Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi, everybody.

    皆さん、こんにちは。

  • In this video, we're going to talk about subjective pronouns,

    このビデオでは、主観的な代名詞についてお話しします。

  • 'be' verbs,

    'be'動詞です。

  • and how to use them with the word 'not'.

    と、「not」という言葉を使った使い方をご紹介します。

  • Okay. So, let's look at the board to help us out.

    なるほど、ではボードを見て参考にしてみましょう。

  • Now the first sentence says, “I'm not a student”.

    さて、最初の文章では「私は学生ではありません」と書かれています。

  • 'Not' means it's not true.

    'not'は真実ではないという意味です。

  • No.

    いいえ。

  • So remember, “I'm a studentmeans 'yes'.

    だから、「I'm a student」は「Yes」という意味だと覚えておいてください。

  • “I'm a student”.

    "I'm a student "です。

  • I go to school, and I learn.

    学校に行って、学ぶんです。

  • “I'm not a studentmeans 'no'.

    "I'm not a student "は「いいえ」という意味です。

  • “I'm a teacherorNo, I'm not a student”.

    "I'm a teacher "とか "No, I'm not a student "とか。

  • Okay.

    なるほど。

  • Now, notice, we first have the subjective pronoun and the 'be' verb.

    さて、気になるのは、まず主観的な代名詞と「be」の動詞があることです。

  • Then, we put 'not'.

    そして、「not」をつける。

  • Okay.

    なるほど。

  • 'Not' comes after.

    'not'が後に来る。

  • And then we have the noun.

    そして、名詞があります。

  • Okay.

    なるほど。

  • “I'm not a student”.

    "I'm not a student "です。

  • Okay.

    なるほど。

  • Now, also, listen carefully.

    さあ、あなたもよく聞いてください。

  • Not a…” sounds like one word.

    "Not a... "は1つの単語にしか聞こえません。

  • “I'm not a student”.

    "I'm not a student "です。

  • Not a…”.

    "Not a... "という言葉があります。

  • “I'm not a student”.

    "I'm not a student "です。

  • Okay, let's look at the next one.

    では、次の作品を見てみましょう。

  • He's not a student”.

    "彼は学生ではありません"。

  • He's not a student”.

    "彼は学生ではありません"。

  • She's not a student”.

    "She's not a student"。

  • She's not a student”.

    "She's not a student"。

  • It's not a dog”.

    "It's not a dog"。

  • Remember, 'it' is used for place, thing or animal.

    覚えておいてほしいのは、「it」は場所、物、動物に使われるということです。

  • So, “It's not a dog”.

    だから、「犬ではない」。

  • Okay.

    なるほど。

  • You're not a student”.

    "You're not a student "という言葉があります。

  • You're not a student”.

    "You're not a student "という言葉があります。

  • Okay, the next one is a little bit different.

    さて、次はちょっと変わった作品です。

  • We have 'we are'.

    We are』があります。

  • We're”.

    "We're"

  • Now, remember, 'we' means more than one.

    さて、覚えておいていただきたいのは、「私たち」というのは複数の意味だということです。

  • Many.

    多いですね。

  • Okay.

    なるほど。

  • So we saystudents”.

    だから「学生」と言うのです。

  • We put an 's' and we don't put an 'a' in front.

    私たちは「s」を付け、「a」は前に付けません。

  • We're not students”.

    "私たちは学生ではありません"。

  • We're not students”.

    "私たちは学生ではありません"。

  • Okay. And 'they're' is the same thing.

    なるほど。そして「they're」も同じです。

  • It means more than one.

    複数の意味があります。

  • So, “They're not students”.

    だから、「彼らは学生ではない」。

  • They're not students”.

    "彼らは学生ではない"。

  • Okay, we're going to look at some more examples.

    では、さらにいくつかの例を見てみましょう。

  • I want you to listen carefully and repeat after the examples.

    例文の後に、よく聞いて、繰り返してほしい。

  • Let's start with the first one.

    まずは1つ目からご紹介します。

  • “I'm not”.

    "I'm not"

  • “I'm not a boy”.

    "I'm not a boy".

  • “I'm not a boy”.

    "I'm not a boy".

  • “I'm not a girl”.

    "I'm not a girl "です。

  • “I'm not a girl”.

    "I'm not a girl "です。

  • He's not”.

    "He's not"

  • He's not a man”.

    "He's not a man"。

  • He's not a man”.

    "He's not a man"。

  • He's not a boy”.

    "He's not a boy"(彼は男の子じゃない)。

  • He's not a boy”.

    "He's not a boy"(彼は男の子じゃない)。

  • She's not”.

    "She's not"

  • She's not a woman”.

    "She's not a woman"。

  • She's not a woman”.

    "She's not a woman"。

  • She's not a girl”.

    "She's not a girl"。

  • She's not a girl”.

    "She's not a girl"。

  • It's not”.

    "It's not "という言葉があります。

  • It's not a chair”.

    "It's not a chair "という言葉があります。

  • It's not a chair”.

    "It's not a chair "という言葉があります。

  • It's not a cat”.

    "It's not a cat".

  • It's not a cat”.

    "It's not a cat".

  • You're not”.

    "You're not "という言葉があります。

  • You're not a singer

    "あなたは歌手ではない"

  • You're not a singer”.

    "You're not a singer "という言葉があります。

  • You're not a friend”.

    "You're not a friend "という言葉があります。

  • You're not a friend”.

    "You're not a friend "という言葉があります。

  • We're not”.

    "We're not"

  • We're not sisters”.

    "私たちは姉妹ではない"。

  • We're not sisters”.

    "私たちは姉妹ではない"。

  • We're not brothers”.

    "我々は兄弟ではない"

  • We're not brothers”.

    "我々は兄弟ではない"

  • They're not”.

    "They's not"

  • They're not people”.

    "彼らは人間ではない"。

  • They're not people”.

    "彼らは人間ではない"。

  • They're not cars”.

    "彼らは車ではない"。

  • They're not cars”.

    "彼らは車ではない"。

  • Okay, so in this video, we learned how to use subjective pronouns

    さて、今回の動画では主観代名詞の使い方を学びましたが

  • with the 'be' verb

    be」という動詞で

  • and how to use them with the word 'not'. Okay.

    と、「not」という言葉を使った使い方をご紹介します。なるほど。

  • So, I wrote some sentences about myself using what we learned.

    そこで、習ったことを使って、自分についての文章を書いてみました。

  • So remember, “I'm not a…”.

    だから、「I'm not a...」と覚えておいてください。

  • Okay.

    なるほど。

  • “I'm not a boy”.

    "I'm not a boy".

  • “I'm not a boy”.

    "I'm not a boy".

  • “I'm not a student”.

    "I'm not a student "です。

  • “I'm not a student”.

    "I'm not a student "です。

  • “I'm not a Canadian”.

    "私はカナダ人ではありません"。

  • “I'm not a Canadian”.

    "私はカナダ人ではありません"。

  • And the last one.

    そして、最後の1枚。

  • “I'm not a loser”.

    "I'm not a loser"(私は負け犬ではない)。

  • “I'm not a loser”.

    "I'm not a loser"(私は負け犬ではない)。

  • Okay.

    なるほど。

  • So that was a little bit about me.

    ということで、私のことを少し紹介しました。

  • Thanks for watching and I'll see you guys next time.

    ご覧いただきありがとうございました。また次回、お会いしましょう。

  • Bye.

    じゃあね。

Hi, everybody.

皆さん、こんにちは。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A1 初級 日本語 言葉 名詞 動詞 負け犬 覚え 意味

主語の代名詞+Notを学ぶ|基礎英文法講座|ベネッセコーポレーション (Learn Subject Pronouns + Not | Basic English Grammar Course)

  • 87 11
    Summer に公開 2021 年 09 月 08 日
動画の中の単語