Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi everybody and welcome to this video.

    皆さん、こんにちは!このビデオにようこそ。

  • In this video, we're going to talk about subjective pronouns.

    このビデオでは、主観的な代名詞についてお話しします。

  • So, let's take a look at the board.

    それでは早速、ボードを見てみましょう。

  • Here they are. The subjective pronouns.

    ここにあります。主観的な代名詞です。

  • Please take a careful look. They're very important in English.

    慎重に見てください。英語ではとても重要なものです。

  • Okay. So, the first subjective pronoun is 'I'.

    なるほど、最初の主観代名詞は「I」ですね。

  • “I” means me. “I'm Esther”.

    "I "は私という意味です。"I'm Esther "です。

  • I

    I

  • He Now, “heis only used for boys or men.

    He さて、「he」は男の子や男性にしか使いません。

  • Okay. He

    なるほど、彼は

  • So another boy or man ishe”.

    別の少年や男性が「彼」なんですね。

  • Sheis used for girls or women.

    "She "は女の子や女性に対して使われます。

  • Okay. She

    そうか、彼女は

  • ItItis used for a place like a school, an animal like a dog, or a thing like a chair.

    It 「It」は、学校のような場所、犬のような動物、椅子のような物に使われます。

  • Okay. It

    そうですね。

  • The next one isyou”. “Youmeans you.

    次は "you "です。"You "はあなたという意味です。

  • Okay. “you”.

    よし、「君」だ。

  • WeWemeans other people and me.

    We「私たち」とは、他の人と私のことです。

  • For example, “I sing”, “you sing”, thenwe sing”.

    例えば、"I sing"、"you sing"、そして "we sing "のように。

  • Okay. “we”.

    なるほど、「私たち」ですね。

  • And the last one isthey”.

    そして、最後は「they」。

  • Theymeans many people, places, animals or things.

    "They "は多くの人、場所、動物、物を意味します。

  • Okay. So, more than one.

    そうですか、複数ですか。

  • If there's more than one, we use the subjective pronoun 'they'.

    複数の場合は主観代名詞の「they」を使います。

  • Okay, let's move on to the next part.

    さて、次のパートに移りましょう。

  • Okay, so let's practice together with subjective pronouns.

    さて、それでは主観代名詞を使って一緒に練習してみましょう。

  • The first sentence on the board says, “Jenny sings”.

    ボードに書かれた最初の文章には、「Jenny sings」と書かれています。

  • Now Jenny is one girl.

    今のジェニーは一人の女の子。

  • So we can say, “She sings”.

    だから、「彼女は歌う」と言えるのです。

  • Jack sings”. Jack is one boy.

    "Jack sings "です。ジャックは一人の男の子です。

  • So we have to say, “he sings”.

    だから、「彼は歌う」と言わざるを得ないのです。

  • The last sentence says, “Jenny and Jack sing”.

    最後の文は「Jenny and Jack sing」となっています。

  • Now Jenny and Jack are two people.

    今、ジェニーとジャックは2人の人間です。

  • So we have to say, “they sing”.

    だから、「彼らは歌う」と言わざるを得ないのです。

  • Okay, let's move on to the next part.

    さて、次のパートに移りましょう。

  • Okay, let's do some more practice.

    よし、もう少し練習してみよう。

  • The first sentence on the board says,

    ボードの最初の文章にはこう書かれています。

  • The cat runs”.

    "The cat runs"

  • 'The cat' is an animal, so we have to say, “It runs”.

    猫」は動物ですから、「走る」と言わなければなりません。

  • The next sentence says, “The dog and cat run”.

    次の文では、「犬と猫が走る」とあります。

  • Now, 'the dog and cat', they are two animals.

    さて、「犬と猫」ですが、これは2つの動物です。

  • So anytime you have two or more things, we say, “They run”.

    だから、2つ以上のものがあれば、いつでも「They run」と言います。

  • 'They'.

    彼ら」ですね。

  • Okay, now, for the last sentence, I'm going to talk about my cat, Ongee.

    さて、それでは最後の一文として、私の愛猫「おんじ」についてお話します。

  • Ongee is a cat. He's an animal.

    Ongeeは猫です。彼は動物です。

  • But he has a name. He's a boy cat.

    しかし、彼には名前があります。彼は男の子の猫です。

  • Okay and I love him. And he's like family.

    オーケー、そして私は彼を愛している。そして、彼は家族のような存在です。

  • So, “Ongee runs”. I can sayHe runs”.

    だから、「おんじが走る」。彼は走る」と言えます。

  • Okay. Let's move on to the next part.

    なるほど。次のパートに進みましょう。

  • Okay, here are some more examples.

    では、さらにいくつかの例をご紹介しましょう。

  • But, this time, you have to figure out the subjective pronoun together with me.

    でも、今回は主観代名詞を私と一緒に考えてみてください。

  • Okay. So, “My students study”.

    なるほど、「My students study」ですね。

  • What should we use?

    何を使うべきか?

  • Well, 'My students', there's an 's'. Right.

    "My students "には "s "がついていますね。そうですね。

  • They're people and there's more than one.

    彼らは人間であり、一人だけではないのです。

  • Many people.

    多くの人が

  • So we have to use the subjective pronoun, 'they'.

    だから、主観代名詞である「they」を使わなければならない。

  • They study”.

    "They study "ですね。

  • The next example.

    次の例です。

  • John is handsome”.

    "John is handsome"。

  • Okay, 'John', that's a person.

    さて、「ジョン」、それは人です。

  • There's only one. Right

    一人しかいない。そうですね...

  • And it's a boy, 'John'.

    しかも、男の子の「ジョン」です。

  • So what should we use?

    では、何を使えばいいのか。

  • We have to use the subjective pronoun, 'he'.

    主観代名詞である「he」を使わなければならない。

  • One boy. We say, “he”.

    一人の少年。私たちは「彼」と言います。

  • He is handsome”.

    "He is handsome"

  • Okay, the last one. “Pizza is delicious”.

    さて、最後の一枚。"Pizza is delicious "です。

  • 'Pizza' is a thing.

    ピッツァ」は存在する。

  • And there's only one. Right.

    そして、一人しかいない。そうですね。

  • There's no 's'. One pizza.

    s」がないんです。一枚のピザ。

  • We say, “it”.

    我々は「それ」と言う。

  • It is delicious”. Okay.

    "It is delicious"。なるほど。

  • Let's move on to some more examples.

    それでは、もう少し例を挙げてみましょう。

  • Okay, the first example says,

    さて、最初の例では

  • Seoul is a city”.

    "Seoul is a city "です。

  • Now, 'Seoul' is a place. Okay.

    さて、『ソウル』とは場所のことです。そうですか。

  • So we have to use the subjective pronoun, 'it'.

    ですから、主観代名詞の「it」を使わなければなりません。

  • It is a city”.

    "It is a city "です。

  • The next example says,

    次の例では

  • My parents love Ongee”.

    "私の両親はオンゲが大好き"。

  • Now, 'Ongee' is my cat. “My parents love Ongee”.

    今、「おんじ」は私の愛猫です。"My parents love Ongee "という言葉があります。

  • Well, 'my parents', they are two people. My mom and my dad.

    さて、『私の両親』ですが、二人います。ママとパパです。

  • So, what do I use?

    では、何を使えばいいのか?

  • I have to say, “they”. “They love Ongee”.

    私は、「彼ら」と言わざるを得ません。"They love Ongee "という言葉があります。

  • The last example is very similar to the second one.

    最後の例は、2番目の例と非常によく似ています。

  • My parents and I love Ongee”. Okay.

    "両親も私もおんじが大好き"。なるほど。

  • The difference isit says, “and I”.

    違いは・・・「と私」と書いてあることです。

  • So this is 'my parents' with 'me'.

    これは『私の両親』に『私』がついているわけです。

  • So I have to say, “we”. “We love Ongee”.

    だから、「私たち」と言わざるを得ないのです。"We love Ongee "です。

  • Okay. All of us.

    そうですか。全員ですね。

  • Okay, so, in this video we learned about subjective pronouns.

    さて、今回のビデオでは、主観的な代名詞について学びました。

  • I hope you guys have a good understanding of 'when' and 'how' to use them.

    皆さんには、「いつ」「どのように」使うのかをよく理解していただきたいと思います。

  • Thank you for watching and I'll see you guys next time.

    ご覧いただきありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

  • Bye.

    じゃあね。

Hi everybody and welcome to this video.

皆さん、こんにちは!このビデオにようこそ。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 名詞 男の子 動物 両親 パート 歌う

主語の代名詞を学ぶ|基礎英文法講座|ベネッセコーポレーション (Learn Subject Pronouns | Basic English Grammar Course)

  • 22 3
    Summer に公開 2021 年 09 月 06 日
動画の中の単語