Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Does China's Xi Jinping have a sweet tooth?

    中国の習近平は甘いものが好きなのでしょうか?

  • How does he feel about salty snacks?

    塩味のスナック菓子をどう感じているのでしょうか?

  • As it turns out, Xi's culinary preferences are wide-ranging and global.

    習近平の食の好みは多岐に渡り、グローバルなものであることがわかります。

  • Keep watching to see what China's leader likes to chow down on.

    中国の指導者が何を好んで食べるのか、これからも目が離せません。

  • In 2013, Xi Jinping's lunch hit the headlines when he ate at a local-style Qingfeng restaurant in Beijing.

    2013年、習近平が北京のローカルスタイルのレストラン「青峰」で食べた昼食が話題になった。

  • His order went viral, becoming known as the "Uncle Xi Combo".

    この注文は、「習おじさんコンボ」と呼ばれ、流行りました。

  • This laid-back lunch consisted of pork and onion steamed dumplings, liver, and stir-fried green vegetables with the local people.

    豚肉と玉ねぎの蒸し餃子、レバー、青菜の炒め物など、地元の人たちと一緒に食べるのんびりした昼食でした。

  • While the dishes Xi Jinping ate are Chinese and follow their own specific recipes, liver and onions is a traditional meal many people enjoy the world over.

    習近平が食べた料理は中国のもので、それぞれのレシピに沿ったものだが、レバーと玉ねぎは世界中で多くの人が食べている伝統的な料理です。

  • Want to go celebrate?

    祝杯をあげに行きたい。

  • I feel like liver and onions.

    レバーとタマネギの気分です。

  • An article in "The Atlantic" suggests that eating this casual lunch in public, which is a rare sight in China for a leader, is in keeping with the president's anti-corruption stance and his views on excessive dining by officials.

    The Atlantic "の記事によると、中国では指導者が公の場でこのカジュアルなランチを食べることは珍しく、大統領の反腐敗の姿勢や役人の過剰な食事に対する見解と一致するとのことです。

  • In other words, a down-to-earth lunch of steamed buns may have been a message against government gluttony.

    つまり、饅頭という地味な昼食は、政府の大食漢に対するメッセージだったのかもしれません。

  • Either way, a Chinese leader eating in a restaurant among the locals is definitely going to create a stir.

    いずれにせよ、中国の指導者が地元の人たちに混じってレストランで食事をするのは、間違いなく世間を騒がせることになります。

  • The next day, the lines for the restaurant were huge.

    翌日には、レストランに大行列ができていました。

  • Whether politics was mixed into the ingredients or not, the restaurant's boom in popularity after the President's visit is real proof in the pudding of just how interested so many people are in what Xi Jinping eats.

    食材に政治的な要素が含まれているかどうかは別として、習近平の食事に多くの人が関心を持っていることは、大統領訪問後の同店の人気ぶりが如実に物語っています。

  • Xi Jinping and his love of the food of the people does not stop when he travels abroad.

    習近平と民衆の食に対する愛情は、海外に出かけても止まりません。

  • In 2015, the then British Prime Minister David Cameron invited Xi Jinping for a thirst-quenching pint of ale during his visit to the UK.

    2015年、当時のイギリス首相デービッド・キャメロンは、訪英中の習近平をエールの喉ごしに招待しました。

  • The two leaders drank beer at a village pub in the heart of the English countryside, close to Cameron's country retreat in Chequers.

    両首脳は、キャメロン首相の別荘であるチェッカーズに近い、英国の田園地帯にある村のパブでビールを飲み交わしました。

  • During their visit to The Plough at Cadsden, the two sipped a pint of Greene King IPA, which subsequently became in big demand in China.

    カズデンのザ・プラウを訪れた2人は、グリーンキングのIPAを飲み、その後、中国で大きな需要があることが分かりました。

  • In an article in "The Guardian", an importer of the beer reported that demand had, quote, "gone berserk".

    『ガーディアン』紙の記事で、このビールの輸入業者が、引用したように、需要が「凶暴化」していると報告した。

  • Within a couple of days of the pub lunch between the two world leaders, people from all across China were calling the importer because they wanted the same beer Xi drank.

    二人の首脳がパブでランチをした後、数日のうちに中国全土から習近平が飲んだのと同じビールが欲しいと輸入業者に電話がかかってきたのです。

  • The two men did not have just a liquid lunch, however, with Xi Jinping and his political dining partner eating traditional British fare with a mini fish and chips served with homemade tartar sauce.

    しかし、二人はただの液体ランチではなく、習近平と政治家の食事相手は、自家製タルタルソースを添えたミニフィッシュ&チップスという伝統的な英国料理を食べていたのです。

  • In England, the word chips refers to fries in the US, and what are known as chips in the US are called crisps across the pond.

    イギリスではチップスといえばフライドポテトのことを指し、アメリカでチップスと呼ばれているものは、海外ではクリスプと呼ばれています。

  • During 2016, a photo opportunity in Warsaw snapped Xi Jinping eating apples with Polish President Andrzej Duda.

    2016年中、ワルシャワでの記念撮影では、習近平がポーランドのアンドレイ・ドゥダ大統領とリンゴを食べる姿が写し出されました。

  • As well as enjoying the rosy-red apple, Xi Jinping was taking a bite to promote China's signing of an agreement allowing Polish apples to be exported into the country.

    習近平は、バラ色のリンゴを楽しむと同時に、ポーランド産リンゴの中国への輸出を認める協定を締結したことをアピールするために、一口で食べていました。

  • Poland is the main producer of apples in Europe and the produce can be brought to China via rail, making the transport less expensive than by air and quicker than by sea.

    ポーランドはヨーロッパにおけるリンゴの主要産地であり、鉄道で中国に運ぶことができるため、空路よりも安価に、海路よりも短時間で輸送することが可能です。

  • How d'you like them apples?

    リンゴはいかが?

  • In 2017, news footage captured Xi Jinping eating Swiss fondue with his wife during a visit to Bern, Switzerland for the annual Davos World Economic Forum.

    2017年、毎年開催されるダボス世界経済フォーラムのためにスイスのベルンを訪れた習近平が、妻と一緒にスイスのフォンデュを食べる姿がニュース映像に映し出されました。

  • Dining with former Swiss President Doris Leuthard, the presidential Chinese couple Xi enjoyed dipping their fondue forks of bread into the gooey melted cheese.

    スイスのドリス・ロイトハルト元大統領と食事をした中国の習主席夫妻は、フォンデュ用のフォークにパンをつけて、グツグツと溶けたチーズを楽しんでいました。

  • A cheesy fondue could be seen as, perhaps, the least likely dish that Xi Jinping may eat as cheese doesn't really feature all that much in Chinese cuisine.

    チーズフォンデュは、習近平が食べる可能性の低い料理と言えるかもしれません。なぜなら中華料理にはチーズはあまり登場しないからです。

  • In recent years, however, China seems to have fallen in love with cheese and all things dairy, including yogurt and chocolate.

    しかし、近年、中国はチーズをはじめ、ヨーグルトやチョコレートなど、乳製品全般が好きになっているようです。

  • While Xi Jinping may have sampled foods from around the world, as well as enjoyed simple Chinese foods, he is also passionate about food waste.

    習近平は世界中の料理を試食し、シンプルな中華料理も楽しんでいるようですが、一方で食品廃棄物にも熱心に取り組んでいます。

  • In 2020, Xi Jinping launched Operation Empty Plate, a campaign that aims to achieve greater food security.

    2020年、習近平はより大きな食料安全保障を目指す「空の皿作戦」を開始しました。

  • According to a report highlighted in "China Daily", it's estimated that the food China throws away could feed around 30 to 50 million people annually.

    チャイナ・デイリー誌の報道によると中国が捨てている食品は、年間約3,000万〜5,000万人を養うことができると推定されています。

  • Highlighting this is a way of creating a more sustainable future, not just for the Chinese, but people around the world.

    このことを強調することは、中国人だけでなく、世界中の人々にとって、より持続可能な未来を創造することにつながるのです。

  • For a man who pushed his plate away at the idea of fancy banquets of excess, it doesn't seem at all surprising that Xi Jinping wants everybody else in China to think about what they eat, and how much.

    過剰な豪華宴会で自分の皿を押し退けた習近平が、中国のすべての人に何をどれだけ食べるか考えてほしいと思っているのは、まったく不思議なことではないようです。

  • That said, when exploring what Xi Jinping likes to eat, it certainly seems to be the case that his favorite type of food is one that gets eaten.

    とはいえ、習近平の好物を探ってみると、確かに食べられるものが好きなようです。

  • Check out one of our newest videos right here.

    最新の映像はこちらからご覧いただけます。

  • Plus, even more Mashed videos about your favorite stuff are coming soon.

    さらに、あなたの好きなものに関するさらなるマッシュド・ビデオも近日公開予定です。

  • Subscribe to our YouTube channel and hit the bell so you don't miss a single one.

    YouTube チャンネルに登録し、ベルを押して、ひとつも見逃さないようにしましょう。

Does China's Xi Jinping have a sweet tooth?

中国の習近平は甘いものが好きなのでしょうか?

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語

意外と庶民的?!中国の最高指導者『習近平』の食事内容とは?

  • 6043 140
    たらこ に公開 2022 年 05 月 05 日
動画の中の単語