Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • We live in an increasingly urban world. Busy lives on busy streets, the hustle and bustle of everyday life.

    私たちは、ますます都会的な世界に住んでいます。賑やかな街に賑やかな生活。日常の喧騒の中で

  • But imagine, if suddenly everything stopped. The homes suddenly empty, and everything was abandoned.

    しかし、突然すべてが止まってしまったらどうでしょう。急に家がなくなり、すべてが廃墟になった。

  • Throughout history, there have been hundreds of ghost towns, places abandoned for a range of reasons.

    歴史を振り返ってみると何百ものゴーストタウンがあります。 捨てられた場所 様々な理由で。

  • In many instances, abandonment is rapid and locations transform abruptly from being live and 'in the present' to being dead and 'in the past', leaving behind broken but recognisable remnants of life, and often a pervading sense of melancholy.

    多くの場合、廃墟は急速にと場所が急に変わる 生きていて「現在」にあるものから、死んでいて「過去」にあるものへ。 壊れた、しかし認識できる生活の痕跡を残して。 憂鬱な気分が蔓延していることが多い。

  • The abandonment of towns is nothing new.

    街を捨てることは今に始まったことではない。

  • Remnants of human presence have inspired artists and poets dating back to ancient times, whether romanticized or dreaded, our fascination with ghost towns carries on to this day, creating a subculture of 'dark tourism'.

    人間の存在の痕跡は、芸術家や詩人にインスピレーションを与えてきました。古代から続いています。 ロマンチックなものであれ、恐ろしいものであれ。私たちのゴーストタウンへの憧れは、今でも続いています。 ダークツーリズム」というサブカルチャーを生み出しています。

  • Traveling to these abandoned sites can take on the significance of a pilgrimage, especially where a location is associated with death.

    廃墟を巡る旅は、巡礼の意味を持ちます。 特に、その場所が「死」に関連している場合。

  • Travel agents offer day trips to Chernobyl. For some, the opportunity to witness the aftermath of a nuclear disaster is too tempting to resist.

    旅行会社がチェルノブイリへの日帰り旅行を実施している。原発事故の後遺症を目の当たりにする機会は、ある人にとってはは、あまりにも魅力的である。

  • Visitors also flock to Epecuen in Argentina, a town semi-submerged after the dam above it broke in 1985.

    また、アルゼンチンのエペクエンにも多くの観光客が訪れます。1985年にダムが決壊し、半水没状態となった町。

  • There are many other reasons why towns are suddenly abandoned, one of them is war.

    他にも、町が突然廃墟になる理由はたくさんあります。その一つが戦争です。

  • In June, 1944, the Waffen-SS murdered the entire population of Oradour-sur-Glane in occupied France, a total of 642 men, women and children.

    1944年6月のことである。ワッペンSSはオラドゥール・シュル・グランの全住民を殺害しました。 占領下のフランスで 男性、女性、子供合わせて642名の方にご参加いただきました。 廃墟と化した街並みや家々は、その後も手つかずのまま残っている。 亡くなった方への追悼の意を込めて

  • The ruined streets and homes have remained untouched ever since: a memorial to the dead.

  • On the other side of the Channel, in the autumn of 1943, as Britain prepared for D-Day, the residents of Imber, in Wiltshire, were told that they had mere weeks to leave their homes as the Ministry of Defense needed places for troop training and target practice.

    チャンネルの反対側で1943年秋のことである。 イギリスがD-Dayに向けて準備を進めていた頃。 ウィルトシャー州にあるアンバーの住民は、数週間しかないと言われました。 家を出るために 国防省が部隊の訓練のための場所を必要としていたので とターゲットの練習をしていました。

  • Residents assumed that they'd be able to return to their homes after the war, but in fact the Ministry of Defense retained the village. Imber is still used to this day for urban warfare training.

    住民は自宅に戻れると思っていたが戦後。 が、実際には国防省が村を保持していた。 琥珀は今でも市街戦の訓練に使われています。

  • Not all ghost towns have such violent histories.

    全てのゴーストタウンがこのような激しい歴史を持っているわけではありません。世界各地で、清潔な水などの実用性が求められています。電気や交通の便が悪くなってしまいました。 家、学校、会社を犠牲にした何千人もの人々が 他の都市が繁栄するために

  • All over the world, practicalities such as clean water, electricity and transport led to the displacement of thousands of people who sacrificed their homes, schools and businesses to enable other cities to thrive.

  • The village of Capel Celyn, in Wales, was controversially vacated and then flooded in 1965 to provide a water reservoir for the city of Liverpool.

    物議を醸したウェールズのカペル・セリンの村が、1965年には貯水池として水没してしまいました。 リバプールの街のために。 この行動は、今でもウェールズの民族主義者たちの強い反感を買っている。イングランドの利益のために、ウェールズのコミュニティがこのような高い代償を払ったことは、とても興味深いことです。

  • The action was, and still is, deeply resented by nationalists in Wales, furious that a Welsh community paid such a high price for England's gain.

  • At times, ghost towns represent a cautionary tale. A reminder of how humanity's own actions have also created a legacy of uninhabitable landscapes.

    また、ゴーストタウンは、ある意味で戒めの場所でもあります。人間の行動が、いかにして自分自身の行動につながるかを思い知らされる。が、人の住めない風景という遺産を作ってしまいました。

  • Abandoned mining towns like Gilman, Colorado, heavily mined for silver, lead and zinc since the late 1800s, then ordered to vacate in 1984, due to toxic pollutants that contaminated the groundwater. To this day, Gilman remains unsafe and off limits to the public.

    コロラド州ギルマンのような廃墟となった鉱山町。1800年代後半から、銀、鉛、亜鉛の採掘が盛んに行われてきました。 が、1984年に退去を命じられました。 地下水を汚染した有害な汚染物質が原因です。 今でもギルマンは安全ではなく、一般には立ち入り禁止となっている。

  • Climate change too presents an existential threat to the populations of some towns and cities: flood, wildfires, weather and erosion cause people to have to abandon their homes all over the world.

    気候変動も実存的な脅威である幾つかの町や都市の人口に。 洪水、山火事、気象、浸食世界中の人々が家を捨てなければならない原因となっています。

  • The ancient civilisation of Harappa on the Indus River Valley was possibly a victim of climate change around 1800 BCE, when it was abandoned due to the disruption of river systems.

    インダス川流域の古代文明「ハラッパ」については、紀元前1800年頃に気候変動の犠牲になった可能性があります。 が、川の流れが途絶えてしまったために放棄されました。

  • Today, the Welsh village of Fairbourne is facing an uncertain future. Built on the coast in the mid-19th Century, a large part of the village sits below sea level.

    現在、ウェールズの村、フェアボーンはは、不確かな未来に直面しています。 19世紀半ばに海岸に建てられた。村の大部分は海面下に位置しています。 気候変動による水位の上昇に伴い村を守ることは、もはや持続可能ではありません。 フェアボーンの住民は、危機感を持っては、気候変動の影響を受けた最初の英国人の一人です。

  • With levels rising due to climate change, defending the village is no longer sustainable.

  • The residents of Fairbourne are in danger of becoming among the first UK citizens to be displaced by climate change.

  • Are we witnessing the early days of a new ghost town?

    新たなゴーストタウンの始まりを目撃することになるのか。

  • What is the dark magic of ghost towns?

    ゴーストタウンのダークマジックとは?

  • Is it because they lure us, they invite us to briefly visit our own demise? Or is it the thrill of experiencing a dystopian landscape we're familiar with from books and films?

    それは、私たちを誘い込むからでしょうか。彼らは、私たちが自分自身の終焉を一時的に訪れるように誘うのだろうか? それとも、ディストピアの風景を体験するスリルがあるのか本や映画でおなじみですね。

  • Nobody in these abandoned communities expected that this would happen to them.

    捨てられた地域には誰もいないは、自分の身に起こることを予想していました。

  • Our lives, homes and cities seem so permanent, it's frightening to realize we're largely powerless to prevent forces acting at scale.

    私たちの生活、家、都市はとても永続的なものに見えます。私たちがほとんど無力であることに気づくのは恐ろしいことです。 スケールで作用する力を防ぐために

  • Perhaps we're drawn to these ghost towns for a very simple and intimate reason: for the opportunity to imagine, "What if this happened to me?"

    このようなゴーストタウンに惹かれるのかもしれません。それは、とてもシンプルで親しみやすい理由からです。 "もし、私にこんなことが起こったら "と想像する機会のために。

We live in an increasingly urban world. Busy lives on busy streets, the hustle and bustle of everyday life.

私たちは、ますます都会的な世界に住んでいます。賑やかな街に賑やかな生活。日常の喧騒の中で

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ゴースト タウン ウェールズ 気候 変動 捨て

なぜ私たちはゴーストタウンに魅了されるのか?| BBCアイデア (Why are we so fascinated by ghost towns? | BBC Ideas)

  • 1384 54
    Summer に公開 2021 年 08 月 05 日
動画の中の単語