Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Death. It's something we're all looking forward to. But it's not all fun and games.

    かわいいデス。

  • Anyways, here's a story about death, fun, and games.

    私たちが楽しみにしていることですが、いずれにしても楽しいことばかりではありません。ここでは、死と楽しいこととゲームについてのお話をします。 フランク・ヘイズは1901年にアイルランドで生まれました。

  • Frank Hayes was born in 1901 in Ireland. That's what I like to hear, but it also guarantees a tragic twist for this story.

    それが聞きたかったのです。

  • This island somehow originated the term "Luck of The Irish",

    しかし、それはこの物語の悲劇的な展開を保証するものでもある。

  • but anyone familiar with our nation's history can tell you Ireland has historically pretty much always drawn the short straw when it comes time for basically any event at all to unfold.

    この島が、アイルランド人のルックという言葉の由来になっているのだ。しかし、わが国の歴史を知る人ならば、歴史的に見て、アイルランドは、基本的にどのような出来事が起きても、常に貧乏くじを引いてきたと言えるでしょう。

  • I've lived here all my life and I've never known an Irish person with good luck, only one with good looks, and that's me.

    私はずっとここに住んでいますが、幸運を持ったアイルランド人を知らず、唯一の美貌を持った人を知っています。馬が大好きだったヘイズは、いつか伝説のホースレーサーになることを夢見ていた。

  • Growing up, Hayes had a love of horses, and he aspired to one day become a legendary horse racer.

    残念なことに、その理由は、体格、経験不足、あるいは単に有名なアイルランド人の外見に起因するものであった。

  • Unfortunately, for reasons that have been lost to time, whether it be his size, lack of experience, or simply the famed "Luck of The Irish", his dream didn't come true,

    彼の夢は叶わず、レースに勝つという感覚も味わえなかった。その代わりに、アメリカのニューヨークに移った。

  • and he never experienced the feeling of winning a race.

    S.

  • Instead, he moved to New York in the US and worked as a stable hand for a horse breeder, tending and training thoroughbred horses for racing.

    そして、馬の生産者のもとで厩務員として働き、レース用のサラブレッド馬の世話や調教をしていました。

  • Some of these horses were winners, and although Hayes still enjoyed his work,

    その中には勝ち馬もいて、彼は仕事を楽しんでいたが、1923年6月、自分が調教した馬が他の男たちを背負ってゴールし、栄光を吸い込んでいくのを見て、ほろ苦い気持ちになったのである。

  • it was a bittersweet feeling to watch the horses he had trained cross the finish line with other men on their backs, soaking up the glory.

    しかし、フランク。これで、自分の馬を1位でゴールさせる男になるチャンスが巡ってきた。 この馬はスイートキスと呼ばれていた。

  • In June 1923, however, Frank Hayes saw an opportunity to finally be the man taking his horse to the finish in first place.

    ヘイズは、1923年6月4日にベルモント・パークで行われたレースで、私たちのキスを試したいというオーナーのために、この馬を調教していた。

  • This horse was called "Sweet Kiss".

    唯一の問題は、ヘイズが志願した騎手が見つからないことだった。彼は競技会での勝利経験がない有能な騎手だったが、厩務員は他に選択肢がなく、チャンピオンにはなれなかった。

  • Hayes had been training the horse for its owner, who wanted to test Sweet Kiss in a race in Belmont park on the 4th June 1923.

    オーナーはスイートキスジョッキーを受け入れてくれたが、大物についていくためには体重を減らさなければならない。

  • The only problem was, she couldn't find a jockey.

    騎手は伝統的に小柄で痩せているので、馬に負担をかけないようにするために、彼は体重を減らすために水を飲まずにひたすらジョギングをするなどのトレーニングをしていた。

  • Hayes volunteered, and although he was a capable rider, with no competitive wins under his belt, the stable boy wasn't exactly championship material.

    本番までに時間がなかったこともあり、トレーニングは非常に厳しく負担が大きかったと言われていますが、結果的にはその甲斐がありました。

  • With no other choice, the owner accepted Hayes as Sweet Kiss' jockey, but he would have to lose weight in order to keep up with the big boys.

    ヘイズは、レース当日、ジョッキー・シルクを身にまとい、自分の名を売るチャンスを見つめていた。Sweet Kissは20対1のアウトサイダーでしたが、Hayes氏にとっては抑止力にはなりませんでした。

  • "Big boys" being a purely figurative turn of phrase, as jockeys are traditionally quite small and thin, encumbering their horses as little as possible.

    レースが始まると、スウィートキッスは集団の先頭に向かって進み始めた。22歳のヘイズにとって、これは爽快な気分だったに違いない。生涯の夢が目の前で実現し、私たちの真下で、物事は順調に進んでいたが、賭け金は高かった。この血に飢えた野郎どもの目的は同じで、ずっと彼を狙っていたが、1センチでも、1秒でも長くすることが、彼が勝者になるために必要なことだった。

  • To make sure Sweet Kiss wasn't gonna be bogged down by his fat ass, Hayes underwent training of his own, jogging non-stop and avoiding drinking water, in an effort to cut weight.

    それから。安定した手が、安定した手以上のものとして認識されるようになるかもしれません。

  • He had very little time to do this before the race took place, and reportedly his training was very severe and took a lot out of him.

    もしかしたら、これが彼の伝説的な競馬人生の始まりになるかもしれない。そんな興奮と可能性がフランキーの頭の中を駆け巡っていた。

  • But it was all worth it in the end for Hayes; on the day of the race, there he was, dressed in jockey silks and staring down the chance to make a name for himself.

    驚くべき死を遂げたが、スイート・キスはそれを気にすることなく、レースを続けた。

  • Sweet Kiss was a 20-1 outsider, but it wasn't going to deter Hayes.

    驚くべきことに、ヘイズもあまり気にしていない様子で、体が馬から離れない。観客は、レースをリードしていた選手がサドルの上でぐったりとしているのを見て、驚いた。

  • After the race started, Sweet Kiss began to make her way to the front of the pack.

    この目立ちたがり屋の靴下ドリンガーは何者なのだろうか。

  • For Hayes, this must have been exhilarating.

    驚くほど甘いキスがレースを制し、飼い主がヘイズを祝福するために近づくと、彼はついに鞍から顔を伏せて落下した。

  • The 22-year-old's lifelong dreams were coming true right before his eyes, and right underneath his arse.

  • Things were looking good, but the stakes were high.

    慌てて医師が駆けつけたが、フランク・ヘイズはその場で死亡が確認された。

  • These bloodthirsty bastards were all after the same thing, and they'd be on his ass the whole way.

    彼は、レース中に心臓発作で亡くなったらしい。

  • But one extra inch, one split second, was all he needed to be the winner.

    これは、レースの興奮がもたらしたものであり、レース直前に体重を落とすために体を極限まで追い込んだ結果ではないかと考えられた。

  • Then, maybe the stable hand could be recognized as more than a stable hand.

    死亡事故や格闘技の多くが低重量級で発生するのと似ていますね。

  • Maybe this could be the start of his legendary horse racing career.

    勝利した馬は厳密にはジョッキーがいなかったが、死者への敬意を表してフランク・ヘイズが正式に勝利を与えられた。

  • As all these excitements and possibilities raced through Frank Haye's mind, he died.

    彼の最初で最後の競技での勝利、フランク・ヘイズは死んでしまったが、彼は自分の好きなことをして死んだのであり、チャンピオンとして旅立ったのである。

  • Amazingly, Sweet Kiss didn't seem too bothered by this, and kept on racing.

    彼は死体だったかもしれないが、スポーツの歴史の中で競技に勝った唯一の死体だったのだ。

  • More amazingly, Hayes didn't seem too bothered by it either, his body never leaving the horse.

    それが "Luck of the irish "の本当の意味なのかもしれない。

  • The crowd was astonished to see the rider lead the race lazily slumped in the saddle.

    彼はレース用のシルクで埋葬された。

  • Who is this showboating sockdologer, sloped over in his seat like some sort of baseborn coxcomb?

    スウィートキスは二度とレースに出ることはなく、その日から "死のスウィートキス "と呼ばれるようになったが、22のクソみたいなもので、私なら "溶接のスウィートキス "と呼ぶだろう。

  • Astonishingly, Sweet Kiss won the race.

    あの夜、フランク・ヘイズのために捧げられたお酒がたくさんあったのは確かです。

  • As her owner approached to congratulate Hayes, he finally dropped from the saddle face down.

    確かに、年表のようなものに邪魔されてはいけませんね。

  • A doctor rushed over but Frank Hayes was pronounced dead at the scene.

    この作品は、誰もいないフランク・ヘイズに捧げられています。

  • He had apparently died of a heart attack during the race.

  • It was thought that this was brought about by the excitement of the race, and probably a result of Hayes pushing his body to the limits in order to drop weight shortly before the race.

    このビデオは、私の忠実な購読者の皆さんのおかげで実現しました。購読していない人は、そのまま地獄に落ちればいいのですから。

  • It's similar to how a lot of the deaths in combat sports occur in the lower weight classes, as those guys often have to cut weight in a relatively short time for a fight. It can be dangerous.

    そうですね。

  • Although the winning horse was technically without a jockey, Frank Hayes was officially given the victory, out of respect to the dead man.

  • His first and last competitive win. Frank Hayes was dead, but he had died doing what he loved, and he had gone out a champion.

  • He might have been a corpse, but he was the only damn corpse to ever win a competition in sport history.

  • Maybe that's the true meaning of "Luck of The Irish".

  • He was buried in his racing silks.

  • Sweet Kiss apparently never raced again, and from that day on became known as the "Sweet Kiss of Death".

  • But at twenty to fucking one, I would've called her the "Sweet Kiss of Wealth"!

  • There were definitely a lot of drinks dedicated to Frank Hayes that night!

  • Ah, sure, why let a thing like chronology get in the way of a good time?

  • This one is dedicated to Frank Hayes, without whom this video wouldn't be possible, as well as all my loyal subscribers, and if you're not subscribed, well, you can just go straight to hell.

Death. It's something we're all looking forward to. But it's not all fun and games.

かわいいデス。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 レース フランク アイルランド キス 競技 体重

スポーツ史上唯一、死人が優勝した大会|テイルズ・フロム・ザ・ボトル (The Only Time in Sports History When a Dead Man Won a Competition | Tales From the Bottle)

  • 277 17
    林宜悉 に公開 2021 年 12 月 07 日
動画の中の単語