Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Why do we like some foods more than others?

    なぜ私たちは 他でもない特定の食べ物を好むのでしょうか?

  • What is it about burgers and cakes that we crave?

    みんなが食べたいと願ってしまうハンバーガーやケーキに何があるというのでしょう?

  • And what is happening in our brains when we choose what to eat?

    何を食べるかを決める時、脳では何が起こっているのでしょう?

  • If you hopped into an MRI machine and were offered a delicious chocolate milkshake, you would see your brain's reward system light up like a funfair.

    MRI 検査機に入って チョコレートシェイクを勧められたら 脳の報酬系回路が (夜の) 遊園地のように 明るく光るのが見られるはず

  • Right above your eyes is your orbitofrontal cortex, a part of the brain which is especially developed in humans and primates.

    両目の上にあるのが前頭眼窩野 (ぜんとうがんかや) 人類と霊長類において特に発達した脳野です

  • Here, bundles of neurons respond to different sensations and nutrients - taste, smell, how smooth and rich the milkshake feels - and the more your neurons light up, the more delicious the food seems.

    ここでは 無数の神経細胞が 様々な感覚や栄養素に反応します - 味やにおい、シェイクのなめらかさやコクなどですね そして 神経細胞が頻繁に発火するほど その食べ物は美味しく見えます

  • Two things which particularly delight these reward neurons are fat and sugar.

    報酬系回路を特に喜ばせるものは 2 つ 脂質と糖質です

  • Combinations of fat and sugar can be even more delightful, such as in that delicious milkshake, or cakes, or doughnuts.

    脂質と糖質の組み合わせは いっそう喜びが大きなものになります ミルクシェイクやケーキ、ドーナッツなんかがそうですね

  • But your neurons don't just respond to these sensations, they also activate when you're planning what to eat in a contest with each other to get you to choose them.

    ですが、神経細胞はそういった感覚にただ反応するだけではありません 何を食べようかと考えている時も活発になるんです その際、様々な感覚が自分たちを選ぶようせめぎ合っています

  • "Pick me." says silky smooth mouth feel.

    「私を選んで」と なめらかな口当たり(触覚) が言います

  • "No! Me!" shouts sugary sweetness.

    「だめ!私にして!」と叫ぶのは甘味 (味覚)

  • "You never pick me." quietly mumbles the smell of broccoli.

    「私は選ばれたことないな」ブロッコリの匂いがそっとつぶやきます (嗅覚)

  • And once you have chosen, the same neurons track your progress, and as you eat, they get less and less active as you approach fullness.

    何を食べるか決めると 同じ神経細胞がその過程を追跡 食べ進み、お腹が満たされていくと神経細胞の活動は低下していきます

  • But we're not entirely at the mercy of the demands of our orbitofrontal cortex.

    ただ、前頭眼窩野の言いなりというわけではありません

  • Having information about the food can make a big difference.

    食べるものに関する情報を持つことで 大きな違いが生まれるんです

  • Hop back into that MRI machine and slurp down some soup.

    MRI 検査機に戻って スープを飲んでみましょう

  • There are two types - one is labelled "rich and delicious flavor", and the other is labelled "boiled vegetable water."

    スープは 2 種類 1 つには「コク旨風味」、もう 1 つには「野菜の茹で汁」と書かれています

  • Your neurons light up at the taste of "rich and delicious", and less for "boiled vegetable water."

    神経細胞は「コク旨風味」には発火します、「野菜の茹で汁」への反応は弱くなります

  • But wait a minute, you've been tricked! Those were both the same soup.

    でも 待って 騙されていますよ! それ、2 つとも同じスープなんです

  • The only difference was the name and that was enough to completely change your experience of it.

    唯一 違うのは その名前 それだけで感じ方が まるっきり変わってしまうんです

  • This experiment was also done with wine - telling people that the wine cost more made their neuron activity increase and the wine tasted better.

    この実験はワインでも行われました ワインの金額が高いほど神経細胞の活動は増え、ワインの味がより美味しく感じられたそうです

  • Another part of the brain involved in choosing food is the amygdala.

    食べ物を選ぶ際に使われる もう 1 つの脳野は 偏桃体です

  • The amygdala also has a role to play when you choose where to go out with another person.

    偏桃体は 誰かと出かける時の行き先を選ぶ際にも 役割があります

  • If you've seen what they prefer in the past, your amygdala will have developed so-called simulation neurons.

    一緒に出掛ける相手が何を好むか知っていれば 偏桃体が いわゆるシミュレーション神経細胞というものを産生します

  • These predict the choice you think they will make which you can then factor into your own suggestions of what to eat together.

    それらの神経細胞が 一緒に出掛ける相手がするだろうと考えられる選択を予測 その選択肢が 一緒に食べるものを提案する際の要素に加えられます

  • Differences in our genes are also a factor in how susceptible we are to the siren call of our reward neurons, with some people being naturally more responsive to the reward we feel from eating sugar and fat than others.

    私たちが 報酬系神経回路の誘惑の声にどのように影響を受けるかという点においては 遺伝子の違いもまた 1 つの要素となります 生まれつき 糖質や脂質から得られる報酬に他のものよりも反応しやすい人がいるんです

  • Scientific experiments give us clues about how our brains compute our choices of what to eat, but the way we experience these choices in our lives and in society is also complex.

    科学実験によって 何を食べるかという選択を脳がどのように割り出すかについての手掛かりは得られています でも、生活や社会の中でそういった選択をするというのは複雑なことでもあります

  • Dr. Emily Contois, Assistant Professor of Media Studies, gives her take.

    メディア研究助教授のエミリー・コントワ博士は 見解をこのように述べています

  • We choose the food we eat for a lot of different reasons:

    私たちは 自分が食べるものを選ぶのには 様々な理由があります

  • What's available at the grocery store? What's convenient?

    スーパーには何が売っているか? 何が便利だろう?

  • What's affordable? What do we have good memories about?

    予算内に収まるものは? その食べ物にまつわる良い思い出は?

  • What taste is good to us? What do we think is healthy?

    どんな味が良いか? 健康に良いと思うものは?

  • What is our current health status?

    今の自分の健康状態は?

  • What defines our ideas about who we are?

    自分が何者なのかを明確にするものは何なのか?

  • So when we think about food in the digital age, one of the biggest things that has changed the way people eat and the kinds of foods that they are seeking out are social media platforms.

    このデジタルの時代に食べ物について考える時 食べ方や食べ物の種類を変えた最も大きなものの 1 つ は、ソーシャルメディアでしょう

  • Instagram, and the desire for people to be able to take beautiful food photos, has transformed the idea that you are what you eat into you are what you post.

    インスタグラムやキレイな食べ物の写真を撮りたいという人の願望は 何を食べたいのかという考えを 何を投稿したいのかというものに変えてしまいました

  • So we seek a lot of different things from the food that we eat.

    私たちは食べ物に様々なものを求めます

  • We can seek comfort, we can seek a connection to history, to our families, to our heritage.

    安らぎを求めることもあるし、歴史や家族、受け継がれてきたものへの繋がりを求めることもあります

  • But we can also seek in it a sense of control.

    一方で、何かをコントロールしているんだという感覚を求めることもあります

  • When we live in moments that are full of economic, political and social strife, sometimes we seek in food that sense of security and safety.

    経済的、政治的、社会的な争いにあふれた時を生きていたら 食べ物に安心感を求めることもあるでしょう

  • So in those moments, we sometimes see people get really interested in ideas about naturalness, health and purity, as a way to protect ourselves from contexts outside of our control.

    そういった場合によく見られるのは 自然であることや健康であること、混じりけがないということに 人々がすごく興味を持つことです 自分ではコントロールできない環境から身を守るための手段としてです

  • So food also tells stories about who we are. The full complexity of our identity.

    食べ物が私たちが何者なのかを物語りもします 自己認識という複雑極まりないもの教えてくれるのです

  • What we eat tells stories about our gender and our sexuality, our race and our ethnicity, our social class, or our aspirations about our social class, the region where we live, even whether we live in an urban or a rural area.

    自分たちが食べるものが物語るのは、食べる人の性別や性的関心、人種や民族性、社会階級など あるいは、社会階級や、住んでいるのが都市部であろうと、田舎であろうと 自分が暮らす地域に対する願望なども教えてくれます

  • What we eat tells these contradictory, complex stories about who we are.

    何を食べるかで そういった食べる人がどのような人かという相反する、複雑なことも分かるのです

  • In the future, we can use our knowledge of what is happening in our brains to design foods that are low in calories and are still attractive, but healthy.

    将来、脳内で何が起こっているかという知識を活用して 低カロリーでありながらも魅力的、かつ健康的な食品を作ることができるようになるでしょう

  • And we can help ourselves by understanding how our reward neurons plot to get what they want.

    そして 報酬系神経回路がどのように望むものを手に入れようと画策するかを理解することで 自分の身を助けることができるでしょう

  • We can be aware of times that we tend to make poor choices, like when we choose a food because of some label which appeals to us, rather than because of its taste.

    残念な選択をしがちなタイミングを知ることができるんです 食品を選ぶ理由が 味ではなく、ラベルが魅力的だからという場合などがそうです

  • So in the end, we are at least not fully at the mercy of our reward neurons.

    つまり、少なくとも私たちは 報酬系神経回路に完全に言いなりになっているというわけではないのです

  • We can use our understanding to help design healthy foods and make healthy choices.

    健康的な食品を作り、健康的な選択をするために 自分たちの知性を 使うことができるのです

Why do we like some foods more than others?

なぜ私たちは 他でもない特定の食べ物を好むのでしょうか?

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語 ニューロン 報酬 食べ物 選択 扁桃 選ぶ

【BBC英会話】やめられない!つい甘い物を食べてしまう理由とは?

  • 8952 342
    Summer に公開 2021 年 10 月 22 日
動画の中の単語