Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Most animals have an internal clock, a process that happens in our bodies telling us when to wake up and when to go to sleep.

    ほとんどの動物は体内時計を持っています。体内時計とは、私たちの体の中で起きたり眠ったりする時間を知らせるプロセスです。

  • You may be surprised to learn that many plants have a version of this body clock too, and now, it turns out, so do bacteria!

    驚くかもしれませんが、多くの植物にもこの体内時計のバージョンがあることが判明しました。バクテリアもそうです。

  • This concept of a biological clock is often called a circadian rhythm.

    この体内時計の概念は、しばしば「概日リズム」と呼ばれます。

  • You may think of it just as those signals that make you sleepy at night and wake your body up in the morning,

    夜になると眠くなり、朝になると体が目覚める、そんな信号と同じだと思ってください。

  • but there are actually thousands of tiny clocks, controlling all kinds of biological pathways inside of us on timed cycles.

    しかし、実際には何千もの小さな時計があり、私たちの体内のあらゆる種類の生物学的経路を時間通りに制御しています。

  • They're this beautiful, finely tuned dance of sensory information coming in, sparking a cascade of hormones and other signaling chemicals, turning the cogs of some very specific molecular machinery in our cells.

    感覚的な情報が入ってくることで、美しく繊細なダンスをしているのです。ホルモンやその他のシグナル伝達物質の連鎖を引き起こします。 私たちの細胞内にある非常に特殊な分子機構の歯車を回しています。

  • In humans, these are important to our health and mental processing, and in animals that have them, biological clocks help us adapt to our environment.

    人間では、これらは健康や精神処理に重要な役割を果たしています。また、体内時計を持つ動物では、環境に適応するために体内時計を利用しています。

  • So, I guess it's not surprising that we see these rhythms in plants, too.

    ですから、植物にもこのようなリズムがあっても不思議ではないと思います。

  • I mean organisms that photosynthesize also need to regulate their processes based on when the sun is out.

    つまり、光合成を行う生物は、太陽が出ている時間に合わせてプロセスを調整する必要があるのです。

  • And get this, it's not just that organisms react to a stimulus like the sun rising.

    また、太陽が昇るような刺激に生物が反応するだけではありません。

  • Research shows that organisms like plants anticipate the rising of the sun, and continue cycling in their circadian rhythm even when deprived of that external cue, meaning that essentially, they can tell time.

    植物などの生物は日の出を予測して、サーカディアンリズムで循環していることが研究で明らかになっている。外的な手がかりを失っても、つまり本質的には時間を知ることができるのです。

  • And with this understanding, it also makes sense that tiny microbes called cyanobacteria, which photosynthesize, also have a circadian rhythm.

    その結果、シアノバクテリアと呼ばれる小さな微生物の存在も理解できるようになりました。光合成を行う生物にも概日リズムがある。

  • But what's a little weirder is that just regular old bacteria, chilling in the soil or on our bodies or in your fridge, also have an internal clock!

    でも、ちょっと不思議なのは、土の中や体の中、冷蔵庫の中で冷えている普通のバクテリアにも体内時計があるということです。

  • Now, you might be saying at this point, "Okay, that's interesting, but like, why should we really care?"

    さて、ここで皆さんは、「なるほど、それは興味深いが、なぜ私たちが気にする必要があるのか?

  • And I see where you're coming from, but bacteria are everywhere.

    そして、あなたが言いたいことはわかりますが、バクテリアはどこにでもいるものです。

  • We can't even see them with our naked eye and yet they make up roughly 15% of all the biomass on this planet.

    肉眼で見ることはできませんが、地球上のバイオマスの約15%を占めています。

  • They're essential not only to human health but to the health of the crops we grow and to the creation of industrial products.

    人間の健康だけでなく、栽培している作物の健康や工業製品の製造にも欠かせないものです。

  • We pretty much couldn't do anything without them. So knowing more about how they tick is pretty important!

    私たちは、彼らなしでは何もできません。だから、彼らがどのように動いているかを知ることはとても重要なことです。

  • An international team of researchers recently published a study on this little guy, Bacillus subtilis.

    最近、国際的な研究チームが、この小さな生き物、枯草菌に関する研究を発表しました。

  • They used a bioluminescent compound to track the activity of certain genes, and they found that levels of expression for these genes cycled up and down, aligning with a 24-hour cycle with 12 hours of light and 12 hours of dark.

    彼らは、生物発光化合物を使って、特定の遺伝子の活動を追跡しました。その結果、これらの遺伝子の発現レベルが上下に変動していることがわかりました。 12時間の光と12時間の闇を持つ24時間サイクルに合わせています。

  • See, B. subtilis is light sensitive. It has photoreceptors that allow it to react to light, how cool is that?

    枯草菌は光に敏感です。光に反応する光受容体を持っています 何てクールなんでしょう?

  • So it cycles the expression of some of its genes based on the input it‘s receiving.

    そのため、入力に応じて遺伝子の一部の発現を周期的に変化させています。

  • But the researchers also found that like with plants, they could take away the stimulus, the light, and the bacteria still performed the same cycle. So, these bacteria can tell time, you guys!

    しかし、植物と同じように、光という刺激を奪うことができることもわかりました。と言っても、バクテリアは同じサイクルを繰り返していました。つまり、このバクテリアは時間を知ることができるのです。

  • This is the first time we've ever seen something like this in a non-photosynthetic bacterium.

    光合成をしないバクテリアでこのようなことが起きたのは初めてのことです。

  • The research team actually observed a similar pattern in response to daily temperature changes, with expression of other genes also fluctuating with temperature shifts throughout the day.

    研究チームは実際に、日々の温度変化に対する同様のパターンを観察しました。その他の遺伝子の発現も、一日の温度変化に応じて変動している。

  • But again, you might be saying, "What do we do with this information?"

    しかし、この情報を使って何をするのか、と言われるかもしれません。

  • Well, if bacterial behavior does indeed shift and cycle in response to the environment, and certain bacteria have certain set rhythms, this might affect how we interact with those bacteria.

    もし、バクテリアの行動が環境に応じて変化し、循環していて、特定のバクテリアが一定のリズムを持っているとします。このことは、私たちが細菌とどのように接するかに影響を与えるかもしれません。

  • Like maybe giving an antibacterial treatment at a certain time of day would be more effective than at another time because of the bacteria's circadian rhythm.

    例えば、ある時間帯に抗菌剤を投与すると、細菌のサーカディアンリズムに合わせて別の時間帯よりも効果的であるとか。

  • In another example, Bacillus subtilis, the bacteria looked at in this study, is often used in crop soil to promote plant growth, so maybe learning more about its cycles could help us use it to even greater effect in agriculture.

    また、今回注目した枯草菌は、植物の成長を促進するために作物の土壌に使用されることが多い菌です。そのサイクルを知ることで、農業にもっと効果的に使えるようになるかもしれません。

  • And maybe an industrial production process, like the one that uses the bacterium E. coli to produce insulin, could also be optimized to use the organism's daily clock.

    また、大腸菌を使ってインスリンを生産するような、工業的な生産プロセスも考えられます。は、生物の日時計を利用して最適化することもできます。

  • More research into all of these ideas, as well as exploring the potential rhythms of other bacteria, could give us the answers we need to better navigate and interact with our increasingly important microbial world.

    これらのアイデアをさらに研究し、他のバクテリアのリズムの可能性を探る。は、ますます重要になる微生物の世界をよりよくナビゲートし、相互作用するために必要な答えを与えてくれるかもしれません。

  • And I, for one, am so excited to find out more about what makes them tick.

    そして私は、彼らの特徴をもっと知りたいと思っています。

  • Are you surprised by this discovery? Do you have questions about another bacterial innovation you want us to cover?

    この発見に驚きましたか?また、他のバクテリアのイノベーションについて、取り上げてほしい質問はありますか?

  • Let us know down in the comments below.

    下記のコメント欄で教えてください。

  • You can check out another video about amazing bacterial behavior here, and make sure you subscribe to Seeker to keep up with all your creepy crawly behavioral news.

    バクテリアの驚くべき行動についての別のビデオはこちらからご覧いただけます。また、Seekerに登録して、不気味な行動に関するニュースをチェックしてください。

  • As always, thank you so much for watching, and I'll see you in the next one.

    いつものように、見てくださってありがとうございました。

Most animals have an internal clock, a process that happens in our bodies telling us when to wake up and when to go to sleep.

ほとんどの動物は体内時計を持っています。体内時計とは、私たちの体の中で起きたり眠ったりする時間を知らせるプロセスです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 バクテリア 体内 生物 リズム 植物 遺伝

バクテリアが時間を教えてくれる...って、えっ!? (Bacteria Can Tell Time...Wait, What?!)

  • 4029 170
    Summer に公開 2021 年 08 月 30 日
動画の中の単語