Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • Earth's population is on track to hit almost 10 billion by 2050

    2050年には地球の人口が100億人近くになると言われています。

  • and feeding everyone is going to present some pretty major challenges.

    と、全員に食べさせるのは、かなり大きな課題となります。

  • Could a vital pillar of a secure food future be something a little out of left field?

    安心して食べられる未来のための重要な柱は、ちょっとしたことではないでしょうか。

  • Could it even be living in said field?

    畑に住んでいるのではないか?

  • Could it bebugs?

    もしかして...虫?

  • Okay, let's get the most obvious question out of the way first: Is this a weird idea?

    さて、最初に最も分かりやすい質問をしましょう。これは変なアイデアですか?

  • Well, it depends on who you ask.

    まあ、誰に聞くかによると思いますが。

  • To the 2 billion people around the world who indulge in entomophagy,

    世界中で昆虫食を楽しむ20億人の人々へ。

  • that is they regularly include insects as part of their diet,

    つまり、昆虫を食生活の一部として定期的に取り入れているのです。

  • it probably doesn't seem that strange at all.

    と言っても、それほど違和感はないでしょう。

  • Actually if you love shellfish, then you're already most of the way to eating bugs.

    貝類が好きな人は、すでに虫も食べられるようになっているのではないでしょうか。

  • I mean, they are all arthropods, after all.

    つまり、彼らは皆、節足動物なのだ。

  • The US FDA even had to warn people with seafood allergies

    アメリカのFDAは、魚介類のアレルギーを持つ人に警告を発していたほどです。

  • not to eat any of the billions of cicadas that emerged in 2021,

    2021年に出現した何十億匹ものセミを食べないように。

  • because they contain similar proteins that could trigger an allergic reaction.

    なぜなら、これらの製品には、アレルギー反応を引き起こす可能性のある類似したタンパク質が含まれているからです。

  • People who are regular insectivores tend to live closer to the equator

    昆虫食を常食とする人は、赤道に近いところに住む傾向がある

  • where bugs are available as a food source year round.

    虫が一年中食べ物として手に入る場所。

  • People who hail from higher latitudes like Europe

    ヨーロッパのような高緯度地域の人々は

  • don't have a tradition of eating insects,

    は、昆虫を食べる習慣がありません。

  • probably because they're really only available in the summer when they're nutritionally redundant anyway.

    夏にしか食べられないので、栄養が偏ってしまうからでしょう。

  • But the squeamishness many people feel at the thought of eating crawly critters

    しかし、多くの人は、生き物を食べることに抵抗を感じています。

  • is learned and not an innately human instinct.

    は学習したものであり、人間が本来持っている本能ではありません。

  • In fact, our bodies produce an enzyme that can break down the hard chitin of their exoskeletons,

    実は、私たちの体は、外骨格の硬いキチン質を分解する酵素を作り出しています。

  • so clearly we adapted to eat them at some point in our history.

    ということは、私たちは歴史のどこかでそれを食べるようになったということです。

  • Insects could bring a lot of benefits to someone's diet today.

    昆虫は、今日の食生活に多くの恩恵をもたらしてくれるでしょう。

  • Crickets, for example, aren't just a good source of proteinthey're also high in iron and vitamin B-12.

    例えば、コオロギは良質なタンパク源であるだけでなく、鉄分やビタミンB-12を多く含んでいます。

  • Eating a complete organism also means getting all the nutrients of that organism,

    完全な生物を食べるということは、その生物のすべての栄養素を摂取するということでもあります。

  • as opposed to eating one specific part of an animal.

    動物の特定の部位を食べることとは違います。

  • Plus it cuts down on food waste, since eating a crunchy critter whole

    さらに、カリカリを丸ごと食べることで、生ゴミを減らすことができます。

  • is easier than using every part of larger livestock.

    は、大きな家畜のあらゆる部分を使うよりも簡単です。

  • The FAO estimates crickets require about 13 times less space than an equivalent amount of beef.

    FAOの試算によると、コオロギが必要とするスペースは、同量の牛肉の約13倍です。

  • They actually seem to like being packed together in small spaces,

    彼らは狭い場所で一緒にいるのが好きなようです。

  • which might help ease a consumer's guilty conscience.

    これは、消費者の良心の呵責を和らげるのに役立つかもしれません。

  • Insects could also be a solution to the issue of just how much land we use to produce meat.

    また、肉を生産するためにどれだけの土地を使っているかという問題も、昆虫が解決してくれるかもしれません。

  • Right now, 80% of farmland is used for raising and feeding livestock,

    現在、農地の8割が家畜の飼育・給餌に使われています。

  • even though animals account for only 18% of our caloric intake.

    私たちのカロリー摂取量に占める動物の割合は18%に過ぎないのに。

  • The small space requirements could help curb the deforestation that comes with creating new farmland.

    小さなスペースで済むため、新しい農地を作る際に発生する森林破壊を抑制することができます。

  • That in turn could be a huge help in the fight against climate change.

    これは、気候変動対策の大きな助けとなるでしょう。

  • Crickets emit a thousand times less greenhouse gasses

    コオロギの温室効果ガス排出量は1000分の1

  • than cows do to produce the same amount of protein.

    同じ量のタンパク質を生産するために、牛が行う作業よりも多くの作業を行います。

  • They also need roughly thirteen times less water,

    また、水の量も約13倍少なくて済みます。

  • another huge plus for areas of the world where water is scarce.

    これは、水が不足している地域では非常に重要なことです。

  • And as a parting gift, insect excrement, known as frass, even has a use as fertilizer.

    餞別には、虫の排泄物であるフラスが肥料として使われることもあります。

  • Now, all of that is well and good, but what about flavor? Do they taste good?

    さて、そんなことはどうでもいいのですが、味はどうでしょう?美味しいですか?

  • Turns out insects come in many flavors,

    昆虫にはいろいろな種類があることがわかりました。

  • from the sakondry of Madagascar, also known as the bacon bug,

    マダガスカルのsakondryから、ベーコンの虫としても知られています。

  • to North America's own cicada, which apparently tastes a bit like shrimp to some.

    北アメリカのセミは、エビのような味がすると言われています。

  • Makes sense, given the FDA's warning about seafood allergies.

    FDAが魚介類のアレルギーを警告していることを考えれば、納得がいきます。

  • Really the biggest reason not to eat bugs aside from anaphylaxis is...wellbecause you don't want to.

    アナフィラキシーを除けば、虫を食べてはいけない最大の理由は......そう、食べたくないからなのです。

  • Presenting them in a way that's palatable is a major challenge to wider adoption.

    それをわかりやすく伝えることが、普及のための大きな課題です。

  • What we need is the Timon and Pumba to our Simba

    私たちに必要なのは、ティモンとプンバが私たちのシンバになることです。

  • someone to show us that bugs can be slimy yet satisfying.

    虫はヌルヌルしていても満足感があることを教えてくれる人。

  • That or an introduction to six-legged cuisine that's more approachable than whole deep-fried crickets.

    あるいは、コオロギを丸ごと揚げたものよりも親しみやすい6本足の料理を紹介する。

  • Grinding them into powder that can be mixed into bread dough

    パン生地に混ぜられるように粉にすること

  • or sprinkled onto a familiar food for a protein boost is one solution.

    や、身近な食品に振りかけてタンパク質を補給するのも一つの解決策です。

  • Now, if non-bug-eaters never come around to the idea, the very least they can do is help destigmatize it.

    もし、バグ・イーターではない人たちがこの考えに賛同してくれなかったとしても、彼らができることは、バグ・イーターの社会的地位の低下を防ぐことです。

  • Like I said, lots of people around the world already rely on insects for a vital part of their diet.

    先ほども言ったように、世界中の多くの人々が、食生活の重要な部分を昆虫に頼っています。

  • Unfortunately, contact with people who have negative attitudes toward entomophagy

    残念ながら、昆虫食に否定的な態度をとる人との接触は

  • has caused some cultures to lose their taste for grub.

    は、一部の文化では食事の味を失っています。

  • As more and more humans share the globe, it's important that

    より多くの人間が地球を共有するようになった今、重要なのは

  • none of them are discouraged from a perfectly good food source

    誰もが美味しいものを食べたいとは思いません。

  • in favor of another that's more taxing on the environment and harder for them to obtain.

    そのためには、環境に負荷をかけ、入手しにくいものを選ぶ必要があります。

  • If you don't have a seafood allergy and you want to know more about cicadas

    魚介類アレルギーではなく、セミについてもっと知りたいという方は

  • before you dive into a bowlful of them, then check out my video on the latest big emergence here.

    食べる前に、私のビデオをご覧ください。

  • So, what do you think about six-legged snacks? Are you still grossed out?

    さて、皆さんは6本足のスナックをどう思いますか?やっぱり気持ち悪いですか?

  • Do you think you could come around?

    あなたは戻ってくることができると思いますか?

  • Or maybe you eat them already?

    それとも、もう食べているのかな?

  • Let us know in the comments, be sure to subscribe, and I'll see you next time on Seeker.

    コメントで教えてください。必ず購読してください。次回のSeekerでお会いしましょう。

Earth's population is on track to hit almost 10 billion by 2050

2050年には地球の人口が100億人近くになると言われています。

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語 昆虫 コオロギ 食べ アレルギー 食べる タンパク

昆虫が未来の食べ物になる理由 (Why Insects May Just Be the Food of the Future)

  • 24 0
    Summer に公開 2021 年 06 月 23 日
動画の中の単語