Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Hi, my name is Tony and this is Every Frame a Painting.

    トニーです  "Every Frame a Painting" の時間です

  • One thing I find interesting about filmmakers is that the more they direct,

    私が映画製作者について発見した 興味深いことのひとつは

  • the more they can express themselves in the smallest details of a scene.

    シーンの細部を撮るときほど 作者自身が現れることです

  • --What is it you want?

    「何が望みだ」

  • A lot of people think directors are distinguished by how they shoot the big set pieces, the crazy oners, the really stylish stuff.

    多くの人は 監督を、重要な場面、長回しや スタイリッシュなものをどのように撮るかで見分けます

  • And yeah, these are the shots that get copied, and they do give you a strong indication of someone's vision.

    そしてそう 他の誰かのショットへの オマージュなどでも見分けますね

  • But sooner or later, every filmmaker goes back to scenes like this:

    しかし 遅かれ早かれ 全ての映画製作者はこんな場面に立ち戻ります

  • Two people in a room talking. Just about the least cinematic thing there is.

    2人が部屋で会話しています そこには映画的なものはほとんどありません

  • And it's scenes like this that tell you what they really care about.

    これは映画製作者が本当に気を使っていることを 教えてくれるようなシーンです

  • If I didn't need a medical officer, I would let you within light years of this operation.

    「もし医者でなかったら、数光年先に放置してやるところだ」

  • --I'm eternally grateful. --Keep your sarcasm to yourself.

    「果てしなく光栄だね」 「皮肉は慎め」

  • And David Fincher? He cares about information.

    デヴィッド・フィンチャーは? 彼は情報に気を使います

  • Unlike many filmmakers,who try to avoid exposition, sometimes Fincher does nothing but.

    多くの映画製作者は説明的になるのを避けようとしますが 時折フィンチャーは何もしません

  • --The salt balance has to be just right,

    「塩のバランスは重要だ」

  • so the best fat for making soap comes from humans.

    「人間の脂肪が石けん作りに最適なんだ」

  • --Wait, what is this place? --A liposuction clinic.

    「ここはどこだ」 「痩身クリニック」

  • In his world, drama happens when a character learns a new piece of information.

    彼の世界では、登場人物が新しい情報を知る時にドラマが起こります

  • --Just down in the basement.

    「地下室に行けば すぐわかる」

  • How does it fit with everything they already know?

    登場人物が既に知っている情報と、どう噛み合うでしょう?

  • --Not many people have basements in California.

    「カルフォルニアでは地下室持ってる人なんて 珍しいですよ」

  • And how do they react to learning a little bit more of the truth?

    真実を知ったとき、登場人物はどう反応するでしょう?

  • --I do.

    「俺は持ってるんだ」

  • Fincher's style is an extension of this idea and it's interesting to hear him describe his process.

    フィンチャーのスタイルはこのアイデアの拡張であり 彼の映画製作についての解説は興味深いものがあります

  • They know you can do anything, so the question is:

    "何でも出来ることはわかっている。だから問題は"

  • What DON'T you do, not what do you do.

    "何をするかではなく、何をしないかだ"

  • So, what does David Fincher NOT do?

    では、デビッド・フィンチャーがしない事とは?

  • For one thing, handheld. Fincher is a locked-down put-it-on-a-tripod filmmaker.

    ひとつには手持ちカメラの使用 フィンチャーは三脚固定で撮る監督です

  • He hates handheld and does it maybe once per film.

    揺れるカメラを嫌い 1作品に1回使うかどうかです

  • Dragon Tattoo has two scenes, while Zodiac has one,

    『ドラゴンタトゥーの女』は2回で、『ゾディアック』は1回

  • and The Social Network has only this shot.

    『ソーシャル・ネットワーク』はこれだけ

  • Se7en has the most handheld of any Fincher film: five scenes.

    『セブン』は多い方で5回です

  • -- Phone. Phone. Phone? Phone?

    「電話 電話だ どこだ」

  • But even when he uses it, notice how he designs around it.

    カメラの揺れを使ったときでも、彼の演出意図に注意して下さい

  • The camerawork on the detectives is shaky, while John Doe,

    刑事を揺れるカメラで撮り

  • who has all the power in the scene, is shot on a tripod, rock-solid.

    場面の支配者たる犯人を固定カメラで撮ります

  • --WHAT'S IN THE BOOOOOX? --Not till you give me the gun.

    「箱には何が」 「銃を渡せ」

  • --WHAT'S IN THE FUCKING BOX! --Give me the gun.

    「何が入ってた」 「銃を」

  • --He just told you.

    「言っただろう」

  • Another thing Fincher avoids is the sense of a human being operating the camera.

    もうひとつフィンチャーが避けることは カメラの人為的な操作感です

  • At a time when many filmmakers are deliberately adding camera shake

    多くの監督は故意にカメラを揺らしたりしますし

  • or mistakes to their shots to make it seem like there was a person there,

    また そこに人がいたように見えてしまうミスをします

  • Fincher is doing the opposite.

    フィンチャーは反対です

  • --I just love the idea of omniscience the camera goes over here perfectly,

    "僕は全知の感覚が好きで カメラは完全にこの場所を見回して"

  • and it goes over there kinda perfectly

    "また別の場所を見回す”

  • and it doesn't have any personality to it, it's very much like

    "そしてカメラが個性を持たないようにする それがとても好きなんだ"

  • what's happening was doomed to happen.

    "起こることは運命的に起こるんだ"

  • Sometimes you can't tell whether a shot was human-controlled, motion-controlled or CGI.

    時々ショットが手動によるものかCGかを判断できなくなります

  • The final effect is ominous, like something out of the Overlook Hotel.

    最後の効果は『シャイニング』のホテルのように不吉です

  • He also doesn't cut to a close-up unless he needs to.

    また、彼は必要がない限りクローズアップを撮りません

  • Even though Fincher's close-ups and inserts are really distinctive,

    フィンチャーのクローズアップとインサートは特徴的です

  • he rarely cuts in because... --Every time you go to a close-up...

    彼はほとんどクローズアップを撮りません、なぜなら ”クローズアップにすると観客は"

  • ... the audience knows: "Look at this, this is important." You have to be very, very

    ”「これを観ろ!これが重要だぞ!」と観客は知ってしまうからね”

  • cautious and careful about when you choose to do it.

    ”クローズアップを使うときは慎重にやる必要があるんだ”

  • In any given scene, he'll only go to the close-up for one or two moments.

    どんな場面でも、クローズアップは一瞬だけです

  • And the more he's directed, the less often he's done it.

    そして監督するほどクローズアップが減っていきます

  • --You'd have made a great Secretary of State.

    「あなたは本来なら国務長官よ」

  • These moments gain power precisely because he withholds the shot elsewhere.

    ここぞという瞬間だけ映すから力強いのです

  • And lastly, he never moves the camera if he can help it.

    最後に フィンチャーはそうしないですむなら 絶対にカメラを動かしません

  • --I wanted to present, in as wide a frame,

    "僕は広いフレームで見せたいんだ"

  • and in as unloaded a situation as possible,

    "状況をできるだけ重くしないように"

  • as much of a kinda simple proscenium way,

    ”舞台の眼の前にいるみたいにね”

  • this is what's going on, this is what this guy sees.

    ”今何が起こってるのか? 今男たちは何を観ているのか?”

  • --You don't pay attention. --What is this?

    「注意を払う必要はない」 「何だこれは?」

  • So consider all these restrictions he gives himself.

    このように彼が自らに課す制約を全て考えてみましょう

  • No handheld, no human operating, no unnecessary close-ups, no unmotivated camera moves.

    手ぶれ、人為性、不必要なクローズアップ、意味のないカメラの動き

  • Now let's give him a scene of just people talking. Can he make it cinematic?

    さてフィンチャーに会話だけの場面を撮ってもらいましょう 映画的にできるでしょうか?

  • --Killer put a bucket beneath him, kept on serving.

    「犯人は死ぬまで食わせ続けた」

  • Coroner said this could have gone on for more than 12 hours.

    「検死官によると12時間以上も」

  • Oh yeah. Talking isn't cinematic but drama is.

    話の内容はともかく ドラマは映画的です

  • This scene is about three people, one standing, two sitting.

    3人の場面です 1人は立ち、2人は座っています

  • The first thing Fincher does is bring us over here to listen to these two.

    まずフィンチャーは2人の会話に注目させます

  • Just from shot sizes we can tell this is more important to Somerset than to the chief, but neither will budge.

    ショットサイズ(画面を占める体の割合)から、 主任よりサマセットの方が影響力があるとわかりますが、どちらも譲歩しません。

  • When the detective tries to drop the case... --I'd like to be reassigned.

    サマセットが事件から降りようとすると… 「担当は外してほしい」

  • ... we shift to a different angle of the chief and of Somerset.

    主任とサマセットを写す別アングルに移動します

  • This is our clue that Mills is trying to work his way in.

    ここでミルズは自分のやり方でいこうする気配を出します

  • But Somerset, who's looking nowhere near the eyeline, ignores him.

    しかしサマセットの目線は 他所を向いて無視します

  • When the younger detective cuts in: --Hey man, you know, I'm right here,

    ミルズが遮って

  • --you can say that shit to my face.

    「俺はここにいるんだ 顔みて言えよ」

  • We go back to this angle, with Somerset finally facing him.

    カメラはこのアングルに戻り  サマセットはついに彼と向き合います

  • This puts the chief in a tough spot, and he has to put his foot down.

    主任は窮地に陥り  姿勢を正さねばなりません

  • --Give it to me. --No I'm putting you on something else.

    「俺がやります」 「駄目だ 他をやれ」

  • This is the only close-up of the chief in this scene and Fincher saves it for the moment Mills gets totally dismissed.

    この場面で唯一の主任のクローズアップです  ミルズが追い出される時のためのとっておきです

  • So even without sound, you understand the purpose of this scene.

    だから無音でも、このシーンの意図はわかります

  • Fincher has taken your eyes and brought them here to see this drama,

    このドラマを見せるためにフィンチャーは あなたの眼を奪い ここに連れてきました

  • here to see this one, and then here for the final shutdown.

    これを見せるために そしてこの幕引きのために

  • Three characters, three relationships, all staged for the camera to see.

    3人の人物、3つの関係をカメラがすべて撮れるよう 舞台配置されています

  • --I'm sorry, old buddy.

    「残念だが」

  • The next time these characters are together, look how far away Mills is sitting.

    次の同じ登場人物の場面です ミルズが座っている距離の遠さに注目してください

  • But once Somerset starts to explain his theory:

    しかし、サマセットが説明を始めると…

  • --Gluttony, greed

    「大食 強欲」

  • Fincher brings us over here to show them looking at each other in the same frame.

    彼らが目を合わせるのを同じ画面の中で見せるために フィンチャーはここに誘導しました

  • Even though they don't work together for another 10 minutes,

    たとえ彼らが別の10分で 協力しあっていなくても

  • it's here that they begin to respect each other.

    ここで互いに尊敬し始めます

  • You can actually watch Se7en and see the progression of this relationship

    実際に『セブン』を観ると

  • in any shot that has the two of them together,

    どのカットにおいても 二人の関係の進展をみることができます

  • ending with this one. THAT is good directing.

    関係はこれで終わります 良い演出です

  • And as Fincher has gotten older, he's actually gotten more subtle.

    フィンチャーは年齢を重ねるにつれ より巧妙になります

  • For instance, now he's really good at using emptiness in the frame.

    たとえば 不在を表現するのは こんな風にとても上手です

  • So he'll cut to a chair with no one in it.

    誰もいない椅子を撮ったり

  • --Eduardo was the president of the Harvard Investors Association and he was also my best friend.

    「エドワードはハーバードインベスターズの社長で 彼は僕の親友だ」

  • or an empty space for an absent husband.

    または夫がいない空間を撮ったり

  • --That's too bad, we're gonna talk about this.

    「ひどすぎるわ 話をしましょう」

  • And when is it gonna be finished?

    「いつこれは終わるの?」

  • He'll build an entire scene to a moment when someone looks into the lens, happy.

    誰かが幸せそうにレンズを覗きこんだ一瞬で、フィンチャーはシーン全体を組み立てます

  • --I'm very glad to be here, thank you for having me.

    「ここにいれて嬉しいです。 使ってくれて感謝します」

  • or terrified. --Take care of yourself, Sam.

    あるいは怯えたり 「気をつけろよ サム」

  • And he'll show us the inside of someone's fridge.

    そして 冷蔵庫の中を見せたりします

  • It's true that Fincher has a reputation for being uncompromising, shooting 50 or 60 or 99 takes of a scene.

    フィンチャーが妥協しないという噂は本当で 1つのシーンを50~60回、多いときは99回撮影します

  • --Double rainbow? Oh my God, what does it mean?

    「二重虹?どういうことなんだ」

  • At the same time, it's great to watch someone who's actually good at their job.

    また、優れた演出をみるのは素晴らしいことです

  • Someone who can show the power relationship change with a single cut.

    ひとつのカットで力関係の変化を示す演出を

  • --Kill the phones.

    「電話線を切れ」

  • Someone who's willing to let this moment play in full...

    そのひと時をじっくり楽しもうとする演出を

  • ... or just let us watch the characters walk from point A to point B.

    ただA地点からB地点に移動する人をみせる演出を

  • Even if you don't like Fincher, this is someof the best craft in directing right now and it is absolutely worth studying.

    たとえフィンチャーが好きではなくても これは現在において最高レベルの演出技法であり、絶対に学ぶ価値があるものです

  • --I'm not the Zodiac, and if I was, I certainly wouldn't tell you.

    「俺はゾディアックじゃない。たとえそうでも言うわけがない」

  • And if you do like him, here is what he thinks of you.

    それから もしあなたが本当にフィンチャーを好きなら 彼はあなた達をこんなふうに考えています

  • --I think people are perverts.

    "僕は人々は変態だと思ってる"

  • I've maintained that, that's been..

    "そして、僕はそれを支持するよ"

  • that's the foundation of my career.

    "それが僕のキャリアの基礎だからね"

  • Subtitles by the Amara.org community

    Subtitles by the Amara.org community

Hi, my name is Tony and this is Every Frame a Painting.

トニーです  "Every Frame a Painting" の時間です

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 フィン 場面 カメラ 製作 映画 アップ

デヴィッド・フィンチャー-そして他の方法は間違っている(David Fincher - And the Other Way is Wrong)

  • 5 1
    SATORU MORIICHI に公開 2021 年 10 月 15 日
動画の中の単語