Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • This is a checkup for subjective pronouns and 'be' verbs.

    主観的な代名詞や「be」動詞のチェックを行います。

  • Let's take a look at the board.

    盤面の様子を見てみましょう。

  • The first sentence.

    最初の文章です。

  • “___, are bags.”

    "_____________________________"

  • Now, bags are things.

    さて、バッグはモノです。

  • So we can't sayheorsheor, you know, any of those.

    だから、「彼」とか「彼女」とか、そういう言い方はできません。

  • We have to useitorthey”.

    "it "や "they "を使わなければならない。

  • Now, we haveare….

    さて、「are....」です。

  • bags”.

    bags」です。

  • With an 's'.

    s」をつけて。

  • So that means more than one.

    ということは、1つ以上ということですね。

  • We have to use 'they'.

    彼ら」を使わなければなりません。

  • They are bags.”

    "They are bags"

  • Okay.

    なるほど。

  • The next sentence we have an animal.

    次の文では、動物が出てきます。

  • “____ is a dog.”

    "____ は犬です。"

  • Okay.

    なるほど。

  • But just one.

    でも1つだけ。

  • Right? 'a' dog.

    そうですか?a」の犬。

  • So this time we use 'it'.

    そこで、今回は「it」を使います。

  • It is a dog.”

    "It is a dog"

  • Now let's look at these two.

    では、この2つを見てみましょう。

  • The girl is an artist.”

    "あの子は芸術家だ"

  • We have 'the girl'.

    私たちには「The Girl」があります。

  • What is the subjective pronoun for one girl?

    一人の女の子の主観的な代名詞は何ですか?

  • She.”

    "She"

  • She is an artist.”

    "彼女はアーティストだ"

  • These two sentences have the same meaning.

    この2つの文は同じ意味です。

  • They're the same.

    同じですよ。

  • Okay, and on the bottom, we have a question.

    さて、下部には質問があります。

  • When we ask a question, we have to put the 'be' verb first.

    質問をするときには、「be」の動詞を最初に置かなければなりません。

  • Are ___ pandas?”

    "○○はパンダですか?"

  • Are ___ pandas?”

    "○○はパンダですか?"

  • With an 's'.

    s」をつけて。

  • That means more than one.

    それは、1つだけではないということです。

  • So, we say, “they”.

    だから、「彼ら」と言います。

  • Are they pandas?”

    "彼らはパンダなのか?"

  • Yes, ____ are.”

    "Yes, ____ are"

  • Again plural.

    再び複数形。

  • So we just use the same.

    だから、同じものを使うだけです。

  • They.”

    "They"

  • Yes, they are.”

    "Yes, they are"

  • Okay, let's move on to the next part.

    さて、次のパートに移りましょう。

  • Okay, now we're going to focus on negatives and questions.

    さて、これからはネガティブとクエスチョンに焦点を当てていきます。

  • Okay, the first sentence says,

    なるほど、最初の文章には

  • “I'm a student”.

    "I'm a student "です。

  • Okay, “I am…I'm a student”.

    なるほど、「I am...I'm a student」。

  • Okay.

    なるほど。

  • What if I'm a teacher?

    私が教師の場合は?

  • Okay, it's not true.

    わかった、そんなことはない。

  • I need 'not'.

    not』が必要です。

  • Right

    そうですね...。

  • Remember, 'not' goes after the 'be' verb.

    覚えておいてほしいのは、「not」は「be」の動詞の後に入るということです。

  • “I amam not.”

    "I am...am not"

  • And then the noun. “…a student.”

    そして、名詞。"...a student."

  • “I'm not a student.”

    "私は学生ではありません"

  • Okay.

    なるほど。

  • They are teachers.”

    "彼らは先生です"

  • Okay.

    なるほど。

  • And now we have some other people...

    そして今、他の人たちにも...。

  • and that's not true.

    と言っていますが、それは間違いです。

  • They are not teachers.”

    "彼らは教師ではない"

  • Again, after the 'be' verb 'are' and before the noun 'teachers'.

    ここでも、動詞の「be」の後、名詞の「tears」の前。

  • They are not teachers.”

    "彼らは教師ではない"

  • Okay.

    なるほど。

  • Now, I'm going to ask you a question.

    では、質問をさせていただきます。

  • And you have to answer.

    そして、あなたは答えなければなりません。

  • Are you a student?”

    "Are you a student?"

  • Are you a student?”

    "Are you a student?"

  • Well, you're taking my class, you're learning English.

    さて、あなたは私のクラスに参加して、英語を学んでいます。

  • So, “Yes, I am.”

    だから、"Yes, I am"。

  • Okay, you should say, “Yes, I am.”

    よし、"Yes, I am "と言うべきだ。

  • But how about this one?

    しかし、これはどうでしょう。

  • Are you a monkey?”

    "Are you a monkey?"

  • Are you a monkey?”

    "Are you a monkey?"

  • Of course the answer isNo, I'm not”.

    もちろん、答えは「No, I'm not」です。

  • No, I'm not”.

    "No, I'm not"

  • Okay, let's move on to the last part.

    さて、最後の部分に移りましょう。

  • Now for this last part, we're going to look at some sentences,

    さて、この最後のパートでは、いくつかのセンテンスを見ていきます。

  • but there's something wrong in all of these sentences.

    が、どの文章も何かが間違っています。

  • So you have to find the mistakes.

    だから、間違いを見つけなければならない。

  • The first sentence says, “I'm student”.

    最初の文章では「I'm student」と書いてあります。

  • Okay, look, “student”.

    さて、見てください、「学生」です。

  • There's no 's'.

    s」がないのです。

  • That means just one.

    それは1つだけということです。

  • Just one.

    一つだけ。

  • So remember, if there's just one, we have to put 'a'.

    だから、1つだけの場合は、「a」を入れなければならないことを覚えておいてください。

  • “I'm a student.”

    "I'm a student"

  • Let's look at the next one.

    次の作品を見てみましょう。

  • They are student”.

    "They are student"。

  • Okay.

    なるほど。

  • This one says, “They are”.

    こちらは「They are」と言っています。

  • This means there is more than one.

    つまり、複数あるということです。

  • More than one student.

    一人以上の学生

  • So, what do we have to do?

    では、どうすればいいのか。

  • We have to sayThey are….

    私たちは、「彼らは....

  • students”.

    の学生」です。

  • We have to put an 's' to show there's more than one student.

    複数の生徒がいることを示すために、「s」を付けなければなりません。

  • She aren't a baby.”

    "彼女は赤ん坊ではない"

  • She.”

    "She"

  • That's one person.

    それは一人の人間です。

  • One girl or woman.

    一人の少女や女性。

  • “…a baby.”

    "...赤ちゃん"

  • That's one person.

    それは一人の人間です。

  • But we putaren't”.

    しかし、私たちは「aren't」を付けました。

  • Now that's wrong.

    それは間違っている。

  • We have to say... 'isn't'.

    我々は...「isn't」と言わなければならない。

  • She isn't a baby”.

    "She isn't a baby"

  • You isn't a cat”.

    "You isn't a cat"。

  • Now, for the subjective pronoun 'you',

    さて、主観代名詞の「you」について。

  • we have to have the 'be' verb 'are'.

    be」動詞の「are」が必要です。

  • So notYou isn't a cat”, butYou aren't... a cat”.

    つまり、「You isn't a cat」ではなく、「You aren't... a cat」なのです。

  • You aren't a cat.”

    "あなたは猫じゃない"

  • Okay.

    なるほど。

  • Are it a cat?”

    "Are it a cat?"

  • Okay. “…a cat.”

    よし、「...猫」だ。

  • That's one animal.

    それは1匹の動物です。

  • So, do we need 'are'?

    では、「are」は必要なのでしょうか?

  • No, we need the 'be' verb 'is'.

    いや、「be」の動詞「is」が必要です。

  • Is it a cat?”

    "それは猫ですか?"

  • Is it a cat?”

    "それは猫ですか?"

  • Okay, so that was the checkup for subjective pronouns and 'be' verbs.

    さて、以上が主観代名詞と「be」動詞のチェックでした。

  • I hope you guys understood and I'll see you in the next video.

    皆さんが理解してくれたなら、次のビデオでお会いしましょう。

  • Bye.

    じゃあね。

This is a checkup for subjective pronouns and 'be' verbs.

主観的な代名詞や「be」動詞のチェックを行います。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 動詞 名詞 パンダ 文章 yes なけれ

文法診断#1|主語代名詞|be動詞|基礎英文法コース (Grammar Checkup #1 | Subject Pronouns | 'be' Verbs | Basic English Grammar Course)

  • 12 5
    Summer に公開 2021 年 09 月 11 日
動画の中の単語