Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • In August 1947, India gained independence after 200 years of British rule.

    1947 年 8 月、インドは 200 年にわたる英国の支配を経て独立を果たした。

  • What followed was one of the largest and bloodiest forced migrations in history: an estimated one million people lost their lives.

    その後、史上最大かつ最も血なまぐさい強制移住が行われ、100 万人が命を落としたと言われている。

  • Before British colonization, the Indian subcontinent was a patchwork of regional kingdoms known as princely states, populated by Hindus, Muslims, Sikhs, Jains, Buddhists, Christians, Parsis, and Jews.

    イギリスの植民地化以前のインド亜大陸は、ヒンドゥー教徒、イスラム教徒、シーク教徒、ジャイナ教徒、仏教徒、キリスト教徒、パールシー教徒、ユダヤ教徒が住む侯国という地域の王国の繋ぎ合わせのような状態でした。

  • Each princely state had its own traditions, caste backgrounds, and leadership.

    それぞれの侯国には、伝統、階級制度の背景、統治者がありました。

  • Starting in the 1500s, a series of European powers colonized India with coastal trading settlements.

    1500 年代以降、ヨーロッパの列強が相次いでインドを植民地化し、沿岸部に交易のための入植地を設けました。

  • By the mid-18th century, the English East India Company emerged as the primary colonial power in India. The British ruled some provinces directly and ruled the princely states indirectly.

    18 世紀半ばになると、イギリスの東インド会社がインドにおける主要な植民地勢力として出現してきた。イギリスはいくつかの州を直接統治し、侯国には間接統治を行いました。

  • Under indirect rule, the princely states remained sovereign but made political and financial concessions to the British.

    間接統治のもと、侯国は主権を維持しながらも、政治的・財政的にイギリスに譲歩していきました。

  • In the 19th century, the British began to categorize Indians by religious identity — a gross simplification of the communities in India.

    19 世紀、イギリスはインド人を宗教で分類し始めたが、これはインドのコミュニティを著しく単純化したものでありました。

  • They counted Hindus as "majorities" and all other religious communities as distinct "minorities," with Muslims being the largest minority.

    ヒンドゥー教を「多数派」、それ以外の宗教を「少数派」とし、イスラム教が最大の少数派としたのです。

  • Sikhs were considered part of the Hindu community by everyone but themselves.

    シーク教徒の人々は、自分たち教徒以外の人々からはヒンドゥー教徒の一員とみなされていたのです。

  • In elections, people could only vote for candidates of their own religious identification; these practices exaggerated differences, sowing distrust between communities that had previously co-existed.

    選挙では、自分の宗教を持つ候補者にしか投票できない。こうした慣習は、それまで共存してきた団体の違いを誇張し、不信感を植え付けました。

  • The 20th century began with decades of anti-colonial movements, where Indians fought for independence from Britain.

    20 世紀は、インド人がイギリスからの独立を求めて戦う、数十年にわたる反植民地運動から始まりました。

  • In the aftermath of World War II, under enormous financial strain from the war, Britain finally caved.

    第二次世界大戦後、戦争による莫大な財政負担の中で、イギリスはついに屈服しました。

  • Indian political leaders had differing views on what an independent India should look like.

    インドの政治指導者たちは、独立したインドがどのようなものであるべきかについて、さまざまな見解を持っていました。

  • Mohandas Gandhi and Jawaharlal Nehru represented the Hindu majority and wanted one united India.

    モハンダス・ガンジーとジャワハルラール・ネルーは、多数派のヒンドゥー教徒の代表として、一つの統一されたインドを望んでいました。

  • Muhammad Ali Jinnah, who led the Muslim minority, thought the rifts created by colonization were too deep to repair. Jinnah argued for a two-nation division where Muslims would have a homeland called Pakistan.

    少数派のイスラム教徒を率いるムハンマド・アリ・ジンナーは、植民地化によって生じた溝は修復するにはあまりに深いと考えました。ジンナーは、イスラム教徒がパキスタンと呼ばれる祖国を持つ二国間分裂を主張しました。

  • Following riots in 1946 and 1947, the British expedited their retreat, planning Indian independence behind closed doors.

    1946 年、1947 年の暴動を受け、イギリスは撤退を早め、密かにインド独立を計画しました。

  • In June 1947, the British viceroy announced that India would gain independence by August, and be partitioned into Hindu India and Muslim Pakistanbut gave little explanation of how exactly this would happen.

    1947 年6月、イギリスの総督は、8月までにインドが独立し、ヒンドゥー教のインドとイスラム教のパキスタンに分割されると発表しましたが、具体的にどうなるかはほとんど説明されませんでした。

  • Using outdated maps, inaccurate census numbers, and minimal knowledge of the land, in a mere five weeks, the Boundary Committee drew a border dividing three provinces under direct British rule: Bengal, Punjab, and Assam.

    時代遅れの地図、不正確な国勢調査の数字、土地に関する最小限の知識を使って、境界委員会はわずか5週間でイギリスの直接統治下にあるベンガル、パンジャブ、アッサムという3つの州を分ける境界線を引いたのです。

  • The border took into account where Hindus and Muslims were majorities, but also factors like location and population percentages.

    ヒンドゥー教徒とイスラム教徒が多数派であることはもちろん、場所や人口比率などの要素も考慮した上で、国境を設定しました。

  • So if a Hindu majority area bordered another Hindu majority area, it would be included in India, but if a Hindu majority area bordered Muslim majority areas, it might become part of Pakistan.

    ですから、ヒンドゥー教徒が多い地域が他のヒンドゥー教徒が多い地域と接していればインドに含まれますが、ヒンドゥー教徒が多い地域がイスラム教徒が多い地域と接していればパキスタンの一部となる可能性があります。

  • Princely states on the border had to choose which of the new nations to join, losing their sovereignty in the process.

    国境にある諸侯国は、どの国に加わるかを選択しなければならず、その過程で主権を失うことになりました。

  • While the Boundary Committee worked on the new map, Hindus and Muslims began moving to areas where they thought they'd be a part of the religious majoritybut they couldn't be sure. Families divided themselves.

    境界委員会が新しい地図を作る間、ヒンドゥー教徒とイスラム教徒は、自分たちが多数派になれると思う地域に移り住み始めたが、確信が持てなかった。しかし、確証はない。家族もバラバラになりました。

  • Fearing sexual violence, parents sent young daughters and wives to regions they perceived to be safe.

    性的暴力を恐れて、両親は若い娘や妻を安全だと思われる地域に送り出しました。

  • The new map wasn't revealed until August 17th, 1947 — two days after independence.

    新しい地図が公開されたのは、独立から2日後の1947年8月17日のことでした。

  • The provinces of Punjab and Bengal became the geographically separated East and West Pakistan; the rest became Hindu-majority India.

    パンジャブ州とベンガル州は、地理的に分離した東・西パキスタンとなり、それ以外の地域はヒンドゥー教徒の多いインドとなりました。

  • In a period of two years, millions of Hindus and Sikhs living in Pakistan left for India, while Muslims living in India fled villages where their families had lived for centuries.

    パキスタンに住む数百万人のヒンズー教徒とシーク教徒は2年の間にインドに向かい、インドに住むイスラム教徒は家族が何世紀にもわたって暮らしてきた村から逃げ出しました。

  • The cities of Lahore, Delhi, Calcutta, Dhaka, and Karachi emptied of old residents and filled with refugees.

    ラホール、デリー、カルカッタ、ダッカ、カラチなどの都市は、古くからの住民がいなくなり、難民でいっぱいになりました。

  • In the power vacuum British forces left behind, radicalized militias and local groups massacred migrants.

    イギリス軍が残した権力の空白に、急進的な民兵や地元の集団が移民を虐殺しました。

  • Much of the violence occurred in Punjab, and women bore the brunt of it, suffering rape and mutilation. Around 100,000 women were kidnapped and forced to marry their captors.

    暴力の多くはパンジャブで起こり、女性はその矢先に立たされ、レイプや身体切断の被害を受けた。約10万人の女性が誘拐され、捕虜と結婚させられました。

  • The problems created by Partition went far beyond this immediate deadly aftermath: many families who made temporary moves became permanently displaced, and borders continue to be disputed.

    分割が引き起こした問題は、このような直接的で致命的な影響をはるかに超えている。一時的に移動した多くの家族が永住することになり、国境については今も争論を続けています。

  • In 1971, East Pakistan seceded and became the new country of Bangladesh, meanwhile, the Hindu ruler of Kashmir decided to join India — a decision that was to be finalized by a public referendum of the majority Muslim population.

    1971 年、東パキスタンは分離独立し、バングラデシュという新しい国になった。一方、カシミール地方のヒンドゥー教徒の支配者はインドへの加盟を決め、その決定は、大多数のイスラム教徒の住民投票によって最終決定されることになりました。

  • That referendum still hasn't happened as of 2020, and India and Pakistan have been warring over Kashmir since 1947.

    その住民投票は 2020 年現在も行われておらず、インドとパキスタンは 1947 年以来カシミール地方をめぐって戦争をしています。

  • More than 70 years later, the legacies of the Partition remain clear in the subcontinent: in its new political formations and in the memories of divided families.

    70年以上たった今でも、分割統治の遺産は、新しい政治体制と、分断された家族の記憶の中にはっきりと残っています。

In August 1947, India gained independence after 200 years of British rule.

1947 年 8 月、インドは 200 年にわたる英国の支配を経て独立を果たした。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B2 中上級 日本語

【TED-Ed】悲劇の歴史:どうしてインドは2つの国に分割されたのか

  • 8549 462
    Minjane に公開 2022 年 05 月 18 日
動画の中の単語