Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Would you consider going back to having one job or having a traditional job?

    1つの仕事に戻ることや、従来の仕事に戻ることを考えますか?

  • Wow. At this moment of time I wouldn't consider to get back to where I used to be. I would like to be a slashie.

    すごい。今の時点では、かつての自分に戻ろうとは思わない。私はスラッシュになりたいと思っています。

  • Would you consider returning to a regular full-time job?

    通常のフルタイムの仕事に復帰することを考えていますか?

  • Definitely not.

    絶対に違う。

  • Not everybody can be a doctor, an astronaut and

    誰もが医者や宇宙飛行士になれるわけではありません。

  • a Navy Seal all rolled into one, but with the rise of the gig economy, and as more people

    しかし、ギグ・エコノミーの台頭で、より多くの人々が

  • work from home, the traditional 9-5 job is no longer the only option.

    在宅ワークでは、従来の9時から5時までの仕事が唯一の選択肢ではなくなりました。

  • Whether by choice or necessity, more people are now opting to take on side hustles.

    最近では、必要に迫られてか、副業をする人が増えています。

  • I'm here in Hong Kong and I'm goint to find more about this phenomenon, also known as slashie culture.

    私は香港にいますが、この現象(スラッシー・カルチャーとも呼ばれています)についてもっと知りたいと思っています。

  • So, what is a slashie?

    では、スラッシュとは何か?

  • A slashie is a person who chooses to develop multiple careers concurrently instead of focusing

    スラッシーとは、複数のキャリアを並行して展開することを選択した人のことです。

  • on just one at a time.

    を一度に1つだけ使用することができます。

  • This is also known as a portfolio career or diversified employment.

    これは、ポートフォリオ・キャリアや分散型雇用とも呼ばれています。

  • The term "slash" was coined by American author Marci Alboher, who wrote about people who

    スラッシュ」という言葉は、アメリカの作家マーシ・アルボハーが作った言葉で、次のような人たちのことを書いたものです。

  • hadslashesbetween their multiple and concurrent job titles.

    は、複数の兼職の間に「スラッシュ」が入っていました。

  • It describes a new mode of working that prioritizes work-life-balance and job satisfaction.

    ワーク・ライフ・バランスや働きがいを重視した新しい働き方を提案しています。

  • And while this may sound like a trendy new culture bubbling up amongst 20-somethings,

    これは、20代の若者の間で流行している新しい文化のように聞こえるかもしれません。

  • 44-year-old Gary Chung from Hong Kong is proof that it is age agnostic.

    香港に住む44歳のゲイリー・チャンは、年齢に関係なく使えることを証明しています。

  • He's a Taekwondo instructor slash sports product sales trainer. That's after he quit his full-time job in 2014,

    彼はテコンドーのインストラクターであり、スポーツ製品のセールストレーナーでもあります。2014年にフルタイムの仕事を辞めてからです。

  • where he worked in finance and product management.

    に入社し、財務および製品管理を担当しました。

  • I decided to be a slashie because working in Hong Kong, the overtime work,

    私がスラッシュになろうと思ったのは、香港での仕事は残業が多いからです。

  • the intensity I couldn't stand it for quite a long time.

    の強さに、かなり長い間耐えられませんでした。

  • So I decided to jump out from a traditional job to be a slashie.

    そこで私は、伝統的な仕事から飛び出して、スラッシュになることを決意しました。

  • 31-year-old Hugo Ho is a former athlete who has two slashes to his name as a personal trainer,

    31歳のヒューゴ・ホーは、元アスリートで、パーソナルトレーナーとして2つのスラッシュを持っています。

  • social entrepreneur and financial planner.

    社会起業家、ファイナンシャルプランナー。

  • I enjoy being a slashie because I can have my flexibility on the job choice, and I feel

    私がスラッシュの仕事を楽しんでいるのは、仕事の選択に柔軟性を持たせることができるからであり、私が感じているのは

  • so refreshed that I can have my time reset all day long and I can choose whatever I want

    一日中、時間をリセットして、好きなものを選べるようになって、とてもスッキリしました。

  • because this is the freedom I can have.

    なぜなら、これが私の持てる自由だからです。

  • What potential risks are there in being a slashie?

    スラッシュにはどのようなリスクがありますか?

  • Actually, holding different positions can also mean various failure at the same time.

    実は、いろいろなポジションを持つということは、同時にいろいろな失敗も意味しているのです。

  • So, make sure they have the preparation on their income, they may lose all their income.

    だから、彼らの収入に合わせた準備をするように、彼らはすべての収入を失う可能性があります。

  • But if they are passionate about one thing, I think they can handle the risk.

    しかし、何か一つのことに情熱を持って取り組んでいる人なら、リスクにも対応できると思います。

  • The stakes are higher for Gary, who is a father of two.

    2児の父であるゲイリーにとっては、より大きな賭けとなる。

  • As a staff in a traditional company and traditional firms, I've got benefits like medical, insurance,

    伝統的な企業や伝統的な会社のスタッフとして、医療、保険などの福利厚生を受けています。

  • monthly based income, but as a slashie, I have to lose all this.

    月ベースの収入ですが、スラッシュとしては、これをすべて失わなければなりません。

  • It's quite a big risk.

    かなり大きなリスクです。

  • Can you tell me what is the biggest difference of being a slashie and holding a regular job?

    スラッシュの仕事と普通の仕事の一番の違いは何か教えてください。

  • What would be the biggest difference between the two?

    両者の最大の違いは何でしょうか?

  • I cannot tell one single main difference, but I'll say there will be a lot of differences.

    大きな違いはひとつもありませんが、たくさんの違いがあると思います。

  • First of all, as a slashie, I have to be disciplined because there is no boss, no management to

    まず、スラッシュの場合は、上司や経営者がいないので、自分を律する必要があります。

  • ask me to chase deadlines, and secondly, I really have to know my business inside out.

    締め切りに追われるのはもちろんのこと、自分のビジネスを熟知していなければなりません。

  • Because as a slashie, I'm mainly an army of one.

    スラッシュの私は主に一軍ですからね。

  • I've no colleague, I have to handle everything all by myself.

    同僚もいないし、一人ですべてをこなさなければならない。

  • There is really no backup.

    本当にバックアップはありません。

  • As the staff of a company, I always got backup right?

    会社のスタッフとして、いつもバックアップを受けていましたが?

  • Does this mean that the slashie generation will be a jack of all trades and master of none?

    これは、スラッシュ世代が「何でも屋」「何でも屋」になるということでしょうか。

  • Or does it improve their employability?

    それとも、彼らの雇用機会を向上させるのか?

  • For many employers, old habits die hard, and their willingness to hire a slashie depends on the role.

    多くの雇用者にとって、古い習慣はなかなか抜けないものであり、スラッシュを採用するかどうかは役割によって異なります。

  • Vicky Fan, CEO of professional services firm Mercer Hong Kong, has seen this first hand.

    プロフェッショナルサービスを提供するMercer Hong KongのCEOであるVicky Fan氏は、このことを身をもって体験しています。

  • Having a resume or a CV that is from a slashie versus a number of other CVs where people

    履歴書や職務経歴書がスラッシュのものであることと、他の多くの履歴書では人々が

  • are available full time will just make the recruiter question whether or not that person

    の人がフルタイムで働けるかどうかは、採用担当者に疑問を抱かせるだけです。

  • can commit and dedicate on a full-time basis.

    は、フルタイムでコミットし、献身的に働くことができます。

  • So employers, in order to really use gig workers and slashies more fully, employers need to

    ギグワーカーやスラッシュを本格的に活用するためには、雇用主は以下のことが必要です。

  • look at jobs from a task and process base, an hour-base, time-base to output base.

    仕事は、タスクやプロセスベース、時間ベース、タイムベース、アウトプットベースで見ていきます。

  • The pandemic has forced employers to be more flexible with work arrangements.

    パンデミックの影響で、雇用主は勤務形態をより柔軟にする必要があります。

  • More than 80% of firms globally said that they will implement flexible working at a

    全世界の企業の80%以上が、フレキシブル・ワークを導入すると答えました。

  • larger scale even after the pandemic.

    パンデミックの後も、より大きな規模で

  • But are employers willing to continue hiring slashies once things have settled down?

    しかし、雇用主は事態が落ち着いた後も、流行に敏感な人を雇い続けてくれるだろうか?

  • If the employer does not need employees on a full-time basis, so we spoke about certain

    雇用者がフルタイムで従業員を必要としない場合、一定の話をしたので

  • sectors that were harder hit, like retail and hospitality, if their need of that employer

    小売業や接客業など、より大きな打撃を受けた分野では、その雇用者の必要性が高まっています。

  • is pulled back, there will be more openness to those roles or individuals in those

    が引き戻されると、それらの役割や個人に対して、よりオープンになるでしょう。

  • roles exploring other avenues of income.

    収入を得るために他の手段を模索する役割。

  • But if you're in a, if you're in an organization where it's still working as pre-pandemic work levels,

    しかし、もしあなたが、パンデミック前の作業レベルのままで働いている組織にいるならば

  • we are not seeing employers opening up the options for their employees to look for other

    雇用主が従業員に他の仕事を探す機会を与えていないのが現状です。

  • part time jobs on top of that.

    それに加えてパートタイムの仕事。

  • These jobs are not your traditional professions either.

    これらの仕事は、伝統的な職業でもありません。

  • From becoming an e-commerce seller to even podcasting, many people are in it for the

    Eコマースの販売者になることから、ポッドキャストまで、多くの人はそれを

  • flexibility and the passion.

    柔軟性と情熱がある。

  • We can all see that it is a very prominent trend with the advance in information and

    情報化の進展に伴い、非常に顕著な傾向であることは誰もが認めるところです。

  • communication technology, people can easily seek different career opportunities at little cost.

    通信技術の発達により、人々は少ないコストで簡単に様々なキャリアの機会を求めることができるようになりました。

  • But unlike those who make a living only because they have to, like doing as a casual workers,

    しかし、非正規労働者のように、必要に迫られて生活している人とは違います。

  • slashie actually do it, have to choose their job, paid or unpaid because it's related to their

    スラッシュは実際にやってみると、有給か無給かという仕事の選択をしなければならない。

  • choice and their interest.

    選択とその関心事

  • To me, it is not just changing angle to life, it is a lifestyle choice rather than changing

    私にとっては、人生の切り口を変えるというよりも、ライフスタイルを変えるという

  • their jobs only.

    自分の仕事だけ。

  • Do you think that there's going to be more people that do what you do and this will become

    あなたと同じようなことをする人が増えて、このような状況になると思いますか?

  • a trend and slashie will become a trend around the world?

    は、世界的なトレンドになるのでしょうか?

  • Yes, I do think so, especially.

    そうですね、特にそう思います。

  • Nowadays there is a lot of people who want to be a YouTuber, internet influencer and, like I said,

    今では、YouTuberやインターネットのインフルエンサーになりたい人がたくさんいて、私もそうでした。

  • people are looking for work-life-balance a lot more than it used to be.

    人々は以前に比べてワークライフバランスを求めています。

  • So, I do think that it will be a trend.

    だから、トレンドになるとは思います。

  • The slashie culture also plays well into another so-called millennial trait: FOMO,

    洗練された文化は、ミレニアル世代のもう一つの特徴である「FOMO」にも通じるものがあります。FOMOです。

  • or the Fear Of Missing Out.

    や「Fear Of Missing Out」のことです。

  • While it allows slashies to commit to different passions, not everybody is cut out for it.

    スラッシュは様々な情熱を注ぐことができますが、誰もがそれに適しているわけではありません。

  • What kind of advice would you give to people that want to take on more than one job?

    複数の仕事を掛け持ちしたいと考えている人に、どのようなアドバイスをしますか?

  • You've got to have some money, financially ready.

    ある程度のお金、経済的な準備をしておく必要があります。

  • Because at first, I remember in 2014, once I quit my job to become a slashie, I think

    というのも、最初は2014年に一度会社を辞めてスラッシュになった時のことを思い出しますが、その時は

  • I was earning only 1/3 of my salary, so that I've saved some money to feed myself and feed

    私は給料の1/3しか稼いでいなかったので、自分が食べていくためのお金を貯めていました。

  • my family during that period of time.

    その間、私の家族は

  • After one year, I was getting better.

    1年後、私は良くなっていました。

  • You really have to know your business inside out.

    自分のビジネスを熟知していなければなりません。

  • Discipline is the key because you're the boss of your own, you contain your schedule, you work all by yourself.

    なぜなら、自分自身がボスであり、スケジュールを管理し、一人で仕事をするのだから、自分を律することが重要だからです。

  • While it is likely that the slashie work culture is set to stay, questions remain about how

    洗練されたワークカルチャーは今後も続くと思われますが、どのようにして

  • sustainable it is in the long run.

    長い目で見れば持続可能なのです。

Would you consider going back to having one job or having a traditional job?

1つの仕事に戻ることや、従来の仕事に戻ることを考えますか?

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 仕事 雇用 ワーク ベース 収入 香港

サイドハッスルがスラッシュキャリアに進化するまで|CNBC Reports (How the side hustle evolved into the slashie career | CNBC Reports)

  • 18 4
    Summer に公開 2021 年 05 月 03 日
動画の中の単語