Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It's safe to say that vaccines have come a long way. Gone are the days of scraping some

    ワクチンの進歩は目覚ましいものがあります。何かを削っていた時代は終わりました。

  • pus from a cow and giving it to your wife and sons. Sure it was worth it to prevent

    牛から採取した膿を、妻や息子たちに与える。確かに、それは防ぐために価値があった

  • smallpox, but still...

    天然痘はともかく...

  • After the last year we've seen just how progressive we can be at developing a vaccine. Never before have we

    この1年で、私たちはワクチン開発においてどれだけ進歩できるかを目の当たりにしました。今までにない

  • made one so efficiently, but COVID has done more than

    しかし、COVIDはそれ以上のことをしてくれました。

  • just spark the development of COVID-specific vaccines, it has actually helped advance the

    COVIDに特化したワクチンの開発のきっかけになっただけでなく、実際に

  • entire industry in an unprecedented way.

    業界全体がかつてないほどの勢いで変化しています。

  • Vaccinology has been a Field of Dreams that's been replete with innovation for the last

    ワクチン学は、ここ数年、革新的な技術を駆使してきた夢のフィールドです。

  • 225 years. And I think the COVID 19 pandemic that started more than a year ago has brought

    225年です。そして、1年以上前に始まったCOVID19のパンデミックがもたらしたのは

  • this to the fore. My name is Bali Pulendran, I am a professor of pathology and microbiology

    これを前面に押し出します。私の名前はバリ・プレンドラン、私は病理学と微生物学の教授です

  • and immunology.

    と免疫学に基づいています。

  • When it comes to the future of vaccines, there are a lot of avenues that are making strides

    ワクチンの未来については、様々な分野で進歩が見られます。

  • with things like mRNA vaccines, delivery systems, epigenetics, and universal vaccines... and spoiler

    mRNAワクチン、デリバリーシステム、エピジェネティクス、ユニバーサルワクチンなど、ネタバレあり。

  • alert, we're getting a lot closer to a certain type of universal vaccine than you may think.

    アラートは、ある種の万能ワクチンに思ったよりもずっと近づいているのです。

  • Vaccinology is a discipline that is positioned at the focal point of immunology, virology

    ワクチン学は、免疫学、ウイルス学、血液学、免疫学の3つの分野を融合させた学問です。

  • microbiology, public health, economics, sociology, ethics, and even international diplomacy.

    微生物学、公衆衛生学、経済学、社会学、倫理学、さらには国際外交学まで。

  • So when one thinks about the future of vaccines, one has to think about each of these elements,

    つまり、ワクチンの未来を考えるとき、これらの要素を一つ一つ考えていかなければなりません。

  • the future of each of these elements.

    これらの要素の将来性について

  • One of the most exciting developments for the invention and distribution of vaccines

    ワクチンの発明と流通のための最もエキサイティングな開発の一つである

  • is mRNA.

    はmRNAです。

  • mRNA vaccines is of course the new kid on the block, they've been extraordinarily efficacious

    mRNAワクチンは、もちろん新しい試みですが、非常に高い有効性を持っています。

  • in protecting against COVID-19. And the thing that everyone says is that these vaccines

    COVID-19を防ぐことができます。そして、誰もが口をそろえて言うのは、これらのワクチンは

  • were developed in such a short time, in a period of 11 months or so. But the important point

    は、11ヶ月ほどの短い期間で開発されたものです。しかし、重要なポイントは

  • to remember is that it's not as if we didn't know about the mRNA vaccines prior to the

    の前にmRNAワクチンの存在を知らなかったわけではないことを忘れてはいけません。

  • emergence of COVID-19, there were teams of scientists working on this concept for years.

    COVID-19が登場してから、何年も前から科学者チームがこのコンセプトを研究していました。

  • It just so happened that when COVID-19 emerged, they were rapidly able to pivot and to use

    たまたまCOVID-19が出てきたときに、彼らはすぐにピボットして使用することができました。

  • that technology, that investment that they had made over the last decade.

    過去10年間に行ってきた技術や投資の成果です。

  • mRNA or messenger RNA vaccines are such game changers because of how they're made, a traditional

    mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンは、従来のワクチンの製造方法を一変させるものです。

  • viral vaccine will deliver an inactivated, weakened or small piece of a virus to stimulate

    ウイルスワクチンは、不活性化された、弱毒化された、あるいは小さなウイルスの一部を投与して、刺激を与えます。

  • an immune response. But the neat thing about mRNA vaccines, is that they deliver the genetic

    免疫反応を起こします。しかし、mRNAワクチンの優れた点は、遺伝子を伝達することで、免疫反応を引き起こすことです。

  • instructions directly to your cells, telling them exactly how to make the specific protein

    細胞に直接指示を出し、特定のタンパク質を作る方法を正確に伝えます。

  • needed to generate that immune response. It's tapping into the way that mRNA typically helps

    その免疫反応を起こすために必要なmRNAが一般的に役立つ方法を利用しているのです。

  • cells to build, maintain and repair things in our bodies using proteins.

    細胞がタンパク質を使って体の中のものを作り、維持し、修復する。

  • Now why this is so unique is that if you didn't have this mRNA technology, you would not have

    なぜこのようにユニークなのかというと、もしこのmRNA技術がなかったなら、あなたは

  • access to our own cellular factories the so called ribosomes, we would be so dependent

    リボソームと呼ばれる自分の細胞工場にアクセスできるようになれば、私たちはとても依存的になるでしょう。

  • on manmade factories to produce these proteins and protein production is a whole new step

    このようなタンパク質を製造するためには、人工的な工場が必要であり、タンパク質の製造は全く新しいステップです。

  • and that can take a very long time several months perhaps a year or longer. So effectively

    そのためには、数ヶ月、あるいは1年以上という非常に長い時間がかかります。だからこそ、効果的に

  • what we've done is to bypass that entire protein production and use our body's own factories

    私たちが行ったのは、そのようなタンパク質生産全体をバイパスして、体の中の工場を利用することです。

  • to our benefit.

    が、私たちの利益につながります。

  • Right so mRNA means that you don't have to wait for all those proteins to be made, you

    つまり、mRNAは、タンパク質が作られるのを待つ必要がないということです。

  • can just teach cells, how to make it on their own. It's a teach a man to fish kind of thing,

    は、自分で作る方法を細胞に教えればいいのです。人に魚を教えるようなものですね。

  • or like a teach a ribosome to mass produce a spike protein kind of thing. But even mRNA

    あるいは、リボソームにスパイク状のタンパク質を大量生産することを教えるようなものです。しかし、mRNAでも

  • vaccines are limited in that they teach the immune system to respond specifically to one

    ワクチンは、1つのワクチンに特異的に反応するように免疫系を教育するという点で限界があります。

  • virus. So what if our vaccines didn't have to be so specialized per virus, or in the

    のウイルスを使用しています。では、ワクチンがウイルスごとに特化していなくてもいいとしたら、あるいは

  • case of something like influenza, so specific to each variant of the virus, the development

    インフルエンザなどの場合は、ウイルスの種類に応じて、発症の仕方が異なります。

  • of a vaccine is predicated on the concept of teaching the immune system to recognize

    ワクチンの概念は、免疫系に認識させるということにあります。

  • a very specific antigen, and priming cells that recognizes antigen in this case. Now,

    この場合、非常に特異的な抗原を認識する細胞のプライミングを行います。さて。

  • this is the concept on which vaccines are made immunological memory so that when this

    これは、ワクチンが免疫学的に記憶されているという概念であり、このような場合には

  • person encounters that particular pathogen decades afterwards, he or she has these memory

    数十年後にその病原体に出会った人は、その記憶を持っています。

  • cells that recognize that pathogen and have the capacity to respond in a much more accelerated

    その病原体を認識し、より迅速に対応する能力を持った細胞が

  • manner and a much more invigorated or enhanced manner.

    のように、より活性化された、または強化された方法である。

  • But if we could pull everything we know about influenza viruses or the different kinds of

    しかし、もし私たちがインフルエンザウイルスやさまざまな種類のインフルエンザについて知っていることをすべて引き出すことができたとしたら、それはとても素晴らしいことです。

  • coronaviruses and teach the immune system to look for more than just individual antigens,

    コロナウイルスに感染すると、免疫系は個々の抗原だけでなく、それ以上のものを探すようになる。

  • then we would bypass the need for these hyper specific vaccines. This vaccine would teach

    そうすれば、このような特殊なワクチンの必要性はなくなります。このワクチンでは

  • the immune system to respond to anything that looks like a flu virus, even if it hasn't

    インフルエンザウイルスに似たものがあれば、たとえそれがまだ感染していなくても、免疫系はそれに反応します。

  • encountered its exact makeup before.

    は、これまでにもそのような化粧品に出会ったことがあります。

  • So I would say over the next five to 10 year frame and I think I'm being quite conservative.

    ですから、今後5年から10年の間に、私はかなり保守的に考えています。

  • I wouldn't be surprised if we have something that looked like a universal influenza vaccine

    世界共通のインフルエンザワクチンのようなものができても不思議ではありません。

  • that's ready for deployment. That's great,

    展開できるようになりました。それは素晴らしい。

  • but let's zoom out even further. Are we at all close to a vaccine that would just fight

    しかし、もっと拡大して考えてみましょう。闘うだけのワクチンに近づきつつありますが

  • off anything? One shot to rule them all?

    何でもいいの?一発勝負?

  • Within a few seconds of you getting your COVID vaccine shot your innate immune system is

    COVIDワクチンを接種した数秒後には、あなたの自然な免疫システムが

  • activated, and it teaches the T cells and the B cells to launch a vaccine response.

    活性化し、T細胞とB細胞にワクチン反応を起こすように教えます。

  • Now, recent work over the last, I would say two or three years, suggests that the innate

    さて、ここ2、3年の間に行われた最近の研究では、生来の

  • immune system can have another role. It's not just a short-lived response that merely

    免疫システムには別の役割があります。単に短命な反応ではなく、単に

  • teaches the T and B cells to do their job, but it can also have a response that lasts

    は、T細胞やB細胞に仕事を教えるが、持続する反応を持つこともある。

  • a bit longer, not just a few days but perhaps a few weeks and maybe even a few months, and

    数日ではなく、数週間、数ヶ月と、もう少し長い目で見て、そして

  • that response can actually fight off infections.

    その反応は、実際に感染症を撃退することができます。

  • And this is where it gets interesting. Instead of having to wait for your adaptive immune

    これが面白いところです。適応性免疫の働きを待つのではなく

  • system that's those T and B cells to learn how to find and fight or virus, triggering

    T細胞やB細胞がウイルスを発見して戦う方法を学ぶために、システムがトリガーされます。

  • what are called epigenetic changes in the cells of the innate response could simply

    自然応答の細胞におけるエピジェネティックな変化と呼ばれるものは、単に

  • tell the immune system to kill a virus right away.

    ウィルスをすぐに殺すように免疫系に指示する。

  • So if you could deliver an adjuvant that could cause epigenetic imprinting and a heightened

    もし、エピジェネティックな刷り込みを起こして、より高いレベルでの

  • degree of resistance in the innate immune system for some period of time, perhaps, you

    自然免疫系の抵抗力がある程度の期間続くと、もしかしたら

  • know, a few weeks or maybe a few months, that would provide an effective sort of stopgap

    数週間から数ヶ月程度であれば、効果的な一時しのぎになるでしょう。

  • measure that would confer a degree of protection against any virus that could emerge, then

    どんなウイルスが出現しても、それをある程度防ぐことができるような対策を施した上で

  • effectively you bridge that gap that critical window of time of a few months in which people

    そのギャップを効果的に埋めるために、人々が数ヶ月という重要な時間の窓を

  • are now being exposed to this virus but we don't have conventional vaccines.

    現在、私たちはこのウイルスにさらされていますが、従来のワクチンはありません。

  • So in short, you'd be getting a vaccine that turbocharges the innate response via epigenetic

    つまり、エピジェネティックな方法で自然な反応を促進するワクチンを手に入れることができるのです。

  • imprinting to blast any virus that comes along, but that could be enough for us to keep a

    刷り込みでどんなウイルスも吹き飛ばすことができますが、それだけでも十分です。

  • disease at bay while we develop long term adaptive vaccines, when we have a mysterious

    長期適応型ワクチンの開発をしている間に、病気を抑えて、謎の

  • new virus going around. But while we wait for these turbo vaccines, those of us with

    新しいウイルスが流行しています。しかし、これらのターボワクチンを待つ間、私たちのような

  • trypanophobia, just want to know when we can get vaccines that don't require a needle,

    トリパノフォビア、針のいらないワクチンはいつ接種できるのか知りたい。

  • Are we

    私たちは

  • always going to get an injection, or are there other types of vaccines? Well this is a question

    それとも、他の種類のワクチンがあるのでしょうか?これは質問です。

  • my 11 year old daughter asks me constantly, there are efforts underway to mucosal

    11歳の娘がしきりに質問してくるのですが、粘膜への取り組みが進められています。

  • vaccines. These are vaccines that can be delivered orally, perhaps intranasally, and the great

    ワクチンです。これらのワクチンは、経口的に、おそらくは経鼻的に投与することができるワクチンで、大

  • advantage of mucosal vaccines, is that they could be administered, much more easily and these

    粘膜ワクチンの利点は、より簡単に投与できることと、これらの

  • issues come into play in the developing world.

    の問題は、発展途上国では重要な意味を持ちます。

It's safe to say that vaccines have come a long way. Gone are the days of scraping some

ワクチンの進歩は目覚ましいものがあります。何かを削っていた時代は終わりました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ワクチン 免疫 細胞 ウイルス 反応 タンパク

世界共通のワクチンは意外と身近にあるかもしれない (A Universal Vaccine May Be Closer Than You Think)

  • 18 0
    Summer に公開 2021 年 07 月 09 日
動画の中の単語