Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • That was a new experience that I had to deal with last year.

    去年ちょっとした新しい経験をしたんですけど、

  • My car was stolen.

    車を盗まれまして。

  • I don't know if anybody's ever had their car stolen before.

    車を盗られたことのある人がいるかどうかわからないですけど、

  • Uh, I didn't love my car.

    まあ、別に車が大好きでしょうがないってわけでもなかったけど、

  • I was also not done using it.

    要らなくなってたわけでもないですから。

  • More than like, seriously, more than anything, it was just a massive inconvenience.

    でも、冗談じゃなくて、すっごい不便なんですよ。

  • I came out, came out of my apartment building one morning, cup of coffee.

    ある朝、コーヒー片手にアパートから出てきたんですけど、

  • It was just street parking, came over and it was just car, car, no car... no broken glass on the ground or anything.

    通りに停めておいたんですけど、車があって、車があって、車がなくて…窓が割られた跡もなければ何の形跡もないんですよ。

  • And I was like, "Huh, I totally forgot where I parked my car."

    「あれ、どこに車停めたんだっけ?」みたいな。

  • (Inaudible) because you don't just default to evil or anything.

    (聞き取れない)だって何か悪いことされたな、なんてすぐには考えないじゃないですか。

  • You just, you're like, "No, I'm an idiot, I probably forgot where I parked it," walks around the whole block chuckling to myself.

    っていうか、「いやいや、オレがバカなだけだろ、多分どこに停めたか忘れちゃったんだ」って考えてクスクス笑いながら周辺一角を歩き回るわけですよ。

  • It's gonna be so funny where I found my car - It's gonna be hilarious.

    見つけたら面白いな、笑っちゃうだろな、とか言って。

  • I make a whole loop, come back around.

    グルっと一周して元の場所に戻ってきて。

  • I was like, "Yeah, all right, now I need to make a phone call, apparently."

    そしたら「あーそっか、電話しなきゃいけない感じだねこりゃ」ってなるわけですよ。

  • And there was a part of me that thought, you know what?

    心の中の自分が「多分さ?

  • Maybe my car was towed because my car had been towed before.

    前にもレッカーされたことがあるから、今回もレッカーされたんだよ」って言うんです。

  • I had some parking tickets with the city of Seattle.

    シアトル市からは駐禁のチケット切られてたし、

  • Uh, I thought my parking tickets were decent, although according to the city, I also had several outstanding parking tickets, so not to brag, but they, uh, they don't give those out to anybody.

    まあ、なかなかの駐禁チケットだと思うんですよ、シアトル市が言うには何枚かのチケットが未払いだって言うんですけど。別に自慢するわけじゃないけど、でも皆がもらえるわけでもないですからね。

  • But it also didn't quite feel like my car had been towed because normally when your car gets towed, it's because you left it somewhere you don't feel 100 percent about.

    でも、レッカーされたなっていう感じにもならなかったんですよね、だって普通は停めたらやばいって分かってるときに持っていかれるじゃないですか。

  • Like, maybe you're in a big hurry to get somewhere, you get like the last spot on the curb in front of the restaurant you're going to.

    例えば、どこかに行くのに超急いでいたり、これから行くレストランの真ん前の最後の駐車スポットに停めるんだけど

  • But then like the back third of your car is hanging a little bit into the crosswalk to the point where as you're walking away, you're like, "I don't know if that's going to be there when I."

    3台後ろの車がちょっと横断歩道にはみ出していて、それを見ながら歩くときに「いやー、戻ってくる時までにここに残ってるかなー」と思わずにはいられない時とかあるじゃないですか。

  • I bet you say to your friends, "Guys, if you don't mind, I'm just gonna move my car quickly."

    そんな時は友だちに「悪いけど、ちょっと車移動させてくるね」って言いますよね。

  • They're like, "Well, what are they going to do?"

    そうしたら「何を心配してんの?」とか言うわけですよ。

  • "What are you gonna tow your car," and then your car gets towed, and those people disappear.

    「レッカーされるとでも思ってんの?」とか言っておいて、実際にレッカーされるとそういう人たちはいなくなっちゃうんです。

  • They will not drive you to a tow yard later.

    レッカーされた保管場所まで連れて行ってくれたりはしませんよね。

  • So I called the police, uh, well actually, first, I called a buddy of mine who lived about a block away whose car had been stolen a month earlier, and I was like, "Hey dude, I think my car got stolen."

    だから警察に電話して、あっ違った、最初にしたのはすぐそばに住んでて先月に車を盗まれた友だちに連絡したんです。「あのさ、オレ車盗まれた感じなんだけど」みたいな。

  • "You just went through the whole thing."

    「色々調べたりしたけどダメで」

  • "What do I do?"

    「どうすればいいのかな?」

  • He's like, "Oh man, it's terrible."

    そしたら返事は「ウワ、まいったねそれは」

  • "Just call the police."

    「警察に電話した方がいいよ

  • "They'll start walking you through it, and they'll get in touch with your insurance and everything."

    色々手伝ってくれるし、保険会社とかにも連絡を取ってくれるから」って感じで。

  • I was like, "All right."

    オレは「なるほどね」って返事して。

  • He's like, "When do you think they stole your car?"

    そしたら「いつ頃盗まれたと思う?」って聞くから

  • I was like, "I don't know, like two in the morning or so."

    「さあね、夜中の2時とかじゃない?」って言うと

  • He's like, "Uh, sucks, don't you wish you could have caught the people stealing your car?"

    「マジかよ、盗んでるところを捕まえてやりたいもんね?」とか聞くから

  • "No, actually not at all."

    「イヤ、別に。全く」って言ったんですよ。

  • "You've met me before."

    「オレの事はよく知ってんじゃん」

  • "Like, what? What would you imagine I have done?"

    「オレがどんなことすると思うわけ?」って感じですよね。

  • I just would've walked out, "Hey."

    普通に出ていって、「オイ!」

  • "That's not yours, hey."

    「それは、キミの車じゃないよね、コラ」

  • Wow, they're stealing it faster now.

    「あれ、盗むスピードが上がったな」

  • Alright, that really bothered them.

    「そっか、あんまりいい気持のする挨拶じゃなかったか」みたいな。

  • So I called the Seattle Police Department.

    そんなわけで、シアトル警察に電話したんですよ。

  • I said, "Uh, yes, I believe my vehicle's been stolen," and they're like, "Okay, what kind of car do you have?"

    「えーとその、ボクの車が盗まれたみたいなんですけど」って言うと、「なるほど、車の種類は?」って聞くから

  • I was like, "I have a 1998 Honda civic."

    「1998年製のホンダシビックです」って言うんだけど。

  • People chuckling, they're like, "Oh, I've stolen one of those."

    何笑ってんの?「あー、その車ね。俺盗んだことある」って感じ? 

  • Do you have a Civic?

    シビック乗ってる?

  • It's a very easy car to steal.

    この車は盗むの超簡単だから。

  • I never realized how easy was to break into except for one time I accidentally bumped into it a little too hard, and the driver's side door open and the engine started, which I think is a design flaw.

    いやー、こんなに盗むのが簡単な車だとは思わなかったんですよ、唯一の例外はちょっと強く身体がぶつかっちゃったときに運転席のドアが開いてエンジンがかかったんだけど、まあデザインのミスだろうなと思った程度でしたしね。

  • (Inaudible) I call the police, I was like, "I have a 98 Honda Civic."

    (聞き取れない)警察に電話して、「98年のホンダシビックなんですけど」って言ったら

  • They laughed and then they're like, "Yeah, that's gone."

    笑いながら、ほぼ「あー、無理だねそれは」とでも言いたそうな感じで。

  • "Uh, probably not gonna get the back, just get in touch with your insurance."

    「うーん、多分戻ってこないでしょうから、保険屋と話した方がいいですね」って言うんです。

  • So I called my insurance agency, and they started walking me through the process asking me a lot of questions about my car, about the condition it was in, to kind of determine what the value was going to be.

    だから保険エージェントに電話して、まあ色々とプロセスを教えてくれる中で車に関する質問をたくさんするんだけど、どんな状態だったかとか聞きながら車の価値を定めようとするわけですよ。

  • And my car was not in great condition because it had gotten to a point where I've had it ever since high school, and now it was just about kind of getting from point A to point B.

    車のコンディションは大して良くなかったですよ、だって高校の時から乗っていてほぼ目的地に着ければいいや、ってだけの車だったから。

  • It's not, it's not cool anymore.

    もうカッコイイとか言う要素は無くて

  • It's just your car, like it gained a personality.

    なんかもう、人格を持った車みたいになって、

  • I don't know if anybody else named their car.

    皆さんは車に名前を付けたりするのかどうか分からないですけど。

  • I named my car.

    オレは名前を付けてあげたんですよ。

  • Uh, I named him Doug, which I know it's not a fancy kind of name, but it fits because he had one headlight that kind of looked off in another.

    ダグって名前にしたんです。まあオシャレな名前じゃないのは分かってるんだけどヘッドライトの片方があさっての方向向いてるから、ピッタリの名前なんですね。

  • He just gave off this "duh" kind of vibe.

    ある種のなんかこう「グダー」って雰囲気を醸し出してるわけですよ。

  • Like it was just...

    なんかこう…

  • But he had a lot of cracks and dents and scratches and things.

    でも、ヒビやらへっこみやらひっかき傷やらがたくさんついている車だったんです。

  • Just didn't look very good.

    見た目がひどいんですよ。

  • So as this woman is asking all these questions, I figured she's going to get to the end and be like, "Okay, based on our calculations, we'll be sending you a bag of gummy bears."

    だから電話越しに女の人が色々聞いてくる中で、結局最終的には「分かりました、じゃあ見積もりとしてクマさんグミ1袋をお送りします」とか言うんだろうなって思ってたんです。

  • I didn't have high hopes.

    大して期待してなかったんですね。

  • Somehow it got to the very end, and she said, "Okay, based on our calculations, we're gonna be sending you a check for $4,200."

    何でか知らないけど、最後に「分かりました。ではお見積もりの結果4200ドルのチェックをお送りしますね」とか言うんで、

  • And I said, "Yup, that sounds right."

    オレも「ま、それぐらいが妥当でしょうね」って言って。

  • I hung up really, really fast, and I took the $4,200, combined it with my wife's sterling credit history, and together we got a new car, which was great.

    速攻で電話を切ったんですよ。それで4200ドルもらって、奥さんがクレジットの履歴がクリーンだというのも手伝って新しく車を買えてよかったんですけど。

  • Follow up on that story, about eight months later, I got another call from the Seattle Police Department and they said, "Hey, uh, we've, we've located your vehicle."

    この話には続きがあって、8か月後くらい後にシアトル警察から電話があって「どうも、あの盗まれた自動車を見つけました」とか言うんですよ。

  • I was like, "Yeah, that's okay."

    オレは「いやもう結構ですよ」

  • "I don't want you guys to go out of your way or anything."

    「わざわざお手を煩わせるほどの事でもないですし」

  • "We've all kind of moved on."

    「もう忘れることにしましたから」みたいな。

  • He was like, no, "It was abandoned in a neighborhood."

    でも電話の警察の人は「いや、ご近所に乗り捨てられていたんです」

  • "We've towed it down near the stadiums."

    「スタジアムの近くまでレッカー移動しておきましたから」

  • "You can go down and take a look, see if you enter your personal effects are still there."

    「そこに行って所持品とかがちゃんと残っているかチェックしてみて下さい」

  • "Also, we've been in touch with your insurance agency."

    「それから、保険屋さんにも連絡しておきましたんで」

  • "They're sending somebody down there as well."

    「査定担当が見に行くと思います」とか言うわけですよ。

  • And my first thought was, "Oh no, they're gonna want some of that money back."

    その時にまず頭をよぎったのは「うわー、お金をいくらか返せって言ってくるんだろうな」です。

  • I guarantee you, there's gonna be a guy walking around my car with a clipboard being like, "All right, whoa wait, wait."

    間違いないですよ、クリップボード片手に担当者がオレの車の周りをまわりながら「さてと、ってかちょっと待って?」

  • "We paid how much for this?"

    「これにいくら払ったの?」

  • "$4200... That was supposed to be $42."

    「4200ドルって…42ドルの間違いじゃん」

  • "You guys, somebody moved the decimal point."

    「あのさ、誰かが点を付ける場所間違えてるよこれ」

  • "That headlight doesn't even look in the right direction."

    「ヘッドライトも真っすぐ向いてないし」って。

That was a new experience that I had to deal with last year.

去年ちょっとした新しい経験をしたんですけど、

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 盗ま 電話 駐車 シアトル 保険 警察

【コメディで英語】小心者の僕が車を盗まれた話…

  • 633 29
    林宜悉 に公開 2021 年 06 月 23 日
動画の中の単語