Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • For most of the history of humanity, there was nothing at all one could swallow when

    人類の歴史の中で、このような時に飲み込めるものは何もありませんでした。

  • one was mentally ill. The full force of one's sickness had to run unchecked.

    精神的に病んでいる人は自分の病気の全容が抑えられないままになっていたのです。

  • Then, in 1950, Paul Charpentier, a French chemist working at Laboratoires Rhône-Poulenc,

    そして1950年、ローヌ=プーラン研究所のフランス人化学者、ポール・シャルパンティエ氏が登場。

  • succeeded in synthesising a drug called 4560RP, later renamed chlorpromazine. When rats were

    4560RP(後にクロルプロマジンと改称)という薬の合成に成功したのである。ラットに

  • injected with it, placed in a crowded cage and convulsed with electric shocks, they showed

    それを注射し、密集したケージに入れ、電気ショックで痙攣させたところ、彼らは

  • none of the expected alarm and frenzy, settling instead into a serene and indifferent mood.

    予想された警戒心や熱狂はなく、穏やかで無関心な雰囲気に包まれていた。

  • When given to humans, the drug had a similar calming effect: American soldiers in the Korean

    人間に投与しても、同様の鎮静効果が得られた。朝鮮戦争のアメリカ兵が

  • war were able to walk into the battlefield with total fearlessness. In hospitals, psychotic

    戦争の時は、戦場に行っても全く怖くなかった。病院では、精神病の

  • patients who were placed on the drug became sociable, unaggressive and ready to rejoin

    この薬を投与された患者さんは、社交的で攻撃的でなくなり、すぐに復帰できるようになりました。

  • ordinary life. The world's first antipsychotic drug was born. It would over the coming decades

    普通の生活の中で世界初の抗精神病薬の誕生である。それは今後数十年にわたって

  • be followed by dozens more seemingly miraculous medicines, all of them playing - in ways that

    奇跡のように見える何十種類もの薬が続き、それらの薬はすべて、次のような方法で演奏されます。

  • their creators did not and still do not entirely understand - with the brain's receptors

    脳の受容体との関係について、制作者はまだ完全には理解していません。

  • for dopamine, the hormone held to be responsible for excessive excitement and fear. Alongside

    過剰な興奮や恐怖をもたらすホルモンであるドーパミンの量を増やす。また

  • these antipsychotics, there emerged a family of antidepressants, in particular those known

    これらの抗精神病薬に加えて、抗うつ薬のシリーズが登場しました。

  • as SSRIs, that could increase the brain's levels of serotonin, the neurotransmitter

    SSRIは、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの量を増加させる可能性があります。

  • and hormone associated with uplift, motivation and positive moods. The drugs were baptised

    は、気分を高揚させ、やる気を起こさせ、ポジティブな気分にさせるホルモンです。薬の洗礼を受けた

  • with names that put language to ever more daunting uses: fluoxetine, citalopram, paroxetine,

    フルオキセチン、シタロプラム、パロキセチンなど、言葉の使い方がますます難しくなるような名前です。

  • escitalopram, risperidone, quetiapine, aripiprazole. Whatever the particularities of each example,

    escitalopram, risperidone, quetiapine, aripiprazole.それぞれの例の特殊性はともかく

  • modern psychiatry ended up operating with two essential instruments: pills that could

    現代の精神医学は、2つの重要な道具を使って活動することになりました。

  • calm us down (reducing terror, paranoia, mania, disinhibition, insomnia and aggression) and

    私たちを落ち着かせる(恐怖、偏執、躁、抑制、不眠、攻撃性を軽減)と

  • pills that could lift us up (alleviating despair, moroseness and loss of meaning).

    私たちを元気にしてくれる薬(絶望感、モヤモヤ感、意味の喪失感を和らげる)。

  • Thanks to these medicines, occupancy rates of psychiatric hospitals plummeted, decreasing

    これらの薬のおかげで、精神科病院の稼働率は低下しました。

  • by some 80% in developed countries between 1955 and 1990. Illnesses that had been a near-death

    1955年から1990年の間に、先進国では約80%もの増加が見られました。死にかけていた病気が

  • sentence a generation before could now be managed by swallowing one or two pills a day.

    一世代前までは、1日1~2錠の薬を飲めば何とかなっていたのです。

  • It looked as if our unruly minds had finally been tamed.

    私たちの乱れた心が、ようやく手なずけられたかのようでした。

  • But the answer was not complete. All these medicines turned out to have serious physical

    しかし、その答えは完全なものではなかった。これらの薬はすべて、深刻な物理的問題を抱えていることが判明しました。

  • side effects (being intermittently responsible for dramatic weight gain, diabetes, kidney

    副作用(劇的な体重増加、糖尿病、腎臓を断続的に担当している。

  • malfunction and blood clots). Yet the charge against them at a psychological level was

    誤作動や血栓など)。)しかし、心理的なレベルでの彼らへの告発は

  • more fundamental: that they did not and could never - on the basis of their approach - get

    より基本的なことは、彼らのアプローチに基づいて、彼らは、決して得られなかったし、得られなかったということです。

  • to grips with the true causes of mental illness. At best, they could control appalling symptoms

    心の病の真の原因を把握することができなかったのです。せいぜい、ひどい症状を抑えるのが精一杯で

  • while being unable to grapple with what, in the individual past, had led to them in the

    過去の個々の出来事が何をもたらしたのかを把握することができませんでした。

  • first place.

    一位

  • To be fair to psychiatry, even if this were true, it is no mean feat to be able to offer

    精神医学の世界では、仮にそうだとしても、そのようなことを提供できるのは、並大抵のことではありません。

  • a person a measure of control over their mental symptoms, given the horrors that these can

    心の症状をコントロールできるようになると、その症状がもたらす恐怖感から

  • entail. Those of us who have known mental illness from close up would - at the height

    が必要です。精神病を間近で知っている私たちは、その高さに

  • of our suffering - generally choose to be physically tortured rather than endure yet

    苦しみに耐えるよりも、肉体的な拷問を受けることを選んだのです。

  • more of the abominations our minds can inflict. There are varieties of mental unwellness in

    私たちの心がもたらす醜悪な行為の数々をご覧ください。心の不調には種類があり

  • which we are taken over by anxiety and foreboding - and paralysed by a sense that every minute

    不安や予感に支配され、一分一秒を争う感覚に麻痺してしまいます。

  • is carrying us closer to an immense and unnameable catastrophe. We can no longer eat or speak,

    は、私たちを巨大で名状しがたい大惨事に近づけています。私たちはもはや食べることも話すこともできません。

  • we may just have to lie in a ball crying, scratching ourselves and waiting for the axe

    私たちは、泣きながら体をかきむしって、斧を待つしかないのかもしれません。

  • to fall. There are states in which we wake up every morning with a conviction that we

    to fall.毎朝、確信を持って目覚めている状態があります。

  • need to take an overdose in order to put to an end to the turmoil in our minds. There

    混乱した心に終止符を打つためには、過剰摂取が必要なのです。そこには

  • can be voices inside us that do not for one moment cease telling us that we are guilty,

    私たちの心の中には、私たちが罪を犯しているという声が一瞬たりとも止むことはありません。

  • shameful and abhorrent beings. We may live in terror that we are about to lose control

    恥ずかしい、嫌な存在だ。私たちは、自分がコントロールを失うのではないかという恐怖の中で生きているかもしれません

  • or might already have done so. Our imaginations can be haunted by images of stabbing a child

    あるいは、すでにそうしているかもしれません。私たちの想像力は、子供を刺すというイメージに悩まされることがあります

  • or tearing off our own fingernails. It can feel as if there is a monster inside us urging

    自分の指の爪を引き剥がすこともあります。まるで自分の中にモンスターがいて、それに促されているかのように感じることがあります。

  • us to do appalling deeds and filling our consciousness with lacerating persecutory thoughts. We may

    私たちは、恐ろしい行為をしたり、迫害的な考えで私たちの意識を満たしたりします。私たちは

  • feel our inner coherence dissolving and giving way to a maelstrom of aggression and paranoia.

    自分の中のまとまりが消え、攻撃性とパラノイアの渦に巻き込まれていくのを感じます。

  • We may be so mysteriously sad that no pleasantry or act of kindness can distract us and all

    私たちは不思議なほど悲しくて、どんなお世辞や親切な行為も気を紛らわせることができないかもしれませんし、すべての

  • we wish to do is stare mutely out of the window and hope to be gone soon.

    私たちがしたいことは、窓の外を黙って見つめ、早くいなくなりたいと願うことです。

  • With the right pills to hand however, some of these nightmares can end. We may know our

    しかし、適切な薬を手に入れることで、これらの悪夢を終わらせることができます。私たちは、自分の

  • anxiety is still there but we are granted some distance from it, we are able to stare

    不安は残っていますが、それとは少し距離を置くことができ、私たちはそれを見つめることができます。

  • at it as if it were an enraged tiger in a zoo on the other side of a thick pane of glass.

    厚いガラスの向こう側にある動物園の猛獣のように。

  • We may not lose sight of our despair and self-loathing but we can acquire an attitude of detachment

    絶望や自己嫌悪を見失うことはないかもしれませんが、切り離す姿勢を身につけることはできます。

  • in relation to it; it doesn't matter quite so much that we are entirely awful and should

    との関係では、私たちが全くもってひどく、すべきことではないということはあまり重要ではありません。

  • be put down. We can park the idea for a morning in order to do some work or clean the house.

    置くことができます。仕事や家の掃除をするために、午前中はアイデアを停めておくことができます。

  • We can put off thoughts of suicide until tomorrow. We don't need to have a complete reckoning

    自殺を考えるのは明日に回せばいい。私たちは、完全な清算をする必要はありません

  • with our sadistic ideas at every moment. The crushing sadness can partially lift and we

    私たちのサディスティックなアイデアを、あらゆる瞬間に押しつぶされそうな悲しみは、部分的に解除され、私たちは

  • might have the energy for a conversation with a friend or a walk in the park. Only someone

    友人との会話や公園での散歩にもエネルギーが必要になるかもしれません。誰かだけが

  • who hadn't endured vicious mental suffering would dare to casually dismiss such psychiatric

    悪質な精神的苦痛を受けたことのない人が、そのような精神医学を軽々しく否定することはできません。

  • interventions as a plaster over a wound.

    傷口に絆創膏を貼るような介入をする。

  • Nevertheless, most mental illness has a psychological history - and its hold on us will for the

    しかし、ほとんどの精神疾患には心理的な歴史があり、私たちに影響を与えているのは以下の通りです。

  • most part only properly weaken the more episodes of this painful history we can start to feel

    痛みを伴う歴史のエピソードが増えれば増えるほど、適切に弱体化していくのがほとんどです。

  • and make sense of. Pills may be able to change the background atmosphere of our minds, but

    を理解することができます。薬は心の背景の雰囲気を変えることができるかもしれませんが

  • our thoughts about ourselves need to be challenged and adjusted with conscious instruments if

    私たちは、自分自身についての考えに挑戦し、意識的な手段で調整する必要があります。

  • we are to be able to grow truly well. The genuine resolution of mental disturbance lies

    真の意味で成長することができるのです。心の乱れの真の解決は

  • in our ability to think - especially of our early childhoods and the key figures and events

    考える力-特に幼少期や重要な人物、出来事について

  • within it.

    その中で

  • The unfortunate paradox is that illnesses of the mind generally effect precisely the

    不幸なパラドックスは、心の病気は、一般的にはまさに

  • instrument that we require in order to interpret our lives. It is our conscious reason that

    自分の人生を解釈するために必要な道具です。それは私たちの意識的な理性が

  • is both sick and desperately needed in order to do battle with despair and fear; it is

    は、絶望や恐怖と戦うためには、病んでいても必死に必要なものであり、それは

  • the reason that we need in order to locate persuasive grounds to keep living. This is

    そのためには、生き続けるための説得力のある理由を見つける必要があります。これは

  • where pills may usefully join up with psychotherapy to deliver a coherent solution. We might say

    薬が心理療法と一緒になって首尾一貫した解決策を提供してくれるかもしれません。私たちは次のように言うかもしれません。

  • that the supreme role of pills is to hold back panic and sadness just long enough that

    薬の最高の役割は、パニックや悲しみをぎりぎりまで抑えることであり、それによって

  • we can start to identify why we might want to continue living; they aren't in themselves

    生き続けたいと思う理由が見えてくる。

  • the cure, but they are at points the essential tools that can make therapy, and through it

    治療法ではありませんが、治療を可能にする重要なツールであり、治療を通して

  • authentic healing, possible. They promise our minds the rest and safety they require

    本物の癒しを、可能にする。私たちの心が必要とする休息と安全を約束してくれます

  • to harness their own strengths.

    自分の力を発揮するために

For most of the history of humanity, there was nothing at all one could swallow when

人類の歴史の中で、このような時に飲み込めるものは何もありませんでした。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 精神 恐怖 しれ 必要 症状 医学

錠剤とセラピー? 何が一番いいの? (Pills or Therapy? What is best for you?)

  • 10 1
    Summer に公開 2021 年 07 月 28 日
動画の中の単語