Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Hello. This is 6 Minute English from BBC Learning English.

    こんにちは。BBC Learning English の「6 Minute English」です。

  • I'm Neil,

    僕はニール。

  • and I'm Georgina.

    そして私はジョルジーナです。

  • Do you believe in ghosts, Georgina?

    ジョルジーナは、幽霊を信じてる?

  • Well, I've never actually seen one,

    そうね、実際に見たことは一度もないわ。

  • not even at Halloween.

    ハロウィンでさえね。

  • How about dragons then?

    じゃあ、ドラゴンはどう?

  • Or fairies and elves?

    もしくは、妖精やエルフは?

  • Have you been reading fantasy books, Neil?

    ニール、ファンタジー小説でも読んでたの?

  • Lord of the Rings?

    ロードオブザリングとか?

  • I have been reading a book, Georgina,

    本は読んでるよ、ジョルジーナ。

  • but not Lord of the Rings.

    でもロードオブザリングじゃないんだ。

  • My book is about an amphibious creature,

    僕が読んでる本は、水陸両用の生物の話なんだ。

  • a creature that lives both on land and in water.

    陸上と水中の両方に生息する生物のね。

  • Some kind of Frog-Man?

    カエル男みたいなやつ?

  • You've almost got the idea, Georgina,

    ほとんどその通りだよ、ジョルジーナ。

  • but think, woman, not man,

    でも、考えて。女の人なんだ。男じゃない。

  • and fish, not frog.

    そして魚であってカエルじゃないんだ。

  • Half-woman, half-fish?

    半分女で半分魚?

  • I've got it! A mermaid.

    わかった!人魚ね。

  • That's right! Mermaids are magical creatures,

    そうだよ!人魚は不思議な生き物だ。

  • half-woman, half-fish,

    半分女性で半分魚。

  • a feature in the myths and legends of many cultures around the world.

    世界の多くの文化で、神話や伝説に登場しているんだ。

  • Like the Sirens,

    セイレーンのようね。

  • whose seductive singing shipwrecked Odysseus and his sailors in ancient Greek mythology.

    魅惑的な歌声でオデュッセウスたちを難破させた、古代ギリシャ神話の生き物の。

  • The Sirens are perhaps the most famous,

    最も有名なのはセイレーンだろうね。

  • but certainly not the only mermaids we'll be hearing about.

    だけど、人魚の話が出てくるのはそれだけではないよ。

  • But before we dive into the programme,

    だけど、もっと深く踏み込む前に、

  • it's time for my quiz question.

    僕のクイズの時間です。

  • The book I've been reading was, of course,

    僕が読んでいた本は、もちろん

  • "The Little Mermaid."

    「人魚姫」です。

  • Yes, I've seen the Disney movie.

    ディズニー映画も見ました。

  • The mermaid is called Ariel.

    人魚はアリエルと呼ばれていますね。

  • Right, but the movie was based on a fairy tale

    でもこの映画はおとぎ話をベースにしているんです。

  • written by Hans Christian Andersen.

    ハンス・クリスチャン・アンデルセンのね。

  • It became so famous that a statue of the Little Mermaid was built in the harbor of Andersen's birthplace.

    アンデルセンの生家の港に人魚姫の像が建てられるほど、この話は有名になりました。

  • But where?

    でもどこでしょう?

  • Was it: a) Amsterdam, b) Copenhagen, or c) Oslo?

    それは、a)アムステルダム、b)コペンハーゲン、c)オスロのどれだったのでしょう?

  • I'm going to say b) Copenhagen.

    私はb)コペンハーゲンにするわ。

  • OK, Georgina, I'll tell you the answer later.

    いいよ、ジョルジーナ。あとで答えを教えるね。

  • Disney's defenseless mermaid, Ariel, seems the total opposite to the seductive, dangerous Sirens in the Odyssey.

    ディズニーの無防備な人魚のアリエルは、『オデュッセイア』に登場する魅惑的で危険なセイレーンとは正反対のようです。

  • In fact, descriptions and stories of mermaids have always changed from place to place.

    実際、人魚に関する概要や物語は、昔から各地で変わっています。

  • One mermaid-like character found across Africa and the Americas is named Mami Wata.

    アフリカやアメリカ大陸で見られる人魚のようなキャラクターに「マミ・ワタ」という名前のものがあります。

  • Here's British writer, Marcelle Mateki, talking about the origins of this legend to BBC World Service programme, The Forum.

    イギリス人作家のマルセル・マテキ氏が、BBCワールドサービスの番組「The Forum」で、この伝説の起源について語っています。

  • Even the name, Mami Wata, which is Pidgin English for "Mother Water."

    「マミ・ワタ」という名前も、ピジン英語で「母なる水」を意味します。

  • So, it's loosely translated from Pidgin English as "the mother of water."

    つまり、ピジン英語で 「水の母 」とゆるく訳されているんです。

  • And the characteristics are commonly shared when speaking about Mami Wata across the West African coast is that this deity is the protector of the water kingdom.

    そして、西アフリカ沿岸部でマミ・ワタについて語るときに共通している特徴は、この神が水の王国の守護者であるということです。

  • The name "Mami Wata" comes from Nigerian Pidgin English, a language which has developed from a mixture of two languages and is used as a way of communicating by people who do not speak each other's languages.

    「マミ・ワタ」という名前は、ナイジェリアのピジン英語に由来しています。ピジン英語とは、2つの言語が混ざり合って発展した言語で、お互いの言語を話さない人たちがコミュニケーションをとるための手段として使われています。

  • Marcelle says that Mami Wata means "the mother of water" when loosely translated, translated in a way that carries over the basic ideas

    マルセルさんによると、マミ・ワタとは「水の母」という意味で、基本的な考え方を引き継いだ形でゆるく訳されていますが、

  • but using words which may not be so accurate.

    あまり正確ではない言葉を使っています。

  • Mami Wata is also described as the protector of the water kingdom

    マミ・ワタは水の王国の守護者とも言われています。

  • and a deity, a god, goddess, or other divine being.

    神や女神などの神格化された存在であるものとも。

  • Another version of a mermaid-like creatures, called Selkies, are found in the remote Orkney Islands, north of the Scottish mainland.

    スコットランド本土の北に位置するオークニー諸島には、セルキーと呼ばれる人魚のような生き物がいます。

  • The Selkies can take human form and marry men,

    セルキーは人間の姿になり、人間の男性と結婚することができます。

  • but every now and then, they return to their watery kingdom under the sea.

    しかし、時折、海の中の水の王国に戻っていくのです。

  • Cristina Bacchilega is co-editor of "The Penguin Book of Mermaids."

    クリスティーナ・バチレガは、「The Penguin Book of Mermaids 」の共同編集者です。

  • According to her, these different versions of mermaids share something in common.

    彼女によると、これらの異なるバージョンの人魚には共通点があるそうです。

  • They force us to question our relationship to water and other beings in the natural world,

    水や他の自然界の生物との関係、

  • and even to question how we see ourselves.

    さらには自分自身をどう見るかということを問いかけてきます。

  • Here's Cristina explaining more in the BBC World Service's The Forum.

    BBC World ServiceのThe Forumでクリスティーナがもっと説明しています。

  • The beings, not just mermaids,

    人魚に限らず、

  • but Selkies and water deities and other water spirits are often shape-shifters, they have a certain kind of fluidity of being.

    セルキーや水の神、その他の水の精霊などの存在は、しばしば姿を変えることができる存在であり、ある種の流動性を持っています。

  • So do we approach this world with humility, or do we really uphold a kind of anthropocentric view, human-centred view of life?

    私たちはこの世界に謙虚に接しているのでしょうか?それとも人間中心の考え方、人間中心の人生観を貫いているのでしょうか?

  • Mythical creatures are often shape-shifters.

    神話上の生き物は、しばしば姿を変えることができる存在です。

  • They have the power to change into a different shape or form.

    彼らには、別の形に変化する力があります。

  • Moving between the sea and the Earth, mermaids link two natural worlds.

    海と大地の間を行き来し、人魚は2つの自然界をつないでいます。

  • Cristina thinks that as humans, we should approach them with humility.

    クリスティーナは、私たちは人間として謙虚な気持ちで接するべきだと考えています。

  • Someone who has humility is not proud and doesn't think they are better than others.

    謙虚さを持っている人は、プライドが高くなく、自分が人より優れているとは考えません。

  • Well, Neil, I don't think I'm better than a ghost, a water spirit or a mermaid, it's just that I've never seen one.

    ニール、私は幽霊や水の精、人魚よりも優れているとは思っているわけじゃないわ。見たことがないというだけよ。

  • But then again, I've never seen electricity, and I believe in that!

    でもそうね。電気を見たことがないのに、それを信じているわ!

  • Maybe it would help if you saw a statue of a mermaid, if not the real thing.

    本物でなくても、人魚の像を見れば解決するかもしれないね。

  • Maybe, but where would I find one?

    そうかもね。でもどこで見つけられるの?

  • In my quiz question, I asked you where you'd see the statue of Hans Christian Andersen's Little Mermaid.

    僕のクイズでは、アンデルセンの人魚姫の像をどこで見るかという質問をしました。

  • What did you say, Georgina?

    ジョルジーナはなんと言ってたっけ?

  • I guessed b) Copenhagen,

    bのコペンハーゲンって言ったの。

  • which was the correct answer!

    それは正解でした!

  • The Little Mermaid statue is found in Andersen's birthplace of Copenhagen.

    人魚姫の像は、アンデルセンの生まれ故郷であるコペンハーゲンにあります。

  • And it really is little, only one and a quarter meters high!

    そして、それは本当に小さいんです。高さはわずか1.4メートル。

  • In this programme,

    この番組では、

  • we've been talking about mermaids, mythical half-woman, half-fish creatures which are amphibious, live both on land and in water.

    人魚の話をしてきましたが、人魚は半分女性で半分魚の神話上の生き物で、陸と水の両方で生活する水陸両用の生き物です。

  • In some cultures, mermaids are deities or goddesses.

    一部の文化では、人魚は神や女神のような存在です。

  • They can also be shape-shifters, imaginary creatures with the power to change into different shapes.

    また、シェイプシフターと呼ばれる、さまざまな形に変化する力を持った空想上の生き物であることもあります。

  • One African mermaid is called Mami Wata in Pidgin English, a mixture of English and local languages which enables people who do not share a common language to communicate.

    アフリカの人魚は、英語と現地語が混ざったピジン英語で「マミ・ワタ」と呼ばれています。ピジン英語とは、共通の言語を持たない人々がコミュニケーションをとるための言葉です。

  • Mami Wata means "Mother Water," but this is a loose translation, a translation which carries over the basic idea,

    マミ・ワタは「母なる水」という意味ですが、これはゆるい訳で、基本的な考え方は引き継いだものです。

  • but using words which may not be so accurate.

    しかし、あまり正確ではない言葉を使っています。

  • That's all for this programme,

    この番組は以上です。

  • but the next time you're near the sea, keep an eye out for a splash in the waves.

    ですが、次に海の近くに行くときは、波のしぶきに注意してみてください。

  • You never know what you might see!

    何が出てくるかわかりませんよ!

  • Join us again soon for more discussion and vocabulary here at 6 Minute English,

    6 Minute English では、より多くのディスカッションやボキャブラリーをご用意していますので、またぜひ参加してくださいね。

  • and follow us on social media. Bye for now! Bye!

    ソーシャルメディアでのフォローもよろしく。では、また!

Hello. This is 6 Minute English from BBC Learning English.

こんにちは。BBC Learning English の「6 Minute English」です。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 コペンハーゲン イングリッシュ 生き物 言語 マーメイド ジョルジーナ

【BBC6分英会話】人魚姫は実際に存在するの?

  • 8111 428
    林宜悉 に公開 2021 年 07 月 04 日
動画の中の単語