Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • There is a kind of person who seems, at first glance, to benefit from an admirable degree of self-motivation, thoroughness and drive.

    一見すると、立派な自己啓発力、徹底力、行動力を持っているように見える人たちがいます。

  • They are up at dawn, they rarely take holidaysthey are always sneaking in an extra hour or two of work.

    彼らは明け方に起きて、ほとんど休暇を取らず、いつもこっそり1、2時間余分に仕事をしています。

  • Their bosses are highly impressedthey are constantly promoted, their grades have been excellent since primary schoolthey never miss an appointment or turn in a piece of work that is less than stellar.

    上司からの評価も高く、昇進し続け、小学校の頃から成績は優秀で、約束を破ったこともなければ、出来の悪い作品を提出したこともありません。

  • We like to say that such a person has high standards; we might even anoint them with the term 'perfectionist.'

    このような人のことを、私たちは高い基準にあると言いたがり、「完璧主義者」という言葉を使ってしまうこともあります。

  • It might seem churlish to locate any problems here. Why complain about a somewhat overzealous devotion to perfection in a troubled and lackadaisical world?

    ここで何か問題を見つけるのは無粋に思えるかもしれません。問題を抱えている不十分な世界で、完璧さを求めすぎていることに文句を言う必要はないでしょう。

  • There could surely be nothing too awful about high exactitudeWhat could be so imperfect about perfectionism?

    厳密さを追求することは、それほど悪いことではないはずです。完璧主義のどこが不完全なのでしょうか?

  • The concern is not so much with the work of the perfectionists, (its recipients are in a privileged position), as with the state of their soul.

    懸念されるのは、完璧主義者の仕事というよりも、(その受け手は特権的な立場にある)彼らの魂の状態です。

  • Perfectionism does nottragicallyspring first and foremost from any kind of love of perfection in and of itself.

    完璧主義は、悲劇的なことですが、まず第一に、完璧なものを愛することからは生まれません。

  • It has its origins in a far more regrettable feeling of never being good enough.

    それは、「自分は十分ではない」という、はるかに残念な感情に発端なのです。

  • It is rooted in self-hatredsparked by memories of being disapproved of or neglected by those who should more fairly have esteemed us warmly in childhood.

    それは、子供の頃、自分を温かく見守ってくれたはずの人たちに否定されたり、無視されたりした記憶からくる自己嫌悪に根ざしています。

  • We become perfectionists from a primary sense of being unworthy; uninterestingflawed, a disappointment, a letdown, a nuisance.

    私たちが完璧主義者になるのは、「自分は価値がない」「面白くない」「欠陥がある」「期待はずれだ」「厄介者だ」という一次的な感覚があるからです。

  • So powerful is this sense, so appalling is it in its pressure on our psyches, we are prepared to do more or less anything to expunge it:

    この感覚は非常に強力で、私たちの精神を圧迫するので、それを排除するために多かれ少なかれ何でもする準備が私たちはできているのです。

  • working at all hours, currying favor with authority, doing twice as much as the next personthese are the tools with which we seek to cleanse our apparently shamefully undeserving selves.

    四六時中働くこと、権力者に気に入られること、隣の人の2倍のことをすること、これらは明らかに恥ずかしくて価値のない自分を浄化しようとするツールです。

  • One part of the mind promises the other that the completion of the next challenge will finally usher in peace.

    心の中では、次の課題をクリアすることで、ようやく平和になると約束がなされています。

  • We can be very good at pretending that our ambitions are sane.

    私たちは、自分の野望が正気であるかのように装うことが得意です。

  • But our work has a Sisyphean dimension.

    しかし、私たちの仕事には努力が実らずむなしい側面があります。

  • No sooner have we rolled our working boulder up the hillthan it will tumble back down again.

    作業中の岩を丘の上に転がすと、すぐに、再び転がり落ちます。

  • There is never going to be a point of rest or a lasting feeling of completion.

    休息のポイントや持続的な完了感は決してないのです。

  • We arein truthill rather than driven.

    私たちは、実の所、突き動かされているというよりは病気なのです。

  • We aren't interested in perfect work at all.

    私たちは完璧な作業には全く興味がありません。

  • We are trying to escape from a feeling of being awful people, and work simply happens to be the medium through which we are striving to grow tolerable in our own eyes.

    私たちは、自分がひどい人間であるという感覚から逃れようとしているのです。そして仕事は、私たちが自分の目に耐えうる人間になろうと努力するための媒体であるというだけのことです。

  • But because our problem didn't begin with work, nor can work ever prove the solution.

    しかし、私たちの問題は仕事から始まったわけではないので、仕事が解決策になることはありません。

  • Our real goal is not, as we think, to be an ideal employee or professionalit is to feel acceptable.

    私たちの本当の目標は、理想的な社員やプロになることではなく、受け入れられていると感じることなのです。

  • But responsibility for a sense of acceptance cannot be handed over to our bosses or customers, or a ceaselessly demanding capitalist system.

    しかし、その受容感に対する責任は、上司や顧客、あるいは絶え間なく要求される資本主義のシステムに委ねられるものではありません。

  • These will never let us rest easy because it is in their nature, without any evil intent, always to demand more.

    このような人たちは、私たちを簡単に安心させることはしません。なぜならば、彼らは悪意なく、常により多くのことを要求する性質を持っているからです。

  • We need to shift our sense of where our drive is coming from.

    私たちの原動力がどこにあるのか、その感覚を変える必要があります。

  • We are not unnaturally interested in working perfectly.

    私たちは、完璧な仕事をすることに不自然な興味を持っていません。

  • We are laboring under an unusually intense impression that we are dreadful people—a problem for which working harder cannot be the answer.

    私たちは、自分はひどい人間だという印象を異常なまでに強く持っており、これは努力しても解決しない問題です。

  • We need to allow ourselves to imagine that we deserved to be accepted from the start, and that it cannot forever be our fault in our minds that we are not.

    私たちは、自分が最初から受け入れられるに値すること、そして受け入れてもらえないことは永遠に自分のせいではあり得ないことを想像できるようにする必要があります。

  • It is not up to us to try to prove that we have a right to exist.

    自分たちが存在する権利があることを証明しようとするのは、私たちの役目ではありません。

  • It is asking too much of ourselves to have to experience a referendum on our legitimacy every time we hand in a report, every exam we have to pass, every customer we have to serve.

    報告書を提出するたびに、試験に合格するたびに、顧客にサービスをするたびに、自分の正当性を問う投票を経験しなければならないのは、自分自身に過度の負担を強いることになります。

  • Working well is, naturally, an admirable goal.

    仕事がうまくいくことは、当然ながら立派な目標です。

  • But it becomes a symptom of a mental perturbation when it becomes the cover for a secret aspiration to correct a deficit of early love.

    しかし、それが初期の愛の不足を補うという密かな願望の隠れ蓑となったとき、それは精神的な動揺という症状になります。

  • We should welcome an ability to tolerate periods of lazinessnot because we are congenitally idle, but because it is a sign that we have learnt to speak more kindly to ourselves,

    怠惰な期間を許容する能力を歓迎すべきです。それは、先天的に怠惰だからではなく、自分自身にもっと優しく接することを学んだ証だからです。

  • and to be appropriately angry with those who could notat the outset, accept us for who we were without a surfeit of trophies and prizes.

    そして、トロフィーや賞品がない私たちのことを最初から受け入れてくれなかった人たちに適切な怒りを持つことです。

  • Follow the link on your screen now to explore our range of books, games, and gifts, all designed to help you better understand yourself.

    画面に表示されているリンクをクリックして、自分自身をより深く理解するための書籍、ゲーム、ギフトなどを見つけてください。

There is a kind of person who seems, at first glance, to benefit from an admirable degree of self-motivation, thoroughness and drive.

一見すると、立派な自己啓発力、徹底力、行動力を持っているように見える人たちがいます。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 完璧 仕事 主義 たび 感覚 立派

完璧主義が私たちを病気にする (How Perfectionism Makes Us Ill)

  • 4982 261
    Summer に公開 2021 年 08 月 25 日
動画の中の単語