Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Summer break was right around the corner, and my school had decided to throw an end-of-the-year middle-school party to celebrate all of our accomplishments.

    もうすぐ夏休みだから、私の学校では中学の学年末パーティを開き、みんなの成果を祝おうとします。

  • It was the day before the party, and during lunch period, me and my friends were all talking about what we would wear, who was going, etc.

    パーティーの前日、昼休みに私と友達は、何を着ていくか、誰が行くか、などなど話し合っていました。

  • As we talked, I remember having some painful stomach cramps, but blamed it on the cafeteria food and thought nothing of it.

    話をするうちに、お腹が痛くなったのを覚えているが、学食のせいかなと、何とも思わなかったです。

  • When the school day was finally over and I was at home,

    やっと学校が終わり、家にいるとき、

  • I was rummaging in my closet for something nice to wear for the party and decided on a nice casual white dress.

    パーティーのために何か素敵な服を着ようと、クローゼットで服を探しているところ、カジュアルな白いワンピースに決めました。

  • Unfortunately, my cramps came back while I was helping my mom with dinner, but once again, I ignored them.

    残念ながら、母の夕食の手伝いをしている間にけいれんが再発したが、またしても無視してしまったのです。

  • The following morning, I woke up and began getting ready.

    翌朝、起きて支度を始めました。

  • It was a Saturday, the day of the party, and I was a bit nervous since so many people are planning to go.

    当日は土曜日で、多くの人が行く予定なので、ちょっと緊張しました。

  • But I tried to focus on the positives.

    でも、ポジティブなことに集中するようにしたんです。

  • While I was in my mom's car driving to the school, my cramps once again came back.

    母の車で学校へ向かう途中、再びけいれんが起こりました。

  • I told my mom, but she reassured me I would be fine and it was just the butterflies in my stomach.

    母に話したら、「大丈夫、緊張しすぎだけ」と安心させられました。

  • I decided to deal with it and go to the party anyway.

    私はそれをどうにかして、とにかくパーティーに行くことにしました。

  • Once I arrived, my mom waved me goodbye and I saw my friends standing by the school gym entrance.

    到着すると、母が手を振って見送ってくれ、学校の体育館の入り口に友達が立っているのが見えました。

  • They complimented my dress and we headed inside the large gym, barely managing to get through the large crowds of middle schoolers.

    彼らは私のドレスを褒め、私たちは中学生の大群をかろうじて通り抜けながら、広い体育館の中に向かいました。

  • The gym itself was decorated with colorful banners and was packed with kids.

    満員の体育館自体もカラフルな旗じるしで飾られました。

  • My friends explained that they were going to say hi to some others, so me and my friend, Katie, stayed and just moved around.

    友人たちは、他の人たちに挨拶に行くって、私と友人のケイティはそのまま近くに留まりました。

  • Suddenly, I heard some kids laughing behind me and Katie's eyes widened as she stared down at me and whispered, "Mal, look down!"

    突然、後ろから子供たちの笑い声が聞こえました。ケイティは目を丸く見開いて私をじっと見て、「モル、下を見て!」とささやいたのです。

  • Nervously, I lowered my head and saw that my legs and my dress were covered in blood.

    緊張して頭を下げると、足と服が血まみれになっていました。

  • As a sixth-grader who had just got their first period, I slowly looked around and realized everyone was staring and laughing at me.

    初めて生理を迎えた6年生の私は、ゆっくりと周りを見渡すと、みんなが私をじっと見て笑っていることに気づきました。

  • I felt my face turning red and Katie quickly snatched me and ran out of the gym.

    顔が赤くなるのを感じ、ケイティはすぐに私をさらって体育館を飛び出していったんです。

  • My other friends followed us to the bathroom and we handled the situation by getting me a pad and calling my mom.

    他の友達もトイレまでついてきてくれて、生理ナプキンをもらったり、お母さんに電話したりして助けてくれました。

  • I was so embarrassed.

    すごく気まずかったです。

  • My mom picked me up, and while I was in the car, I checked my Snapchat to see if anyone had posted anything about the party.

    母が迎えに来てくれて、車の中で、誰かがさっきパーティーに起こったことについて何か投稿していないか、Snapchat をチェックしたんです。

  • I was upset to find that some of the kids I had added as friends and actually trusted took a picture of me and tagged me on their stories.

    私が友達として追加し、信頼できると思った人が、私の写真を撮り、自分のストーリーに私をタグ付けしているのを知りました。すごく不満でした。

  • I felt awful and unfriended them, but knew they were probably talking about me back at that party.

    最悪だと、友だち解除しましたが、きっとまだ私が知らないところでパーティーのことを話すだろうと思いました。

  • When we got home, my mom wanted to make me feel better, so we ordered pizza, watched the movies, and joked about what happened back at that party.

    家に帰ると、母は私を元気づけようと、ピザを注文し、映画を観て、あのパーティーの時のことを冗談交じりに話しました。

  • Overall, it made me feel better and I learned two things from this experience.

    結局気分が良くなり、この経験から2つのことを学びました。

  • One is to always have some friends that will have your back and will not make fun of you, and two, always have some pads with you.

    1つは、いつも背中を押してくれる、バカにしない友人を持つこと。2つは、出かけるとき、念の為にいつも生理ナプキンを持つこと。

Summer break was right around the corner, and my school had decided to throw an end-of-the-year middle-school party to celebrate all of our accomplishments.

もうすぐ夏休みだから、私の学校では中学の学年末パーティを開き、みんなの成果を祝おうとします。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語

わたしの初めての月経の思い出

  • 4885 253
    大文 に公開 2022 年 04 月 30 日
動画の中の単語