Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Surgeons are masters of their craft, using their hands and tools to cure ailments with

    外科医は、自分の手と道具を使って病気を治す、その道の達人です。

  • immediacy. But to be proficient in the operating room, a high degree of dexterity is required.

    即時性がある。しかし、手術室で使いこなすには、高度な器用さが求められます。

  • Here's how to get there. Dr. Jubbal, MedSchoolInsiders.com

    そのための方法を紹介します。ドクター・ジュバル、MedSchoolInsiders.com

  • Why should you even care about improving your dexterity now? After all, isn't there plenty

    なぜ今、器用さを向上させることにこだわる必要があるのでしょうか?結局のところ、私たちの生活の中には

  • of time to practice with your hands in the future, once you're a senior medical student

    将来、医学生の先輩になったら、手を動かして練習する時間の

  • or a surgical resident? There are a few reasons why you should prioritize it sooner than later:

    それとも外科系研修医?すぐにでも優先すべき理由がいくつかあります。

  • First, if you want to go into surgery, you'll need to impress your seniors and secure strong

    まず、外科に行きたいのであれば、先輩に好印象を与え、強力な味方を確保する必要があります。

  • letters of recommendation. While your letters aren't solely based on your technical skills,

    の推薦状です。手紙はあなたの技術的なスキルだけではありませんが

  • it definitely helps. Second, your opinion of surgery will be highly

    それは間違いなく助けになります。第二に、あなたの手術に対する意見は、高い

  • influenced by your early experiences during your third year clerkships. If you struggle

    3年目のクラークシップでの経験が影響しています。苦労している人は

  • with your hands, you're going to have a bad time. If you're highly proficient, I promise

    を使っていると、ひどい目に遭うことになります。習熟度が高い場合は、必ず

  • you it will be more fun and more rewarding. Also, I have seen a surgical resident who

    その方が楽しいし、やりがいがあると思いますよ。また、私は外科系のレジデントが

  • had to repeat a year in residency two separate times due to lacking technical ability.

    は、技術力不足のため、2回にわたって1年間の滞在を繰り返すことになりました。

  • And third, surgical technique is taught primarily based on two factors: comfort and current

    そして3つ目は、「快適さ」と「現在の状況」という2つの要素に基づいて、手術技術を指導することです。

  • ability. Your attendings and residents will want to push you slightly past your comfort

    の能力を発揮することができます。あなたのアテンディングやレジデントは、あなたの快適さを少しでも超えさせたいと思っているでしょう。

  • zone in order to learn. If you demonstrate comfort and competence with the basics, you

    ゾーンで学ぶことができます。基本的なことに快適さと能力を発揮すれば

  • will be trusted with more fun tasks, beyond just retracting. The average medical student

    は、単に格納するだけでなく、もっと楽しい作業を任せられるようになるでしょう。平均的な医学生が

  • and intern is just retracting, and maybe they'll be lucky to tie a knot or two. Statistics

    とインターンが引っ込んでいるだけで、もしかしたら運良く結ばれるかもしれません。統計情報

  • apply to populations, not to individuals, and it's on you to be the outlier. As a medical

    は個人ではなく集団に適用されるものであり、外れ値になるかどうかはあなた次第です。医療者として

  • student, you can absolutely tie knots and suture on the majority of cases you scrub

    学生の場合、スクラブの大半の症例では、絶対に結び目を作って縫合することができます。

  • into, but only by demonstrating technical proficiency.

    のように、技術的な熟練度を証明することが必要です。

  • Improving your skills in the operating room comes down to two main factors: mindset and

    手術室でのスキルアップは、主に2つの要素で構成されています:マインドセットと

  • technical practice. Your mindset in your journey toward technical

    テクニカル・プラクティス技術者への道のりにおけるあなたの心構え

  • mastery in the operating room comes down to whether you can find enjoyment in it. After

    手術室を使いこなせるかどうかは、そこに楽しみを見いだせるかどうかにかかっています。その後

  • all, if you enjoy something, you're more likely to want to practice, put more time into it,

    また、何かを楽しむことができれば、より多くの時間をかけて練習したいと思うものです。

  • and accelerate your progression. If you don't enjoy it, then practicing will feel like pulling

    と、上達を加速させることができます。楽しめなければ、練習は引っ張るようなものになってしまいます。

  • teeth, and you'll spend less time and energy on it.

    の歯、そしてそれに費やす時間とエネルギーを減らすことができます。

  • Therefore, the foundational mindset principle to improving your skills in the operating

    そのため、オペレーションのスキルを向上させるための基礎となる考え方の原則は

  • room is to enjoy the process. How can we do so?

    の部屋は、そのプロセスを楽しむことです。どのようにすればいいのでしょうか?

  • If you initially hate it, it's usually because you don't feel very good at it, and the ratio

    最初に嫌いになったとしても、それはたいていの場合、あまり得意ではないと感じているからであり、その比率は

  • of effort to skill progression is skewed. Keep at it, and dive deep. Once getting past

    努力とスキルアップの比率が偏っています。続けて、深く潜る。乗り越えたら

  • the initial hump, most students are able to find some level of enjoyment in honing their

    最初の難関を突破した後は、ほとんどの学生が自分の能力を磨くことに喜びを感じることができます。

  • surgical skills. The pursuit of mastery can be incredibly rewarding,

    手術の技術。卓越した技術を追求することは、非常にやりがいのあることです。

  • particularly in areas where you can see measurable improvement. Tying surgical knots and suturing

    特に、測定可能な改善が見られる分野では。手術用の結び目を作る、縫合する

  • aren't as measurable as your body fat or strength in the gym, but you can find ways of tracking

    は、体脂肪やジムでの筋力のように測定できるものではありませんが、以下のような方法で追跡することができます。

  • progress. You could track the time it takes you to tie 10 knots. If you used to be slow

    の進捗状況を確認することができます。10個の結び目を作るのにかかった時間を記録することができます。今まで遅かった人は

  • and tie sloppy knots, you'll be stoked when you're faster and have perfectly symmetric

    とか、ずぼらな結び方をしていても、スピードが出て、完全に対称になったときには、興奮するでしょうね。

  • and tidy knots. And when your attending gives you more responsibility in the operating room,

    と整頓された結び目。そして、主治医から手術室での責任を与えられたとき。

  • you'll know you've gained their trust and demonstrated an upward trend in proficiency.

    その結果、お客様からの信頼を得ることができ、技術力が向上していることがわかります。

  • Finding an area of surgery that you truly enjoy will make the application of this skillset

    自分が好きな手術分野を見つけることで、このスキルセットを応用することができます。

  • that much more rewarding. Just like studying physics is more fun when you're able to apply

    その分、やりがいもあります。物理学の勉強が、応用が利くようになると楽しくなるように

  • it to your passion of Formula 1 racing, practicing surgical skills knowing it will help you for

    F1レースに熱中するのと同じように、手術の技術を練習して、それが自分のためになることを知っています。

  • your future career as an orthopedic or neurosurgeon makes it that much more enjoyable.

    あなたが将来、整形外科医や脳神経外科医として活躍することを考えると、より一層楽しくなります。

  • The technical practice in the operating room follows a simple stepwise progression.

    手術室での技術的な練習は、シンプルなステップで進行していきます。

  • As a medical student, you'll initially primarily be retracting. It's not necessarily easy,

    医学生になると、最初は引っ込み思案が中心になります。それは必ずしも簡単なことではありません。

  • it's definitely not fun, and it can often be tiring. That being said, get used to it,

    決して楽しいものではありませんし、疲れることも多々あります。とはいえ、それに慣れてください。

  • get proficient at it, and don't complain. Understand why you're retracting and do your

    慣れてきたら、文句を言わないようにしましょう。撤退する理由を理解し、自分の

  • best to make the surgeon's job easier. Reading up on the nature of the procedure beforehand

    外科医の仕事を楽にするためには、以下のことが必要です。処置の内容を事前に読んでおくこと

  • can help you understand the rough order and progression of steps so you can anticipate

    は、ステップの大まかな順序や進行を理解することで、先を見越して

  • steps and know what's going on. Next, you'll be tying knots, which is much

    ステップを踏んで、何が起こっているのかを知ることができます。次に、結び目を作ることになりますが、これはずっと

  • more complex and nuanced than most students expect. Good knots use the least amount of

    多くの学生が思っている以上に、複雑で微妙なものです。良いノットは、最小限の量の

  • suture to securely hold tissue. With too little suture or poor technique, the knot is likely

    縫合糸で組織をしっかりと固定します。縫合糸の量が少なすぎたり、技術が低かったりすると、結び目ができてしまいます。

  • to fail, resulting in wound dehiscence, meaning the surgical incision comes apart after it's

    が故障してしまうと、手術後に切開部分が離れてしまう創傷剥離が発生してしまいます。

  • been stitched together. With too much suture, there's excess foreign body material in the

    が縫合されています。縫合が多すぎると、余分な異物が入ってしまい

  • patient, which results in suboptimal inflammation and infection risk.

    患者の炎症や感染症のリスクが最適化されないことになります。

  • To practice knot tying, you'll need a knot tying board. I've linked some of my favorites

    結び目の練習をするには、結び目用のボードが必要です。私のお気に入りをいくつかご紹介します。

  • in the video description, as well as a playlist of videos I created covering each of the knots.

    また、動画の説明文には、私が作成した各ノットのプレイリストも掲載されています。

  • Start with a simple two-handed throw, ensuring your knots are square. Be slow and deliberate

    まずは簡単な両手投げで、結び目が四角くなっていることを確認します。ゆっくりと、じっくりと

  • with your movements to solidify foundational technique. Don't worry about adding speed

    を使って、基礎的なテクニックを身につけることができます。スピードを出すことにこだわらず

  • now, that'll naturally come later. Once you're proficient, make sure you can reverse your

    今はまだ、それは自然に後からついてくるものです。慣れてきたら、逆に「これは何?

  • hands such that you can swap the roles of your dominant and non-dominant hands.

    利き手とそうでない手が入れ替わるように。

  • Next, learn how to do one-handed throws. Your non-dominant hand will be stationary, holding

    次に、片手投げの方法を学びます。利き手ではない方の手は固定されています。

  • one piece of the suture or string. The dominant hand will be doing the throwing motion. Again,

    縫合糸または紐の一部分。利き手が投げる動作を行います。もう一度

  • once you're proficient, switch hands and reverse the roles of your hands.

    慣れてきたら、手を替え品を替え、手の役割を逆にする。

  • The reason it's critical to be well versed with both hands is that surgery is never as

    両手を使いこなすことが重要な理由は、手術は決して

  • perfect as your practice environment. You'll be in a suboptimal position, or there will

    は、あなたの練習環境として完璧です。最適ではない位置にいたり、そこが

  • be equipment in the way, or the knot must be thrown deep in a body cavity. For these

    邪魔な機材がある場合や、体の奥深くに結び目を投げ込まなければならない場合。これらに対して

  • and other reasons, you should be well versed in various different knot tying techniques

    などの理由で、様々な結び方に精通している必要があります。

  • and with both hands. While you practice, again focus on fundamentals

    そして両手で。練習の際には、基本的なことに集中してください。

  • and go slowly. Every knot should be square without any air knots, meaning gaps in the

    と言って、ゆっくりと進みます。全ての結び目が四角く、空気の結び目(隙間)がないようにします。

  • suture between knots. As you get more comfortable, you can experiment with slightly more advanced

    結び目と結び目の間を縫う。慣れてきたら、少しずつ高度な技術を試してみましょう。

  • techniques. For example, you use a slip knot when there's a small aperture limiting the

    のテクニックを紹介します。例えば、絞りが小さい場合にはスリップノットを使います。

  • distance you can pull apart the suture. Similarly, if there's tension across an incision, you

    縫合糸を引き離すことができる距離です。同様に、切開部全体に張力がある場合は

  • would use a surgeon's or friction knot, where you first do a slip knot to hold the tissue

    その場合、サージャンノットやフリクションノットと呼ばれる、組織を固定するためのスリップノットを最初に行います。

  • together prior to the locking throw. You can practice these various scenarios with one

    ロッキングスローの前に一緒にする。このような様々な場面での練習が、1

  • of the knot tying kits I've linked below, as they simulate cavities and tension across

    下記のリンクで紹介しているノットタイイング・キットの中には、空洞や張力をシミュレートするものがあります。

  • an incision. Once you've graduated from the multicolored

    切開しています。多色刷りを卒業したら

  • string in your kit, you'll want to grab some actual suture or ties. Find expired ties in

    縫合糸や結束バンドは、キットの中に入れておきましょう。期限切れの結束バンドは

  • your hospital and continue your practice, but this time you can do it just about anywhere.

    しかし、今度はどこでもできるようになりました。

  • I would do it on my water bottle handle while sitting in lecture and the drawstring of my

    私は講義中に水筒の持ち手にやったり、自分の家の巾着にやったりしていました。

  • scrub pants. And finally, grab some OR gloves and put cooking

    のスクラブパンツ。そして最後に、OR手袋を持って、調理を

  • oil on them to simulate the slippery and fluid filled environment that is surgery.

    オイルを塗ることで、手術という液体で満たされた滑りやすい環境を再現しています。

  • The final skillset to practice is suturing. Again, you'll need a specialized kit, and

    最後に練習すべきスキルセットは、縫合です。ここでも、専用のキットが必要になりますし

  • I've included my favorites in the description. You'll need a needle driver, forceps, practice

    説明の中に私のお気に入りを入れました。用意するものは、ニードルドライバー、鉗子、練習用の

  • tissue, surgical scissors, and suture. Be sure to purchase a separate high quality needle

    ティッシュ、手術用ハサミ、縫合糸。必ず高品質の針を別途購入してください

  • driver, as the ones in suturing kits are almost always subpar.

    縫合キットに入っているものはほとんどが粗悪品なので。

  • Similar to knot tying, there's a logical progression to follow. You'll begin with simple interrupted

    結び目を作るのと同じように、理にかなった手順で進めていきます。最初は簡単な割り込みから始めます。

  • sutures. Again, slow down and focus on the fundamentals, with attack angle of 90 degrees

    縫合しています。ここでもゆっくりと基本に忠実に、アタックアングルを90度にして

  • to the tissue, consistent spacing, depth, and tail length when you cut. Now is also

    を組織に合わせて、カットしたときの間隔や深さ、テールの長さを一定にしています。また、今は

  • the time to practice instrument ties, which is where you tie knots using the needle driver.

    は、ニードルドライバーを使って結び目を作る「インストゥルメントタイ」を練習する時間です。

  • You'll then advance to other suturing techniques, including running subcuticular, deep dermals,

    その後、皮下や深部真皮の走行など、他の縫合技術に進みます。

  • vertical mattress, horizontal mattress, and more.

    垂直方向のマットレス、水平方向のマットレス、など。

  • As I've covered on my Kevin Jubbal, M.D. channel, you should also be able to palm a needle driver.

    私のKevin Jubbal, M.D.チャンネルでも紹介しましたが、ニードルドライバーのパームもできるようにしておきましょう。

  • Inserting your fingers into the finger holes is actually slower and limits your range of

    フィンガーホールに指を入れると、かえって動きが鈍くなり、指の可動域が狭くなります。

  • motion. Palming the needle driver is a pro move that allows for better control, efficiency

    の動きを見てみましょう。ニードルドライバーをパーミングすることは、より良いコントロールと効率を可能にするプロの技です。

  • of movement, and speed. As you get more comfortable with these various

    の動き、そしてスピード。これらの様々なことに慣れてくると

  • tools, you can practice flipping them backwards into your palm so you can still user your

    ツールを裏返して手のひらに乗せる練習をすると、自分の手のひらを使うことができます。

  • thumb, index, and middle finger for other movements. Again, the operating room is all

    親指、人差し指、中指で他の動きをする。繰り返しになりますが、手術室はすべて

  • about efficiency of movement, and saving a few seconds by flipping the tool into your

    動きの効率化や、ツールを自分の中に反転させて数秒を節約することなどが挙げられます。

  • palm rather than placing it down is another small way to further optimize.

    置いておくのではなく、手のひらに乗せておくというのも、小さな最適化の方法です。

  • Dexterity isn't something you're necessarily born with or not. Like with most things in

    器用さは、必ずしも生まれつきのものではありません。ほとんどのものがそうであるように

  • life, it's something you can practice and improve. The techniques we've already covered

    人生において、それは練習して向上させることができるものです。すでに取り上げたテクニック

  • will be the primary drivers of improvements in the operating room. However, if you're

    は、手術室の改善の主な原動力となるでしょう。しかし、もしあなたが

  • hardcore and want to optimize even further, here are some additional considerations.

    筋金入りで、さらに最適化を図りたい場合は、以下のような点に注意してください。

  • First, your non-dominant hand is likely far less dextrous than your dominant hand. Most

    まず、利き手ではない方の手は、利き手よりもはるかに器用ではないと思われます。ほとんどの場合

  • of us aren't ambidextrous, but again we can train ourselves to have greater control of

    私たちは両手利きではありませんが、訓練することで、両手をより自由に使えるようになります。

  • our non-dominant hand. I'm right-handed, so to address this, I would brush my teeth or

    利き手ではない方の手です。私は右利きなので、これに対応するために、歯磨きや

  • pick up and open items with my left hand. Second, if you have hobbies that require precision

    左手で物を拾ったり、開けたりすることができます。次に、精密さを必要とする趣味をお持ちの方は

  • and dexterity, lean into them. Some of my favorites have been origami, sketching, painting,

    と器用に、身を乗り出しています。私のお気に入りは、折り紙、スケッチ、絵画などです。

  • and building small model cars. I'm excited to announce we have a new merch

    と小さなモデルカーを作っています。新しいマーチャンダイジングを発表できることを嬉しく思います。

  • store, including new merch for #SaveOurDoctors and Statistics Apply to Populations, Not to

    ストアでは、「#SaveOurDoctors」や「Statistics Apply to Populations, Not to to Go」などの新商品を販売しています。

  • Individuals. Check out merch.medschoolinsiders.com. Much love, and I'll see you guys there.

    個人の方へ。merchandising.medschoolinsiders.comをチェックしてみてください。愛を込めて、会場でお会いしましょう。

Surgeons are masters of their craft, using their hands and tools to cure ailments with

外科医は、自分の手と道具を使って病気を治す、その道の達人です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 手術 練習 技術 外科 器用 スキル

手術の器用さを向上させる方法|外科医を目指す人のためのガイド (How to Improve Surgical Dexterity | Guide for Aspiring Surgeons)

  • 5 0
    Summer に公開 2021 年 10 月 09 日
動画の中の単語