Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hello, everyone. I'm Jade. We're talking about commonly mispronounced words today in this

    皆さん、こんにちは。私はジェイドです。今日はこの中でよくある誤発音の単語について話しています

  • pronounciation lesson. No, pronunciation lesson. So I'm going to mention words that people

    発音レッスン。いや、発音レッスンです。ということで、人が使う単語について言及します。

  • say in the wrong way sometimes, maybe because they're not easy to read these words or maybe

    と言い方を間違えることがあるのは、この言葉が読みづらいからかもしれません。

  • because a lot of people say them wrong, therefore, you learnt to say them in a way that's wrong.

    多くの人が間違った言い方をしているから、それゆえに、あなたは間違った言い方を覚えてしまったのです。

  • The first things we're going to look at are not words, they're letters. I'm telling you

    まず最初に見るのは言葉ではなく文字です。私が言っているのは

  • this because I've mentioned this before in videos that sometimes in Britain, you're judged.

    これは前にも動画で触れたことがあるので、イギリスではたまに裁かれることがあります。

  • No, you're always judged by your language in Britain. So when you say these letters,

    いや、イギリスではいつも言葉で判断されるんですよね。だから、これらの文字を言うとき

  • some people will listen to how you say those letters and they'll judge you if you say it

    曰く付きは人の耳に入り、曰く付きは人の耳に入る

  • in the wrong way, and they're like: "Oh, you're not educated", or: "Oh, that's very common",

    間違った言い方をすると、彼らは"あ、教養がないんだな "とか"ああ、それはよくあることだ "と。

  • as in not being... Having the right parents and the right kind of background.

    違っていても...正しい両親と正しい経歴を持っていること。

  • So, the first letter, a lot of people say: "haitch", with a "ha" sound, but according

    だから、最初の文字、多くの人が言います。"ha "の音で "haitch" と言う人が多いですが

  • to people who decide these things, you're not meant to say: "haitch", you're meant to

    こういう事を決める人たちには、「ヘイト」と言う意味ではなく"ヘッチ "と言うのではなくて

  • say without it: "aitch", according to them, so there you go. And what about this letter?

    なくてもいいと言う。"アッチ "と言うのだそうだ、それでいい。この手紙はどうですか?

  • How do you say this letter? Do you say: "dubya"? Well, this one is meant to be: "double-u".

    この手紙はどのように言うのですか?あなたはどう言うの?"ダブヤ"?これは、このような意味になります。"ダブル・ウ"

  • So we're going to cross those ones out.

    だから、それらのものを除外する。

  • Moving on, some of them are tricks because the verb for this is: "pronounced." We "pronounce"

    次のステップに進むと、いくつかのトリックがあります。これの動詞は "発音 "です。"発音する"私たちは "発音する"

  • words, but when we say the noun, it changes; it becomes: "pronunciation." And I've had

    単語は、私たちが言うときには、名詞が変化しますが、それは「発音」になります。"発音 "になりますそして、私には

  • people say things to me in my videos before: "Oh, you're saying that word wrong." Well,

    前に動画で言われたことがあります"その言葉は間違っている"そうだな

  • no, no, I know that I'm not. You're wrong. Okay? I know you're wrong. Trust me on that

    いえいえ、そうではないことはわかっています。あなたは間違っている。そうだろ?間違ってるのは分かってる信じてくれ

  • one. So now you know. Okay? You can do that to other people when they tell you you're

    1つこれで分かったわねいいですか?他の人があなたに言った時に

  • wrong because it's like you've got... When someone does that, you can say: "You've got

    間違っているのは、あなたが持っているようなものだからです。誰かがそんなことをした時に、あなたはこう言うことができます。"You've got

  • egg on your face." Okay? "You're wrong because you tried to tell me I was wrong, but in fact,

    "顔に卵をつけて"いいか?"私が間違っていると言おうとしたから間違っているのであって、実際には。

  • you were wrong. Now you've got egg on your face." So anyway, "pronunciation."

    あなたは間違っていた"今、あなたの顔には卵がついている"とにかく "発音 "だ

  • This one, it's a hard word to spell. So I can hear creative... This is... Wouldn't be

    これは、綴りが難しい言葉ですね。だから創造的な言葉が聞ける...これは...これは...

  • a native speaker on this one. Creative interpretations of this word, let's say that, usually like:

    ネイティブスピーカーに聞いてみましょうこの言葉の創造的な解釈は 普通に言ってみましょう 好きなように

  • "ton-gu" or something. Sounds like a game that you can play, but "ton-gu" is not right.

    "とんとんぐ」とかゲームのように聞こえるが、「とんぐ」は正しくない。

  • It's: "tongue", that's a bit weird, I'm not going to do that in my video.

    それは"ベロ"、それはちょっと気持ち悪いですね、私の動画ではそんなことはしません。

  • Looking at this word now: "height". I think this one breaks our expectations, you could

    今、この言葉を見ていると"高さ"これは私たちの期待を裏切るものだと思います。

  • say, because the other words related to it: "width", "length", have the "th" sound. "Width",

    と言うのは、それに関連する他の単語があるからです。"幅", "長さ" は "th" の音を持っています"幅 "だと

  • "length". This one, not spelt the same way, doesn't have the same sound. So it should

    "長さ"これは同じスペルではありませんが 同じ音を持っていますということで

  • be: "height", "height", not: "heigth", a lot of people say: "heigth". Wrong. Right: "height"

    になります。"身長"、"身長 "ではなく"heigth"、多くの人が言っています。"heigth "です。間違っています。正しい: "身長"

  • with a "t". So it's the exception, it doesn't... Doesn't go with "width" or "length". Are there

    を使っています。だから例外として、それは幅」や「長さ」と合わないがあるのでしょうか?

  • any others? "Depth", "depth", oh, that's hard for me to say. "Depth", too hard for me to say.

    他には?"深み "とか "深み "とか言いにくいな"深さ "とは言い難い

  • Looking at the next word now, a non... A non-native mistake: "suit", "suit". Some people say:

    今、次の単語を見てみると、ノン...非ネイティブの間違い:「スーツ」「スーツ」。と言う人もいます。

  • "suite", "suite", all kinds of wrong pronunciations for that one. Thing to remember there is it's

    "スイート "とか "スイート "とか 間違った発音が多いんだそこで覚えておきたいのは

  • the long "u" sound, "oo", "suit", "suit".

    長い「う」の音、「お」「スーツ」「スーツ」。

  • Then it seems like there are a lot of issues with the "p" words in pronunciation. These

    そうすると、発音の「p」の単語に問題が多いように思えます。これらの

  • words here, I'll talk about them together because it's the same issue. "Prescription",

    ここでの言葉、同じ問題なので一緒に話します。"処方箋"

  • "prerogative", they're spelt "pre", both of them, but the first syllable sounds like this...

    "prerogative "は "pre "と綴られています どちらもですが、最初の音節はこのように聞こえます...

  • Well, actually: "prescription", but a lot of people say it like this: "perscription".

    まあ、実際には。"処方箋 "ですが 多くの人はこう言います"perscription"

  • And I think that happens because they're putting the stress in the different place. They're

    そうなるのは違う場所に ストレスを溜め込んでいるからだと思います彼らは

  • putting the stress here and making that a schwa, "perscription". Okay? So a lot of people

    ここにストレスをかけて、それをシュワにして、"仮植 "にします。いいですか?だから多くの人は

  • say that. And a lot of people would say: "perogative", not necessarily because they don't know how

    と言うでしょう。そして多くの人が言うであろう"perogative "は、必ずしもどのように

  • to spell the words, but because that to them is a schwa. But anyway, the stress is meant

    単語を綴るために、しかし、それらには schwa であるため。しかし、とにかく、ストレスが意味するのは

  • to be on the second syllable in those words, so it should be like: "prescription" and "prerogative".

    はそれらの単語の第二音節にあるので、次のようになるはずです。"時効 "と "特権 "のようなものです

  • "Prescription" is when you... When you go to the doctor and need some medicine, the

    "処方箋 "というのは...。お医者さんに行って薬が必要になったときに

  • doctor will give you a prescription and you can go and get your medicine. "Prerogative",

    医師が処方箋を出してくれるので、薬をもらいに行くことができます。"プレロゲイション"

  • that's a difficult word, might not be something you know. It's sometimes used in a phrase:

    難しい言葉ですね、知っているようで知らない言葉かもしれません。フレーズの中で使われることもあります

  • "That's your prerogative", and it basically means: "That's your decision, you can decide

    "That's your prerogative" と基本的には意味があります。"That's your decision, you can decide

  • and do what you want." Quite a formal word. And it means something that is your decision

    "好きなようにしなさい"かなりフォーマルな言葉ですそして、それはあなたが決めたことを意味します

  • to make. Okay? You're allowed to make that decision, that's your prerogative.

    作るんだいいですか?君が決めることは許されている それは君の特権だ

  • The next one is a confusion between two almost identical words. The first one is: "prostate"

    次のものは、ほぼ同じ言葉を2つ並べたときの混同です。最初のものは"前立腺"

  • and the second one is: "prostrate". So the difference is the "r" here, but people confuse

    で、2つ目は"prostrate "です。違いはここでは "r "ですが、人々は

  • these words a lot because "prostrate" is a formal word for... To lie down or to be lying

    "prostrate "は正式な言葉だからです。横たわる、あるいは横たわる

  • down, formal, whereas "prostate" is this sort of medical word for male balls, basically.

    フォーマルなダウンであるのに対し、「前立腺」はこの手の医学用語で、基本的には男性の睾丸のことを指します。

  • So some... Like a man can get prostate cancer, but many people say... Talk about prostrate

    だから...前立腺がんになる人もいますが、多くの人は...前立腺の話をすると

  • cancer, they put the "r" in there because they're confused. So, yeah, this one just

    癌の場合は "r "を入れているのは 混乱しているからだだから、ええ、これは

  • remember is associated with men and it's a medical word and there's no "r" so it should

    rememberは男性に関連していて、医学用語であり、"r "がないので、それが必要です。

  • be: "prostate" with no "r" sound.

    である。"前立腺」で「r」の音がない。

  • What happens when you go to the coffee shop in an English speaking country? Do you ask

    英語圏のコーヒーショップに行くとどうなりますか?と聞くのでしょうか?

  • for an "espresso" or do you ask for an-I'm running out of space. Maybe I don't need to

    "エスプレッソ "を頼むのか、それとも "エスプレッソ "を頼むのか......スペースが足りない。多分、私は必要ないと思います

  • write it-"expresso"? A lot of people do the pronunciation with "x", "expresso". "I want

    と書くと "expresso"?多くの人が "x" "expresso" と発音しています"I want

  • an expresso." But it's more elegant to pronounce this word with an "s", "espresso", "espresso".

    "エスプレッソ"でも、この単語は "s "をつけて発音した方がエレガントです。"エスプレッソ" "espresso" "エスプレッソ

  • And looking at the last word in the list here: "business" is that word, but sometimes people

    そして、ここで最後の言葉を見てみると"ビジネス "はその言葉ですが、時々人は

  • are confused by the "i" in there. And if you're the kind of person who pronounces words based

    はそこにある "i "で混乱していますそして、もしあなたが単語を発音するような人であれば

  • on just what you see, which would make sense, actually, I can see why you're doing that...

    あなたが見ているものだけで、それは理にかなっていると思いますが、実際には、あなたがそれをしている理由がわかります...

  • But it's not "business", sometimes hear: "business". "Let's get down to business." Doesn't sound very good.

    しかし、それは "ビジネス "ではありません、時々耳にします。"ビジネス "とは"本題に入りましょう"あまりいい響きじゃないな

  • Here's a little list of the most commonly pronounced... Commonly mispronounced silent

    よく発音されるものを少しだけご紹介します。よくある誤発音のサイレント

  • letter words in English. So I get in situations sometimes with... Actually, I don't... I don't

    英語の文字の単語ですだから、私は時々、状況に遭遇します...実は、私は...私はしません。

  • correct people outside of lessons. If someone I know in my personal life has asked me to

    レッスン以外で人を正す私生活で知り合った人に頼まれたら

  • correct them if they make a mistake, I will. But in general, I don't correct people because

    間違えたら訂正しますしかし、一般的には、私は人を矯正しません。

  • it can be impolite.

    失礼になることがあります。

  • So, so often even with like really, really, really advanced speakers of English who like

    だから、本当に、本当に、本当に、本当に、英語が好きな上級者でも、よくあることです。

  • speak English all the time in their lives basically, because they've been speaking it

    英語を話していたので、基本的には生活の中でずっと英語を話しています。

  • so long, they make mistakes with these words, like this one: "iron". We don't... We don't

    限り、彼らはこのような言葉で 間違いを犯す。"鉄"私たちは...私たちは...

  • say the "r". Well, how do I say that? We don't say the "r", it's just like that: "iron".

    と言うと「R」と言う。どう言えばいいの?私たちは "r "とは言いません、そんな感じです。"鉄"

  • This one, if you're having a fight, not many people use these for a fight nowadays, but

    これ、喧嘩しても今時これを使っている人はあまりいないけど

  • it's a kind of weapon: "sword", silent "w". What about this one? When you buy something

    武器の一種である「剣」、無音の「w」。これはどうでしょうか?何かを買うときに

  • in the shop, they give you a "receipt", no "p". Also, I should mention about this word,

    店頭では「レシート」を渡され、「プ」ではなく「レシート」を渡されます。また この言葉についても触れておかなければなりません

  • that very often people confuse it with "recipe". "Recipe" is to do with cooking. That's meant

    "レシピ "と混同されることが非常に多いです。"レシピ "は料理をすることですという意味です。

  • to be some... That's meant to be something you cook with and they don't know why.

    何かを...それはあなたが料理をすることを意味していて 彼らは理由を知りません

  • That's the worst drawing in the world. Anyway, "recipe" is to do with cooking,

    最悪の絵ですね。とにかく「レシピ」とは料理をすることです。

  • and "receipt" is to do with buying things.

    と「レシート」は物を買うときにするものです。

  • And this word: "subtle", it means something that is difficult to notice a detail that,

    そして、この言葉:「微妙」、それは何かの詳細に気付きにくいものを意味します。

  • you know, you may miss because it's difficult to notice. "Subtle", silent "b", not: "subtle"

    あなたが知っていても、気づきにくいので見逃してしまうかもしれません。"微妙"、無言の "B"、ではない"微妙"

  • or something like that.

    みたいなことを言っていました。

  • Let's look at words that not... Are not mispronounced, they're just not words. So, we'll talk about

    単語を見てみましょう...誤発音されない単語を見てみましょうでは、次の話をしましょう

  • why. So we've got: "interpretate", similar to-oh, it's not going to fit there. Is it?-"interpretation",

    なぜだ?ということで"interpretate "に似ていますね...ああ、そこには収まりませんね。そうですか?"interpretate"

  • "in-te-pre-ta-tion" or the verb is: "interpret", "in-ter-pret". So, I can see where that comes

    "in-te-pre-ta-tion "とか動詞は:"interpretate" "in-ter-pretret "ですねということで、どこから来るのかというと

  • from. It's not actually a word. A lot of people make that mistake.

    からです。実際には言葉ではありません。多くの人がその間違いをします

  • What about: "unpossible"? When we make words to show the opposite, sometimes we use...

    どうなんですか?"不可能 "は?反対のことを表す言葉を作るときには、時々使うことがありますが...

  • Sometimes we use: "un", sometimes we use: "dis", sometimes we use: "im". So that one's

    時々使うことがあります。"un "を使うこともあれば、"dis "を使うこともあります。"dis "を使うこともあれば、"im "を使うこともあります。"イム "を使うこともありますということは、その1つの

  • just a case of people using the wrong prefix on the word. Should be: "impossible", "impossible".

    ただ単語の前に間違った接頭辞を使っている人がいるだけです。そうあるべきです。"ありえない"、"ありえない"

  • Something is impossible, you can't do it.

    何かが不可能なのは、あなたにはできないことです。

  • And next example: "unhonest". Again, same kind of mistake. We don't say: "unhonest",

    そして次の例。"誠実でない"またしても同じような間違いです。我々は言わない"unhonest "とは言いません。

  • we actually use: "dis" in this case. Someone is a "dishonest" person, is a liar. Bad liar.

    実際に使っていますこの場合の "dis "ですある人は「不誠実な」人で、嘘つきです。不誠実な嘘つき。

  • Dishonest person. Which brings me to the last one. A lot of people make mistake with this

    不誠実な人これで最後の1つにたどり着きます多くの人がこれで間違える

  • because we... Maybe you don't... Yeah, we use the prefix: "im" with "p" words, so there's

    なぜなら...そうじゃないかもしれないけど...ええ、私たちは接頭辞を使います。"イム "に "プ "を付けて使うから、

  • another "im" example: "impolite".

    もう一つの "im "の例です"無礼な"

  • Which brings me back to the fact of something I said earlier. I didn't want to be impolite

    さっき言ったことに戻るよ失礼なことはしたくなかったのですが

  • when I was talking about this word: "prostate", because it's a gland. Something up here in

    この言葉について話していた時に "前立腺 "と言いました 腺だからですこの中の何か

  • a man and you can... You can get problems with it. So, yeah, that's why people make

    男の人とあなたは問題になることもあるでしょう。だから、ええ、それが人々が作る理由です。

  • mistakes sometimes. They say: "prostrate problems", not: "prostate", "prostate". Okay? So, commonly

    ミスをすることがあります。彼らは言います"prostrate problems "ではなく"前立腺 "ではなく "前立腺 "ですいいですか?だから、一般的には

  • mispronounced words, we've got more in a sec. Join me for the next commonly mispronounced words.

    誤発音された言葉、もっとあるよ。次の一般的な誤発音された単語のために私に参加してください。

  • Let's have a look now at French words which have come into the English language, but because

    英語に入ってきたフランス語の単語を見てみましょう。

  • of that, we pronounce... We pronounce them incorrectly much of the time because we don't

    そのうち、私たちが発音するのは...私たちは間違った発音をすることが多いです。

  • know how to say these French words with their different pronunciation. So, let's take a

    これらのフランス語の発音の違いによる言い方を知っています。では、次のようにしましょう。

  • look at this word. This word is: "quay" and this is a place where boats come. Boats come.

    この言葉を見てください。この言葉は:"岸壁 "で ここはボートが来る場所です船が来る

  • This is a boat, believe it or not, and this is the water. Boats come to the quay so that

    これはボート、信じられないかもしれませんが、これは水です。ボートは岸壁に来るので

  • they can stop and let off their cargo I guess. It's a little bit different to a port, but

    停車して荷物を降ろすことができるんだと思います港とは少し違いますが

  • anyway, "quay" with a "k" sound. When something has "qu", it can take the "k" sound. People

    とにかく、"k "の音を持つ "quay"。何かが "qu "を持っていると "k "の音を取ることができます人は

  • might not know how to say it when they first see that word.

    初めてその言葉を目にしたとき、どう言っていいのかわからないかもしれません。

  • Moving on, a lot of French words that are in English have something to do with authority,

    次に、英語にあるフランス語の単語の多くは、権威と関係があります。

  • power, military, and things like that and that's because... Well, I don't know why,

    権力とか軍事とか、そういうものがあって、それが原因でまあ、理由はわかりませんが。

  • but this is... These mean... Lots of the words in English come from French are to do with

    でも、これは...これらの意味は...英語の単語の多くはフランス語から来ています。

  • authority, military, and stuff like that. So, what about this word? This is a rank in

    権威とか軍隊とか、そんな感じです。では、この言葉はどうでしょうか?のランクです。

  • the military or the army: "colonel"? No, it's not: "colonel". It's "er", so even though

    軍隊や陸軍の"大佐"?いいえ、そうではありません。"大佐 "だ"er "だから、たとえ

  • it's "olo" here, it becomes "er". "Kernel", "colonel". Sounds very different maybe to

    ここでは "オロ "だと "エル "になります。"カーネル" "大佐"とはかなり違うように聞こえるかもしれません。

  • what you expect it to be.

    あなたが期待しているもの

  • Moving on, this word gives me a little bit of pain when I see it because I remember when

    この言葉を見た時には、少し苦しくなりました。

  • I was at university, I was reading something out loud to the class and I could see this

    大学の時、授業で何かを声に出して読んでいたら、こんなのが出てきました。

  • word coming. I don't know if you're like me, if you're reading to people, you sort of see

    言葉が来る私のように人に読み聞かせをしている人は、ある種の

  • what's coming. I see this word coming and I as like: "Oh, I'm not sure how to say it",

    何が来るのかこの言葉が来るのを見て 私は好きなように見ています"ああ どう言えばいいのか分からない "という感じです

  • because I wasn't sure of two pronunciations. Is it: "marquis" or is it: "marquis"? And

    2つの発音がわからなかったからです。それは"marquis "か、それとも"marquis "なのか?とか、「侯爵」と「侯爵」とか。

  • I didn't want to read something wrong in front of my English literature class where we're...

    英文学の授業の前で間違ったものを読みたくなかったんだ...

  • Where we're all supposed to know how to read.

    読み方を知っているはずの場所で

  • So, anyway, I decided that I would stop and just say: "Oh, I'm not sure if it's marquis

    ということで、とりあえず、立ち止まって言ってみることにしました。"あ、マルキかな?

  • or marquis", just to cover each option. And this girl was like: "Haha, you don't know

    または侯爵」、ちょうど各オプションをカバーするために。そして、この女の子は"はっはっはっは、あなたは知らないのね

  • how to say it", like saying as if I'm like the most stupid person in the class and it

    クラスで一番頭の悪い人のような言い方をして、それを

  • was really mean, and it was really, really upsetting.

    は本当に意地悪で、本当に動揺していました。

  • Anyway, later I went and checked it and found out that you can say it either way. Well,

    とにかく、あとで調べてみたら、どっちでも言っていいということがわかりました。まあ、そうですね。

  • no, I found out people do say it either way, but the French pronunciation is: "marquis",

    いや、どっちもどっちと言う人がいることがわかったんだけど、フランス語の発音は「侯爵」なんだ。

  • whereas let's say according to the dictionary, the standard pronunciation of that in English

    辞書によると、英語での標準的な発音は

  • is: "markwis". So that's probably the kind of thing that will matter if you are in very

    だろうな"マークウィス"ということで、おそらくそれは非常に

  • aristocratic circles. If you're not, you might not... It might not be a really awful thing

    貴族の世界そうでない人は、もしかしたら本当にひどいものではないかもしれません

  • for you that you confuse the pronunciation of that.

    あなたはその発音を混同していることをあなたのために。

  • Moving on: "viscount", and I should say this word as well: "marquis", they are titles that

    移動します"子爵" この言葉も言うべきだな"侯爵 "と言うべきでしょう

  • aristocracy have. "Viscount" is somebody... Is a man who did something, I don't know what

    貴族が持っている"子爵 "は誰か...何かをした人です 何をしたのかは知りませんが

  • they did especially, but we say: "vicount", even though it's "vis" here. So we don't say:

    彼らは特にしましたが、我々は言います"vicount" と言います ここでは "vis" であるにもかかわらずですだから私たちは言いません

  • "viscount", that's wrong. It's "ai", "viscount".

    "子爵 "は間違ってる"ai "で "子爵 "だ

  • Moving on, we have a different pronunciation for this word in American English and British

    アメリカ英語とイギリス英語では、この単語の発音が異なります。

  • English. It makes sense in American English because I can read the word and say it correctly.

    英語です。アメリカ英語では単語を読んで正しく言うことができるので意味があります。

  • "Lieutenant", okay? American English. But in English English, we need to make it a little

    "中尉 "だアメリカ英語です。でも、英語の英語では、もう少し

  • bit more difficult, so we say: "leftenant". I don't know why it comes out so different,

    ちょっと難しいので"leftenant"なぜこんなにも違う言葉が出てくるのかわかりません。

  • but it's really confusing. If you want to pronounce it correctly, you can make a mistake there.

    と言っても、本当に紛らわしいです。正しく発音しようと思えば、そこで間違えてしまうこともあります。

  • Another lot of French words that we have in English are to do with restaurants. That's

    もう一つのフランス語の単語は、レストランでやることが多いですね。それは

  • probably because we got a lot of our food culture from France. We didn't have our own

    おそらくフランスの食文化を 受け継いだからでしょう私たちは自分たちの

  • restaurant culture here and we adopted a lot of French cooking, methods and things like

    ここではレストラン文化があり、フランス料理や調理法などを多く取り入れています。

  • that, so these words came into English from French. When you go to a restaurant and you

    ということで、これらの言葉はフランス語から英語になりました。レストランに行って

  • get these like little, little things to try at the beginning of your meal, they are called:

    これらのような小さな、あなたの食事の最初にしようとする小さなものを得る、彼らは呼ばれています。

  • "hor d'oeuvres", singular: "hor d'oeuvre". Right. Doesn't sound anything like the way

    "hor d'oeuvre "単数形で"hor d'oeuvre"そうだな何の音もしない

  • it's written there. If you didn't... If you haven't seen that word before written down, you

    そこに書いてある書かれていなかったら...その言葉が書かれているのを見たことがなければ

  • could get it written wrong. You might say: "hors d'oeuvre". "Can I have some hors d'oeuvre,

    書き間違えてしまう可能性があります。あなたはこう言うかもしれない"オードブル "と言うかもしれない"Can I have some hors d'oeuveuvre.

  • please?" And that wouldn't sound like you knew what you were doing in the restaurant.

    "お願いします"レストランで何をしていたか 知っているようには聞こえないだろう

  • It should be: "hor d'oeuvre" or: "hor d'oeuvres".

    そうでなければならない"hor d'oeuvre" または: "hor d'oeuvres "です。

  • And then lastly, let's look at the word: "queue". What do British people love to do? They love

    そして最後に「キュー」という言葉を見てみましょう。イギリス人は何が好きなのでしょうか?彼らが好きなのは

  • to "queue", love standing in a line. Wherever we go, if I see some people queuing, I just

    行列に並ぶのが大好きです。どこに行っても、何人かの人が並んでいるのを見たら、私はただ

  • have a need to join them, to get behind them and just wait there a while, and see what

    彼らの後ろについていく必要があり、しばらくそこで待っていたいと思っています。

  • happens. Because it's a "qu" word, it can be hard to pronounce. So, again, the "qu"

    が発生します。"ク "の単語なので 発音が難しいことがありますなので、またしても「ク」の

  • words taking the "k" sound: "queue", and it's just one syllable: "queue".

    "k "の音を取る言葉"queue" と一音節だけです"queue "です

  • Let's take a look at this sentence I've got here. There are some pronunciation errors

    ここにある文章を見てみましょう。発音の間違いがあります

  • in here. Let's have a look. Let's correct it. So I'll say it in a wrong way, and then

    ここで見てみましょう訂正してみましょう。ということで、間違った言い方をして

  • we'll go through and we'll make some changes. "The unhonest viscount bought a sword but

    私たちは、いくつかの変更をします。"不誠実な子爵は剣を買ったが

  • didn't want a receipt." So how can we change that? Do you remember the word that's not

    "領収書が欲しくなかった"では、それを変えるにはどうすればいいのでしょうか?という言葉を覚えていますか?

  • a word? It's not a word, but we can say: "dishonest". What was wrong with "viscount"? We actually

    一言?言葉ではありませんが言えることです。"不誠実な"子爵」の何がいけなかったのでしょうか?私たちは実際に

  • use a different vowel there, it's "i". What's wrong with this word: "sword?" Silent letter.

    母音が違うから "i "なんだよこの単語のどこが悪いんだ?"剣?"無音の文字だ

  • What's wrong with this word: "receipt"? Another silent letter. There you go.

    この言葉の何がいけないのか:「領収書」。また無言の手紙かこれだよ

  • Yeah, so there are the general words that we've covered today that I'll often hear people

    今日取り上げた一般的な言葉の中で、私がよく耳にするのは

  • mispronounce. If you want to follow-up on this lesson, please go to the engVid site,

    を間違えて発音してしまいます。このレッスンのフォローアップをしたい方はengVidのサイトをご覧ください。

  • do the quiz on this lesson. And before you go, subscribe here because you can see more

    このレッスンのクイズをしてみてください。行く前に、ここで購読してください。

  • of my lessons, not just on pronunciation, but other things about learning English, English

    私のレッスンでは、発音だけでなく、その他の英語学習に関すること、英語

  • words, all kinds of things

    ことばもろもろ

  • come back soon, but for now, I'm going to use my sword and have a fight with a viscount. Ha!

    すぐに戻ってくるが 今は剣を使って 子爵と戦うつもりだはっ!

Hello, everyone. I'm Jade. We're talking about commonly mispronounced words today in this

皆さん、こんにちは。私はジェイドです。今日はこの中でよくある誤発音の単語について話しています

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 発音 言葉 単語 英語 前立 フランス

ネイティブスピーカーのように聞こえる発音上級者向け

  • 18990 1922
    Hang-quei Chiu に公開 2014 年 08 月 24 日
動画の中の単語