正解は、Fと覚えていることでしょう。

  • Most importantly for multiple choice questions, including finding sentence endings, you have to answer on your own first and then find the closest match.

    文末の検索を含む多肢選択問題で最も重要なのは、まず自分で答え、次に最も近いものを探すことです。

  • Good luck.

    頑張ってください。

  • The next time you sit your Eilts exam for more video lessons like this, as well as original practice exams, a fully interactive course visit and join our premium islets package at e help dot com and use the code XR 90 for that 25% discount, simply click the link in the video description, begin learning for success today.

    このようなビデオレッスン、オリジナルの模擬試験、完全にインタラクティブなコースは、次回アイルツ試験に座って、eヘルプドットコムのプレミアムアイルツパッケージに参加して、コードXR 90を使用して25%割引、単にビデオの説明でリンクをクリックして、今日から成功に向けて学習を開始します。

  • Subscribe to our channel, click over here, watch another video, click right up here and click our odds hero to join our premium package and get access to all of our videos practice exams and a fully interactive course.

    私たちのチャンネルを購読し、ここをクリックして、別のビデオを見て、ここをクリックして、私たちのプレミアムパッケージに参加するオッズヒーローをクリックし、私たちのすべてのビデオの練習問題や完全にインタラクティブなコースにアクセスすることができます。

mm hmm, mm hmm.

うーん、うーん、うーん

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語

IELTSリーディング20分未満でバンド9のためのヒント (IELTS Reading Under 20-Minutes for a Band 9 Tips)

  • 5 0
    林宜悉 に公開 2022 年 05 月 20 日
動画の中の単語