Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • People throw out 100,000 chopsticks every day here in Vancouver.

    ここバンクーバーでは、毎日 10 万本の箸が捨てられているそうです。

  • But now, this local company is upcycling them into shelves, cutting boards, and furniture.

    しかし今、この地元の会社は、それらを棚やまな板、家具などにアップサイクル(創造的再利用)しています。

  • Can it help reduce the massive amount of single-use items in restaurants around the world?

    この方法によって世界中のレストランで大量に使用されている使い捨ての商品を減らすことができるのでしょうか?

  • We visited ChopValue's headquarters in Canada to find out.

    それを確かめるために、カナダの ChopValue 本社を訪ねました。

  • ChopValue drivers pick up used chopsticks from over 300 restaurants around Vancouver a couple times a week.

    ChopValue 運転手さんは、バンクーバー周辺の 300 以上のレストランから使用済みの箸を週に2、3回受け取っています。

  • Typically about 100 kilograms a day, up to 150.

    通常1日約 100 kg、最大で 150 kg。

  • Pre-COVID, it was more closer to like, 300 kilograms a day.

    コロナの以前は、1日 300 kgくらいもありました。

  • The restaurants part with them for free.

    レストラン使用済みの箸を無償であげます。

  • After they got in, I believe all 5,000 pairs being recycled and reused. So, it's a great thing.

    入荷後、5,000 ペアがすべてがリサイクルされ、再利用されていると思います。素晴らしいことですね。

  • The real work begins at ChopValue HQ.

    本番は ChopValue 本社からです。

  • The founder, Felixck, calls this place a micro-factory.

    創業者の Felix Böck さんは、この場所をマイクロ工場と呼んでいます。

  • Just like a microbrewery, curious visitors can come in and see how small batches of tiles get made.

    地ビール醸造所のように、少量のタイルがどのように作られるのか、興味本位で見学することができるのです。

  • And this is how the process looks like from raw material to end product.

    そして、原材料から最終製品までのプロセスはこのようになっています。

  • First, they sort the chopsticks on the custom-built shaker table.

    まず、特注のシェーカーテーブルの上で箸を仕分けします。

  • These neat stacks are easier to work with.

    このようにきれいに積み重ねると、作業がしやすくなります。

  • Then they dip the sticks into a water-based resin.

    そして、その棒を水性樹脂に浸すのです。

  • That provides a protective coating before they roast in a massive oven for five hours.

    5 時間かけてオーブンで焼く前に、保護膜を作るのです。

  • The 200-degree heat kills all the germs.

    200 度の熱で雑菌をすべて死滅させます。

  • It smells like a bakery.

    パン屋さんのような香りがします。

  • They need to get separated again so they can be spread out evenly for the next step.

    次のステップで箸を均等に広げられるように、もう一度敷く必要があるのです。

  • You can take your frustration out on the day inside here.

    1日の不満を、ここで箸にぶつけることができますよ。

  • They're weighed precisely.

    正確に計量されます。

  • This batch will make ChopValue's thinnest tile.

    これらの使い捨て箸で、 ChopValueで最も薄いタイルを作る予定です。

  • So about 560 grams.

    約 560 gですね。

  • Then comes the big squeeze.

    強く押し付ける段階です。

  • A hydraulic machine, also invented byck's team, compresses the chopsticks with hundreds of pounds of pressure.

    同じく Böck'のチームが発明した油圧式の機械が、数百ポンドの圧力で箸を圧縮します。

  • The heart of the process that densifies like a cake, a mat of chopsticks, into a new, uniform, engineered material.

    ケーキのように、箸のように緻密化し、均一な新しい人工素材になるプロセスの肝要な部分です。

  • Which is the base modular tile used for all of our end products.

    この段階で作られたものは、当社のすべての最終製品に使用されている基本の素材のタイルです。

  • The tiles can be sanded and assembled into furniture, and also cut into smaller products like coasters, or even domino pieces.

    タイルをやすりで削って家具に組み込んだり、コースターやドミノの牌のような小さな製品にカットすることも可能です。

  • This desk sells for just under $1,000.

    この机は 1,000 ドルぐらいの価格で販売されています。

  • That's about three times what you'd pay at Ikea, but comparable to the price of a desk made from solid wood.

    これはイケアの価格の約3倍ですが、無垢材で作られた机の価格と同程度です。

  • This piece is made from about 10,000 chopsticks.

    この作品は、約 10,000 本の箸から作られています。

  • ChopValue also takes custom orders.

    ChopValue ではカスタムの注文も承っております。

  • We could do large countertops, or boardroom tables, or pretty much anything like that.

    大きなカウンターや役員用テーブルなど、何でもできるんですよ。

  • Since 2016, the company has upcycled 33 million chopsticks that otherwise would have ended up in a landfill.

    2016 年以降、そうでなければ埋め立てられてしまうはずだった 3,300 万本の箸を再利用してきたのだそうです。

  • But in China, people use that many wood utensils in one lunch break.

    しかし、中国では1回の昼休みに木製品の器具をたくさん使うんです。

  • There, people throw out 130 million pairs every single day.

    そこでは、1日に1億3千万ペアが捨てられているそうです。

  • That means leveling entire forests for a product most people use for just one meal.

    つまり、一食分に使う製品のために、森を丸ごと切り開くことになるのです。

  • It's not just Asia. Consumers around the world contribute to this problem.

    アジアだけではありません。この問題は世界中の消費者の責任です。

  • We all have this drawer filled with plastic cutlery, chopsticks, condiments that we never asked for.

    私たちの引き出しには、プラスチックの食卓用金物や箸、調味料がたくさん入っていますよね。

  • Inexpensive, they're cheap, they just come in without you even asking for them.

    高くなてく、安いです。頼まなくても店員さんからもらえるんです。

  • Sheila Morovati is the woman behind the Cut Out Cutlery campaign.

    Sheila Morovati は、「Cut Out Cutlery」キャンペーンの担当者です。

  • Her organization pressured major delivery apps to opt out of sending cutlery by default.

    彼女の組織は、大手宅配サービスアプリに、食卓用金物の添付を不要とすることにさせました。

  • She estimates that saved well over 200 million utensils from going to landfill.

    その結果、2億個以上の食器がゴミとして処理されるのを防いだと推定しています。

  • Good job, Sheila.

    よくできましたね、Sheila。

  • Activists in China tried a similar strategy.

    中国の活動家も同じような戦略を試みました。

  • In 2017, they sued their country's biggest food delivery apps, trying to force them to stop giving cutlery by default.

    2017 年には、自国の最大手フードデリバリーアプリを訴え、プリセットで食卓用金物を渡すことをやめさせようとしました。

  • There was a public outcry at the time, but since the pandemic, food delivery with single-use items is higher than ever.

    当時は世間からの反発もありましたが、全国的に広がると、使い捨ての食器を使った宅配が多くなっているのです。

  • So we may never eliminate disposables completely.

    だから、使い捨てを完全になくすことはできないかもしれません。

  • That's why Sheila says upcycling is so important.

    だからこそ、 Sheila は再利用を重要視しているのだという。

  • If there are opportunities like that to use something that was going in the trash or headed to landfill, why not?

    ゴミ箱行きや埋立地行きだったものが、そういう機会に使えるのなら、いいじゃないですか。

  • We have so much trash right now, and it's just, we're at the limit. The planet can't take it anymore.

    今、私たちはたくさんのゴミを抱えていて、もう限界なんです。地球はもうそれを受け入れることができないのです。

  • When ChopValue first started, it was only making coasters.

    ChopValue がスタートした当初は、コースターしか作っていなかったんです。

  • Now it has franchises in three cities in North America, with more expected later this year.

    現在、北米の3都市に販売店を持ち、来年にはさらに多くの販売店をオープンする予定です。

  • Coasters are still the No. 1 selling item, but the collection has grown to more than 30 products.

    コースターは今でも売れ筋 No.1 ですが、コレクションは30品目以上に増えました。

  • And Felixck hopes his invention will show people that the next big idea for reducing waste could be right at our fingertips.

    そして、Felix Böck は、この発明が、ゴミを減らすための次の大きなアイデアは、私たちの指先のすぐそばにあることを人々に伝えることを願っています。

  • You put a few tiles and a few hexagon shelves on your wall, and you can point your friends to your wall and say, "Hey, guess what? I have 1,800 chopsticks on my wall."

    壁にタイルと六角形の棚を数枚貼れば、友だちに自分の壁を指差して「ねえ、何だと思う?私の壁には1,800本の箸があるのよ 」と言えますね。

  • And you start a conversation about sustainability or about recycling.

    次、多分サステナビリティやリサイクルについての会話を始めるのでしょう。

People throw out 100,000 chopsticks every day here in Vancouver.

ここバンクーバーでは、毎日 10 万本の箸が捨てられているそうです。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B2 中上級 日本語

リサイクル!使い終わった「箸」が家具に大変身?!

  • 3510 177
    joey joey に公開 2022 年 04 月 05 日
動画の中の単語