Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Whether you buy an iPhone, MacBook, or iMac, you'll find that they come with Apple stickers.

    iPhone、MacBook、iMac のいずれを購入しても、Apple ロゴのステッカーが付いてきますよね。

  • And this has caused people to wonder why, which is what I'll explain right now.

    なぜだろうと、気になるかもしれませんね。その理由について説明していきたいと思います。

  • So, Apple has one of the most loyal fan bases in the world, and this has been the case even as far back as 1984 when the original Macintosh was introduced.

    Apple 社には世界で最も忠実なファンが存在し、それは初代 Macintosh が発売された1984年にまで遡ることができます。

  • In fact, when Apple was on the brink of bankruptcy in the '90s, devoted Apple fans reportedly hung around the Mac section of computer stores and recommended them to shoppers.

    実は、90年代 Apple が倒産の危機に瀕した際、熱心な Apple ファンがパソコンショップのMacコーナーに出没し、買い物客に勧めていたといいます。

  • This brand loyalty is fairly unique to Apple, since other tech companies, like Microsoft or Google, don't have such a dedicated following.

    このようなブランドロイヤリティは、Apple にかなり特有のもので、マイクロソフトやグーグルなどの他のハイテク企業には、このような熱心なファンはいないでしょう。

  • Apple recognized this was a competitive advantage and did everything they could to strengthen their fan base.

    Apple はこの点を競争上の優位性と認識し、ファン層の強化に全力を尽くしてきました。

  • And Apple stickers were a result of that effort, allowing their users to display their favorite brand, similar to wearing a shirt featuring your favorite band.

    その結果として生まれたのが Apple のステッカーです。ステッカーを通して、ユーザーは好きなバンドのシャツを着るように、自分の好きなハイテクのブランドを展示することができます。

  • Although most people today buying iPhones probably feel indifferent toward Apple, the company wasn't always this popular.

    現在、iPhoneを購入している人の多くは、Apple に対して無関心であると思われますが、かつてはこれほどまでに人気があったわけではなかったのです。

  • In fact, Apple used to be the little guy, the only company with a chance to defeat IBM, who was trying to monopolize the entire computer market.

    かつて Apple は、コンピューター市場を独占しようとしていた IBM に対抗できる唯一の企業であり、小さな企業でした。

  • So showing your support for Apple by displaying their stickers was a signal to others that you were rooting for the underdog.



    つまり、Apple のステッカーを貼って応援していることは、他の人に「負け犬を応援している」というシグナルだったのです。



  • But as Apple grew, so did their marketing.

    しかし、Apple の成長とともに、マーケティングも成長していました。

  • They eventually went on to create popular products like the iPod, and the MacBook became one of the most popular notebooks among students.

    その後、iPod などの人気製品を生み出し、また MacBook は学生の間で最も人気のあるノートブックの一つとなりました。

  • Apple weren't really the underdogs anymore, so they became the cool kids instead.

    Apple は、もはや負け犬ではなく、かっこいいキッズのような存在になっていました。

  • Just consider the "Get a Mac" ad campaign from 2006.

    2006年に行われた「Get a Mac」という広告キャンペーンを考えてみてください。

  • The two characters served as humanized versions of a Mac and PC.

    この2人のキャラクターは、MacとPCを人間化したようなものでした。

  • One was hip, cool, and casual, while the other was a bit nerdy, overdressed, and uptight.

    一人はヒップでクールでカジュアル、もう一人はちょっとオタクっぽくて着飾りすぎていてお堅い感じです。

  • This was Apple telling customers that their computer determined their identity.

    これは、Apple がお客様に「コンピュータが自分のアイデンティティを定義している」と伝えていたものです。

  • And if you wanted to be cool, you had to buy a Mac.

    かっこよくなりたければ、Mac を買わなければなりませんでした。

  • Including Apple stickers with those products further reinforced the notion of brand identity, since they could be displayed almost like a badge of honor that designated you part of the cool "Apple club".

    このように、製品に Apple のステッカーを貼ることで、「Apple Club」の一員であることを示すバッジのようなものとして、ブランドアイデンティティを強化していったのです。

  • But whether you use the stickers out of love for the brand or because it's cool, it all results in one thing: free advertising for Apple.

    しかし、ブランドへの愛情からステッカーを使おうが、かっこいいから使おうが、結果的には Apple の無料広告になるのです。

  • In the early days, word of mouth was what caused the Apple I to be a big hit among computer hobbyists.

    初期の頃、コンピューターを趣味とする人たちの間で Apple I が大ヒットしたのは、口コミのおかげでした。

  • And it allowed hype to build around the Apple II and Macintosh.

    そして、Apple IIやMacintoshを中心とした誇大広告ができました。

  • Apple has always understood that organic word-of-mouth marketing is the most valuable form of advertising.

    Apple は、原始的な口コミマーケティングが最も価値のある広告形態であることを常に理解しています。

  • Hearing a family member rave about their new MacBook Air leaves a much bigger impact than glancing at the product in a TV ad.

    家族の誰かが新しい MacBook Air を絶賛しているのを聞くと、テレビ広告で製品をちらっと見るよりもはるかに大きなインパクトを受けるでしょう。

  • And seeing multiple people around you with Apple stickers provides social proof that there must be something good about their products if so many people are proud to be users.

    また、周りの人が Apple のステッカーを貼っているのを見ると、多くの人が誇りを持って Apple 製品を使っているということは、何か良いことがあるに違いないとの社会的な証明になるでしょう。

  • So while you can always throw the stickers away, many of us Apple fans like to keep them around as a reminder of the products we love.

    捨ててしまってもいいのですが、たくさんの Apple ファンは、大好きな製品を思い出せるようにステッカーを手元に置いておきたいのですよ。

  • This is Greg with Apple Explained, thanks for watching till the end, and I'll see you in the next video.

    Apple Explained のグレッグです。最後までご覧いただきありがとうございました。また次の動画で会いましょう。

Whether you buy an iPhone, MacBook, or iMac, you'll find that they come with Apple stickers.

iPhone、MacBook、iMac のいずれを購入しても、Apple ロゴのステッカーが付いてきますよね。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 apple ステッカー 広告 ブランド 製品 mac

【豆知識】Apple 製品にステッカーが付くことに気付いてる?その理由は「これ」!

  • 441 32
    Julianne Sung に公開 2021 年 10 月 29 日
動画の中の単語