Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Today we're doing five of the 'Oh my god these are so common!' mistakes in English.

    今日は、「ああ、こういうの、すごくよくある!」という英語の間違いを5つ紹介します。

  • So, if you make these mistakes, don't worry, you're normal, but today we're gonna fix them.

    こういう間違いをしても心配しないでください。普通のことです。でも、今日はその間違いを直しましょう。

  • Number one:

    1.

  • You have some flowers and...

    花が咲いていますね…

  • 'This remembers me of spring.'

    'This remembers me of spring.'

  • Can you see the mistake?

    間違いが分かりますか?

  • It's in that word.

    この単語です。

  • This mistake is the difference between remember and remind.

    この間違いは、remember と remind の違いです。

  • Both words talk about memory, but don't make the mistake of using one when you need the other.

    両方とも記憶について話す単語ですが、一方が必要な時に、もう一方を使わないようにしましょう。

  • Here's an example: When you see someone and you're trying to think of their name.

    こちらが例です。誰かに会って、その人の名前を思い出そうとしている時です。

  • 'What is your name?'

    あなたの名前は何だっけ?

  • If you don't have a memory of that person you would say, 'I don't remember you.'

    その人のことを覚えていなければ、'I don't remember you.'(あなたのことを覚えていません)と言えます。

  • 'Remember' means to have a memory of something or someone.

    'Remember' とは、ある物や人の記憶があることです。

  • If someone gives you the memory of something, makes you remember a thing, then you use the verb 'remind' not 'remember'.

    ある人が、何かの記憶をあなたに思い出させる時には、'remember' ではなく、'remind' という動詞を使います。

  • 'Oh, you're my mum! Sorry! Thanks for reminding me! I'm so stupid!'

    ああ、お母さんか!ごめん!思い出させてくれて、ありがとう!バカだなあ!

  • In other situations, for example, you need to buy donuts.

    他の場面では、例えば、ドーナツを買わないといけない時。

  • You're with your friend, you want to say: 'Please, make me remember that I need to buy donuts!'

    友達と一緒にして、「ドーナツを買わないといけないって、思い出させてね!」と言いたい時。

  • You would say to that friend: 'Please remind me! Remind me to buy donuts.'

    'Please remind me! Remind me to buy donuts.'(思い出させて!ドーナツを買うってことを)と言えます。

  • So, that mistake from before, let's correct that!

    以前の間違いを直しましょう!

  • We wouldn't say: 'This remembers me of Spring.'

    'This remembers me of spring.'とは言いません。

  • You would say: 'This reminds me of Spring!'

    'This reminds me of spring.'(春を思い出させる)です。

  • Spring!

    春!

  • The next very common mistake is this one: 'Sometimes we all need money.'

    次のよくある間違いは、こちら。時には、私たちは皆お金が必要ですよね。

  • And if you are that one friend who always asks this, don't!

    いつも、友達にこんな風に頼んでいるなら、だめです!

  • Because there's a mistake in that sentence.

    この文章には、間違いがあるからです。

  • Which is the mistake word?

    間違った単語はどれでしょう?

  • Can you see it?

    分かりますか?

  • It's this one.

    こちらです。

  • 'Borrow.'

    'Borrow'です。

  • We wouldn't say, 'Can you borrow me some money.

    'Can you borrow me some money?'とは言いません。

  • That's the mistake.

    それは間違いです。

  • Why is it a mistake?

    なぜ、間違いなのでしょうか?

  • There are two words.

    2つ単語があります。

  • 'To lend' something, you are giving something.

    'To lend'は、何かを与えること。

  • 'To borrow' means to take.

    'To borrow'は、受け取ることです。

  • Example? Example!

    例?例を言いましょう!

  • She wants money.

    彼女はお金が欲しい。

  • So, how can she ask for it?

    では、どうやって頼めば良いでしょう?

  • Well, she can say in two different ways depending on which subject she uses.

    どの主語を使うかによって、二通りの言い方ができます。

  • Remember, 'lend' means 'to give', so 'can you lend me...?'

    覚えておいてください。'lend'は「与えること」です。つまり、「…を貸してもらえますか?」

  • 'Can you give me...?'

    「…をもらえますか?」

  • So, the question is, 'Can you lend me some money?'

    疑問文は、'Can you lend me some money?'(お金を少し貸してもらえますか?)です。

  • Can you give me (for a short time) some money?

    少しの間、お金をくれますか?ということですね。

  • If the subject is 'I', 'can I...?'

    主語が'I'なら、'Can I...?'となります。

  • Well now we want to take, right?

    今度は、受け取りたい側ですよね。

  • So, 'Can I...?'

    'Can I...'

  • 'Can I borrow some money?'

    'Can I borrow some money?'(お金を借りても良いですか?)です。

  • Notice here that with 'lend', you must have that object pronoun.

    'lend'の場合は、目的語の代名詞が必要です。

  • 'Lend me', 'lend him', 'lend her'.

    私に貸す、彼に貸す、彼女に貸す。

  • With borrow, no, that's fine, no object pronoun here.

    'borrow'の場合は、目的語の代名詞はいりません。

  • I mean, you can.

    目的語をつけることもできますよ。

  • 'Can I borrow blah blah from you, from him, from her.'

    ○○をあなたから、彼から、彼女から、借りても良いですか?

  • Again, with 'lend', you must have that object pronoun.

    'lend'は、目的語の代名詞をつけないといけません。

  • With borrow, you can, it's better without.

    'borrow'は、目的語をつけても良いですが、ない方が良いです。

  • Example: Your friend needs some money.

    例です。友達が、お金を必要としています。

  • You want to offer that money.

    お金を貸してあげたい。

  • What is your question?

    疑問文はどうなりますか?

  • 'Don't worry, I'm a good friend! I can...'

    心配しないで、良い友達だから!私は…

  • Give (for a short time).

    少しの間、与えられますね。

  • 'I can lend some money.'

    お金、貸してあげるよ。

  • Is there a mistake here?

    間違いはありますか?

  • Yes, there is.

    ありますね。

  • Where's the mistake?

    どこが間違いでしょう?

  • Remember, after the verb 'lend', you must have that object pronoun 'you'.

    動詞の'lend'の後には、目的語の代名詞'you'をつけないといけません。

  • 'I can lend you some money.'

    あなたにお金を貸してあげられる。

  • Maybe your teeth are hurting, and every time you...

    歯が痛むかもしれません。

  • ...touch them... Ouch! It really hurts!

    触る度に…ああ!すごく痛い!

  • So, in this case, what do you want to say?

    この場合、何と言いたいでしょうか?

  • My teeth are so sensible?

    'My teeth are so sensible'

  • No.

    違います。

  • This mistake I think is more common in Latin languages.

    この間違いは、ラテン系の言語でよくあることだと思います。

  • Because the word sensible is what's called a 'false friend'.

    単語の sensible は、いわゆる「空似言葉」だからです。

  • We have the word in English, but it doesn't mean the same thing.

    英語の単語が、同じ意味を持たないということです。

  • When your feelings are stronger than usual, then you wouldn't say 'sensible', you would say... 'sensitive'.

    通常よりも強い感情を持つ時、'sensible'ではなく、'sensitive'と言います。

  • 'My teeth are sensitive.'

    'My teeth are sensitive.'(私の歯は敏感だ)

  • The same example if... If your feelings, for example, are quite strong, and a sunset can make you cry, or a movie just makes you cry, or looking at puppies on Instagram makes you cry.

    同じ例です。例えば、感情がすごく強い時。夕焼けで泣いてしまう、映画で泣いてしまう、インスタグラムの子犬たちを見て泣いてしまう…

  • I just love golden retrievers!

    ゴールデンレトリーバーが大好きなんです!

  • Again, the same example: 'You are "sensitive".'

    同じ例です。'You are "sensitive".'(あなたは敏感だ)

  • When you are 'sensible', it means you're doing something with wisdom.

    'sensible'というのは、知恵を持って何かをするということです。

  • You're doing it in the wise way, the smart way, the good way.

    賢明な、スマートなやり方、良い方法で物事をするということです。

  • For example: It's dinner time, you're hungry!

    例えば、ディナーの時間、お腹がすいています。

  • Which meal do you choose?

    どちらの食事を選びますか?

  • A salad or a donut?

    サラダ?ドーナツ?

  • Well, of course your mother would tell you that the donut... It's, it's not a good idea, it's not the smart thing to do.

    もちろん、お母さんは、ドーナツなんて良くないよと言うでしょう。賢いことではないと。

  • The salad, however, is the 'sensible' option.

    でもサラダは、'sensible'な、賢いオプションです。

  • So, if she wants to say: 'I'm going to make the smart, wise decision, I'll be sensible and eat a salad! who eats a salad?'

    「スマートで賢明な選択をするわ。分別を持って、サラダを食べよう!」と言えます。…サラダなんて、誰が食べる?

  • Forget your salad, donuts.

    サラダなんて忘れましょう。ドーナツです。

  • It's where true happiness is.

    本当の幸せがある場所です。

  • The next mistake is actually a question that I get very often in the summer.

    次の間違いは、実は、夏にすごくよく聞かれる質問です。

  • It's, 'What's the difference between "shade" and "shadow"?'

    'shade'と'shadow'の違いは?

  • Are they the same thing?

    同じなの?

  • Well, kind of.

    そうとも言えますね。

  • It's better if I explain in a different way.

    違う方法で説明した方が良いです。

  • And the final mistake is this one:

    そして最後の間違いは、こちらです。

  • I've heard students sometimes say: "I want to do something funny, let's do something funny!"

    時々、生徒がこう言うのを聞いたことがあります。"I want to do something funny, let's do something funny!"

  • There's a difference between 'fun' and 'funny' - this is it.

    'fun'と’funny'には違いがあります。これが違いです。

  • When a situation, an event an activity makes you feel happy, you're like: 'This is good, I like this!'

    状況や出来事、活動で、幸せな気持ちになる時、「これは良い、好きだなあ!」と思いますね。

  • You're smiling, everything is great!

    笑っていて、全部素晴らしい!

  • Then, that situation is... 'fun'.

    それなら、その状況は…'fun'です。

  • So, if you want to do something that makes you smile, then you should say: 'Let's do something "fun", not "funny".'

    あなたを笑顔にするような何かをしたいなら、'Let's do something fun."と言うべきで、'funny'ではありません。

  • In short: Fun...

    つまり、'fun'とは…

  • Funny...

    funny'とは…

  • For example: If your donut comes to life, tells you a joke and makes you laugh, then you can say this: 'Oh donut! You're so funny!'

    例えば、ドーナツに命が芽生えて、ジョークを言ってあなたを笑わせたら、こう言えます。'Oh, donut! You're so funny!'

  • Donut, you really make me laugh, you, you're so funny! You should be a comedian!

    ドーナツ、君は僕をすごく笑わせてくれるね。本当に面白いよ!コメディアンになったら!

  • Now you've learned five things, and you will never make a mistake with them again!

    5つのことを学べましたね。もう、これについて間違えることはありませんよ!

  • Never!

    絶対に!

  • If you liked that video, make sure you subscribe to the channel.

    このビデオを気に入っていただけたら、チャンネル登録をしてくださいね。

  • Tell all of your friends to subscribe to my channel.

    友達みんなに、僕のチャンネルに登録するよう教えてあげてください。

  • It will make you super cool!

    クールになれますよ!

  • You'll be like: 'Oh my god, there's a really good channel, it's called "Papa Teach Me", and you should subscribe!'

    「ああ、これ、すごく良いチャンネルだよ。"Papa Teach Me"っていう名前で、チャンネル登録すべきだよ!」って。

  • And your friends will be like: 'Oh my god, no, I know that channel! I love it!'

    すると友達は、「ああ、そのチャンネル知ってる!大好きだよ!」って。

  • And you'll have a great time.

    素晴らし時間が過ごせますね。

  • See you in the next class!

    次回の授業で会いましょう!

Today we're doing five of the 'Oh my god these are so common!' mistakes in English.

今日は、「ああ、こういうの、すごくよくある!」という英語の間違いを5つ紹介します。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 間違い 貸し 単語 名詞 目的 ドーナツ

よく間違える英語表現5選!これらの間違いを直せばネイティブっぽくなる!

  • 725 51
    Elise Chuang に公開 2021 年 07 月 18 日
動画の中の単語