Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In 2020, the world saw its first glimpse of a living robot.

    2020年、世界は初めて生きたロボットの姿を目にしました。

  • Known as the Xenobot, this microscale organism could move, self-heal, and work with other bots to meet a common goal.

    Xenobot」と呼ばれるこのマイクロスケールの生物は、移動、自己修復、他のボットとの共同作業が可能で、共通の目標を達成することができます。

  • But all these features have gotten a massive upgrade including..memory.

    しかし、これらの機能は、メモリを含めて大幅にアップしています。

  • Say hello to Xenobot 2.0.

    Xenobot 2.0をよろしくお願いします。

  • The original Xenobots were developed by a team of biologists and computer engineers at Tufts University and the University of Vermont.

    オリジナルのXenobotは、タフツ大学とバーモント大学の生物学者とコンピュータエンジニアのチームによって開発されました。

  • These micromachines measured less than a millimeter wide and could work together to push payloads.

    これらのマイクロマシンは、幅が1ミリ以下で、一緒に働いてペイロードを押すことができます。

  • They were formed using skin and heart muscle cells harvested from the embryos of the African claw-toed frog.

    アフリカツメガエルの胚から採取した皮膚や心筋の細胞を使って形成されたものです。

  • The team then used a sophisticated algorithm to generate a variety of Xenobot designs.

    その後、チームは洗練されたアルゴリズムを用いて、さまざまなXenobotのデザインを生成しました。

  • From those designs, scientists performed microsurgery to poke, prod, and shape the stem cells according to the algorithm.

    この設計図をもとに、科学者たちは、アルゴリズムに従って幹細胞を突き刺したり、突いたり、形を整えたりするマイクロサージェリーを行いました。

  • They had a variety of looks, from two-lobed blobs to hollow structures depending on what task was needed for the little bot to accomplish.

    2つの葉を持つ塊や、中空の構造物など、様々な見た目をしており、小さなボットが達成すべきタスクに応じて、様々な形をしていました。

  • And they could do a lot, like propel themselves in straight lines and circles,

    そして、直線や円を描くように自走するなど、多くのことができるようになりました。

  • and herd loose particles into tiny heaps together.

    と、バラバラになった粒子をまとめて小さな山にしてしまいます。

  • And now, Xenobots are headed to the next level.

    そして今、ゼノボットは次のレベルに向かっています。

  • Instead of using muscle cells, Xenobot 2.0 moves using cilia,

    Xenobot 2.0は、筋肉細胞ではなく、繊毛を使って動きます。

  • which are tiny hair-like features that move similarly to how oars propel a rowboat through water.

    これは、オールが水の中でボートを動かすように、小さな髪の毛のようなものが動くものです。

  • By extracting skin stem cells from a frog's embryo, the team then allowed the cells to self assemble as they naturally would.

    カエルの胎児から皮膚の幹細胞を取り出し、その細胞が自然に自己組織化するようにした。

  • They independently formed into spheres, and after approximately four days,

    それらは独立して球体を形成し、約4日後には

  • some of those stem cells started to moveall due to the presence of hundreds of individual cilia along the surface of the cell.

    これらの幹細胞の一部が動き出したのは、細胞の表面に沿って何百もの個々の繊毛が存在するためである。

  • This allowed the individual self-assembled cell to freelyswimusing theirhairsto propel them across surfaces.

    これにより、自己組織化された個々の細胞は、その「毛」を使って表面を自由に泳ぐことができるようになった。

  • The development of cilia is a perfect example of how the genetic makeup of the frog has been preserved.

    繊毛の発達は、カエルの遺伝子構造が保存されていることを示す好例です。

  • This makeup also has the ability to recover from damage.

    また、このメイクはダメージから回復する能力を持っています。

  • The original Xenobots could self-repair, but biologists have really dialed things up with the next generation.

    オリジナルのゼノボットは自己修復機能を備えていましたが、生物学者は次世代のゼノボットではさらにその機能を高めました。

  • The new bots are more durable and capable of recovering from a full-length cut after just five minutes of injury.

    新しいロボットは耐久性が高く、全身を切ってもわずか5分で回復することができます。

  • Additional testing has also found that 100% of injured Xenobots completely healed within 15 minutes.

    また、追加のテストでは、負傷したゼノボットの100%が15分以内に完治したという。

  • And then they just go back to what they were doing...just another walk in the microscopic park!

    そして、また元の生活に戻っていく......ミクロの世界の公園を散歩するようなものだ。

  • But what's the biggest upgrade of Xenobot 2.0? That has to be its ability to remember...

    しかし、Xenobot 2.0の最大のアップグレードは何でしょうか?それはズバリ、「記憶力」です。

  • which no Xenobot has been able to do before.

    今までのXenobotにはできなかったことです。

  • This is done through an injection of mRNA into the frog embryo before harvesting the stem cell tissue.

    これは、幹細胞組織を採取する前に、カエルの胚にmRNAを注入することで行われます。

  • The mRNA is coded for a special fluorescent protein known as EosFP.

    このmRNAには、EosFPと呼ばれる特殊な蛍光タンパク質がコードされています。

  • EosFP is naturally found in stony coral and emits green light.

    EosFPは、自然界ではストーニーコーラルに含まれ、緑色の光を発する。

  • But when exposed to 390-nanometers of blue light, it will emit red light instead.

    しかし、390ナノメートルの青い光を浴びると、代わりに赤い光を発するようになります。

  • Researchers were able to prove the memory functionality by exposing a few Xenobots to this wavelength,

    研究者たちは、数体のゼノボットにこの波長を照射することで、メモリーの機能性を証明することができました。

  • resulting in their emitting red light, while the unexposed bots remained green.

    その結果、ボットは赤色に発光し、未照射のボットは緑色のままであった。

  • By proving that the bots can be engineered to record memory, scientists are hoping to use this feature in the future

    このロボットが記憶を記録できることを証明したことで、科学者たちはこの機能を将来的に利用したいと考えている。

  • to not only detect light but also the presence of radioactive substances, chemical pollutants, and even diseases.

    光だけでなく、放射性物質や化学汚染物質、さらには病気の有無まで検知することができます。

  • And thinking even further into the future, the memory functionality could be used as a trigger within the bots to change their behavior in reaction to their environment.

    さらに未来のことを考えると、この記憶機能をトリガーにして、環境に応じてロボットの行動を変化させることも考えられます。

  • The real-life applications of these Xenobots seem endless, spanning everything from ocean cleanup to regenerative medicine.

    このゼノボットの現実的な応用は、海の清掃から再生医療に至るまで、無限にありそうです。

  • Researchers are now focusing on two things: the process of how cells communicate to form an organism,

    現在、研究者たちが注目しているのは、「細胞がコミュニケーションをとって生物を形成するプロセス」の2点です。

  • and the genomes needed to create more advanced living robots in the future.

    と、将来、より高度な生活ロボットを作るために必要なゲノムのことです。

  • In fact, the team behind Xenobot 2.0 launched the Institute for Computationally Designed Organisms

    実際、Xenobot 2.0を開発したチームは、Institute for Computationally Designed Organismsを立ち上げました。

  • to continue the development of living robots that can accomplish even more sophisticated tasks.

    さらなる高度な作業を可能にする生きたロボットの開発を目指して。

  • So, who knows what we'll see next...maybe Xenobot 3.0?

    次は何が出てくるかわからない...Xenobot 3.0かな?

  • What would you like to see this little bot accomplish?

    この小さなロボットに何をさせたいですか?

  • Let us know down in the comments. And if you want to learn more about the team's first Xenobot, then check out our video on that here.

    コメント欄で教えてください。また、チームの最初のXenobotについてもっと知りたい方は、こちらのビデオをご覧ください。

  • Make sure to subscribe to Seeker for more mind-blowing science and thanks for watching. I'll see you next time.

    これからも素晴らしい科学をお届けするために、ぜひSeekerを購読してください。では、次回もよろしくお願いします。

In 2020, the world saw its first glimpse of a living robot.

2020年、世界は初めて生きたロボットの姿を目にしました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 細胞 ロボット 生物 カエル 自己 形成

世界初の "生きている "ロボット、「Xenobot 2.0」が発表される (The World’s First “Living” Robots Just Got an Upgrade, Meet Xenobot 2.0)

  • 10 1
    Summer に公開 2021 年 06 月 07 日
動画の中の単語