Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • In Meditations, Marcus Aurelius said, “Don't waste the rest of your time here worrying about other peopleunless it affects the common good.

    マルクス・アウレリウスは『自省録』の中で、こう述べています。「共通の利益に影響を与えない限り、他人のことを気にして残りの時間を無駄にしてはならない

  • It will keep you from doing anything useful.

    それはあなたが有益なことをするのを妨げます。

  • You'll be too preoccupied with what so-and-so is doing, and why, and what they're saying, and what they're thinking, and what they're up to, and all the other things that throw you off and keep you from focusing on your own mind.”

    誰かが何をしているのか、なぜなのか、何を言っているのか、何を考えているのか、何をしようとしているのか、などに気を取られて、自分の心に集中できなくなってしまいます。」

  • In my opinion, Marcus touches on the main issue that holds people back in life: being attached to what other people think of them.

    私の考えでは、マーカスは、人の評価に執着することが人生の妨げになるという主な問題に触れています。

  • So I'm gonna explore this idea through a dialogue.

    そこで、このアイデアを会話形式で探ってみましょう。

  • In Shinjuku, when the clock strikes midnight, a small bar opens up for a few hours.

    新宿では、時計が深夜12時になると、小さなバーが数時間だけオープンします。

  • Few people visit it, but the one's who go know what they're looking for.

    訪れる人はほんの少しですが、訪れた人は何を求めているのかを知っています。

  • Tonight, Himari takes a seat alone, and after a few drinks, she has the following conversation with the bartender.

    今夜、ひまりは一人で席に着き、数杯飲んだ後、バーテンダーと次のような会話をします。

  • Bartender: “If you're attached to what other people think of you, you'll never do anything truly useful.”

    バーテンダー:「人からの評価ばかり気にしていては、本当に有益なことはできないでしょう。」

  • Himari: “What do you mean?”

    ひまり:「どういう意味?」

  • If you're attached to what other people think of you, you'll never be yourself.

    「人からの評価にこだわっていては、自分らしくいられません。

  • And if life has taught me anything, it's that being yourself is the only truly useful thing someone can do.”

    そして、私が人生で何かを学んだことがあるとすれば、自分らしくあることは、人ができる唯一の真に有益なことだということです。」

  • “I don't get it. How is being myself useful?”

    「よくわからない。自分らしくあったら、どう有益なの?」

  • True usefulness comes from being what you are.

    「真の有用性は、ありのままの自分であることから生まれる。

  • Think about a tree: its fruits and oxygen are a byproduct of it being itself.

    木について考えてみてください。木の実や酸素は、木が木であるがゆえの副産物です。

  • The same holds true for us.

    私たちにも同じことが言えます。

  • We do useful things by being ourselves.”

    私たちは、自分自身であることによって有益なことをするのです。」

  • But aren't I always myself?”

    「でも、私はいつも自分自身じゃないですか?」

  • No, you're getting stuck in the language.

    「いいえ。あなたは言葉にとらわれすぎています。

  • Let's look at the tree again.

    もう一度、木を見てみましょう。

  • Several things can stop the tree from being itself such as a lack of sunlight, a lack of water, and lots of competition in the environment.

    日光の不足、水の不足、環境中の競争相手の多さなど、様々な要因が木の成長を妨げます。

  • There are obstacles stopping the tree from being.

    木が木であることを邪魔する障害物があるのです。

  • So being yourself is the same as overcoming your own obstacles.

    つまり、自分らしくあることは、自身の障害を克服することと同じなのです。

  • And one of the greatest obstacles to being yourself is being attached to what other people think of you.”

    そして、自分らしさを発揮するための最大の障害の一つは、他人からの評価に執着することです。」

  • How does being attached to what other people think of me stop me from being myself?”

    「他人からの評価に執着することで、自分らしさが失われるとはどういうこと?」

  • When you are being yourself, you have to be willing to violate people's expectations of you.

    「自分らしくあるときには、人の期待を裏切ることも厭わないはずです。

  • You have to be willing to disappoint them.

    人を失望させることを厭わないことです。

  • You have to be willing for them to react negatively.

    相手がネガティブな反応をすることも覚悟しなければなりません。

  • But someone who's attached to what other people think of them is not willing to take that risk, so they end up being who others want them to be rather than being themselves.”

    しかし、他人からの評価に執着する人はそのリスクを取りたがらないので、自分らしい自分ではなく、他人が望む自分になってしまうのです。」

  • “I guess you're right. But what can I do? I depend on what people think of me to survive.”

    「あなたは正しいのでしょうね。でも、私に何ができるの?私は人からの評価に頼って生き延びているんです。」

  • So you're attached to what people think of you because you're dependent on their opinion for security.

    「人の意見に頼って安心しているからこそ、人の意見に執着するわけです。

  • But if your relationship depends on satisfying someone's expectations, it's not a real relationship.

    しかし、相手の期待に応えることで成り立つ関係なら、それは本当の人間関係ではありません。

  • You are a prisoner to someone's idea of you.”

    あなたは誰かの考えに囚われているのです。」

  • “I guess that's true, but there's still security in a prison.”

    「それはそうかもしれません。でも囚われることには安全性があります。」

  • Yes, but you're in a prison.

    「そうですね。でも、あなたは囚われているのです。

  • You've traded the whole of your life for security.

    あなたは人生の全てを安全と引き換えにしたのです。

  • What is there left to secure?”

    そこには安全であるための何かが残っているでしょうか?」

  • Hmm I guess that's true.

    「うーん、それはそうかもしれません。

  • I never thought about it.

    そんなことを考えたことがなかったです。

  • But no matter what I do, or where I go, I'll always depend on people's opinions for security!

    でも、何をするにしても、どこに行くにしても、人の意見を参考にして安心するでしょう!

  • That's how the world is, isn't it.”

    それがこの世界じゃないですか?」

  • If you sell water in a desert, does it matter what people think of you?

    「砂漠で水を売るとしたら、周りの人があなたをどう思うかなんて関係ありますか?

  • If you can truly produce something of value, their opinions do not matter.”

    本当に価値のあるものを生み出すことができるなら、彼らの意見は問題にならないでしょう」

  • “I guess you're right. But how do I make something of value?”

    「その通りでしょうね。でも、どうやって価値のあるものを作ればいいのでしょう?」

  • That's like asking how the tree makes its fruit.

    「それは、「木がどうやって実を作るのか」ということと同じです。

  • I'll put it like this: a tree is imprisoned by a lack of water, sunlight, and competition.

    言い換えてみましょう。木は水や光の不足や、競争などによって囚われることになります。

  • When the tree breaks out of these prisons, when it becomes completely free, the fruit is the natural outcome.

    木がこれらの牢獄から抜け出し、完全に自由になったとき、果実は当然の結果なのです。

  • It's not about how you can produce something of value, but how you can become free.

    いかにして価値あるものを生み出すかではなく、いかにして自由になるかということです。

  • When you break free of all your prisons, your fruit comes of its own accord.”

    すべての牢獄から抜け出したとき、あなたの実りは自ずと訪れるでしょう。」

  • Marcus Aurelius said that caring about what other people think would prevent you from doing anything useful, and I explored the meaning behind this idea through a dialogue.

    マルクス・アウレリウスは「人の評価を気にすると何もできなくなる」と言っていますが、この言葉の意味をダイアログで考えてみました。

  • The most useful thing someone can do is be themselves.

    人ができる最も有益なことは、自分自身であることです。

  • And what we truly are can never be put into words.

    そして、私たちの本当の姿は、決して言葉にすることはできません。

  • Whether we think we are good, bad, an artist, or a lawyer, what we are can never be boiled down to a single word.

    自分が善人だと思っても、悪人だと思っても、芸術家だと思っても、弁護士だと思っても、自分が何者であるかは、決して一言では言い表せないのです。

  • When we say, “I am a wife,” or “a mother,” or “a musician,” or “a lawyer,” we're taking one tiny sliver of our memory and identifying ourselves with it.

    「私は妻である」「私は母である」「私は音楽家である」「私は弁護士である」と言うとき、私たちは自分の記憶のほんの一片を取り出して、それと自分を同一視しているのです。

  • We're more than our memories.

    私たちは記憶以上の存在です。

  • Being yourself is the same as overcoming your own problems, and truly overcoming your own problems is what allows you to help others overcome theirswhich is why true value lies in being oneself.

    自分らしくあることは、自分の問題を克服することと同じであり、自分の問題を真に克服することが、他の人の問題を克服することにつながります。だからこそ、自分らしくあることに真の価値があるのです。

  • But as long as we're attached to what other people think of us, we will always be what people want us to be rather than being ourselves.

    しかし、他人からの評価に執着している限り、いつまでたっても自分らしい自分ではなく、人に求められる自分になってしまいます。

  • And if we abandon ourselves, we abandon our ability to be truly useful to the world.

    そして、自分を見捨てれば、世界に真に役立つ能力を放棄することになるでしょう。

  • And if we abandon our ability to be truly useful to the world, we abandon what is perhaps the only form of true security.

    世の中の役に立つことを放棄すれば、おそらく唯一の真の安全を放棄することになります。

  • On the other hand, when we be what other people want us to be, we have the security of a prisoner, which is security in exchange for lifeand that's really not any security at all.

    一方、他人の望む姿になると、囚人としての安心感があります。これは命と引き換えの安心感であり、実際には何の安心感もありません。

  • But at the end of the day, this is just my opinion on understanding of Marcus' words, not advice.

    しかし、結局のところ、これはマーカスの言葉を理解した上での私の意見であり、アドバイスではありません。

  • Feel free to use this information however you like, and if you have different take on Marcus' words, I'd love to hear your perspective in the comments.

    この情報はお好きなようにご利用ください。また、マーカスの言葉に対する見方が異なる場合は、コメント欄であなたの見解をぜひ聞かせてみてください。

In Meditations, Marcus Aurelius said, “Don't waste the rest of your time here worrying about other peopleunless it affects the common good.

マルクス・アウレリウスは『自省録』の中で、こう述べています。「共通の利益に影響を与えない限り、他人のことを気にして残りの時間を無駄にしてはならない

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 評価 他人 自身 克服 意見 マーカス

人の目を気にするな!マルクス・アウレリウス「自省録」から学べること

  • 10299 749
    Summer に公開 2021 年 08 月 31 日
動画の中の単語