Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • 6 Minute English, from BBC Learning English.com.

    こんにちは。こちらは6分BBCからの英語

  • Hello. This is 6 Minute English from BBC Learning English.

  • I'm Rob.

    英語を学ぶ。私はロブです。

  • And I'm Sam, and I'm having a boiled egg for lunch today.

    そして、私はサム、そして私は持っている今日のお昼はゆで卵を食べました。 塩を振りかけてみる on top - there!

  • I'll just sprinkle some salt on top - there!

  • Oh, you've spilled some salt on the floor, Sam!

    あ、こぼれちゃった

  • Quick, throw some over your left shoulder.

    に塩をかけます。

  • Throw salt over my shoulder?!

    フロア、サム!速いですね。

  • What are you talking about, Rob?

    投げかけるあなたの左肩。 塩をかける 私の肩を? あなたは何ですか? 何を言っているんだ、ロブ?

  • It's bad luck to spill salt!

    塩をこぼすのは縁起が悪い!?

  • Oh dear! It looks like Rob believes in superstitions - old beliefs which are based on magic and mystery rather than science.

    やれやれです。のように見えます。ロブが信じているのは 迷信-古い という信念を持っています。 マジックをベースにしており ミステリーというより 科学よりも多くの

  • Many superstitions are connected to food, as we'll discover in this programme.

    迷信はとして、食べ物につながっています。 で発見することができます。 このプログラム。

  • Right - like throwing salt over your shoulder to stop bad luck.

    そうですね、スローイングのように肩越しの塩 不運を止めるために

  • Oh come on, Rob!

    頑張れ、ロブ!

  • You don't really believe that, do you?

    あなたは、本当にと思っているのではないでしょうか?

  • Well, lots of people do believe food superstitions, including otherwise rational, scientific people.

    沢山の人がそうしています。食べ物の迷信を信じる。 そうでない場合も含めて 理性的で科学的な人々。

  • For example, have you ever blown out the candles on a birthday cake and made a wish?

    例えば、あなたはを吹き飛ばしたことがある。 誕生日のロウソク ケーキを食べて願い事をする?

  • Or thrown rice over the bride and groom at a wedding?

    の上にご飯を投げてみたり新郎新婦 結婚式で?

  • Yes to both of those.

    その両方にイエス。

  • Maybe I'm more superstitious than I thought!

    多分、私の方がよりも迷信的である。 と思いました!(笑

  • Well, before we find out, it's time for a quiz question about another famous food festival - Halloween.

    さて、私たちが見つける前にのための時間である。 についてのクイズ問題です。 もう一つの有名な フードフェスティバル~ハロウィン

  • That's when people carve scary faces into pumpkins to frighten away evil spirits.

    それは、人が彫るとき怖い顔を カボチャでおどかす 悪霊を追い払う。

  • Yes. Right. The tradition of carving pumpkins, or Jack o'Lanterns as they're called in the United States, started out as a Celtic festival in Ireland - but it was the Americans who started using pumpkins.

    はい。そうですね。伝統はパンプキンのカービングの またはジャック・オー・ランタンとして で呼ばれています。 米国、開始 ケルティック・フェスティバルとしてスタート アイルランドでは、それが アメリカ人が は、カボチャを使い始めました。

  • So what vegetable did the Irish originally use to scare away ghosts?

    そこで、野菜もともとアイルランド人は 怖がらせるために使う

  • Was it: a) turnips?, b) potatoes?, or c) squash?

    幽霊を追い払う?だったかな。a) カブ? b) ジャガイモ?、または c)スカッシュ?

  • I'll say b) potatoes.

    私はb)のポテトとします。

  • OK, Sam, we'll find out the right answer later on.

    OK, Sam, we'llを見つけることができます。 の答えは後ほど。

  • What's for sure is that cultures from around the world have been connecting food and magic for thousands of years, and over time it's created some strange beliefs.

    確実に言えることはの文化がある。 世界中の人たちが 食を繋いできた とマジックで 何千年も前から。 そして、時間が経つにつれ、それは を作成しました。

  • Here's food historian Tasha Marks describing one unusual superstition to BBC World Service programme, The Food Chain:

    奇妙な信念。 ここでは、食の歴史家ターシャ・マークスの記述 一風変わった迷信 to BBC World Service プログラム、The フードチェーン。

  • When you have superstitions and they sort of mix with science and health and medicine.

    があると迷信と彼らは 科学との融合のようなもの とか、健康や医療のことを考えると...。 と、例の一つ のは、何かのきっかけになると思います。 ニンニクのように...みんなで にんにくの殺菌効果は 吸血鬼だけど、それも があると考えられています。 邪気眼」をオフにして、もし という言葉が出てきます。 邪眼」とは、ある種のものです。 その種の包括的な用語 は、どんな不運にも当てはまります。

  • And one of the examples of that would be something like garlic.

  • Which we all know garlic wards off vampires but it's also been thought to ward off the 'evil eye', and if you come across the term, the 'evil eye', it's a sort of blanket term that sort of applies to any bad luck.

  • Tasha says that garlic is believed to ward off vampires, meaning to repel or stop someone from harming you.

    ターシャは、ニンニクがを遠ざけると言われています。 吸血鬼、の意味 反発する、止める があなたを傷つけることはありません。

  • According to this superstition, garlic also keeps away the evil eye - bad luck or magical spells with the power to cause bad things to happen.

    これによると迷信、ニンニク も遠ざける。 evil eye - 不運や との魔法の呪文。 引き起こす力 悪いことが起こる。

  • Tasha describes the 'evil eye' as a blanket term for any bad luck.

    ターシャは、以下のように説明しています。毛布のような「邪気眼 は、あらゆる不運を意味する言葉です。

  • Just as a real blanket covers the different parts of your body, a blanket term is a phrase that's used to describe many examples of related things.

    本物の毛布のようにをカバーしています。 自分の体のパーツ、ア ブランケット用語は のフレーズを使用しています。 を表現しています。 の例 に関連するものです。

  • But food superstitions aren't only about bad luck - they also give our lives meaning.

    しかし、食べ物の迷信は悪いことだけではありません。 運-も与えてくれます。 私たちの人生には意味があります。

  • Jonty Rajagopalan owns a tourist agency in Hyderabad, India, where she introduces visitors to some of the city's food traditions.

    ジョンティ・ラジャゴパラン旅行会社を経営している インド・ハイデラバードにて。 を紹介しています。 の訪問者が増えています。 は、街の食の伝統を紹介します。

  • Here she is talking with BBC World Service's, The Food Chain, about a tradition connected with the Hindu New Year.

    ここでは、彼女が話しています。BBC World Serviceのものと 食物連鎖』、約 トラディション・コネクテッド ヒンドゥー教の新

  • Can you spot the different tastes she mentions?

    年。あなたは味の違い と言っています。

  • Some of the traditions give you a little bit of a lesson, like on every new year, and not the 1st January, not the Gregorian calendar New Year, but the Hindu calendar New Year, we would always be given - it's a kind of a chutney which is made of all the five tastes.

    の一部をご紹介します。トラディションは、あなたに を少しだけ教えてくれました。 新年を迎えるたびに であり、1月1日ではありません。 グレゴリオ暦ではなく 暦の上では新年ですが ヒンズー教の暦 新年を迎え、私たちは は常に与えられています。 チャツネのようなもの で構成されています。

  • So you have sour, you have sweet, you have something bitter in it and your mum would always give it to you saying that this is what the rest of the year is going to be.

    の5つのテイスト。だからサワーがあるんですね。 あなたは甘いものを持っている。 あなたは何かを持っている その中で、あなたのお母さんが には必ず与える。 と言っていますが、これは の残りをどうするか。 年は-になります。 あなたは幸せになれる。 挑戦することになるでしょう。 あなたには、少し 切なさを、あなたは持っているでしょう。 あなたの人生に苦味がある。 であると思います。 とても素晴らしい伝統です。 の準備をします。 人生のすべてを ヒンズー教のお正月に。 お母さんたちは、自分の 子供たちのために チャツネ - 混ぜ合わせたもの フルーツ、スパイス、砂糖

  • You'll have happiness, you'll have challenges, you'll have a little sadness, you'll have bitterness in your life, which I think is a very nice tradition.

  • It prepares you for everything in life.

  • At Hindu New Year, mothers give their children a special chutney - a mixture of fruit, spices, sugar and vinegar.

  • Did you spot the chutney's flavours, Sam?

    とビネガーです。あなたはスポット・ザ・チャツネの フレーバー、Sam?

  • There was sour, sweet and bitter.

    酸味があった。甘くて苦い。

  • Mothers tell their children that the coming year, like the chutney, will have its own flavours, both good and bad.

    母親たちが語るという子供たち。 のように、来年は チャツネは、その 独自のフレーバーを持つ、両方の good and bad。

  • That's why Jonty says that traditions can teach you a lesson.

    だからこそ、ジョンティはは、トラディション を教えることができます。

  • They show you what you should or shouldn't do in the future, as a result of experience.

    レッスン - 彼らはあなたを表示します。あなたがすべきことや でやってはいけないこと。 として、将来的には 経験の結果。

  • What a lovely way to end our look at food superstitions!

    なんて素敵なんでしょうを見て終わります。 食べ物の迷信!?

  • Yes, maybe we should make chutney at Halloween, instead of carving pumpkins, or whatever vegetable the Irish originally used.

    はい、多分、私たちはチャツネを作るべき ハロウィンでは、代わりに カボチャを彫ることの または何かの野菜 アイリッシュがもともと使っていたものです。

  • Ah, yes - in my quiz question I asked you what vegetable was originally used instead of pumpkins to scare away ghosts.

    あ、そうだ、私のクイズで私があなたに尋ねた質問 何の野菜だったか 本来ならば、その代わりに にカボチャの 幽霊を追い払う。

  • I guessed it was b) potatoes.

    と推測しました。b) ジャガイモ

  • Which was... the wrong answer!

    それは...その

  • In fact, turnips were originally used, so maybe Irish ghosts are smaller than American ones!

    誤答です。実際にはカブはもともと 使われているので、もしかしたらアイルランド 幽霊が小さくなる アメリカのものより

  • OK, let's recap the vocabulary we've learned about superstitions - old beliefs which are connected with magic.

    OK、おさらいしましょう。私たちの語彙は を知りました。 迷信-古い という信念を持っています。 マジックとつながっている。

  • Garlic is supposed to ward off, or keep away dangers like the evil eye - bad luck or harmful magic.

    にんにくは遮断する、または維持する のような危険性があります。 The evil eye - bad 運や有害な魔法を使っています。 邪気眼は ブランケットの例 用語 - 使われるフレーズ 多くの説明 関連するものの例

  • The evil eye is an example of a blanket term - a phrase used to describe many examples of related things.

  • One Indian superstition involves chutney - a food mixing many flavours.

    インドの迷信の一つは、チャツネを含む。 フードミキシング 多くのフレーバーがあります。

  • These traditions can teach you a lesson - show you how to act in the future based on your past experience.

    これらの伝統はを教えてくれます。 レッスン - show you でどう行動するか。 に基づく未来 あなたの過去の経験を

  • Right. Well, that's all for this programme.

    そうですね。さて、それではは、このプログラムのために

  • Good luck with your language learning!

    頑張ってください。ランゲージ・ラーニング!

  • And if you've enjoyed this topical discussion and want to learn how to use the vocabulary found in headlines, why not try out our News Review podcast?

    そして、もしあなたが話題性のあるこの作品を楽しみました。 議論と要望 の使い方を学ぶことができます。 見つかった語彙 見出しでは、なぜいけないのか ニュースを見る レビューポッドキャスト?

  • Bye for now!

    今のところバイバイ

  • Bye bye!

    バイバイ!(笑

  • 6 Minute English, from the BBC.

6 Minute English, from BBC Learning English.com.

こんにちは。こちらは6分BBCからの英語

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 迷信 チャツネ カボチャ 新年 ロブ ニンニク

食べ物の迷信 - 6 Minute English (Food superstitions - 6 Minute English)

  • 8994 370
    林宜悉 に公開 2021 年 06 月 10 日
動画の中の単語