Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Since the launch of Sputnik I kicked off the space age in 1957, our skies have steadily been filling up with more and more artificial satellites.

    1957 年に宇宙時代の幕開けとなったスプートニク1号が打ち上げられて以来、私たちの空はどんどん人工衛星で埋め尽くされていきます。

  • Right now, there are about 7,000 in orbit, and the pace of launches is only set to accelerate as space travel gets cheaper and companies envision mega-constellations.

    現在、軌道上には約 7,000 個の衛星があり、今後も打ち上げのペースは加速していくでしょう。宇宙旅行がより安価になり、企業がメガコンステレーションを構想するようになる。

  • While space may be a pretty big place, there is a finite limit to just how much stuff can safely be whizzing around the Earth.

    宇宙はとても広いのですが、地球上を安全に飛び回るには限りがあります。

  • So, to paraphrase a song from my youth, what are we gonna do with all that junk, all that junk in outer space?

    私の青春時代の歌を引用すると、「宇宙のがらくたをどうするんだ?

  • And believe me, there is already a lot of junk up there.

    そして信じてほしいのは、そこにはすでにたくさんの廃品があるということです。

  • Of those 7,000 or so satellites I mentioned, about 3,000 of them are defunct and not serving any purpose.

    先ほど申し上げた 7,000 個ほどの衛星のうち、3,000 個ほどは役目を終えて廃墟となっています。

  • Some of them are huge, like ESA's Envisat which is as big as a double-decker bus.

    中には、ESA の「エンビサット」のように、2階建てバスほどの大きさの巨大なものもあります。

  • There have been several close calls as dead satellites guided only by the hand of physics nearly collided.

    物理学の力だけで誘導された死んだ衛星が衝突しそうになったことも何度かあった。

  • Sometimes they only miss each other by just a dozen meters, and sometimes they don't miss at all.

    ほんの十数メートルの差でもすれ違うこともあれば、まったくすれ違わないこともある。

  • Like in 2009 when an inactive Russian Cosmos satellite collided with a very-much active Iridium communications satellite.

    2009 年にロシアのコスモス衛星とイリジウムの通信衛星が衝突したようにね。

  • That collision generated thousands of pieces of debris, and in space, the small stuff can't be overlooked.

    その衝突により、何千もの破片が発生しましたが、宇宙では小さなものも見逃せません。

  • NASA estimates there are more than 23,000 pieces of debris larger than 10 centimeters in orbit around the Earth, and there are hundreds of millions more pieces smaller than that.

    NASA によると、地球の軌道上には10cm以上の破片が2万3千個以上あると推定されていて、それよりも小さいものが何億個もあります。

  • Doesn't sound very big, but at the extreme speeds they're moving, they pose a risk to active satellites and the International Space Station.

    あまり大きくないように思えますが、このような極端なスピードで動くと、活動中の人工衛星や国際宇宙ステーションに危険を及ぼすことになるのです。

  • In fact, in May of 2021, astronauts inspecting the ISS discovered damage to the station's robotic arm that was caused by one of these tiny pieces of junk.

    実際、2021 年5月に ISS を点検していた宇宙飛行士が、ISS のロボットアームの損傷を発見したが、その原因はこの小さなゴミの1つであることが判明した。

  • The arm is still functioning, but it could have been worse.

    腕はまだ機能していますが、もっとひどいことになっていたかもしれません。

  • The worst-case scenario was imagined by NASA scientist Donald J. Kessler back in 1978.

    1978 年、NASA の科学者ドナルド・J・ケスラーによって、最悪のシナリオが想像された。

  • The so-named Kessler syndrome is where more satellites like Cosmos and Iridium collide and the resulting debris creates a runaway chain reaction that damages more satellites, creating more debris that ultimately renders low-earth orbit unusable.

    コスモスやイリジウムのような衛星がさらに衝突し、その結果生じた破片が暴走して連鎖反応を起こし、さらに多くの衛星を損傷させ、最終的に地球低軌道を使用不能にする、いわゆる「ケスラー症候群」である。

  • There are a few solutions in the works in an effort to stave off that bleak possible future.

    そのような暗い未来を回避するために、いくつかの解決策が考えられています。

  • A proof-of-concept for one of them launched in March of 2021.

    2021 年3月には、そのうちの1つの概念実証実験が開始されました。

  • The project, dubbed the End of Life Services by Astroscale demonstration, or ELSA-d, is a collaboration between the Tokyo startup Astroscale and JAXA.

    ELSA-d(End of Life Services by Astroscale demonstration)と名付けられたこのプロジェクトは、東京の新興企業アストロスケールとJAXAとの共同プロジェクトである。

  • The demonstrator consists of two satellites, a larger one with a magnet and a smaller one with a plate the magnet is designed to latch onto.

    実証機は、磁石を搭載した大きな衛星と、磁石が引っ掛かるように設計されたプレートを搭載した小さな衛星の2つで構成されています。

  • The two launched attached to one another but once all systems check out, the satellites will conduct a test in three stages.

    2つの衛星は互いにくっついて打ち上げられましたが、すべてのシステムがチェックアウトされた後、3段階に分けてテストを行います。

  • First, they'll split up and the larger one will attempt to recapture its counterpart.

    まず、二手に分かれて、大きい方が相手を奪還しようとします。

  • If all goes well, they'll split again, this time with the target satellite traveling in a tumbling orbit that more closely mimics the behavior of space junk.

    うまくいけば、今度は対象の衛星が宇宙ゴミの挙動に近い転がり軌道を走行するように、再び分割されるのです。

  • If they recouple a second time, they'll split once more and the larger one will lose the smaller one, intentionally.

    2回目に再結合すると、もう1回分裂して、大きい方が小さい方にわざと負ける。

  • Now, If they manage to find each other and couple a third time, the demonstrator will be considered a success and ELSA-d will deorbit and burn up in the atmosphere.

    さて、3回目にお互いを見つけて結合することができれば、実証機は成功とみなされ、ELSA-d. は軌道を外れて大気圏で燃え尽きることになります。

  • Even if all goes as planned, this system has its limits.

    たとえ計画通りに進んだとしても、このシステムには限界があります。

  • Astroscale's approach to junk management requires the space junk to have that magnetic plate, so while it could work for future satellites that incorporate it into their design, it doesn't solve the problem of the several thousand dead hunks of metal that are currently up there.

    アストロスケール社の廃品管理方法は、宇宙ゴミに磁気板が必要なので、それを設計に取り入れる将来の衛星には有効かもしれませんが、現在上空にある数千個の死んだ金属の塊の問題を解決することはできません。

  • To tackle that issue, the Swiss company ClearSpace is developing a tentacled contraption and aims to take down a large piece of an ESA booster rocket by 2025.

    この問題に取り組むため、スイスのクリアスペース社は触手付きの仕掛けを開発し、2025 年までに ESA のブースターロケットの大きな部分を倒すことを目指しています。

  • One other idea is to refuel dead or dying satellites in orbit, eliminating the need to replace them or at least making it possible for them to move out of harm's way.

    もう一つのアイデアは、軌道上の死んだ衛星や瀕死の衛星に燃料を補給することで、買い替えの必要がなくなり、少なくとも危険な場所からの移動が可能になりました。

  • NASA is planning one such refueling mission called OSAM-1 in the coming years.

    NASA は今後数年のうちに OSAM-1 と呼ばれる燃料補給ミッションを計画している。

  • Of course, there is another option and that is justto not send up so many new satellites.

    もちろん、もう一つの方法として新しい衛星をあまり打ち上げないという選択肢もあります。

  • If space junk is allowed to come down at a faster rate than we put stuff up there, the skies will steadily become less crowded.

    宇宙ゴミをどんどん降ろしていけば、空はどんどん狭くなっていきます。

  • But with multiple companies planning global communication networks each made up of thousands of satellites, that idea probably isn't getting off the ground.

    しかし、複数の企業が数千個の衛星を使った世界規模の通信ネットワークを計画しているため、そのような考えは通用しないでしょう。

  • This issue is a long way from being solved.

    この問題が解決するには、まだまだ時間がかかります。

  • There are so many satellites in orbit now that even if we stopped all launches, some scientists believe the Kessler syndrome could still become a reality.

    現在、軌道上には非常に多くの人工衛星があり、仮にすべての打ち上げを中止したとしても、ケスラー症候群は現実のものとなると考える科学者もいます。

  • Space junk comes in such a wide variety of shapes and sizes that no one approach will be the solution that cleans up low Earth orbit.

    宇宙ゴミの形や大きさは実にさまざまで、地球低軌道をきれいにする方法は一つではありません。

  • And these technologies could also have a sinister side: something that de-orbits a junk satellite could also bring down an active one, something that will no doubt concern governments and militaries of the world.

    また、これらの技術には不吉な面もある。ジャンク衛星を軌道からはずすものが、活動中の衛星を落とす可能性もあり、世界中の政府や軍隊が懸念していることである。

  • Doing something with all that junk is going to require a lot of creativity, trust, and forward-thinking if we're going to make sure there's enough space in space.

    そのため、宇宙に十分なスペースを確保するためには創造性、信頼性、そして先見性が必要になります。

  • If you're curious why companies would want to create mega-constellations of satellites, check out my video on SpaceX's Starlink project here.

    なぜ企業が衛星の巨大コンステレーションを作りたがるのかについては、スペースX社の「スターリンク」プロジェクトに関する私のビデオをご覧ください。

  • Are you worried about the Kessler Syndrome going from scary hypothetical to reality?

    ケスラー・シンドロームが怖い仮説から現実になることを心配してるのですか?

  • Why or why not?

    なぜ、それともなぜそうしないのか?

  • Sound off in the comments, be sure to subscribe, and I'll see you next time on Seeker.

    次回の「Seeker」でお会いしましょう!コメントをお寄せください。

Since the launch of Sputnik I kicked off the space age in 1957, our skies have steadily been filling up with more and more artificial satellites.

1957 年に宇宙時代の幕開けとなったスプートニク1号が打ち上げられて以来、私たちの空はどんどん人工衛星で埋め尽くされていきます。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 衛星 軌道 宇宙 ジャンク nasa 解決

未来のミッションを脅かす "宇宙ゴミ"(スペースジャンク)ってなに?

  • 3842 184
    Summer に公開 2022 年 05 月 11 日
動画の中の単語