Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • Are you interested in becoming a surgeon?

    あなたは、外科医になることに興味がありますか?

  • Do you like the idea of using your hands, lifting a scalpel, and curing ailments with

    あなたは、自分の手を使い、メスを持ち上げて、病気を治すことが好きですか?

  • immediacy?

    即時性?

  • Surgery is romanticized and idealized for good reason.

    手術がロマンティックで理想的なものであるのには、それなりの理由があります。

  • This is the history of surgery.

    これが手術の歴史である。

  • Dr. Jubbal, MedSchoolInsiders.com.

    Dr. Jubbal, MedSchoolInsiders.com.

  • Over the last century, the human lifespan has been extended by almost 30 years.

    この1世紀の間に、人間の寿命は約30年延びました。

  • Given that humans have been walking the planet for 200,000 years, this is the product of

    人類が20万年前から地球を歩いていたことを考えると、これは産物としての

  • something recent and immensely profound.

    最近のもので、非常に深いものです。

  • During the Renaissance, a collective scientific conscience was born that bred revolutions

    ルネッサンス期には、科学的良心の集合体が生まれ、それが革命をもたらしました。

  • in math, physics, chemistry, biology, anatomy, human physiology, philosophy, and religion.

    数学、物理学、化学、生物学、解剖学、人体生理学、哲学、宗教などの分野での

  • We started to understand the way the world works at an unprecedented pace, and with a

    これまでにないスピードで、世界の仕組みを理解し始めたのは

  • framework in place for understanding nature, we rebuilt the discipline focused on the inner

    私たちは、自然を理解するためのフレームワークを構築した上で、内面に焦点を当てた規律を再構築しました。

  • composition of the human body - anatomy - the basis of medicine.

    人体の構成 - 解剖学 - 医学の基礎です。

  • Soon after, surgery was reborn and equipped to do so much more than the bloodletting and

    その後すぐに、手術は生まれ変わり、採血や手術以上のことができるようになりました。

  • trephination procedures, or drilling holes in skulls, that were used to "free illness,

    頭蓋骨に穴を開ける「トレフィネーション」は、「病気を治す」という意味で使われていました。

  • spirits, and demons" during the Ancient Times.

    古代には「精霊、悪魔」と呼ばれていました。

  • Before this period, one couldn't even dream of antiseptics and anesthesia.

    この時代以前は、防腐剤や麻酔薬など夢にも思っていませんでした。

  • We didn't understand that microorganisms could invade the body and cause illness and

    微生物が体に侵入して病気を引き起こすことを理解していなかったし

  • infection, and as a result, doctors would wear black, unwashed overcoats layered with

    そのため、医師は黒くて洗いざらしのオーバーコートを重ね着していました。

  • blood, pus, and other bodily matter.

    血液、膿、その他の体液。

  • The same set of instruments would be used on different patients and wiped down by the

    同じセットの器具を違う患者さんに使って、拭くのは

  • same unwashed cloth before each operation.

    毎回操作する前に、洗っていない同じ布を使用してください。

  • Patients would be strapped down to the table as it was believed they should remain alert

    患者はテーブルに縛り付けられていたが、これは患者の注意力を維持するためである。

  • and awake to increase the odds they come out of the procedure alive.

    と起きている状態にしておくことで、手術から生きて帰ってくる確率を高めることができます。

  • With the horrific nature of this work preceding anesthesia, surgeons were praised for operating

    麻酔の前に行われるこの仕事の恐ろしさに、外科医たちは手術をすることを賞賛した。

  • quickly to minimize suffering.

    苦しみを最小限にするために、迅速に

  • Of course, this came at the cost of accuracy and precision, leading to an additional layer

    もちろん、これは精度や正確さを犠牲にしたもので、追加のレイヤーにつながっています。

  • of issues.

    の問題を解決します。

  • The timeline of surgical history is dated all the way back to 6500 BC.

    手術の歴史は、紀元前6500年までさかのぼります。

  • However, we're going to highlight the past two thousand years, focusing on events prior

    しかし、ここでは過去2,000年間の出来事に焦点を当ててみます。

  • to the Renaissance, during the Renaissance, and during the modern times when this field

    ルネッサンス期、ルネッサンス期、そして近代のこの分野の

  • took shape into what we recognize surgery to be.

    は、私たちが認識している手術の形になりました。

  • You can't delve into the history of surgery without discussing Galen, a surgeon of the

    の外科医であるガレンを抜きにして、外科の歴史を語ることはできません。

  • Roman Empire and a pioneer anatomist whose ideas - many of which were massive misinterpretations

    ローマ帝国時代の先駆的な解剖学者であり、そのアイデアは多くが大規模な誤訳であった。

  • - influenced (and misled) western medicine for 1,300 years.

    - 1,300年もの間、西洋医学に影響を与え(そして惑わし)続けてきました。

  • Having studied in Alexandria, the grandest medical center of the ancient world, Galen's

    古代世界で最も壮大な医療の中心地であるアレキサンドリアで学んだガレンの

  • contributions to medicine rank him second only to Hippocrates.

    医学への貢献は、ヒポクラテスに次ぐものです。

  • A cut-throat gunner, Galen regularly tested his medical contemporaries with his intellect

    熾烈なガンナーであったガレンは、常にその知性で同時代の医学者を試していた。

  • and daring attitude.

    と果敢な姿勢を見せた。

  • On one occasion, Galen disemboweled a live ape and challenged his dumbfounded medical

    ある時、ガレンは生きた猿の腹を切り、唖然とする医学者に挑戦しました。

  • rivals to fix the wound, none of whom could.

    ライバルたちが傷を治そうとしたが、誰も治せなかった。

  • He then beamed in, secured the intestines, repaired the wound in a glamorous surgery,

    そして、ビームを当て、腸を固定し、傷口を修復するという華やかな手術が行われた。

  • and won himself the opportunity to serve as the chief physician to a reputed troop of

    と言われる部隊の主治医を務める機会を得ました。

  • Gladiators.

    グラディエーター。

  • Today, when an NFL player takes a hard hit, the NFL team physicians kick into action to

    現在、NFLの選手が強い衝撃を受けた場合、NFLのチームドクターが行動を起こし

  • treat injury and restore functionality.

    怪我の治療や機能回復のために

  • Galen's role wasn't so simple.

    ギャレンの役割はそう単純ではなかった。

  • Throughout the Roman empire, gladiators would entertain audiences through violent, bloody

    ローマ帝国では、剣闘士たちが激しく血まみれになって観客を楽しませていました。

  • combat with other gladiators, wild animals, and condemned criminals.

    他の剣闘士、野生動物、死刑囚との戦い。

  • At his core, Galen was focused on understanding man's anatomy, but human dissections had

    ガレンは人間の解剖学を理解することに重点を置いていたが、人間の解剖は

  • been strictly forbidden.

    は厳禁である。

  • So when he treated dying gladiators, he would carefully peer into fatal wounds, trying to

    瀕死の剣闘士を治療する際には、致命的な傷を注意深く覗き込んでは

  • understand what the human body looked like from the inside.

    人間の体を内側から見たときのイメージを理解する。

  • He made many original observations about wound healing and wound management, some of which

    彼は創傷治癒や創傷管理について多くの独創的な見解を示しましたが、その中には

  • were glaringly wrong.

    は、明らかに間違っていました。

  • He thought, for example, that bone was composed of sperm.

    彼は、例えば、骨は精子でできていると考えていました。

  • Galen resorted to performing experiments and dissections on living and dead monkeys, pigs,

    ガレンは、生きている猿や死んだ豚を使って実験や解剖を行った。

  • sheep, goats, and other animals.

    羊やヤギなどの動物。

  • He felt that the anatomical structures of these animals mirrored those of humans, and

    彼は、これらの動物の解剖学的構造が人間のそれを反映していると感じており

  • used their composition to make inferences about the human body.

    人体に関する推論をするために、組成物を使用しました。

  • Though he ultimately contributed greatly to the understanding of many different organ

    彼は最終的に、様々な器官の理解に大きく貢献しましたが

  • systems, Galen was also responsible for many misconceptions.

    また、Galenは多くの誤解を生んだ人物でもあります。

  • The problem was that he was incredibly prolific - having published over 2,000,000 words in

    問題は、彼が信じられないほどの多作で、200万語以上を

  • his lifetime - and his ideas, though not corroborated, were taken as dogma, dominating medical science

    彼が生きている間に、彼の考えは裏付けられていないにもかかわらず、ドグマとして受け入れられ、医学界を支配しました。

  • for over a thousand years.

    1000年以上も前から

  • Somehow the fact that Galen's work was centered around animal dissections and not humans was

    ガレンの仕事が人間ではなく動物の解剖を中心としたものであったことが、なぜか

  • lost in translation.

    ロスト・イン・トランスレーション。

  • For 1,300 years, Galenic physiology misguided the scientific world, and it's an interesting

    1,300年もの間、科学界を欺いてきたガレノスの生理学は、興味深いものがあります。

  • exercise to imagine what medicine would be like today if those 1,300 years of science

    もしも1300年の科学の歴史があったら、今の医療はどうなっているだろうと想像してみてください。

  • had been used more productively.

    の方が、より生産的に使われていたと思います。

  • During the early renaissance, physicians who had been trained in universities considered

    初期のルネッサンス期には、大学で教育を受けた医師たちが

  • surgery beneath them.

    その下に手術があります。

  • Again, they were primarily learning from Galen's animal research.

    ここでも、主にGalenの動物実験から学んでいました。

  • These physicians diminished the field of surgery, which consisted mainly of amputations and

    これらの医師たちは、切断を中心とした外科の分野を縮小し

  • bloodletting.

    血を抜くこと。

  • Bloodletting was rooted in the Ancient Times when Hippocrates, The Father of Medicine,

    瀉血は、古代に医学の父ヒポクラテスが行ったことがルーツとされています。

  • said that existence was represented by four elements - earth, air, fire, and water - which

    存在は、地、空、火、水の4つの要素で表されているとした。

  • were related to humans through four basic humors, or fluids: blood, phlegm, black bile,

    は、血、痰、黒胆汁の4つの基本的な体液で人間と関係していました。

  • and yellow bile.

    と黄色い胆汁が出てきます。

  • This was the basis of the famous humoral theory: each humor was related to a particular personality

    これが有名なユーモア理論の基礎となりました。それぞれのユーモアは特定の性格に関連していました

  • type, and illness was seen as an imbalance of the four humors.

    のタイプがあり、病気は4つの体液のバランスが崩れることであると考えられていました。

  • When Galen declared blood as the most dominant humor, propagating his ideas through the power

    ガレノスが血を最も支配的なユーモアとし、その力で自分の考えを広めた。

  • of his pen, bloodletting - the process by which blood was drained to relieve illness

    彼のペンの、瀉血(病気を和らげるために血を抜くこと)は

  • - became accepted as the standard treatment for many conditions.

    - は、多くの疾患に対する標準的な治療法として受け入れられました。

  • Over time, the practice was subject to increasing controversy and Renaissance physicians started

    時が経つにつれ、そのやり方は議論の対象となり、ルネッサンス期の医師たちは

  • relegating this procedure to Renaissance surgeons.

    ルネッサンス期の外科医が行っていた手術です。

  • However, the surgeons of the early Renaissance were not even physicians - they were barbers.

    しかし、ルネッサンス初期の外科医は医師ですらなく、理髪師でした。

  • Yes, the same barbers that hook you up with crisp fades and beard lineups were wielding

    そうです、あなたにパリッとしたフェードやヒゲのラインアップを提供してくれる同じ理髪師たちが振りかざしていたのは

  • the scalpel as well.

    メスも使っていました。

  • Though they didn't have a medical education, these barber-surgeons were apprenticeship-trained

    彼らは医学教育を受けていないにもかかわらず、見習いとして訓練を受けていました。

  • to cut hair, conduct amputations, drain blood, and complete small surgical procedures.

    髪の毛を切ったり、切断したり、血を抜いたり、小さな手術をしたり。

  • You could theoretically have a clean shave and an amputation in one sitting by the same

    あなたは理論的には、きれいに剃ることと切断することを一度に行うことができます。

  • practitioner.

    を実践しています。

  • Just as blacksmiths would become masters of their craft, barbers would also become excellent

    鍛冶屋が名人になるように、理容師も名人になる。

  • at performing tooth extractions and treating war wounds.

    抜歯や戦争での傷の治療などで活躍。

  • The red-and-white-striped barber poles at your local barber shop actually represent

    あなたの近所の床屋さんにある赤と白のストライプの床屋のポールは、実は

  • the blood and bandages of barber-surgeons.

    床屋外科医の血と包帯。

  • Because these individuals were not doctors, they were also addressed as Mister instead

    彼らは医師ではないので、「Mister」と呼ばれていました。

  • of Doctor.

    オブ・ドクター

  • Today, some British surgeons continue to address themselves as Mister for historical significance.

    現在でも、イギリスの外科医の中には、歴史的な意味を込めて自分のことをミスターと呼ぶ人がいます。

  • During the 16th century, surgeons would use red-hot pokers and boiling oil to seal off

    16世紀には、外科医が赤熱した棒や沸騰した油を使って封鎖していました。

  • the raw, bleeding flesh of amputation wounds.

    切断された傷口から出血した生々しい肉を

  • And just as agonizing as this treatment was, it was just as ineffective at stopping blood

    また、この治療法は苦しいだけでなく、血液を止める効果もありませんでした。

  • loss or preventing infection.

    の損失や感染を防ぐことができます。

  • Then one day, a barber surgeon named Ambroise Paré found himself short of hot oil.

    そんなある日、理容師のアンブロワーズ・パレは、熱い油が足りないことに気がついた。

  • In what happened to be a sweeping turn for medical history, he decided to use threads

    医学史に大きな変化をもたらしたのは、糸を使うことでした。

  • from his coattail to tie off the ends of bleeding vessels before dressing a wound with gauze.

    と言って、ガーゼで傷口を覆う前に出血した血管の端を結ぶために、コートテールからの

  • To great surprise, prompt healing ensued, and Paré established himself as the father

    驚いたことに、迅速な治癒が行われ、パレは「父」としての地位を確立しました。

  • of modern surgery, catalyzing a series of surgical breakthroughs that soldiers on the

    現代の外科手術の基礎となるもので、当時の兵士たちに次々と画期的な手術をもたらしました。

  • battlefield have been forever thankful for.

    戦場は永遠に感謝している。

  • Since 210 AD, Galen's ideas prevailed and massive misconceptions had been forged in

    西暦210年以来、ガレンの考えが優勢で、大規模な誤解が鍛えられていた。

  • the minds of generations of scientists and physicians.

    何世代にもわたって科学者や医師の頭脳を刺激してきました。

  • Finally, during the Renaissance, Andreas Vesalius forced the world to rethink it all.

    そして、ルネッサンス期には、アンドレアス・ヴェサリウスが世界に再考を迫った。

  • For centuries, the medical establishment had been teaching students in a two step process:

    何世紀にもわたって、医学界では2つのステップで学生を指導してきました。

  • first, professors would read anatomical text, most of which was built off of Galen's inaccurate

    まず、教授は解剖学のテキストを読みますが、そのほとんどはガレンの不正確な記述を基にしています。

  • ideas; then a surgeon (or his servant) would perform a dissection for students to observe.

    そして、外科医(またはその使用人)が解剖を行い、生徒たちはそれを観察する。

  • The medical students of the time rarely had opportunities to engage with cadavers themselves,

    当時の医学生は、自分で死体に触れる機会がほとんどありませんでした。

  • they didn't have textbooks to take home, and they definitely didn't have Anki or

    教科書を持って帰ることもできず、Ankiも

  • Memm flashcards to shuffle through from the comfort of their couch.

    ソファーでくつろぎながら、フラッシュカードをシャッフルすることができます。

  • Their learning opportunities were limited, and a true familiarity of the human body could

    学習の機会が限られていたため、人体の真の姿を知ることは

  • only be acquired after a long surgical career.

    長い手術のキャリアを経て初めて得られるものです。

  • The irony lies in the fact that Galen's greatest virtue - his emphasis on observing

    皮肉なことに、ガレンの最大の美点である「観察」を重視したことが

  • for oneself - was lost over time.

    は、時間の経過とともに失われていきました。

  • However, Andreas Vesalius broke with this tradition and began openly doing dissections

    しかし、アンドレアス・ヴェサリウスはこの伝統を破り、公然と解剖を始めた。

  • himself because for the first time since the ancient times, human dissections had been

    というのも、古代以来、初めて人間の解剖が行われたからです。

  • permitted.

    を許可しました。

  • He started relearning human anatomy from cadavers and scrutinizing ancient text, which helped

    死体から解剖学を学び直したり、古文書を精査したりしたことが功を奏した。

  • him ultimately recognize that most of Galen's research was founded on animal vivisections.

    彼は最終的に、ガレンの研究のほとんどが動物の生体解剖に基づいていることを認識します。

  • Vesalius began to rewrite anatomical text from his own research, pointing out Galen's

    ヴェサリウスは自分の研究から解剖学のテキストを書き直すようになり、ガレンの論文を指摘した。

  • errors and facing resentment from the scholars of the time.

    と、当時の学者たちから恨みを買っていました。

  • Then, in 1543, he published De Humani Corporis Fabrica - which means On the Fabric of the

    そして、1543年に『De Humani Corporis Fabrica』(「人間の構造について」)を発表しました。

  • Human Body - a landmark, revolutionary textbook.

    画期的な教科書である「人体」。

  • Besides the fact that this was the first resource accurately compiling information on the anatomy

    解剖学の情報を正確にまとめた初めての資料であることに加えて

  • of the human body for medical students, it was also one of the first publications where

    医学生のために人体の情報を提供した最初の出版物の一つでもあります。

  • illustrations - the earliest anatomical models - had been incorporated alongside ancient

    初期の解剖学的モデルであるイラストは、古代のものと一緒に組み込まれていました。

  • text.

    のテキストです。

  • Now this might seem small, but I assure you that it is not.

    これは小さいと思われるかもしれませんが、決してそうではありません。

  • The incorporation of anatomical illustrations catalyzed a paradigm shift in medical education,

    解剖図を取り入れることで、医学教育のパラダイムシフトが起こりました。

  • science, and surgery because it provided students with a much-improved method to study human

    人間を研究する方法が大幅に改善されたため、科学や外科の分野でも活躍しました。

  • anatomy.

    解剖学です。

  • Up until this time, students had been learning primarily by watching operations and hearing

    それまでは、操作を見たり聞いたりすることが中心の学習でした。

  • professors readout anatomic text.

    教授が読み上げる解剖学的なテキスト。

  • If a cadaver was available by mere chance for medical students to use, they were expected

    偶然にも医学生が使用できる死体があった場合、彼らは期待されていた。

  • to work quickly, dissecting and studying each organ system as efficiently as they could.

    を使って、各器官系をできるだけ効率的に解剖・研究していました。

  • However, they were entirely reliant on their memory and retention of this newly acquired

    しかし、彼らは新たに獲得したこの記憶と保持に完全に依存していました。

  • knowledge since graphic visuals of the human body were absent from their coursework.

    また、授業では人体のグラフィックを見ることができなかったため、知識を得ることができませんでした。

  • These illustrations - intricately shaded with fine, visceral detail - served as 2D models

    繊細で直感的なディテールで複雑な陰影を持つイラストは、2Dモデルとして使用されました。

  • to truly gather a deep understanding of the human body, liberating students from their

    このようにして、人の体を深く理解することで、学生たちは自分の体から解放されるのです。

  • learning constraints, and more importantly, it forced interdisciplinary collaborations

    学習の制約があり、さらに重要なのは、学際的な協力を余儀なくされたことです。

  • to take place between anatomists, like Vesalius, and artists, like Leonardo da Vinci.

    ヴェサリウスのような解剖学者と、レオナルド・ダ・ヴィンチのような芸術家の間では、このようなことが行われていました。

  • This collaboration evolved as artists and sculptors started producing three-dimensional

    このコラボレーションは、アーティストや彫刻家が立体的な作品を作るようになってから発展しました。

  • wax anatomical models by the 17th and 18th centuries, many of which are still available

    17~18世紀に作られた蝋製の解剖模型、その多くは現在でも入手可能である

  • today in cities like Florence.

    今日、フィレンツェのような都市で

  • These wax models captured an unprecedented volume of information and allowed students

    これらのワックスモデルは、これまでにない量の情報を取り込み、学生が

  • to understand the human anatomy from a three-dimensional, spatial orientation that increased the rate

    人体解剖を3次元的、空間的に理解することができ、その結果、解剖率が向上しました。

  • at which surgeons in training and medical students could understand the inner layout

    外科医の研修生や医学生が内部構造を理解できるようになっている。

  • of the human body.

    人体の

  • These models were eerily accurate - capturing the intricacies of death and decay, blood

    これらのモデルは、不気味なほど正確で、死と腐敗、血液の複雑さを表現していました。

  • vessels, the brain, and even facial expressions - and are truly significant to the advancement

    血管や脳、そして表情までもが変化していく様子は、まさに「進化」を感じさせるものです。

  • of medical education.

    医学教育の